説明

株式会社日立プラントテクノロジーにより出願された特許

51 - 60 / 1,767


【課題】建屋内に容易に取り付け可能なダクトを備えた組立式構造体を提供することを目的としている。
【解決手段】本発明の組立式構造体10は、柱パーツ20と、前記柱パーツ20に支持される屋根パーツ30と、前記柱パーツ20と前記屋根パーツ30を組み合わせた建屋内で柱200と屋根300に沿って設置されるダクトパーツ40と、を備え、前記ダクトパーツ40は、前記柱パーツ20と前記屋根パーツ30の内部に形成されて、前記柱パーツ20と前記屋根パーツ30の組立と同時に前記ダクトパーツ40同士を接続可能に形成されていることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】短期間で設置でき作業員の被曝量を低減可能な外付けの冷却システムを提供する。
【解決手段】原子力発電所の熱交換器の冷媒を冷却する冷却システムであって、前記冷媒を冷却可能とされ第1の台車(台車14)に搭載された冷却塔18と、前記冷媒を送液可能とされ第2の台車(台車14)に搭載された循環ポンプ46と、を有し、前記台車は、車両により前記原子力発電所の敷地に牽引され、前記敷地において、前記冷却塔18と前記循環ポンプ46との間、前記冷却塔18と前記熱交換器との間、前記循環ポンプ46と前記熱交換器との間をそれぞれ配管で接続することにより、前記冷媒を前記熱交換器と前記冷却塔18との間で循環可能とすることを特徴とする。 (もっと読む)



【課題】運用が容易な無人搬送車および走行制御方法を提供する。
【解決手段】自身が走行する経路の情報である経路データ133に沿って走行する無人搬送車であって、自身の目的地に関する情報を取得し、現在位置を始点とし、目的地を終点として有する基本経路データ134がメモリデータ130に存在するか否かを判定し、存在しない場合、現在位置を始点として有する基本経路データ134をデータメモリ130から取得する取得処理と、取得した基本経路データ34の終点を新たな始点とする別の基本経路データ134をデータメモリ130から新たに取得して、終点を目的地に向けて、順に伸ばしていくつなぎ処理を、新たに取得した別の基本経路データ134の終点が、目的地に一致するまで実行し、取得した各基本経路データ134を経路データ133とするつなぎ処理部120を有することを特徴とする。 (もっと読む)



【課題】電気集塵装置の電極板を取り換えるにあたって、作業時に風の影響を受け難く安全に作業を行うことができる電気集塵装置の電極取替え方法を提供する。
【解決手段】上記課題を解決するための電気集塵装置の電極取替え方法は、電気集塵装置のケーシング側面下部に開口部を設ける工程と、搬入する電極板を搬出入架台に水平配置する工程と、電極板を配置した搬出入架台を吊り上げて前記開口部に接続する工程と、前記開口部に接続された前記搬出入架台から、前記ケーシング内へ前記電極板をスライドさせる工程と、前記ケーシング内に搬入された前記電極板を吊設位置に吊り上げる工程と、を有することを特徴とする。 (もっと読む)




【課題】負荷等の変化で生じる冷却塔のファンの駆動周波数のオフセットを速やかに解消できる冷却システムを提供することを課題とする。
【解決手段】フリークーリングで冷却水を冷却する冷却塔1と、冷却塔1に備わってインバータ駆動される冷却ファン6と、冷却塔1で冷却された冷却水と負荷装置3で昇温した冷水が熱交換する熱交換器2と、を含んでなり、さらに、外気の湿球温度ごと、および負荷装置3の負荷ごとに、冷却ファン6のバイアス周波数を設定するシミュレータと、湿球温度の実測値および負荷の実測値を演算する演算制御部72を有して構成され、シミュレータが設定するバイアス周波数のうち、湿球温度の実測値および負荷の実測値に対応するバイアス周波数を冷却ファン6の駆動周波数として出力する制御装置71と、を備える冷却システム100とする。 (もっと読む)



51 - 60 / 1,767