鳥取県により出願された特許

1 - 10 / 19


【課題】ウシ個体における枝肉重量、または、体高を増加させる遺伝的能力を評価する遺伝子マーカー、及び、そのマーカーを用いた評価方法を提供すること。
【解決手段】配列番号1の塩基配列から成るウシPTPDC1遺伝子のcDNAの964番目の塩基に対応する塩基、配列番号2の塩基配列から成るFGD3遺伝子のcDNAの47番目、556番目、または、557番目の塩基に対応する塩基、あるいは、配列番号3の塩基配列から成るウシSUSD3遺伝子のcDNAの53番目の塩基に対応する塩基を決定し、順に、G、C、T、G、Aである時に、そのウシ個体の枝肉重量、または、体高を増加させる遺伝的能力が、各塩基が野生型であるウシ個体より高いと評価し、枝肉の重量が重く、体高が高いと予測する。 (もっと読む)


【課題】簡便にショウロ子実体を製造する方法を提供する。
【解決手段】ショウロ菌根を形成したクロマツ実生を、クロマツ実生を育成させた環境の土壌に母樹として定植し、これらのショウロ菌根を形成したクロマツ実生あるいはショウロ菌を接種していない実生の根または育成している土壌に、ショウロ菌糸体粉砕物、あるいはショウロ菌糸体粉砕物およびミネラルを含む混合物、あるいはショウロ菌糸体粉砕物、ミネラルおよび界面活性剤を含む混合物を接種することにより、ショウロ菌根の数を増大させるショウロ子実体。 (もっと読む)


【課題】 簡便な作業で植物の受粉日を識別するタグ3を植物のつる2、枝又は茎に取り付けることができる受粉日マーカー1を提供する。
【解決手段】 2つの支持片4a、4bの夫々の一端側を回動自在にボルト9によって固定すると共に、クッション部材5a、5bを固定した夫々の他端側が互いに離反する方向に回動するように引張バネ11によって付勢した押さえ部材5と、一端3a及び他端3bの表面13に剥離可能な粘着材14が付けられることで剥離自在に積層されていると共に、2つのククッション部材5a、5bの相向かい合う内面に、その最下層の一端3a及び他端3bの裏面15が固定されることで、弓形になった凸側を内側に向けて前記押さえ部材5内に収納されたタグ3と、を具備する。 (もっと読む)


【課題】リン酸イオンを含む被処理溶液からリン酸イオンを効率的に回収することができるリン酸イオン吸着剤の製造方法を提供する。
【解決手段】本発明によれば、発泡ガラスをアルカリ溶液中に浸漬させた状態で、加圧下で110℃以上の温度での加熱処理を行う工程を備えるリン酸イオン吸着剤の製造方法が提供される。 (もっと読む)


【課題】動物の子宮内に確実に精液を注入するための精液注入装置を提供する。
【解決手段】精液注入装置1は、動物の子宮内に精液を注入するため装置である。この精液注入装置1は、子宮内に挿入されるパイプ状に形成されてその一端側に螺旋状の挿入部2を有するガイド部材3と、該ガイド部材3の他端側からその内部に挿入されて前記精液を前記子宮内に注入するためのカテーテル4と、該カテーテル4と同時に前記ガイド部材3の他端側からその内部に挿入されて前記子宮内を観察するための観察装置5と、を具備している。 (もっと読む)


【課題】 尿汚水をシャワー状に散水して空気に触れつつ尿汚水浄化微生物と接触させることにより、尿汚水の有機物等を分解除去して、効率よく浄化させることができる尿汚水浄化装置およびその浄化方法を提供する。
【解決手段】 尿汚水が流入する流入口2およびこの尿汚水の処理水を流出させる流出口3が設けられ、上部に開口1aを有した尿汚水処理槽1と、この尿汚水処理槽1の底部側に配置された散気管9cに空気を送気する送気手段9aと、前記開口1a側に複数の散水口が向けられて前記尿汚水処理槽1の上方に配設された散水部7に前記尿汚水処理槽1内の尿汚水を給水する給水ポンプ5を備えた散水手段4と、尿汚水浄化微生物が付着された多孔材を載置する網体および散水孔が複数形成された散水板を離間させて筒体内に保持した尿汚水浄化手段10とを備え、この尿汚水浄化手段10が前記開口1aの上方において前記各散水口の直下にそれぞれ配置されてなる。 (もっと読む)


【課題】ナシ属植物の倍数体を人為的に得ることができる、ナシ属植物の倍数体の作出方法、およびナシ属植物の倍数体を提供する。
【解決手段】ナシ属植物の芽条を減圧下において倍数体誘発剤で処理する減圧倍数化工程を有する、ナシ属植物の倍数体の作出方法とした。このとき、減圧倍数化工程が、ナシ属植物の芽条を倍数体誘発剤を含む倍数体誘発溶液に浸漬させた状態で、周囲の雰囲気を減圧する減圧処理工程と、減圧処理工程で得られた芽条を倍数体誘発溶液に浸漬させた状態のままで、減圧下にある周囲の雰囲気を徐々に常圧に戻す常圧復帰工程と、常圧復帰工程で得られた芽条を常圧雰囲気下で倍数体誘発溶液に所定時間浸漬させておく常圧浸漬工程とを備えることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】ラッキョウは独特の臭気、および食後の口臭が強いことから、生のままで食することを嫌う消費者が多い。そのためラッキョウの用途として甘酢漬けが一般的であるが、甘酢漬け以外の加工はほとんど見られず、ラッキョウの消費量は頭打ちの状況である。本発明は、ラッキョウ特有の臭気を低減させるとともに抗酸化力を高め、より多くの人々においしく、機能性の高い加工ラッキョウを提供し、ラッキョウの消費量を増加させることを目的とするものである。
【解決手段】本発明は、ラッキョウを無臭化させ、抗酸化力を高めることを目的に、恒温設備内においてラッキョウを60〜90℃の雰囲気下で、所定期間に渡って温蔵処理することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】遺伝子マーカーを用いたウシ個体における枝肉重量を評価する評価方法を提供すること。
【解決手段】ウシNCAPG遺伝子のe9部位における塩基を決定し、それがGのとき、枝肉重量が重いと評価する。またはウシNCAPGタンパク質のE9部位におけるアミノ酸を決定し、メチオニンであるとき、枝肉重量が重いと評価する。 (もっと読む)


【課題】ひざまずいてする作業において、小石や砂利からひざを保護することができるとともに、濡れた場所や高温の場所であっても、濡れや火傷からひざを保護することができ、かつ装着感のよいひざ当てを提供する。
【解決手段】前面が非透水性部材31で構成された袋体3と、袋体3の内部に収容されたカップ状の断熱緩衝部材2とを備えたひざ当て1とした。非透水性部材31は透湿性を有する素材からなることが好ましく、断熱緩衝部材2は発泡クロロプレンゴムからなることが好ましい、さらに、袋体3を断熱緩衝部材2に合わせたカップ状に形成することも好ましい。 (もっと読む)


1 - 10 / 19