説明

株式会社ジャパンエナジーにより出願された特許

1 - 10 / 344


【課題】粗製四塩化チタンを蒸留精製する際に用いる四塩化チタン精製用配合油として、人の健康に対する影響が小さい多環芳香族化合物(PCA)の含有量が少ない鉱油を用い、バナジウムなどの不純物除去に優れたものを提供する。
【解決手段】DMSO抽出分が3質量%未満、%CAが10〜25、クロマトによる芳香族分が50質量%以上である鉱油系基油に、硫化油脂、硫化オレフィン、硫化エステル、ポリスルフィドの少なくとも1種類からなる硫黄系添加剤を硫黄分として2〜8質量%含有する四塩化チタン精製用配合油。 (もっと読む)


【課題】改質触媒や燃料電池の電極の劣化による燃料電池システムの性能低下が少なく、燃料電池システムの性能を長時間安定して維持することができる燃料電池システムに適した炭化水素燃料組成物を提供する。
【解決手段】無機硫黄の含有量が0.001〜0.05質量ppmである燃料電池システム用炭化水素燃料組成物であり、硫黄分が0.001〜10質量ppm、15℃における密度が0.785〜0.800g/cm、95容量%留出温度が240〜265℃であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】既存のディーゼルエンジンと、改質器付きディーゼルエンジンとの双方に適用可能で新たな燃料供給インフラの構築を必要とせず、且つ、脱水素反応により水素を多量に生成することが可能な改質器付きディーゼルエンジン用燃料油組成物を提供する。
【解決手段】硫黄分が10質量ppm以下、90%留出温度が360℃以下、セタン価が45以上、ナフテン分が20容量%超30容量%未満、15℃における密度が0.860g/cm以下であり、脱水素触媒を用いて燃料油組成物を脱水素し改質燃料油組成物へと改質する改質器を備えた改質器付きディーゼルエンジンに用いることを特徴とする、改質器付きディーゼルエンジン用燃料油組成物である。 (もっと読む)


【課題】既存のディーゼルエンジンと、改質器付きディーゼルエンジンとの双方に適用可能であり、新たな燃料供給インフラの構築を必要としない、改質器付きディーゼルエンジン用燃料油組成物を提供する。
【解決手段】硫黄分が10質量ppm以下、90%留出温度が360℃以下、セタン価が50以上、ナフテン分が7〜20容量%、15℃における密度が0.860g/cm以下であり、脱水素触媒を用いて燃料油組成物を脱水素し改質燃料油組成物へと改質する改質器を備えた改質器付きディーゼルエンジンに用いることを特徴とする、改質器付きディーゼルエンジン用燃料油組成物である。 (もっと読む)


【課題】シリコン中に含まれる炭素濃度の測定を迅速且つ簡便に行うことが可能な方法を提供する。
【解決手段】シリコン試料100質量部に対して銅50〜250質量部を添加して測定試料を調製し、該測定試料を酸素雰囲気下にて溶融、燃焼させ、発生する二酸化炭素を赤外吸収分光法により測定することを特徴とするシリコン試料中の炭素濃度の測定方法である。前記測定試料には、さらにタングステン、錫及び鉄からなる群から選択される1種以上の金属を添加することが好ましく、また、前記シリコン試料には、600℃以上で加熱処理を行うことが好ましい。 (もっと読む)


【課題】改質器付き予混合圧縮着火エンジンのPCCI燃焼領域を飛躍的に拡大すると共に、熱効率の向上およびCO排出量の削減を達成することができる燃料油組成物を提供する。
【解決手段】硫黄分が10質量ppm以下、90%留出温度が360℃以下、ナフテン分が30容量%以上、セタン価が35以上、15℃における密度が0.860g/cm以下であることを特徴とする、予混合圧縮着火エンジン用燃料油組成物である。この予混合圧縮着火エンジン用燃料油組成物は、改質器付き予混合圧縮着火エンジンの燃料として好適に使用し得る。 (もっと読む)


【課題】改質効率を向上させることが可能な、構造が簡単で安価な酸化自己熱型改質装置を提供する。また、発電効率を高めることが可能な燃料電池システムを提供する。
【解決手段】原料と水蒸気との混合物の改質反応により水素を主成分とする改質ガスを生成する改質層と、原料または改質ガスの一部を酸化して熱を発生させる酸化発熱層とを有する反応管と、酸化発熱層に酸化性ガスを供給する酸化性ガス供給手段と、反応管の外周に高温燃焼ガスを接触させて該反応管内を加熱する加熱手段とを備え、反応管は、一端が閉じられ、且つ、該閉じられた端部において内管と外管とが連通する二重管構造を有し、改質層は内管内に位置し、酸化発熱層は外管と内管との間隙部に位置し、反応管の内管内に混合物を供給する混合物供給流路と、間隙部から改質ガスを排出する改質ガス排出流路とを更に備えることを特徴とする酸化自己熱型改質装置。また、該酸化自己熱型改質装置を備える燃料電池システム。 (もっと読む)


【課題】過分解を抑制し、多環芳香族炭化水素から付加価値の高いアルキルベンゼン類を効率よく製造する方法を提供する。
【解決手段】重質芳香族炭化水素から高効率でアルキルベンゼン類に変換する上で、従来から採用されてきた抽出等のエネルギー消費量の多い分離工程を不要にすることにより、簡便な蒸留のみの低エネルギー消費でアルキルベンゼン類を濃縮する方法であって、ブレンステッド酸の最高酸強度が135kJ/mol以上である固体酸を含有する水素化分解触媒を用いることで、分子径の小さいベンゼン・トルエン・キシレン(BTX)を選択的に製造する方法。 (もっと読む)


【課題】改質効率を向上させることが可能な、構造が簡単で安価な酸化自己熱型改質装置を提供する。また、発電効率を高めることが可能な燃料電池システムを提供する。
【解決手段】原料と水蒸気との混合物の改質反応により水素を主成分とする改質ガスを生成する改質層と、原料または改質ガスの一部を酸化して熱を発生させる酸化発熱層とを有する反応管と、酸化発熱層に酸化性ガスを供給する酸化性ガス供給手段と、反応管の外周に高温燃焼ガスを流して該反応管内を加熱する加熱手段とを備え、反応管は、一端が閉じられ、且つ、該閉じられた端部において内管と外管とが連通する二重管構造を有し、酸化発熱層は内管内に位置し、改質層は外管と内管との間隙部に位置し、反応管の間隙部に混合物を供給する混合物供給流路と、内管から改質ガスを排出する改質ガス排出流路とを更に備えることを特徴とする酸化自己熱型改質装置。また、該酸化自己熱型改質装置を備える燃料電池システム。 (もっと読む)


【課題】多環芳香族炭化水素から付加価値の高い1環芳香族炭化水素を、高価な水素を過剰に消費することなく過分解を抑制し、効率よく製造する方法を提供する。
【解決手段】多環芳香族炭化水素が50容量%以上、1環芳香族炭化水素及び1.5環芳香族炭化水素の合計量が20容量%未満である原料炭化水素油を、(1)水素の存在下、モリブデンの含有量が0.5重量%以上8.0重量%未満である水素化精製触媒に接触させ、脱硫脱窒素処理を行うとともに、多環芳香族炭化水素を1.5環芳香族炭化水素に変換する第一工程に次いで、(2)第一工程から得られた中間油を水素の存在下、水素化分解触媒に接触させ、アルキルベンゼン類に変換する第二工程を行うことにより、アルキルベンゼン類が20容量%以上、多環芳香族炭化水素が1.0容量%未満である付加価値の高い1環芳香族炭化水素を製造する。 (もっと読む)


1 - 10 / 344