説明

Fターム[2B022DA19]の内容

植物の栽培 (11,139) | 環境制御 (1,531) | その他の環境因子の制御 (444)

Fターム[2B022DA19]に分類される特許

1 - 20 / 444


【課題】 手作業での唐辛子の摘果作業は、極めて効率が低いものである。また、植物ホルモンの利用や機械的な摘み取り技術が種々検討されているものの、実用に値する開発に至っていない。したがって、本発明の解決しようとする課題は、唐辛子を効率よく摘果することができる方法を提供することである。
【解決手段】 本発明者は上記の課題を解決するために鋭意検討を重ねたところ、唐辛子植物体を適切な条件でエチレンガス雰囲気下に置くことにより、植物体から果実の離脱促進を図ることができ、容易に摘み取りができることを見出し、本発明を完成させた。 (もっと読む)


【課題】ミネラルを多く含む鉄鋼スラグや鉄鋼ダストを用いて、動植物の育成を促進させる液体肥料の製造方法と、その液体肥料の供給方法を提供する。
【解決手段】動植物が生育するのに不可欠であるミネラルが不足している陸域・水域に対して適用する材料であって、鉄鋼スラグを含むミネラル含有物質とイオン交換物質の混合物2のpHが9.0以下に調整され、当該混合物から溶出・抽出された液体であることを特徴とする人工ミネラル溶存液4。 (もっと読む)


【課題】植物体ごとに送風することが可能であり、かつ、送風用の配管の設置を簡略化した植物栽培装置を提供する。
【解決手段】植物栽培装置100は、植物20へ培養液を供給するための複数の開口部11を有する給水パイプ1と、給水パイプ1内の気体を移動させ、開口部11を介して植物20に対して送風するファン5とを備えている。 (もっと読む)


【課題】 この発明は、小さなスペースで種々の育成植物を育成できる植物栽培装置を提供することにある。
【解決手段】 外部から隔離された植物栽培室1aと、この植物栽培室1a内に配置された複数のプランタン2a、2bと、プランタン2a、2bの植物が植えられる育成面と対向する位置に配設された照明装置3と、プランタン2a、2bの土壌温度を個別に制御できる土壌温度制御装置と、を備え、土壌温度制御装置は、冷温水をプランタンの土壌に供給する水供給パイプライン11aと、水を所定の温度に制御する冷温水発生器10とからなる。 (もっと読む)


【課題】 老若男女どなたでも家庭や職場で簡便にスプラウト野菜を育て、食し、手軽に四季を通じて楽しむスプラウト栽培装置 を提供する。
【解決手段】 発芽条件の適度な温度、水分、遮光等の環境を満足させるために保水、通気性の高い大鋸屑と粉炭混合物を培地(9)に使い、培 地パイプ(2)下端より高い位置に水受円板(4)を設けて余分な水切をはかり、培地パイプ(2)上端に水分、空気は通すが光をさ えぎる遮光キャップ組立(20)を被せて発芽生育を促進しカビの発生を軽減した事を特徴とするスプラウト栽培装置 (もっと読む)


【課題】自宅の庭木を自分で剪定、維持、管理したいというニーズに対して、現在提供されている情報や方法、手法がその解決策に至っていないという問題点を解決する方法を提供することを課題とする。
【解決手段】庭に植樹されている樹木について、庭木としての定義を明確にする手段と、その手段により導かれた問題点について、その問題点と対応する問題解決策を現わす手段と、その項目と問題点を解決するための具体的な目標値と指標の提供によって、系統的に問題の解決を図る。 (もっと読む)


【課題】汚染土壌の浄化を図りつつ、有害物質を吸収した植物から有害物質を効率良く回収し、処理することができる有害物質の処理方法を提供する。
【解決手段】本発明に係る有害物質の処理方法は、放射性物質で汚染された汚染領域に放射性物質吸収植物を作付し、放射性物質吸収植物に放射性物質を蓄積させ、放射性物質を蓄積した放射性物質吸収植物を収穫し、放射性物質吸収植物中に含まれる放射性物質を処理する有害物質の処理方法であって、収穫した放射性物質吸収植物を加圧熱水と対向接触させて、放射性物質を熱水側に移行させて熱水排出液として抜き出すと共に、放射性物質が除去されたバイオマス固形分を熱水排出液の排出側とは異なる側から抜き出す水熱分解処理工程(S13)と、熱水排出液から放射性物質を処理する放射性物質処理工程(S14)とを含む。 (もっと読む)


【課題】植物における滑膜肉腫転座(SYT)ポリペプチドまたはそのホモログをコードする核酸の発現を調節することにより、植物の収量を増加させる方法の提供。
【解決手段】植物の遺伝子工学的方法により、植物にSYT核酸またはその変異体を導入することを含む。また、導入されたSYT核酸またはその変異体を有するトランスジェニック植物に関し、該植物は対応する野生型植物と比較して収量が増加する。更に該方法に有用な構築物に関する。 (もっと読む)


【課題】植物の栽培が可能な省スペース設計で、植物を昼夜を問わず育成管理できる栽培装置とする。
【解決手段】所定の直径を持った周壁12のある円筒形のリング11と、リング11の周壁12の両端二箇所にて外周を一周する外周型ラック13と、外周型ラック13の内側で且つ周壁12の両端並びに外周にリング11の回転を補助するための複数の補助ローラ14と、植物を栽培する略直方体の栽培床20が入るようにリング11の内周を円周に直交し区切り、リング11の中心に向う複数の仕切り板15と、リング11の複数の仕切り板15間に配置し固定される栽培床20と、リング11の中心軸状に配置される複数の照明部30と、を備え、リング11の中心軸上に、リング11の奥行きと略同等の長さの導管31を配置し、導管31にリング11の内周を照射できる複数の照明部30を放射状に備える。 (もっと読む)


【課題】発酵により得られたエタノール(発酵エタノール)由来のエチレンを用いる場合でも、0.1〜5ppm程度の濃度で精度よくエチレンガスの濃度管理を行い、もやしの生育を制御する技術を提供することを目的とする。
【解決手段】もやし育成室内のエチレン濃度をガスクロマトグラフを用いて測定する工程と、設定濃度に応じて、加圧状態で貯蔵した発酵エタノール由来エチレンガスと前記もやし育成室とのガス圧差を利用して、発酵エタノール由来エチレンガス前記もやし育成室へ供給することで前記もやし育成室内のエチレン濃度を設定濃度範囲に制御する工程と、エチレン濃度が設定濃度範囲内に制御された前記もやし育成室内でもやしを栽培する工程と、有することを特徴とする、もやしの製造方法により解決する。 (もっと読む)


【課題】野菜の葉又は果実等の可食物中に酸可溶性亜鉛を高濃度含有する野菜、及びその製造法を提供する。
【解決手段】亜鉛を含有する液をホウレンソウ、キャベツ、又はトマトの葉面に散布することにより、地上部に酸可溶性亜鉛を10mg/100g(乾燥重)以上含有するホウレンソウ、地上部に酸可溶性亜鉛を5mg/100g(乾燥重)以上含有するキャベツ、又は果実中に酸可溶性酸可溶性亜鉛を0.15mg/100g(新鮮重)以上含有するトマトを製造する。 (もっと読む)


【課題】植物のストレス、特に無機亜鉛等のミネラルによる薬害ストレスに対して有効な、植物ストレス軽減剤、及び同植物ストレス軽減剤を用いて植物ストレスを軽減する方法を提供する。
【解決手段】硫酸化合物及び/又はアンモニウム化合物、例えば無機硫酸化合物、無機アンモニウム化合物、又は、硫酸化合物及びアンモニウム化合物を含む発酵副生物を有効成分として含有する、植物ストレス軽減剤を植物に施用することにより、植物のストレスを軽減する。 (もっと読む)


【課題】作物、特に茶樹の育成や防除に効果のある作物栽培方法を提供する。
【解決手段】本発明の作物栽培方法は、作物を切断する切断工程と、前記切断による切断面の水分の蒸発又は吸収を調整する水分調整工程と、前記水分調整の後、前記切断面に薬液を塗布する塗布工程とを特徴とする。水分調整工程において、前記切断面の水分活性が、前記切断面を含む部位の前記切断面以外の箇所における水分活性に対してその差異は0.09〜-0.15awになるように水分を調整することが好ましい。 (もっと読む)


【課題】重金属類で汚染された土地に播いた種子の発芽率および生育率を高めることができ、ひいては汚染土壌を効率的かつ安定的に浄化することが可能な種子プラグを提供し、併せて汚染土壌の浄化方法を提供する。
【解決手段】肥料あるいは少量の栄養塩を含む種子育成対象土壌65〜97パーセントに対し、蒟蒻粉、寒天粉、片栗粉、葛粉、コンスターチ、白玉粉のうちのいずれかの粉体、あるいはそれらを2以上混合して構成する粉体からなる原料を3〜35パーセントの範囲で水を加えて混合した後、これを乾燥させて製造された培地で植物の種子を包被し、作製してなる種子プラグを作製する。また種子プラグ作製工程と、重金属類で汚染された土壌の土地に種子プラグを植栽し、植物を育成させる育成工程と、育成工程で育成された植物の根、葉、茎、および花を収穫し、乾燥させた後に焼却することにより、植物が吸収した重金属類を回収する回収工程と、を備える。 (もっと読む)


【課題】ケイ素鉄など鉄−半導体合金について新たな用途を見出すことである。
【解決手段】鉄78〜98重量%、半導体1〜10重量%及び不可避的不純物からなり、鉄の溶鋼に半導体を添加することによって製鋼され、熱間圧延により板状に成形された鉄−半導体合金を動物の近傍に設置し、前記合金に太陽光又は白色ライトを照射することによって、半導体の振動が激しくなり、合金から発生する振動電磁波が増強され、前記合金近傍の動物の発育を助長・活性化することを特徴とする動物発育助長・活性化方法である。 (もっと読む)


【課題】植物体が病原菌に感染しているか否かを診断できる、植物体の病原菌感染診断装置を提供することを目的とする。
【解決手段】植物体に、300〜500nmの波長の第1の励起光を照射する励起光照射手段と、前記植物体からの近赤外蛍光及び410nm以上の波長の可視光蛍光を検出する検出手段と、を備える、植物体の病原菌感染診断装置。 (もっと読む)


【課題】 衰えが著しい樹勢を確実に回復することができるようにした樹勢回復方法を提供する。
【解決手段】 樹木及び果樹の根を剪定断根し、発根想定箇所及び/又は新根の伸長想定箇所の土壌中に電気導体の粉粒を混合して土壌を改良し、改良土壌に低電流の高電圧を印加して電気刺激を与え、菌根菌を増殖させて菌根を形成させ、発根を促すことによって樹勢を回復させる。印加する低電流の高電圧は、10mA〜120mAの範囲内の低電流の10,000V〜100,000Vの範囲内の高電圧とし、0.3秒〜60秒の範囲内の時間印加するのがよい。 (もっと読む)


【課題】 従来、この種のファンの散水装置としては、適切なものがなく、昨今の牧草、麦藁生成地において、放射能による樹木、果実、葉、稲藁、麦藁等の汚染防止が大きな問題となっている。この状況は、国内を戦慄させているが、有効な解決策がないのが現況である。また、その他の汚染、例えば、煤煙、粉塵等の有害物資においても同様である。
【解決手段】 本発明は、ファンの送風領域に水、水粒子、又は微粒子を噴射するために、ファン、又は建柱に設けた多機能の散水ノズルと、散水ノズルに水、薬液、液肥、防虫剤の流体を送るホースとで構成したファンの散水装置で、散水ノズルから噴射された流体に付与された噴射力が、送風領域内に到達し、かつ送風領域内で消失する構成を達成するために、散水ノズルの噴射方向を、送風領域の中心に向って行うファンの散水装置。 (もっと読む)


【課題】植物の養液栽培において、環境への負荷を軽減しながら高い防除効果を発揮し、幅広い防除対象(植物病害、害虫など)に有効な防除技術を提供する。
【解決手段】400〜750nmの波長域の光線のみ又は該波長域の光照度をこれ以外の波長域の光照度より強くした光線を植物に照射し、且つ、植物の病害防除効果及び/又は害虫防除効果を有する非病原性の微生物を添加した養液で植物を栽培することで、各種植物病害及び/又は害虫等を効果的に防除する。 (もっと読む)


【課題】米粒におけるタンパク値やアミロース値を低下させることができる水稲用肥料及び水稲栽培方法を提供すること。
【解決手段】亜燐酸マグネシウムを含むことを特徴とする水稲用肥料。本発明の水稲用肥料は、米粒におけるタンパク値やアミロース値を低下させることができる。その結果、米粒の食味が向上する。また、本発明の水稲用肥料は、実を肥大化させ、米の収量を向上させる効果も奏する。本発明の水稲用肥料としては、例えば、亜燐酸マグネシウムの水溶液が挙げられる。この場合、亜燐酸マグネシウムの濃度は、例えば、0.1〜100g/Lとすることができる。上述した水稲用肥料を水稲の葉面に散布することを特徴とする水稲栽培方法。 (もっと読む)


1 - 20 / 444