説明

国際特許分類[B60R19/48]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 車両一般 (234,424) | 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品 (56,583) | ホイールガード;ラジエターガード;障害物除去装置;衝突時の緩衝装置 (2,958) | バンパー,すなわち.車両を保護しまたは他の車両または物体からの打撃を防ぐため,衝撃を受け止めまたは吸収する部材 (2,603) | 他の装置または物体に組み合わせたもの,またはそれに転換できるもの,例.道路ブラシと組合わされた,ベッドに転換できるバンパーバンパー (671)

国際特許分類[B60R19/48]の下位に属する分類

国際特許分類[B60R19/48]に分類される特許

1 - 10 / 564


【課題】充電リッドをフロントバンパカバーの車幅方向中央よりも左右何れか一方の側にオフセットして設けても、フロントバンパカバーの傾きを防止又は抑制できる車両用充電リッド部構造を得る。
【解決手段】本車両用充電リッド構造では、充電リッド50の枠状体52は、フロントバンパカバー40の筒状部46に形成された爪部54が枠状体52に係合することでフロントバンパカバー40に保持される。これに対して、充電リッド50のリッド支持部72はL字金具74、連結ブラケット92、及びインレットブラケット26を介してラジエータサポートアッパ16及びラジエータサポートロア18に固定される。これにより、充電リッド50の質量がラジエータサポートアッパ16及びラジエータサポートロア18に支持される。このため、充電リッド50の重さでフロントバンパカバー40が傾いて、例えば、ヘッドランプとの間に不要な隙間が形成されることがない。 (もっと読む)


【課題】シンプルな構成でありつつ、走行時に生じる空気抵抗を最小限に抑制し、燃費特性を向上させることが可能な車両のフロント下部構造の提供を目的とした。
【解決手段】フロント下部構造10は、車両Aの前方下部に設けられたバンパ12からさらに下方に向けて突出するようにフラップ20が取り付けられている。フラップ20には、車体Bの下面Fより下方において前方側から後方側に向けて通気可能な通気口22が形成されている。通気口22は、車幅方向全体に亘って一列に形成されている。 (もっと読む)


【課題】フロントバンパカバーの前面が車両後方へ変位するような変形がフロントバンパカバーに生じても、車体前部に影響を及ぼさない、又は、車体前部に与える影響を少なくできる車両用充電リッド部構造を得る。
【解決手段】本車両用充電リッド構造では、フロントバンパカバー40の前面42がインレットブラケット26に対して車両前方に離間している。このため、車両前方からの荷重でフロントバンパカバー40に変形が生じても、前面42からインレットブラケット26までの距離だけ前面42が車両後方へ変位するまでは、前面42がインレットブラケット26、更には、ラジエータサポートアッパ16に接しない。しかも、このような変形がフロントバンパカバー40に生じると、フロントバンパカバー40とインレットブラケット26との間のインレットカバー62が変形し、インレットカバー62によってラジエータサポートアッパ16が保護される。 (もっと読む)


【課題】 熱収縮の差異に伴う不具合を吸収して防止することができ、恒久的にバンパとフェンダプロテクタとの取付け関係を維持することができるフェンダプロテクタを提供する。
【解決手段】 フェンダプロテクタの支持パネル3には、クリップ8を介してバンパ1のフランジ部1aを固定する一対の固定点7(一方の固定点を図示)が形成され、一対の固定点7間には、熱変化に伴うフェンダプロテクタ2の熱変形を吸収する差異吸収部5としての凹部溝10が構成されている。凹部溝10と各固定点7との間には、フランジ部1aを挟み込んで係合する係合部6が形成されている。挟持状態の係合部6は、フランジ部1a上を摺動することができる。凹部溝10の端部には、パネル部2aを貫通した開口11が形成されている。バンパ1と支持パネル3との熱変形に伴う差異を凹部溝10の変形で吸収する。 (もっと読む)


【課題】部品点数を少なくし、作業工数またはコストを抑え、且つ、作業の自動化が可能となる超音波送受波器を提供する。
【解決手段】クッション材を有する超音波送受波器から、樹脂ベース4と有底筒状ケース2をLIMS成形で接合することにより部品点数を少なくし、クッションを用いないことにより作業の自動化が可能となる。樹脂ベース4が背面側にケースの内部と同形状の貫通穴を有し、金属製端子5を円筒体成形時の金型構造が単純になるように設計することにより、LIMS成形作業が可能となる。接合品はLIMS成形により可能となり、LIMS成形は金型形状を加味した樹脂ベース4と金属製端子5の形状且つ構造より可能となる。 (もっと読む)


【課題】従来のシリコーンクッションの代わりに、底面をもつ多重筒形状の樹脂成形品にシリコーンを充填した振動吸収体を使用する場合、樹脂成形品が肉薄であるために飛び石によって振動吸収体が破壊され、意匠性を悪化させる可能性がある。飛び石による振動吸収体の破壊を防止する。
【解決手段】バンパーカバー7と超音波送受信器に振動吸収体4を取り付けた状態で、振動吸収体4の意匠面の高さがバンパーカバー7と超音波送受信器の意匠面1aの高さよりも低くし、さらにバンパーカバー7の意匠面側の開口部をしぼり形状にすることでバンパーカバー7と超音波送受信器の間の幅Lを調整し、振動吸収体4の意匠面にあたる飛び石の大きさを振動吸収体4が破壊されないレベルまで小さくする。 (もっと読む)


【課題】車室の前方下部に設けられた冷却ユニットの冷却と、車室の前方に設けられたエンジンに接続された排気管の冷却とを両立させる。
【解決手段】車両前部構造10は、車室12の前方下部に設けられた冷却ユニット14と、車室12の前方に設けられたエンジン28に接続された排気管48と、車両前部に設けられた開口部24から取り入れられた冷却風W1を、冷却ユニット14に導く第一冷却風通路50と、開口部24から取り入れられた冷却風W2を、排気管48に導く第二冷却風通路52と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】リテーナのバンパ孔に対する位置ズレを簡易な手法で抑制する。
【解決手段】リテーナは、基端部22aにてリテーナ本体21と一体に連結され、先端部22bにて両面接着テープ24(接着部材)によってバンパ3の内側面3aに貼付される貼付部23に一体に連結されるブラケット22を備える。ブラケット22には、貼付部23がバンパ3の内側面3aに達するよりも先にバンパ3の内側面3aに達する複数の突起37(支持部)が一体に形成される。各突起37がバンパ3の内側面3aと接触した状態で、両面接着テープ24とバンパ3の内側面3aとの間に楔状の隙間Eが形成されるように貼付部23がバンパ3の内側面3aに対して所定の角度だけ持ち上げられる形でブラケット22の先端部22bと一体に連結されることにより、リテーナ本体21がバンパ3の内側面3aに沿って移動可能に支持される。 (もっと読む)


【課題】リアバンパー内側の未利用空間を積極的に利用する車両用収納装置を提供する。
【解決手段】車両用収納装置は、下部にバックビーム11が設置されたリアバンパー10と、リアバンパー10の内部空間の上部に設けられ、バックビーム11の上面によって荷重が支持された状態で車両後方にスライド移動されて出し入れされる収納箱20と、収納箱20の一端部に回転可能に設けられ、収納箱20を開閉し、外部に露出される面の形状がリアバンパー10の車両後方側面の形状と一致するバンパードア25と、を有を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】車両の前面を保護し、フロントバンパ上での作業が安全に行え、更に空調用の熱交換器に十分な冷却風が導入され、キャビンにおける快適な空調環境が得られる貨物用車両のキャビン前面構造を提供する。
【解決手段】貨物用の車両10に設けられたフロントバンパ24と、フロントバンパ24の上部に設けられたフロントパネル22と、フロントバンパ24とフロントパネル22との間に、間隙aを有し、フロントバンパ24上に足載せ部38を、キャビン12の前面の横幅方向全体に渡り形成するフロントガード26と、フロントバンパ24の後方を通り、フロントバンパ24の左右両側の少なくとも一方の端部から上方に延び、フロントガード26の下縁を越えた位置でキャビン12の幅方向外方に湾曲して制御装置に接続されるハーネスと、を備えて構成した。 (もっと読む)


1 - 10 / 564