説明

ファルマシア・アンド・アップジョン・カンパニー・エルエルシーにより出願された特許

91 - 100 / 130


本発明は5−アンドロステン−3β−オールステロイド中間体およびそれらの製法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、選択的なα7nAChRアゴニスト及び5−HTアンタゴニストである化合物を開示する。当該化合物は多くのCNS疾患の治療に有用である。当該化合物は下記式(I):
【化1】


{式中、アザビシクロは、式(2)であり、ここで各Rは独立にH、アルキル又は置換アルキルであり;RはH、アルキル又は置換アルキルであり;kは1又は2である、但し、kが2の場合、RはH以外である;RはH、アルキル又はアミノ保護基であり;Wは、式(3)であり、ここでWはCH又はNであり;WはO、N(R)、N(C(O)R)又はSであり;WはO、N(R)、N(C(O)R)又はSであり;RはH、F、Cl、Br、I、アルキル、置換アルキル又はアルキニルであり;アルキルは1〜6炭素数を有する直鎖−及び分岐鎖部分である}
を有する。
(もっと読む)


置換アリール1,4−ピラジン誘導体、および不安障害、うつ病およびストレス関連障害の処置におけるそれらの使用が開示されている。 (もっと読む)


本発明は、式(I)の四級アンモニウム化合物およびその任意の立体異性体(ここで、RはC〜Cアルキル、−CH−(C〜Cアルケニル)、および−CH−(C〜Cアルキニル)から選択され、ここでRのそれぞれはフェニル、C〜Cアルコキシ、およびヒドロキシルから選択されるグループで置換されていても良く;そしてXは薬学的に許容される酸のアニオンを表す)ならびに喘息、慢性閉塞性肺疾患、アレルギー性鼻炎、および感染性鼻炎の治療におけるそれらの使用に関する。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、本明細書中に記載の式(I)の第四級アンモニウム化合物、並びに、喘息、慢性閉塞性肺疾患、アレルギー性鼻炎、及び感染性鼻炎の治療におけるそれらの使用を特徴とする。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、例えば、式(I)(式中、R、RおよびRは明細書中に定義された値のいずれかを有する)の化合物、ならびに該化合物を含む医薬組成物を提供する。また、本発明は治療方法、および式Iの化合物を調製するのに有用な製法および中間体を提供する。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、重要な医薬品、エプレレノンの製造に有用な中間体である17β−ヒドロキシ−7α−(5’−メチル−2’−フリル)−プレグナ−4,9(11)−ジエン−3−オン−21−カルボン酸、γ−ラクトン(II)の新規結晶型に関する。
(もっと読む)


本発明は、式Iで表されるオキシインドールの新規なオキサゾリジノン誘導体(ここで、Y1は、CH−又は−CF−であり;R1は、フッ素原子で場合により置換される−C1−4アルキルであり、又はR1は、−C3−5シクロアルキルであり;そしてR2は、−H又は−CH3である)、又はその医薬として許容される塩に関する。これらの化合物は、抗菌剤として有用である。
(もっと読む)


本発明は、式(I)の化合物、5−HT受容体のごとき5−HT受容体が関連し、5−HT機能の変調が望まれる、哺乳動物における病気または疾患を治療するためにこれらの化合物を用いる方法を提供し、ここに、A、GおよびWないしWは明細書中に定義される。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、ニューロン損傷を招くまたは引き起こすことが分かっている病状または状態に苦しむまたはそれに対して感受性の患者においてニューロン損傷を予防または減少させるための、複素環アミン型化合物の使用を提供する。 (もっと読む)


91 - 100 / 130