説明

Fターム[2D039CA00]の内容

水洗便所用衛生器具 (7,126) | 水洗便所用衛生器具の取付構造 (262)

Fターム[2D039CA00]の下位に属するFターム

Fターム[2D039CA00]に分類される特許

1 - 20 / 47


【課題】便器本体の設置位置の変更を容易に行うことができる排水接続部材の固定位置決め具を提供する。
【解決手段】固定位置決め具である型紙20は、便器本体2の便鉢部4の下流側に連通した便器排水路5の下流端部を接続する上向きに開口した流入口11Aを有する流入部11と、この流入部11に連通しており、便器本体2を設置する床面Fに引き出された排水管40の上流端部を接続する下向きに開口した流出口を有する流出部13とを備えた排水接続部材10を床面Fに固定する際に利用する。排水管40の上流端部に上向きに開口した排水口41の中心を通る直線Xに対して、水平方向に隔離した平行線Y上に便器本体2の左右中心が位置するように便器本体2を設置することができる流入部11の床面Fへの固定位置を特定する第1指示部23を有している。 (もっと読む)


【課題】水洗便器の排水口と床面の排水管のずれが大きい場合でも、偏心ソケットを配置可能で、他の機器からの排水を受けられる偏心ソケットの提供をする。
【解決手段】水洗便器の排水口と、床面40まで起立状に配管された排水管との接続に用いられ、他の機器からの排水を受けられる排水合流部51aを有し、排水管の中心軸に対して回転して配置が可能な偏心ソケット50であって、排水合流部51aを、水洗便器のトラップに干渉しない部位に形成する。 (もっと読む)


【課題】少ない洗浄水量でも良好に便器洗浄を行なうことができる水洗大便器を提供する。
【解決手段】本発明の水洗大便器1は、洗浄水を貯水する貯水タンク2と、汚物受け面14とリム部16を備えたボウル部8と、サイホン作用により排出する排水路12と、ボウル部の側方に対応するリム部の位置に設けられたリム吐水口20と、排水路12の入口に向かって洗浄水を吐水するゼット吐水口22と、リム吐水口へ洗浄水を導くリム導水路24と、ゼット吐水口へ洗浄水を導くゼット導水路26と、洗浄水をリム導水路とゼット導水路に分流する分流室10と、を有し、水タンクは、その底面が便器本体の上面から上方へ所定距離H1だけ離間して便器本体に設けられている。 (もっと読む)


【課題】手洗い吐水を省略した使用状態と省略しない使用状態にかかわらず、製造組立時における組立工程を共通化させることができ、生産効率を向上させることができる洗浄水タンク装置を提供する。
【解決手段】本発明の洗浄水タンク装置14は、この外装タンク16に着脱自在に固定され、手洗い吐水を省略した使用状態と省略しない使用状態に応じて取り換え可能な外蓋30,202と、洗浄水タンク本体と外蓋との間に取り付けられた結合部材26と、を有し、この結合部材は、手洗い吐水を省略しない使用状態のときに、外蓋の手洗い鉢210に吐水された洗浄水を受けて内装タンク28内へ吐水する水受け部92と、この水受け部に一体的に結合され、手洗い吐水を省略しない使用状態のときに、手洗い吐水を省略しない使用状態のときにスパウトへ導水する導水管70の下流側端部が接続される非手洗い吐水用導水管接続部80と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】ベッドのまま浴槽に入浴可能な浴槽の機能や自力にてトイレを利用可能なシステムを提供する。
【解決手段】要介護者入浴用ベッドはキャスター付の薄い水平プレート構造とし、布団は短辺方向スパンを二分し、浴槽は三角形断面等のテーパー付とした。また、要介護者専用洋式水洗便器は便座を床のレベル程度に設定すると共に、足元部を35センチ程度床のレベルより掘り下げた。結果、布団も容易に交換でき、ベッドのままでの容易な入浴が可能となり、トイレも自力にて利用できるようになった。又、匍匐可能な要介護者であれば自力にて低いベッドより離れ避難できるようにした。 (もっと読む)


【課題】トイレ室内壁と大便器との間に配置されるトイレキャビネットを提供すること。
【解決手段】このトイレキャビネットは、タンクSTの前面に設けられた洗浄水レバーLHを前面側に露出させるように配置される第一前板TCdと、タンクSTから大便器本体SBaへの給水流路及び排水流路SBcを跨いで配置される第二前板TCfと、第一前板TCdと第二前板TCfとの間に配置される第三前板TCeと、トイレ室内壁TRaから所定距離をおいて鉛直方向に延びる面を有する中仕切板TCgと、を備えている。第一前板TCdは中仕切板TCgに固定され、第二前板TCfは大便器本体SBaと中仕切板TCgとの間に挟みこまれ、第三前板TCeは第二前板TCfの上端面に戴置されると共に中仕切板TCgに設けられたマグネットTCg1によって着脱自在に保持されている。 (もっと読む)


【課題】コンパクトな、逆流防止手段を備える水道直圧式水洗大便器を提供する。
【解決手段】汚物を受ける汚物受け面と上方に形成されるリム部6とを有するボウル部4と、ボウル部4の下方から連続して延設され汚物を排出するトラップ部と、ボウル部4を外覆し水洗大便器の外観を形成する袴部と、水道管に汚水等が逆流することを防止する逆流防止手段19を有し水道管と直結してボウル部4に洗浄水を供給する給水装置11とを備えた水洗大便器において、袴部には、給水装置11の逆流防止手段19より下方に、ボウル部4と外気とを連通し、水洗大便器が詰まった場合に汚水等が水洗大便器外へ溢れ出す流出口14aが形成されている。 (もっと読む)


【課題】着座動作や、便座、便蓋の回動動作などによる異音の発生を抑制する。
【解決手段】ボウル1を備えた前パーツ2と後パーツ3とで便器4を構成する。前パーツ2の上面のボウル1の上開口5よりも後方位置にボウル1の上開口5の後縁に沿う立上壁6を一体に立ち上げる。後パーツ3に便器4の後部に内装した便器付属装置7の上側を覆う上カバー8を備える。上カバー8の前縁から垂下した前垂下片9の下端部が立上壁6の上端部の前側に重複する。上カバー8の側縁から垂下した側垂下片10に、便蓋26、便座27の両方またはいずれか一方を回動自在に枢支する枢支部28を備える。前後に重複する立上壁6の上端部の前面と前垂下片9の後面の少なくとも一方又は両方に縦リブ29を設け、前垂下片9と立上壁6とが線接触する。 (もっと読む)


【課題】洋風便器の機種によらず、汎用品のアジャスタ管を用いることができ、且つ容易にアジャスタ管の寸法出しを行うことができる型紙と、この型紙を用いた便器施工方法とを提供する。
【解決手段】洋風便器10の施工に用いられる型紙40は、アジャスタ管23の寸法出しを行うためのアジャスタ管寸法出し部41と、便器固定部材70の位置決め行うための便器固定部材位置決め部50とを有している。アジャスタ管寸法出し部41は、細長い帯状となっており、その後端41aが、アジャスタ管23の後端を揃えるための基準部となっている。アジャスタ管寸法出し部41の両長側辺に沿って、洋風便器10の後方のトイレルーム壁面Wから既設排水管1の軸心までの距離Dに対応したアジャスタ管切断位置を示す目盛り42が設けられている。 (もっと読む)


【課題】本発明は、衛生陶器本体に付属される専用ビスが螺入される床の範囲に、ビスから受ける力に対抗し得る硬質材料からなる層が存在しない構成であっても、該ビスを用いて衛生陶器を、確実に床に固定することができる仲介固定部材、及び該仲介固定部材を用いた衛生陶器の固定構造を提供することを目的とする。
【解決方法】軟質材料を含む上部層2と硬質材料からなる下部層1とからなり上部層2の所定位置に座ぐり部3が形成された床Aと、筒状部11と筒状部11の上端から外方向に延伸しビス挿通孔13が穿設された平板部12とからなり平板部12の底面が床Aの表面に当接するように床Aの座ぐり部3に埋設された仲介固定部材Bと、床Aに載置された便器(衛生陶器)Cと、便器Cのビス挿通孔22に挿通されて筒状部11に螺入された専用ビス(短ビス)23と、平板部12のビス挿通孔13に挿通され、下部層1に到達するように床Aに螺入される長ビス14と、からなる。 (もっと読む)


【課題】据え付けが簡単であると同時に製造が簡単にできる衛生器具の水盤本体を提供する。
【解決手段】固定するために少なくとも2つのボルト状の壁取付け具を壁側に備えた壁掛けで固定される水盤本体を備えた衛生器具であって、据え付け位置において壁取付け具を受容するための、壁取付け具の縦方向に少なくとも1つの横開口部とネジ穴とを具備した少なくとも1つの取付け具を備え、その際ネジ穴が横開口部に対して略垂直に固定スクリューを受容するために配置されており、および据え付け位置において下から到達可能であり、その際取付け具が、衛生器具の壁に設けられた穴の少なくとも1つに固定可能である。 (もっと読む)


【課題】 便器本体が係止された奥壁と便器本体間に所定の操作によって隙間を発生せしめることにより、前記便器本体と前記奥壁の間に生じた汚れを簡便に清掃することを可能とする。
【解決手段】 本発明では、使用者が排泄を行う便器本体と、前記便器本体に洗浄水を供給する給水手段と、前記給水手段と便器本体とを接続するフレキシブル給水管と、前記便器本体と排水配管とを接続するフレキシブル配管と、前記便器本体後方に位置し便器本体が当接する背面壁とを有する衛生設備機器において、前記便器本体は、前記背面壁から離間可能であることを特徴とする衛生設備機器とすることにより、便器本体が背面壁と便器本体間に所定の操作によって隙間を発生せしめ、簡便に清掃作業を促すことを可能とした。 (もっと読む)


【課題】安定して気泡混合洗浄水を誘導して側方開口溝部の溝奥側に向けた強い指向性を持って噴出できるようにすること。
【解決手段】ボウル1の上端開口縁部に設けたリム部2の下面部にボウル1内に向けて内側方に開口する側方開口溝部3を略周方向にわたって形成し、ボウル1の後端部に気泡混合洗浄水を噴出する洗浄水噴出部4を設け、該洗浄水噴出部4から噴出した気泡混合洗浄水が側方開口溝部3に沿って流れつつ側方開口溝部3の側方開口7からボウル1内に流れてボウル1内を洗浄する水洗便器5であって、洗浄水噴出部4から側方開口溝部3までの間に気泡混合洗浄水を側方開口溝部3の溝奥に沿わせるための誘導手段40を構成する誘導水路41を設け、この誘導水路41内に洗浄水噴出部4から噴出した気泡混合洗浄水を衝突させるための衝突部46を設ける。 (もっと読む)


【課題】水洗便器からの排水を排水トラップ側と貯留タンクへと切換え自在な切換弁を備えた男子用水洗トイレを提供する。
【解決手段】水洗便器11の底部に備えた排水部17への接続部19Aを上部側に備えた接続具19の下部側に、排水トラップへの接続部19Bを備え、上下の接続部間に備えた排水路19Cに、洗浄水貯留タンクへの分岐接続路19Dを備え、分岐接続路19Dの入口上部に排水路19Cのほぼ中心にまで先端部が突出した突出壁部19Eを備え、前記入口に対応した位置でかつ突出壁部19Eの下方位置に円板状の切換弁65を回転自在に備え、切換弁65が突出壁部19Eの先端下部に近接した状態にあるときには、水洗便器11からの排水を排水トラップ側へ誘導し、切換弁65が分岐接続路19Dの入口の下部に近接した状態にあるときには、水洗便器11からの排水を分岐接続路19Dに誘導する構成である。 (もっと読む)


【課題】昇降上限位置から下限位置の間の何れの位置に便器がある場合でも、収容部の前面であって便器底部とトイレ底面との間には開口部が形成されず、キャビネット前面からキャビネット内部が見えることのない昇降便器を提供する。
【解決手段】便器20と、便器の後方に設けられた排水配管30と、便器の後方において便器を固定する可動フレーム430と、便器と可動フレームを昇降可能に支持する固定フレーム420と、可動フレームと固定フレームを収容する収容部50と、を備え、収容部の便器側には可動フレームが取付けられる前面部が備わり、収容部の前面部には排水配管の便器側端部を便器と連結可能にすると共に、便器の昇降に応じて移動する貫通孔が形成され、かつ前面部は少なくとも排水配管より下方に便器の昇降と共に伸縮する伸縮部100を備えている。 (もっと読む)


【課題】水洗便器本体の洗浄時におけるサイホン作用が発生するタイミングを早めることができると共に、このサイホン作用の持続時間を長くすることができ、水洗便器の洗浄性能を向上させることができる水洗便器の排水ソケットを提供する。
【解決手段】本発明の水洗便器1の排水ソケット4は、水洗便器本体2のトラップ導水路2aの出口端部2bに連結され且つほぼ鉛直方向上方に向けて開口する流入口6aを含む縦管路6bを備え、排水配管Dの入口端部D1に連結され且つほぼ水平方向に向けて開口する流出口6cとを含む横管路6dを備えた排水ソケット本体6と、床面F上に配置され排水ソケット本体の下方に位置し、排水ソケット本体を支持する台座部材8と、排水ソケット本体の横管路6d内に設けられ、この横管路内の流路断面を縮減するように通水路10aを形成するアダプタ10と、を有する。 (もっと読む)


【課題】使い勝手に優れているだけでなく安全性をも担保した昇降式便器を提供する。
【解決手段】便器昇降装置と、便器昇降装置に昇降可能に設置された便器本体10と、人体の有無を検知する検知部100と、を備えた昇降便器1において、便器10が昇降可能な領域に人体が存在しないことを検知部100が検知した後に、便器10を予め設定された高さに自動的に昇降させることで、使い勝手に優れているだけでなく安全性をも担保した昇降式便器とする。 (もっと読む)


【課題】 衛生機器の排水と昇降便器の排水とを一つの床側排水管へ排水する排水構造において、床側排水管が詰まった場合においても衛生機器から汚水や汚物が溢れ出すことを防止することができる。
【解決手段】 本発明では、昇降可能に設けられた便器本体と、便器本体の排水口に接続され、便器本体の昇降に合わせて伸縮または昇降する便器排水管と、衛生機器と、衛生機器の排水口に接続された衛生機器排水管と、便器排水管と衛生機器排水管とを床側排水管に接続するための合流部材と、を備え、衛生機器の溢れ面が便器本体の上限位置における便器本体の溢れ面よりも上方に位置することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】便器下降時に便器下部とトイレ床面との間に物を挟み込むことのない使い勝手が良く安全性に優れた昇降便器を提供する。
【解決手段】便器と、前記便器が固定された可動フレームと、トイレルームに設置された状態で前記便器及び前記可動フレームを昇降可能に支持する固定フレームと、をそなえた昇降便器において、前記昇降便器の設置状態における便器下部とトイレ床面との間の物体の有無を検出する物体検出装置を備え、前記物体検出装置が前記便器と共に昇降することを特徴とする昇降便器。 (もっと読む)


【課題】便器下降時に便器下部とトイレ床面との間に物を挟み込むことのない使い勝手が良く安全性に優れた昇降便器を提供する。
【解決手段】便器と、
前記便器が固定された可動フレームと、
トイレルームに設置された状態で前記便器及び前記可動フレームを昇降可能に支持する固定フレームと、
便器の下部とトイレ床面との間の物体の有無を検出する物体検出装置と、
前記可動フレームと前記固定フレームを収容する収納部を備え、
前記収納部は前記便器の後方に設けられた排水配管を前面より収容し、かつ前記便器の昇降により移動する貫通孔が前面部に設けられ、
前記物体検出装置が前記収納部に設けられることを特徴とする昇降便器を提供する。 (もっと読む)


1 - 20 / 47