説明

東海ゴム工業株式会社により出願された特許

1,911 - 1,920 / 1,983


【課題】ゴム物性に悪影響を与えずに短時間で不純物等の抽出除去ができ、洗浄効率に優れる燃料電池用ゴム製品の洗浄方法を提供する。
【解決手段】非極性ゴムによって形成された燃料電池用ゴム製品を、超臨界(亜臨界)流体により洗浄する。 (もっと読む)


【課題】低コストで、表面摩擦係数等のベルト物性および電気特性に優れ、クリーニング不良等の発生を抑制することができるシームレス中間転写ベルトを提供する。
【解決手段】単層構造のシームレス中間転写ベルト1であって、下記の(A)〜(D)を必須成分とするベルト形成材料を用いて形成されているとともに、シームレス中間転写ベルト1の表面の摩擦係数が、裏面の摩擦係数よりも小さくなっている。
(A)ポリエーテルスルホン樹脂。
(B)ポリアミドイミド樹脂。
(C)シリコーン、シリコーン変性化合物、フッ素化合物およびフッ素変性化合物からなる群から選ばれた少なくとも一つの化合物。
(D)導電性充填剤。 (もっと読む)


【課題】 表面に離型剤成分が残留しないポリウレタン製品を製造すること。
【解決手段】 沸点が120〜200℃のジメチルシリコーン、若しくはかかるジメチルシリコーンと揮発性溶媒との混合物よりなる離型剤を、成形型の型内面に塗布した後、かかる成形型内にポリウレタン原料を注入して、加熱することにより、該ポリウレタン原料を反応させて、一次硬化せしめる。次いで、成形型内より反応生成物たるポリウレタン成形品を取り出し、その後、該ポリウレタン成形品を加熱して、二次硬化させることにより、目的とするポリウレタン製品を得る。
(もっと読む)


【課題】 コイルへの通電によって加振力を発生するソレノイド型アクチュエータにおいて、可動子の偏磨耗を軽減することによって、目的とする作動特性が長期に亘って安定して発揮され得る、改良された構造のソレノイド型アクチュエータを提供すること。
【解決手段】 可動子142を軸方向に案内する案内筒部を、該可動子142の軸方向における一方の端部に外挿されて該一方の端部を案内する第一案内筒部128と、該第一案内筒部128から独立形成されて該可動子142の他方の端部に外挿されて該他方の端部を案内する第二案内筒部132によって構成した。 (もっと読む)


【課題】 取付ブラケット等との接触面でのスティクスリップによる異音の発生を抑えることができる防振ブッシュ用ストッパ部材を提供する。
【解決手段】 ブッシュ10のストッパ部材27は、内筒金具12の軸方向右端部側に挿嵌されて軸方向端部に固定された取付ブラケット35と外筒金具14端部間に圧縮状態で挟まれている。ストッパ部材27の取付ブラケット35との当接面29には、円弧状の線状突起31が径方向の複数箇所でかつ周方向の複数箇所に同心状に設けられており、さらに周方向に離れた複数箇所において溝部32が径方向に中心孔から外周縁まで延びて設けられている。線状突起31と溝部32が形成された当接面29にはしぼ加工が施され、微小な凹凸状態が形成されている。 (もっと読む)


【課題】流体輸送時において乱流の発生を抑制し、乱流自身による或いは管の共鳴による流動音の発生や振動の発生を抑制することのできる蛇腹管ホースを提供する。
【解決手段】径方向外側の山部26と内側の谷部28とを有する波形部30を軸方向に連ねて成る蛇腹管18を少なくとも最内層に有し、且つ波形部30の内側空間は流体の流通する蛇腹管18の内部空間に連通した空間をなしている蛇腹管ホースにおいて、波形部30を蛇腹管18の軸方向且つ流体の輸送方向Qとは逆方向に傾斜させる。 (もっと読む)


【課題】 上下の取付板金具におけるパワーユニット側や車両ボデー側への取付面の傾斜角度を変更することなくマウント弾性主軸の方向を容易に設定変更することが出来ると共に、バウンド方向のストッパ機構が略水平方向に広がる対向面をもって有利に形成され得る、新規な構造のエンジンマウントを提供する。
【解決手段】 上側取付板金具12の下側取付板金具14への対向面74側において、該上側取付板金具12に対して相対的に傾斜して平板状に広がるように調節板金具66を固定すると共に、該調節板金具66と下側取付板金具14の対向面78,80間を本体ゴム弾性体16で連結する。また、調節板金具66の傾斜方向の下端縁部68を上側取付板金具12に向けて屈曲させることにより、車両への装着状態下で略水平に広がる上側ストッパ部70を調節板金具66に一体形成する。 (もっと読む)


【課題】加工性や柔軟性に優れるとともに、耐熱性および接着力を向上させることができる接着剤組成物を提供する。
【解決手段】下記の(A)〜(C)を必須成分とする接着剤組成物である。
(A)下記の(a)〜(c)を共重合させてなる変性ポリアミドイミド樹脂。
(a)芳香族イソシアネート化合物。
(b)芳香族系多価カルボン酸の無水物。
(c)カルボン酸両末端ポリエステルまたはカルボン酸両末端ポリアミド。
(B)下記(C)成分のエポキシ基に対する反応基を有する溶剤可溶型ポリアミド樹脂。
(C)分子中にエポキシ基を2個以上有するエポキシ樹脂。 (もっと読む)


【課題】摩擦係数が小さく、耐久性に優れた電子写真機器用無端ベルトを提供する。
【解決手段】表面が感光体に接するか、もしくは近接した状態で周方向に駆動される電子写真機器用無端ベルトであって、その少なくとも基層1が、下記の(A)〜(C)を共重合させてなる変性ポリアミドイミド樹脂を用いて形成されている。
(A)芳香族イソシアネート化合物。
(B)芳香族系多価カルボン酸の無水物。
(C)分子中にポリジメチルシロキサン構造を有するシリコーンポリマーであって、片末端もしくは両末端に、上記(A)のイソシアネート基に対する反応基を有するシリコーンポリマー。 (もっと読む)


【課題】流体輸送時において乱流の発生を抑制し、乱流自身による或いは管自体の共鳴による流動音の発生や振動の発生を抑制することのできる蛇腹管ホースを提供する。
【解決手段】山部26と谷部28とを有する波形部30を軸方向に連ねてなる蛇腹管18を最内層に有し、且つ波形部30の内側空間32が流体の流通する蛇腹管18の内部空間に連通した空間をなしている蛇腹管ホースにおいて、隣接する谷部28の底部28aと底部28aとの間において、上流側の底部28aの終端部Xに対し、下流側の底部28aの始端部Xが径方向外側に位置するように段差Fを設け、且つ各底部28aを上流側から下流側に進むにつれて蛇腹管18の軸心に接近する形状となす。 (もっと読む)


1,911 - 1,920 / 1,983