説明

国際特許分類[B60R19/48]の内容

処理操作;運輸 (1,245,546) | 車両一般 (234,424) | 他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品 (56,583) | ホイールガード;ラジエターガード;障害物除去装置;衝突時の緩衝装置 (2,958) | バンパー,すなわち.車両を保護しまたは他の車両または物体からの打撃を防ぐため,衝撃を受け止めまたは吸収する部材 (2,603) | 他の装置または物体に組み合わせたもの,またはそれに転換できるもの,例.道路ブラシと組合わされた,ベッドに転換できるバンパーバンパー (671)

国際特許分類[B60R19/48]の下位に属する分類

国際特許分類[B60R19/48]に分類される特許

11 - 20 / 564


【課題】車両の余裕空間を積極的に活用し、特に、引き出される収納箱の拡張により長い物品の保管を容易にする車両用収納装置を提供する。
【解決手段】車両後方にスライディングされリアバンパー21から引き出し可能なように設置されたリアバックビーム30と、前記リアバックビーム30上に設置されて、前記リアバックビーム30が車両後方に引き出しされる時に車両の左右方向にスライディングされながら拡張される左右一対の収納箱40と、を含み、前記リアバックビーム30と連結されるとともにリアフロアパネル及びリアサイドメンバー24に固定されて、前記リアバックビーム30の前後方向スライド移動ができるバックビーム移動装置50と、をさらに含み、前記バックビーム移動装置50及び前記一対の収納箱40と連結されて前記一対の収納箱40の左右方向スライド移動ができる収納箱移動装置60と、をさらに含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】車両の余裕空間に該当するリアバンパーの内部空間を活用する手段を提供することで、車両の余裕空間を積極的に活用し、限られた車両内空間を更に有効に利用する。
【解決手段】リアバンパー51の内部空間52に固定されて設置された収納箱70と、リアバンパー51に回転可能に設置され収納箱70を開閉させるバンパードア80と、を含み、収納箱70は、バックビーム53とリアエンドパネル54に固定設置されて支持され、内部に物品が保管される空間を具備した下部トレー71と、下部トレー71に対して回転可能に設置され下部トレー71を開閉させるトレーカバー72と、を含んで構成する。 (もっと読む)


【課題】リアバンパー内側の未利用空間を積極的に利用する車両用収納装置を提供する。
【解決手段】車両用収納装置は、下部にバックビーム11が設置されたリアバンパー10と、リアバンパー10の内部空間の上部に設けられ、バックビーム11の上面によって荷重が支持された状態で車両後方にスライド移動されて出し入れされる収納箱20と、収納箱20の一端部に回転可能に設けられ、収納箱20を開閉し、外部に露出される面の形状がリアバンパー10の車両後方側面の形状と一致するバンパードア25と、を有を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】離型する際に金型を下方にスライドすることにより成形可能なフードエッジ部であり、かつ、フードエッジ部と隣接するフロントグリルとが面一であるというデザイン上及び空力上の要求を満たす車両前部構造を提供することを課題とする。
【解決手段】
本発明の車両前部構造は、車両のエンジンフードEHの前端縁を受けるフードエッジ部6を、フロントグリル3の上方に備える車両前部構造であって、フードエッジ部6は、前端縁から下方に延出する前端縁延出部12を有し、フロントグリル3は、上端に車両後方に延出するグリル支持部31を有し、前端縁延出部12は、グリル支持部31と、フロントグリル3の後方に備え付けられる支持部材5とで挟持されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明は、バンパカバーにおいてバンパグリルを覆う部分と、その他の部分との色分けを容易に高品質に行えるようにすることを目的とする。
【解決手段】本発明に係る乗用車のフロントバンパのバンパカバー30は、バンパグリル34と一体成形されたバンパカバー本体部32と、そのバンパカバー本体部32のバンパグリル部分34を覆い、バンパカバー本体部32の意匠面、及びフードパネルの意匠面とほぼ連続する意匠面を備えるバンパカバー装飾部40とからなり、バンパカバー装飾部40はバンパカバー本体部32に連結されて、そのバンパカバー装飾部40の意匠面とバンパカバー本体部32の意匠面とが色分けされている。 (もっと読む)


【課題】リアホイールハウス内の空気を排出する機能と車室内の空気を車外に排出する機能を共に向上することができる車両後部構造を得る。
【解決手段】リアバンパカバー12の内側かつリアホイールハウス16の車両後方側に、リアホイールハウス16内の空気をリアバンパカバー12の車両後部側に向けて排出する空気通路部としてのリアアウトレットダクト20が設けられている。リアアウトレットダクト20の車両幅方向内側の側壁28Bには、開口部38が形成されており、開口部38の周囲の側壁28Bにベントダクト40が一体的に設けられている。車室60内の空気は、ベントダクト40の通路部43から開口部38を通ってリアアウトレットダクト20内に流れ、リアアウトレットダクト20内を通って車外に排出される。 (もっと読む)


【課題】取付けが容易で、しかも車両のバンパに取り付けられた状態で確実に保持される車両用距離センサを提供する。
【解決手段】超音波センサ3(距離センサ)は、センサ本体42、ケース体46、ベゼル43、リテーナ44及びクランプ71を備える。超音波センサ3は、ケース体46のコネクタ部65の側からバンパ2,4の取付孔54に挿入されると、リテーナ44が取付孔54を通過するときに複数の爪部55が開方向に弾性変形する。取付孔54を通過した状態で爪部55が閉方向に弾性復帰する。クランプ71は、該クランプ71がケース体46に取り付けられた状態で、複数の爪部55のうちいずれかの爪部55と係合して該爪部55が開方向に弾性変形する動作を規制する突出壁部76(規制部)を有する。 (もっと読む)


【課題】車両後部の床下から車両後方にかけての空気の流れを整流して剥離による渦の発生を抑制し得るようにしたリヤバンパ支持構造を提供する。
【解決手段】車両1の後方下部に装備されるリヤバンパ2の両端部に、車両後方に向け車幅方向内側へ傾く傾斜面を成して直立する整流フィン7を設け、該整流フィン7を介し前記リヤバンパ2を吊り下げ支持する。 (もっと読む)


【課題】取付けが容易で、かつ車両のバンパに取り付けられた状態で確実に保持される車両用距離センサを提供することである。
【解決手段】センサ本体42、ケース体46、ベゼル43及びリテーナ44を備える超音波センサ3(距離センサ)において、リテーナ44の爪部55を構成する一対の爪部単体57にストッパ部62を設ける。ケース体46のコネクタ部65の側からバンパ2,4の取付孔54に挿入された超音波センサ3は、リテーナ44の部分が取付孔54を通過するときに一対の爪部単体57を弾性変形させる。そして、取付孔54を通過した状態で一対の爪部単体57が弾性復元するとともに、ストッパ部62が取付孔54の出口側の内周縁54bに引っ掛かる。 (もっと読む)


【課題】圧力チャンバ式の車両用衝突検知装置において、圧力センサのチャンバ部材への取り付けが容易であり且つバンパリーンフォースの形状や大きさの違いによる影響が少ない搭載性に優れた車両用衝突検知装置を提供する。
【解決手段】車両バンパ内でバンパリーンフォース11の前面に配設され、チャンバ空間3を内部に形成してなるチャンバ部材4と、チャンバ空間3内の圧力を検出する圧力センサ5とを備え、圧力センサ5による圧力検出結果に基づいて前記車両バンパへの衝突を検知するように構成された車両用衝突検知装置1において、チャンバ部材4は、バンパリーンフォース11の車幅方向端部よりも車両側方に突出するチャンバ本体12の端部領域から車両後方側へ延設されてチャンバ空間3の一部を形成するチャンバ延設部13を備え、圧力センサ5は、チャンバ延設部13に側方から取り付けられる。 (もっと読む)


11 - 20 / 564