説明

Fターム[4F100JN10]の内容

積層体 (596,679) | 光学的性質・機能 (19,733) | 偏光 (782)

Fターム[4F100JN10]に分類される特許

61 - 80 / 782


【課題】優れた光学特性を有する偏光膜を製造する方法を提供すること。
【解決手段】本発明の偏光膜の製造方法は、熱可塑性樹脂基材11上にポリビニルアルコール系樹脂層12を形成して積層体10を作製する工程と、積層体10のポリビニルアルコール系樹脂層12をヨウ素で染色する工程と、積層体10を延伸する工程と、染色工程および延伸工程の後に、積層体10のポリビニルアルコール系樹脂層12表面を透湿度が100g/m・24h以下の被覆フィルムで被覆し、この状態で積層体10を加熱する工程とを含む。 (もっと読む)


【課題】フィルム基板上への位相差層の形成方法において、熱によるフィルム基板の伸縮に基づくアライメント精度の低下を招くことなく安定したアライメント精度を有する位相差板の製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】第一の基板の一方の面に、剥離層、アライメントマーク層、配向膜層、位相差層を順次形成する工程と、第二の基板の一方の面に粘着層を形成する工程と、前記第一の基板の最上層である位相差層と前記第二の基板の粘着層とを積層する工程と、前記積層された積層体を前記第一の基板の剥離層から剥離する工程からなることを特徴とする位相差板の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】輝度を落とさずに部分的な密着を防止し、分光による着色を防止することが可能な光学フィルムを提供する。
【解決手段】互いに対向する第1及び第2主面を有する透光性のベースフィルム1と、第1主面に配置され、互いに隣接して一方向に延伸する複数の偏向素子3を有する偏向素子層2と、第2主面に配置され、複数の突起5及び複数の光学要素15を有する突起層4とを備える。複数の光学要素15のそれぞれは、高さが0.01μm〜2μmの範囲で、隣り合う光学要素間の距離が3μm〜100μmの範囲であり、複数の突起5のそれぞれは、高さが3〜30μmの範囲で、高さの半分の位置での幅が1〜60μmの範囲で、隣り合う突起間の距離が50〜3000μmの範囲である。 (もっと読む)


【課題】製造が容易で、被着体への離型層の移行がなく、また廃棄時の環境負荷が少ない離型用シートを提供する。
【解決手段】基材上に樹脂層が設けられた離型用シートであって、樹脂層が、酸変性成分1〜10質量%の酸変性ポリオレフィン樹脂100質量部と、ビニルエステルの重合体を完全または部分ケン化してなるポリビニルアルコール5〜1000質量部とを含有することを特徴とする離型用シート。 (もっと読む)


【課題】隆起部を有する前面透明板と画像表示パネルとを粘着剤層を介して貼り合わせた場合における、隆起部付近での気泡や剥離の発生を抑制する。
【解決手段】本発明は、画像表示パネルと、画像表示パネル側の面に隆起部を有する前面透明板とを貼り合わせるために用いられる粘着剤層に関する。本発明の粘着剤層は、23℃における貯蔵弾性率が、0.12MPa〜1MPaである。また、前記粘着剤層の厚みは、30μm〜300μmであることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】従来よりもさらに正面方向の輝度の高い1軸延伸多層積層フィルムおよびそれからなる1軸延伸多層積層フィルム積層体を提供すること。
【解決手段】第1層と第2層とが交互に251層以上積層された1軸延伸多層積層フィルムであって、
1)第1層は2,6−ナフタレンジカルボン酸成分を含むポリエステルを構成成分とする厚み0.01μm以上0.5μm以下の層であり、
2)第2層はシンジオタクティックポリスチレンを構成成分とする厚み0.01μm以上0.5μm以下の層であり、
3)フィルム面を反射面とし、1軸延伸方向(X方向)を含む入射面に対して平行な偏光成分について入射角0度および50度での該入射偏光に対する波長400〜800nmの平均反射率がそれぞれ90%以上、
4)フィルム面を反射面とし、X方向を含む入射面に対して垂直な偏光成分について、入射角0度での該入射偏光に対する波長400〜800nmの平均反射率が15%以下、入射角50度での該入射偏光に対する波長400〜800nmの平均反射率が50%以上
である1軸延伸多層積層フィルム。 (もっと読む)


【課題】干渉ムラが軽減された光学フィルムの提供。
【解決手段】膜厚が10μm〜150μmの透明フィルム、該透明フィルムの一方の面上に透明フィルム側から、第1の層及び第2の層を有する光学フィルムであって、
面内の平均屈折率の大きさが
第2の層>第1の層>透明フィルム
を満足し、且つ第1の層と第2の層の面内平均屈折率差、及び第1の層と透明フィルムの面内平均屈折率差が、それぞれ0.02以上の関係を満足し、前記第1の層の光学膜厚Dが、270×N−150−75nm≦D≦270×N−150+75nm(1≦N≦8を満たす自然数)を満足する光学フィルムである。 (もっと読む)


【課題】従来よりもさらに偏光性能を高めつつ、同時に斜め方向の入射光に対する色相ずれが解消され、さらに大型ディスプレイに使用しても平面性の低下や輝度斑がなく、高い輝度向上効果が得られる積層フィルムを提供する。
【解決手段】反射型偏光フィルムの少なくとも一方の面に拡散フィルムが積層された積層フィルムであって、前記拡散フィルムの中心線平均粗さSRa、ピークカウントSPc、波長550nmにおける面内位相差値および面内に垂直な方向の位相差値がそれぞれ特定範囲にあり、前記反射型偏光フィルムが251層以上の1軸延伸多層積層フィルムで構成され、第1層は1軸延伸方向の屈折率が延伸により増大し、その直交方向およびフィルム厚み方向の屈折率が延伸により低下する熱可塑性樹脂からなり、第2層は延伸による屈折率差の少ない熱可塑性樹脂からなり、反射軸方向の平均反射率が90%以上、透過軸方向の平均反射率が15%以下である積層フィルム。 (もっと読む)


【課題】偏光フィルムの両面に活性エネルギー線硬化型接着剤を介して透明樹脂フィルムが貼合された偏光板が、接着性を非破壊で検査しながら製造できる方法を提供する。
【解決手段】硬化後に、紫外線の照射を受けて蛍光を発する物質を残存させる接着剤を用い、(A)偏光フィルム1の両面にこの接着剤を介して第一及び第二の透明樹脂フィルム2,3をそれぞれ重ねて積層体4を得る積層工程、(B)積層体4の第一のフィルム2側から活性エネルギー線照射して接着剤を硬化させ、偏光板5を得る硬化工程、及び(C)偏光板5の蛍光を発しない第二のフィルム3側からクロスニコル配置された偏光フィルター45を介して紫外線47を照射し、接着剤硬化物からの蛍光強度を計測する蛍光強度計測工程をこの順で行い、工程(C)において十分な強度で接着していると判断できる蛍光強度が得られるように、工程(B)の照射量を決定する。 (もっと読む)


【課題】長期間光が照射されても活性エネルギー線硬化層とセルロースアシレートフィルム間の密着が十分維持され、偏光板保護フィルムとして偏光板に組み込んで高温高湿下で長期間使用されても良好な偏光性能を維持でき、薄手化が可能な光学フィルムを提供する。該光学フィルムを用いた偏光板及び液晶表示装置を提供する。
【解決手段】セルロースアシレートフィルムと活性エネルギー線硬化層とを有し、
前記セルロースアシレートフィルムが、炭水化物誘導体、多価アルコールエステル及び重縮合エステルの中から選ばれる少なくとも1種の可塑剤を含有し、かつ
前記活性エネルギー線硬化層がヒンダードアミン系化合物を含有する、光学フィルム。 (もっと読む)


【課題】薄膜化しても、生産性良く十分な光学特性と光散乱性を有する偏光膜保護フィルムとその製造方法を提供する。また、当該偏光膜保護フィルムが具備された偏光板及び当該偏光板がバックライトを有する液晶表示装置の背面側偏光板として具備された液晶表示装置を提供する。
【解決手段】セルロースエステルと可塑剤を含有する偏光膜保護フィルムであって、当該偏光膜保護フィルムの少なくとも表面近傍に空孔を有し、膜厚が20〜60μmの範囲内にあり、かつ当該偏光膜保護フィルムを温度25℃・相対湿度80%RHの環境下に24時間放置したとき、当該偏光膜保護フィルムの表面と裏面との吸水率の差が0.5%以上であることを特徴とする偏光膜保護フィルム。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、樹脂フィルムと透明フィルムを接着剤を介して貼り合わせる際に、金属異物の混入を防止することができる積層フィルムの製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】 本発明は、樹脂フィルムと透明フィルムを、接着剤を介して一対のロール間を通過させて貼り合わせる積層フィルムの製造方法に関し、ロールのフィルム搬入口に設けられ、かつ樹脂フィルムと透明フィルムの間に設けられた接着剤溜まりに磁石を設けることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】高温多湿環境において耐久性低下、光漏れ、黄変、およびエッグむら現象を防ぐことができる偏光板及びこれを用いた液晶表示装置を提供する。
【解決手段】液晶セルの両面にそれぞれ備えられた第1偏光板と第2偏光板を含む液晶表示装置であって、第1偏光板と第2偏光板はそれぞれポリビニルアルコール系偏光膜とその両面に備えられた保護フィルムを含む。第1偏光板および第2偏光板の液晶セル側と反対になる側に備えられた保護フィルムが水蒸気透過率が100g/m2日以下で、且つUV吸収機能が付与されたフィルムであり、第1偏光板および第2偏光板の液晶セル側に備えられた保護フィルムは、水蒸気透過率が200g/m2日より大きいフィルムである。 (もっと読む)


【課題】偏光子との貼合性に優れ、湿度による寸法の変化が小さいセルロースアセテート積層フィルム及びそれを用いた信頼性の高い偏光板及び液晶表示装置を提供することである。
【解決手段】下記式(1)を満たすセルロースアセートを含有するスキンB層と、下記式(2)を満たすセルロースアセートを含有するコア層とが積層製膜されたセルロースアセテート積層フィルムであって、当該スキンB層又はコア層の少なくとも一方にリターデーション調整剤を含有することを特徴とするセルロースアセテート積層フィルム。
式(1): 2.7<Z<3.0
式(2): 2.0<Z<2.7
(式中、Z及びZはセルロースアセートの総アシル基置換度を表す。) (もっと読む)


【課題】水分散型粘着剤を用いて形成された光学フィルム用粘着剤層であっても、偏光解消を低減することができる光学フィルム用粘着剤層の製造方法を提供すること。
【解決手段】水分散型粘着剤を支持基材に塗布する工程(1)および塗布された水分散型粘着剤を加熱する工程(2)を有する光学フィルム用粘着剤層の製造方法であって、前記加熱工程(2)は、加熱温度が50〜200℃の高温加熱工程(A)を少なくとも1つ有し、かつ、前記高温加熱工程(A)は、当該高温加熱工程(A)の加熱温度をX(℃)とし、加熱時間をY(分間)として、Z=X×Y、とした場合に、Z=650〜27000を満足する。 (もっと読む)


【課題】光透過性、耐熱性および力学的強度に優れた透明導電性フィルムおよびそれを含むタッチパネルを提供すること。
【解決手段】基材の少なくとも一方の面に透明導電膜を有する透明導電性フィルムであって、該基材が、示差走査熱量測定(DSC、昇温速度20℃/分)によるガラス転移温度(Tg)が230〜350℃である芳香族ポリエーテル系重合体を含む、透明導電性フィルム。 (もっと読む)


【課題】本発明は、フィルム上にコーティングを形成する方法などによって簡単に製造することができる複合位相差板及びその製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、複合位相差板、これを含む複合偏光板及びこれらの製造方法に関するものであって、高分子基材フィルム上に形成された液晶コーティング層の一面にコロナまたはプラズマ処理を施して接合力を向上させた後、その上に直に表面処理コーティング層を形成させることにより、ガラス基材などを使用せずに簡単な工程により製造することができるのみならず、機能性層の付加のための別途の基材及び接着剤層が不要であり、薄型ディスプレイ用のリターダとしての使用に適した複合位相差板、これを含む複合偏光板、及びこれらの製造方法に関するものである。 (もっと読む)


【課題】プロピレン系樹脂フィルムを保護フィルムとしながら、高温環境下で使用した場合でも変形を伴うことの少ない偏光板を提供する。
【解決手段】ポリビニルアルコール系樹脂からなる偏光フィルムの両面にそれぞれ接着剤を介して透明樹脂フィルムが貼合されている偏光板であって、前記透明樹脂フィルムの少なくとも一方は、厚みが5〜100μmのプロピレン系樹脂層を含む、80℃において1000MPa以上の引張弾性率を示す多層フィルムである、偏光板が提供される。この多層フィルムは、プロピレン系樹脂層とスチレン系樹脂層とを含むのが有利である。 (もっと読む)


【課題】帯電防止性優れた帯電防止性ハードコート層を有する光学フィルムを提供し得る帯電防止性ハードコート層形成用組成物を提供すること。
【解決手段】下記(a)、(b)、(c)、及び(d)を含有する帯電防止性ハードコート層形成用組成物。
(a)イオン伝導性化合物
(b)光重合可能な基を1つ以上有し、水酸基を有さず、かつ−(CHCHO)−構造を有するポリエチレンオキシド化合物(kは1〜50の数を表す)
(c)不飽和二重結合を有する化合物
(d)光重合開始剤 (もっと読む)


【課題】過度な逆カールが生じにくく光学特性や貼合強度が良好な偏光板の製造方法を提供する。
【解決手段】偏光フィルム21の片面にアクリル系樹脂フィルム25を、他面に透明樹脂フィルム23を貼合して偏光板を製造する方法であって、(A)偏光フィルム21をアクリル系樹脂フィルム25と透明樹脂フィルム23とで挟むように搬送する原料フィルム搬送工程と、(B)アクリル系樹脂フィルム25の外側に接触して回転する第1の貼合ロール15と、透明樹脂フィルム23の外側に接触して回転する第2の貼合ロール16とで、フィルムの積層体を挟みながら貼合を行う貼合工程と、(C)接着剤を硬化させる硬化工程と、を備える。貼合工程(B)は、透明樹脂フィルム23側における搬送方向での収縮応力よりもアクリル系樹脂フィルム25側における搬送方向での収縮応力のほうが大きくなるように、両フィルムに張力を付与した状態で偏光フィルム21に貼合する。 (もっと読む)


61 - 80 / 782