説明

Fターム[2C065CC18]の内容

サーマルプリンタ(構造) (12,698) | ヘツド保持作動機構 (989) | ヘッド関係 (674) | 調整(駆動源なし) (256) | ヘッド圧力の均等化 (63)

Fターム[2C065CC18]に分類される特許

1 - 20 / 63


【課題】プラテンローラと印字ヘッドとの押圧点における接圧を適切なものとすることができるプリンタを提供すること。
【解決手段】本発明によるプリンタ1は、プラテンローラ2に押圧される印字ヘッド3を支持する支持板4の耳部4aと、耳部4aが係合される案内部5aと、を含み、耳部4aは、プラテンローラ2が印字ヘッド3に押圧される押圧点における接線に対して、プラテンローラ2側に位置する当接点Pで案内部5aに当接する当接部4acを有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】低コストで小型化可能なサーマルプリンタを提供する。
【解決手段】記録紙に印字をするプリントヘッドと、前記プリントヘッドをプラテンローラの側に加圧するねじりコイルバネと、前記プラテンローラを回転可能な状態で固定する開閉アームと、を有し、前記ねじりコイルバネは、前記プラテンローラの伸びる方向と略平行となるように巻かれており、前記ねじりコイルバネの一方の端は、前記開閉アームに接続されており、他方の端は、前記プリントヘッドに接していることを特徴とするプリンタ装置を提供することにより上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】サーマルヘッドの傾斜角度を簡単な操作で段階的に調節可能にする。
【解決手段】第2のアーム40が固定された第1のアーム30が回動中心Pamを中心に回動することで、サーマルヘッド10の円弧状突部13とプラテンローラ14との間に導かれた印画紙16に対して円弧状突部13が接離する。各3つの位置決め穴34、44の組み合わせの選択により、第2のアーム40は、第1のアーム30に対して、予め定められた複数の相対的位置のうち選択される1つの相対的位置にて位置決めが可能である。そして、複数の相対的位置のいずれが選択されるかによって、サーマルヘッド10の円弧状突部13が印画紙16に当接した状態における傾斜角度θが異なる。 (もっと読む)


【課題】プラテンローラーが移動してサーマルヘッドに圧接する構成のサーマルプリンタ装置において、プラテンローラーとサーマルヘッドとの正確な位置合わせを可能にする。
【解決手段】サーマルヘッド11には、プラテンローラー3のサーマルヘッド11への圧接方向に平行に延びる平坦部を有する位置決め部材16が固定される。プラテンローラー3の搬送機構は、プラテンローラー3を横方向へ移動させる第1支持部材7と、プラテンローラー3を位置決め部材16へ付勢する第2支持部材8とを備える。プラテンローラー3は、位置決め部材16に付勢されつつ移動し、サーマルヘッド11に圧接する。 (もっと読む)


【課題】サーマルヘッドとプラテンローラとが直接接触する領域に付与される押圧力を積極的に低減した上で、幅の異なる複数のロール紙を同一の装置で取り扱うことができるプリンタを提供する。
【解決手段】多数の発熱素子を有し、ロール紙から引き出される記録紙の幅方向に沿って配置されたサーマルヘッド33と、サーマルヘッド33に対向配置され、サーマルヘッド33との間に記録紙を挟んだ状態で回転することで、記録紙を送り出すプラテンローラ34と、サーマルヘッド33に対してプラテンローラ34の反対側に設けられ、サーマルヘッド33をプラテンローラ34に向けて押圧する弾性部材45aと、弾性部材45aには、供給されるロール紙の幅に応じてサーマルヘッド33から弾性部材45aを離間させ、弾性部材45aによるサーマルヘッド33への押圧を解除する押圧力解除機構51が設けられていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】長期に亘って使用しても性能が低下しにくいサーマルヘッドを提供する。
【解決手段】ヘッド基板と、ヘッド基板上に設けられた帯状の発熱体140と、発熱体140に接続された個別電極118およびコモン電極114aと、を有する発熱素子145と、発熱体140と、発熱体140の延在方向端部において、発熱体140と交差して設けられたダミー電極200と、を有するダミー素子145xと、を備え、ダミー電極200は、発熱体140の周囲に配置されたコモン配線パターン114に、発熱体140の両側で接続されている。 (もっと読む)


【課題】長期使用時に性能低下しにくいサーマルヘッドを提供する。
【解決手段】基体110xと、基体110xの一主面に設けられシリコン酸化物またはシリコン窒化物を形成材料として含む平坦化層110yと、を有するヘッド基板110と、ヘッド基板110の一主面側に設けられた複数の発熱素子145と、を備え、発熱素子145は、発熱体140と、発熱体140に接続された個別電極118およびコモン電極114aと、を有し、コモン電極114aは、複数の発熱素子145の周囲に配置されたコモン配線パターン114に接続され、コモン配線114は、少なくとも発熱素子145の配列軸と交差する領域が、ヘッド基板110の端部まで延在して設けられ、且つ平坦化層110y上に少なくとも一部が設けられた第1配線層150と、第1配線層150の上において平坦化層110yに接しないように設けられ、銀を形成材料とする第2配線層160と、を有する。 (もっと読む)


【課題】プラテンに対するサーマルヘッドの位置を高精度で容易に調整可能な熱転写プリンタを提供する。
【解決手段】サーマルヘッド2とプラテン4との間でインクリボンと共に転写紙を挟み込みサーマルヘッド2の発熱素子に電流を印加し、インクリボンのインクに熱量を加えることによって、インクの画像が転写紙に転写される熱転写ユニット10を備えた熱転写プリンタPにおいて、サーマルヘッド2及びプラテン4が相対するように固定される基台20を備え、サーマルヘッド2は、移動機構部30を介して基台20に取り付けられ、移動機構部30は、サーマルヘッド2を鉛直方向に移動可能な第1の移動機構部と、第1の移動機構部の移動量に応じてプラテン4に対するサーマルヘッド2の押圧力を調整する押圧力調整機構部と、を具備している。 (もっと読む)


【課題】容易にプラテンとサーマルヘッドの密着性を高めることが可能な熱転写プリンタを提供する。
【解決手段】サーマルヘッド2とプラテン4の両端部がそれぞれ支持されて、当該サーマルヘッド2とプラテン4が対面するように配置された熱転写プリンタPにおいて、サーマルヘッド2の少なくとも中央部をプラテン4側へと押圧する第1の押圧手段50と、プラテン4をサーマルヘッド2側へと押圧する第2の押圧手段65と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】サーマルヘッドとプラテンローラとが直接接触する領域に付与される押圧力を積極的に低減した上で、幅の異なる複数のロール紙を同一の装置で取り扱うことができるプリンタを提供する。
【解決手段】多数の発熱素子41を有し、ロール紙から引き出される記録紙の幅方向に沿って配置されたサーマルヘッド33と、サーマルヘッド33に対向配置され、サーマルヘッド33との間に記録紙を挟んだ状態で回転することで、記録紙を送り出すプラテンローラ34と、サーマルヘッド33に対してプラテンローラ34の反対側に設けられ、サーマルヘッド33をプラテンローラ34に向けて押圧する弾性部材45,45aと、を備え、弾性部材45aは、供給されるロール紙の幅に応じて幅方向に沿ってスライド移動可能に構成されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】サーマルラインヘッドを安定的かつ確実にプラテンローラに対し圧接する。
【解決手段】プラテンローラ111と、サーマルラインヘッド112を支持する放熱板114と、放熱板114の長手方向両端部から長手方向に突出して設けた軸部材113L,113Rと、サーマルラインヘッド112がプラテンローラ111に圧接するように軸部材113L,113Rの長手方向両側端部を支持可能な、一対のサイドシャーシ部材130L,130Rと、メインシャーシ部材150と、を有し、一方のサイドシャーシ部材130Lは、軸部材113Lの軸心位置kを略保持しつつ回動可能に保持する略円形又は略正方形の貫通孔200Lを備え、他方のサイドシャーシ部材130Rは、軸部材113Rの軸心位置kをスライド可能としつつ回動可能に保持する略長円形状又は略矩形状の貫通孔200Rを備える。 (もっと読む)


【課題】プラテンローラとサーマルヘッドとの間の圧力を検出することが可能なサーマルヘッドを提供すること。
【解決手段】本発明は、印刷用紙9を搬送するプラテンローラ10と、印刷用紙9をプラテンローラ10に押し付け、かつ印刷用紙9に印刷を行うサーマルヘッド12と、プラテンローラ10とサーマルヘッド12との間の圧力に応じて電気抵抗が変化する感圧導電ゴム18からなり、圧力を検出する圧力センサ、とを具備するサーマルプリンタである。本発明によれば、感圧導電ゴム18が圧力センサとして機能することにより、プラテンローラ10とサーマルヘッド12との間に係る圧力を検出することが可能となる。 (もっと読む)


【課題】サーマルプリントヘッド装置において、簡単な構造で、サーマルプリントヘッドの押圧力を変化させる。
【解決手段】プラテンローラ52に対向したサーマルプリントヘッド62と、プラテンローラ52の接線方向に延び、軸部13を支点として揺動可能に支持された、サーマルプリントヘッド62を保持するヘッド保持板63と、サーマルプリントヘッド62をプラテンローラ52に押圧するように、一端65aがサーマルプリントヘッド62の側に配置され、他端65bが固定されて、サーマルプリントヘッド62を付勢するコイルバネ65と、ヘッド保持板63とコイルバネ65との間に配設され、コイルバネ65の一端65aがヘッド保持板63に接する作用点Sを、プラテンローラ52の接線方向(ヘッド保持板63の延びる方向(N,N′))に沿って移動させる作用点切替板68とを備える。 (もっと読む)


【課題】サーマルヘッドのプラテンローラへの押付力を被印字媒体の幅方向に沿って異ならせることが可能なプリンタを得る。
【解決手段】本発明の実施形態にかかるプリンタの押付力調整機構は、ベース部材と、ベース部材に対する幅方向の位置を可変可能な状態で配置され、複数の付勢部材を伸長または圧縮させる作用部材と、作用部材と当接し、当該作用部材との当接位置を付勢部材の伸縮方向に可変可能な状態でベース部材に支持され、当接位置の可変によって作用部材による付勢部材の伸縮量を可変する複数の当接部材と、伸縮方向に突出または没入した状態で作用部材の当接部材との当接位置に設けられ、作用部材のベース部材に対する幅方向の位置の可変によって作用部材による付勢部材の伸縮量を可変する凹部または凸部と、を有した。 (もっと読む)


【課題】サーマルプリンタにおいて、紙幅が異なる用紙を用いる際の、サーマルプリントヘッドを押圧する付勢部材の調整を容易にする。
【解決手段】2種類の紙幅W1,W2の感熱紙200(用紙)を使用可能とされたサーマルプリンタ100において、サーマルプリントヘッド41をプラテンローラ21に押し付ける4つのバネ19a,19b,19c,19d(付勢部材)が、サーマルプリントヘッド41の幅方向に沿って設けられているとともに、バネ19a,19b,19c,19dの数4つは、最大の紙幅W1を、これら2種類の紙幅W1,W2間での略最大公約数Mで除して得られた値の数であり、バネ19a,19b,19c,19dは略最大公約数Mと等しい等間隔L1に配置されていて、4つのバネ19a,19b,19c,19dのうち、使用される感熱紙200の紙幅の範囲外のバネ19dが着脱可能とされている。 (もっと読む)


【課題】サーマルプリンタにおいて、全体の大きさ、特に前後方向の長さを短くする。
【解決手段】サーマルプリントヘッド41と用紙収容部14との間の感熱紙200の経路上であって、サーマルプリントヘッド41の一部を覆うヘッドカバー部51に、用紙経路を送られる感熱紙200に押し当てられるダンパー部52が、一体的に設けられている。 (もっと読む)


【課題】サーマルプリンタにおいて、サーマルプリントヘッドとプラテンローラとが分離された構造を有しつつ、これらを簡単に着脱可能とし、しかも、用いられる用紙の厚さに応じて、用紙と発熱素子列との適正な密着を得る。
【解決手段】カバーフレーム(17)に着脱可能のサーマルプリントヘッドユニット40を備え、本体フレーム(18)に着脱可能のプラテンローラユニット(20)を備えて、サーマルプリントヘッドユニット(40)とプラテンローラユニット(20)とが分離された構造を有しつつ、段付きピン調整部70が段付きピン60の位置を変位させることで、段付きピン60に引っ掛けられているサーマルプリントヘッドユニット40の姿勢(傾き)を変化させて、感熱紙200(用紙)の厚さに応じた、感熱紙200と発熱素子列42との適正な密着を得る。 (もっと読む)


【課題】プラテンローラとサーマルヘッドとの位置決め精度を向上させ、発熱素子を発熱素子許容範囲内に確実に配設することができるサーマルプリンタを提供する。
【解決手段】位置決め機構38は、ヘッド支持体23を着脱フレーム21に対して移動可能とさせる貫通孔40と、ヘッド支持体23に形成された規制面44aと、規制面44aがプラテンローラ6の軸受け18に当接するように、ヘッド支持体23を付勢する弾性部材42と、ヘッド支持体23に形成され、カバーユニット4の装着動作に伴って軸受け18に摺動しながらヘッド支持体23を貫通孔40に沿って移動させ、規制面44aが軸受け18に当接するようにヘッド支持体23を導くガイド部44bとを備え、規制面44aは平坦面に形成され、規制面44aの法線方向がサーマルヘッド19のヘッド面19aに平行な面内においてプラテンローラ6の軸方向に直交する方向に一致していることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ドライバーICのビット数を有効に活用できる高印刷品位のサーマルヘッドを提供する。
【解決手段】複数の発熱素子145が列状に配置されたヘッド基板110と、前記ヘッド基板110に列状に実装され、所定数の前記発熱素子145を担当して選択的に発熱させる複数のドライバーIC130と、を備えるサーマルヘッド1であって、前記複数のドライバーIC130は、異なるビット数の前記ドライバーIC130からなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 印字状態のテストプリント処理の印字圧の調整において、適正な印字品質を容易に提供できるようにする。
【解決手段】 サーマルヘッドと、当該サーマルヘッドに相対して位置するプラテンローラとの間に印字媒体を挟圧移送して印字を行なうサーマルプリンタにおける、テスト印字前の上記サーマルヘッドと上記プラテンローラとの間の加圧状態を確認するヘッド圧バランスチェック方法であって、上記サーマルヘッドを駆動しない状態にしておき(A)、加えられる圧力の大きさに応じて発色状態が変化する確認シートを、上記サーマルヘッドと上記プラテンローラとの間に移送通過させ(B)、上記移送通過した上記確認シートの発色状態に基づいて、上記加圧状態を確認する(C)ヘッド圧バランスチェック方法を提供する。 (もっと読む)


1 - 20 / 63