国際特許分類[C07K14/435]の内容

国際特許分類[C07K14/435]の下位に属する分類

国際特許分類[C07K14/435]に分類される特許

21 - 30 / 529


【課題】1つ以上のサバイビン(survivin)ポリペプチドフラグメントを含む治療ワクチンを提供する。
【解決手段】本発明は、1つ以上のサバイビンポリペプチドフラグメントを含む治療ワクチンに関する。このワクチンは、例えば、ガン疾患の予防、寛解および/または治療的な処置のために用いられ得る。本発明はさらに、併用処置の方法に関する。本発明は、サバイビンタンパク質由来のMHCクラスI拘束ペプチドが、MHCクラスI HLA分子に結合し得、それによって広範なガン疾患に罹患している患者においてエキソビボおよびインサイチュの両方のCTL免疫応答を誘発するという発見に基づく。 (もっと読む)


【課題】アンモニアや酢酸等の悪臭に対する消臭性能が優れた消臭剤、当該消臭剤の製造方法及び、当該消臭剤を含む消臭性製品を提供する。
【解決手段】乾燥茶葉に熱水を加えて抽出を行うことにより得られた茶葉熱水抽出液と、セリシン溶液を混合することによって、優れた消臭性能を有する茶葉熱水抽出物‐セリシン複合体が得られ、この複合体を製造する際、上記混合によって得られた混合液を酸性pHとして沈殿を生じさせた後、生じた沈殿物を遠心分離し、洗浄、減圧乾燥しても良く、あるいは、上記混合によって得られた混合液を冷却して凍結させた後、解凍し、生じた残渣を減圧乾燥しても良い。 (もっと読む)


【課題】より効果的なG−CSF因子の提供。
【解決手段】G−CSF因子にグリコシル基を有する修飾基を共有結合させる方法および該方法により得られる結合体。 (もっと読む)


【課題】エレクトロスピニングにより有用な水不溶化可能なセリシンナノファイバー、セリシン・フィブロイン複合ナノファイバー、およびそれらの製造方法を提供すると共に、これらのナノファイバーの水不溶化技術、ならびに水不溶化ナノファイバーからなる染色増強材、金属イオン吸着材および耐薬品性増強材を提供すること。
【解決手段】シルクセリシンからなるセリシンナノファイバーであって、シルクセリシンが、裸蛹(遺伝子記号Nd)、セリシン蚕(遺伝子記号Nd−s)もしくはセリシンホープの繭層由来のセリシン、またはこれらカイコの幼虫体内から取り出した絹糸腺内の液状セリシンもしくはこの液状セリシンを凝固させたセリシンである。得られた水溶解性ナノファイバーを水不溶化処理および化学加工処理し、この水不溶化ナノファイバーからなる染色増強材、金属イオン吸着材および耐薬品性増強材。シルクセリシンとシルクフィブロインとからなる複合ナノファイバー。 (もっと読む)


【課題】骨成長および石灰化を促進する組成物および方法を提供すること。
【解決手段】一定の態様において、本発明は、骨成長を促進し、骨密度を高める組成物および方法を提供する。本開示は一部においては、アクチビンアンタゴニスト活性またはActRIIaアンタゴニスト活性を有する分子(「アクチビンアンタゴニスト」および「ActRIIaアンタゴニスト」)を用いて、骨密度を高め、骨成長を促進し、および/または骨強度を高めることができることを示す。特に本開示は、可溶形態のActRIIaが、インビボにおいてアクチビン−ActRIIaシグナル伝達の阻害物質としての役割を果たし、骨密度、骨成長および骨強度の増加を促進することを示す。 (もっと読む)


【課題】真珠母貝において真珠層形成に関与する新たなタンパク質及びそれをコードする遺伝子を提供する。
【解決手段】真珠母貝の外套膜縁膜部及び真珠袋に特異的に発現する遺伝子によってコードされる、次の(a1)又は(b1)の真珠層形成関与タンパク質。(a1)特定のアミノ酸配列からなるタンパク質(b1)前記アミノ酸配列において1若しくは数個のアミノ酸の欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列からなり、真珠層形成に関与するタンパク質。 (もっと読む)


【課題】荷電リポタンパク質複合体、その複合体を含む医薬組成物、その複合体を使用する方法の提供。
【解決手段】本開示は、荷電リポタンパク質複合体を提供し、それは1つの構成成分として陰性に荷電したリン脂質を含み、それは複合体に改善した治療的性質を与えることが期待される。本発明によって、アポリポタンパク質画分および脂質画分を含む、再構築された円盤状の荷電リポタンパク質複合体が提供され、ここでこの脂質画分は、中性リン脂質および約0.2〜3wt%の荷電したリン脂質を含む。1つの実施形態において、この中性リン脂質は、レシチンまたはスフィンゴミエリンを含む。 (もっと読む)


【課題】 本発明の目的は、新規の有用なタンパク質およびそれを利用した有用な研究手法を提供することにある。
【解決手段】 刺胞動物門ウミエラ目ウミサボテン科カベルヌラリア属に属する生物に由来する発光タンパク質、および刺胞動物門ウミエラ目ウミサボテン科カベルヌラリア属に属する生物に由来するカルシウム応答性セレンテラジン結合タンパク質。 (もっと読む)


【課題】RJに含まれている胆汁酸結合能や高コレステロール血症改善能を備える特定の成分を有効成分とする胆汁酸結合剤、及び当該特定成分を用いて血清コレステロール量を低下させる方法の提供。
【解決手段】MRJP1、MRJP2、及びMRJP3からなる群より選択される1種以上を有効成分とすることを特徴とする、胆汁酸結合剤;MRJP1を有効成分とすることを特徴とする、血清コレステロール量低下剤;MRJP1を有効成分とすることを特徴とする、コレステロールミセルの溶解性低下剤;MRJP1を経口摂取することを特徴とする、血清コレステロール量を低下させる方法。 (もっと読む)


【課題】新規の性質を有した有用な蛍光タンパク質およびその利用方法を提供する。
【解決手段】刺胞動物門花虫綱ウミエラ目ウミサボテン科に属す生物に由来する蛍光タンパク質であり、該蛍光タンパク質は、強アルカリ性環境下で緑色蛍光を発し、弱アルカリ性〜酸性環境下で前記緑色蛍光よりも長波長の蛍光を発する。 (もっと読む)


21 - 30 / 529