説明

NECアクセステクニカ株式会社により出願された特許

1,101 - 1,110 / 1,236


【課題】 従来のスケジュール機能は、スケジュール発生時要件として日時、電池残量等を指定し、その条件成立時の動作としては、アラームを発生させる程度のものに過ぎない。
【解決手段】 携帯通信端末100内のスケジューラ107は、スケジュール発生条件として、自端末の状態の情報及び通信機能により外部より得られる情報のうち、予め任意に設定した情報を、スケジュールデータ登録部110を介してスケジュールデータ格納部108と監視情報格納部109に登録する。その後、スケジューラ107は、スケジュール情報監視部111により、スケジュール発生条件として登録された情報が成立するか否かを監視し、スケジュール発生条件として登録された情報が成立したことを検出した時に、スケジュール動作実行部112がスケジュールデータ格納部108に格納されている、自端末が有するリソースのうち、予め任意に設定したリソースを利用した動作を行わせる。 (もっと読む)


【課題】 ユーザーフレームの破壊や保守フレームの送信漏れを確実に防止する。
【解決手段】 まず、ユーザーフレーム及び保守フレームの送信状態を検出する。その結果、ユーザーフレームが送信中と検出されると、当該ユーザーフレームの送信後に、一定のIFGを付加して保守フレームを送信する。一方、保守フレームが送信中と検出されると、当該保守フレームの送信後に、一定のIFGを付加してユーザーフレームを送信する。このように、ユーザーフレームを単純に遅延させてIFGに保守フレームを組み込むのではなく、ユーザーフレームの送信後に一定のIFGを付加して保守フレームを組み込むので、ユーザーフレームの破壊や保守フレームの送信漏れが本質的に起こらない。 (もっと読む)


【課題】 簡単な構成で装置外部からの静電気の印加を防止し、プラグを被覆する絶縁部材の寸法のバラツキにも対処できるコネクタとプラグの接続構造を提供する。
【解決手段】 USBプラグ10の絶縁部材13に溝14を形成し、USBプラグ10の挿抜方向に沿って環状部材11の内周部と重合する絶縁部となる側壁部14a,14bを設ける。絶縁部材13の外形寸法のバラツキや経年変化等による縮径化によって絶縁部材13と環状部材11との間の圧接状態が確保されなくなった状況下においても、絶縁部材13と環状部材11との間の嵌合部における2つの段差部の存在が保証されるので、この凹状に入り組んだ形状の間隙によって装置外部からの静電気の印加を効果的に防止することができる。 (もっと読む)


【課題】 簡単な構成で、熱が溜まりにくく、放熱効率を高くすること。
【解決手段】 電力供給プラグ3のコネクタ部と携帯電話機1のコネクタ部が接続された状態では、携帯電話機1による制御の下でケーブル35を介して供給される電力に基づいて送風ファン32が回転し、送風ファン32による送風は、電力供給プラグ3の開口部36及び携帯電話機1の開口部22を介して携帯電話機1の筐体10内に送出され、電子部品52が搭載された回路基板51の周辺を通った後、開口部41を介して筐体10外に排出される。 (もっと読む)


【課題】利用者の了解できる範囲内でバックアップ用の回線との間での切り替えが可能なデータ通信切替システムを得る。
【解決手段】端末204は、ADSL装置202を用いることで電話回線201をADSL回線として使用したり、そのバックアップのためのアナログ回線として用いる。記憶部212の回線切替条件記憶領域212Aには、アナログ回線に切り替えた後にADSL回線側に切り替える条件が記憶されており、ADSL回線が復旧した以外の経済的等の理由でアナログ回線の使用を停止させることができる。 (もっと読む)


【課題】外乱光が入射する使用環境でも検出対象物の有無の検出を行うことができるフォトセンサ、光検出装置および光検出方法を得ること。
【解決手段】キャリアパルス生成回路207は、擬似乱数系列に基づいて信号「1」と信号「−1」のいずれかを所定の周期の中で同じ時間ずつとるキャリアパルス信号206を出力し、発光部駆動回路209はこれに応じて発光部204のオンオフを制御する。乗算回路212は、受光部205が受光に応じて出力する光強度信号210とこのキャリアパルス信号206を入力して乗算し、キャリアパルス信号206の波形と相関関係を有さない外乱光227による信号成分の平均値をほぼ「0」にする。平均化回路214はこの乗算後の信号を平均化し、比較器218はこの平均化された信号が基準値216以上となる区間に「検出対象物有り」とする検出信号217を出力する。 (もっと読む)


【課題】 ユーザの利便性を害することなく、使用されないポートマッピング情報の残留を防止するブロードバンドルータを提供する。
【解決手段】 ポートマッピング部25は、ポートマッピングテーブル上で、LANインタフェース21に接続された装置11のポートに対するマッピングを示すポートマッピング情報の登録および削除を管理する。監視部26は、ポートマッピングテーブルにポートマッピング情報が登録されている装置11の正常性を監視し、正常性が失われた装置11のポートマッピング情報の削除をポートマッピング部25に要求する。ルータ部23は、ポートマッピングテーブルに登録されたポートマッピング情報に従ってWANインタフェース22とLANインタフェース21の間のパケットを転送する。 (もっと読む)


【課題】 待ち受け状態や通話状態からテレビ電話状態に移行する際の操作性の向上を図る。
【解決手段】 通信回路を有する本体11と、この本体11の主面を覆う初期位置から本体11に対してa方向にスライドさせた第1の位置と、初期位置から本体11に対してa方向の逆方向であるb方向にスライドさせた第2の位置とにスライド可能に設けられたスライド体12と、本体11の主面に設けられ初期位置でスライド体12によって覆われるレンズを有するカメラ部14とを備える。そして、スライド体12を第1の位置にスライドさせたときに通信回路を介して通話可能な第1形態にされ、スライド体12を第2の位置にスライドさせたときにカメラ部14のレンズが外方に露出されて作動された第2形態にされる。 (もっと読む)


【課題】
センター側から広域ネットワークを介してリモート側のネットワークのアドレス割当てを変更する場合に、変更後のIPアドレスに対して障害が発生する可能性を予測し、適切に対処するネットワーク管理技術を提供する。
【解決手段】
割当てられるIPアドレスに基づいてネットワーク通信を制御する通信制御部と、前記IPアドレスと異なる復帰IPアドレスを記憶する記憶部と、前記IPアドレスに対するパケットの受信を監視し、所定の時間において前記パケットの受信を検出しないとき、前記IPアドレスを前記復帰IPアドレスに更新するIPアドレス制御部とを具備する通信装置を構成する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、複数のUSBホストから同時利用可能な記憶装置を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明の記憶装置は、複数のUSBホストからのアクセスが許されるファイルが格納される共有領域を有し、前記共有領域に格納されたファイルが他の前記USBホストによるアクセス中であるか否かを判別し、当該ファイルがアクセス中である場合、当該アクセスが読み出し処理であり、当該アクセスの対象であるファイルが他の前記USBホストによる書き込み処理中でないときには、前記USBホストによる当該アクセスを許可し、当該アクセスが書き込み処理であり、当該アクセスの対象であるファイルが他の前記USBホストによるアクセス中でないときには、前記USBホストによる当該アクセスを許可する。 (もっと読む)


1,101 - 1,110 / 1,236