説明

オムロン株式会社により出願された特許

991 - 1,000 / 3,542


【課題】プログラムやデータ等のソフトウェアにかかるバグが原因で、複数のオンライン端末で障害が発生したときに、その原因になったプログラムやデータを短時間に推定できる管理サーバを提供する。
【解決手段】管理サーバ1は、一定時間に、予め定めた台数を超える自動改札機2から同じ種類の障害の発生が通知されたとき、この障害に関連づけられている1または複数のプログラムやデータを抽出する。管理サーバ1は、抽出した1または複数のプログラムについて、現在のバージョンに設定するものと、旧バージョンに設定するものと、の組合せが異なる複数の設定パターンを生成する。そして、自動改札機2毎に、設定パターンでのテスト稼働を要求し、自動改札機2から通知された、テスト稼働における障害の発生有無に基づいて、今回発生した障害の原因であるプログラムを推定する。 (もっと読む)


【課題】 同一の欠陥についての情報を容易に比較・監視するできること
【解決手段】 ロール紙の搬送方向に沿って、前後に配置された複数のカメラ装置で撮像された画像データを取得すると共に、各カメラ装置からの画像データ単位で画像認識処理を行い、欠陥の有無を判断する判断手段と、判断手段で欠陥を検出した場合に、その欠陥を含む画像を切り出すとともに、その切り出した画像と、検出した欠陥の位置を特定する位置情報と、を関連付けた欠陥情報を作成する欠陥情報作成手段と、その欠陥情報を表示装置に出力する処理手段とを備える。処理手段は、位置情報に基づき異なるカメラ装置で撮像された同一の欠陥についての欠陥情報を抽出し、その抽出した欠陥について切り出した画像(欠陥画像)を同一の表示画面(図に示す欠陥時系列表示画面)に同時に出力する機能を備えた。 (もっと読む)


【課題】符号化されていないデータ信号に対し、データ依存性ジッタによるタイミングの揺らぎの影響を抑え、良好なデータ伝送品質を実現。
【解決手段】本発明の光伝送システムは、データ信号を光信号として伝送する光伝送路4を有し、光伝送路4を伝送してきた光信号を電気信号に変換して出力する光伝送モジュール1と、クロック信号を出力する電気伝送路5と、データ信号及び上記クロック信号をそれぞれ受信し、2値信号として出力する受信処理部35とを備えており、2値信号について、データ信号の立ち上がり開始時間に対し、クロック信号の立ち上がり開始時間を遅延させる遅延手段6を備え、遅延手段6によるクロック信号の遅延量が、データ依存性ジッタ(DDJ)の最大値以下の時間になっているので、データ依存性ジッタによるタイミングの揺らぎの影響を抑え、良好なデータ伝送品質を実現することができる。 (もっと読む)


【課題】 照明上の不都合を招くことなく、且つ、低コストなスイッチ部を使用でき、しかも、適度な節度感を与えることができる押しボタン式スイッチ装置を提供する。
【解決手段】 押しボタン(26)と、この押しボタンを押圧操作可能に収容するケース(21)と、この押しボタンの押圧操作に追従して前記ケース内を移動するスライダ(24)と、このスライダの移動に伴ってオンオフするスイッチ(23)と、このスイッチの近くに位置して前記押しボタンを照明する光源(22c)とを有する押しボタン式スイッチ装置(20)において、前記スライダの外面に形成された収容部(24j)に装着される板バネ(24i)と、前記ケース内面に形成または取り付けられる突起(28)とを有し、前記板バネ(24i)の曲面部(24i_1)を前記突起(28)に当接させたことを特徴する。 (もっと読む)


【課題】ユーザの健康状態の改善に有効であって且つユーザの意思により実施可能な具体的な改善活動を、ユーザに提示するための技術を提供する。また、日常生活における身体活動や生活習慣の改善が総合的な健康状態にどのように影響するのかを可視化するための技術を提供する。
【解決手段】健康状態判断装置は、身体活動若しくは生活習慣に関する指標である生活指標と、身体の生理的な状態に関する指標である生体指標と、を含む複数項目の指標のそれぞれについて、評価対象者から測定又は入力されたデータを蓄積する。そして、健康状態判断装置は、評価対象者の健康状態の評価を低下させている1又は複数の生体指標を、注目指標として、選択し、蓄積された生活指標及び生体指標の過去のデータを比較することにより、注目指標との相関が最も高い1又は複数の生活指標を改善可能因子として抽出し、評価対象者の健康状態の評価とともに前記改善可能因子を表示する。 (もっと読む)


【課題】登録される3次元モデルの精度を確保する。
【解決手段】3次元認識の対象とするワークの実物モデルをそれぞれ異なる方向から計測することにより復元された3次元情報a,b,cのうちの情報aを基準として、他の3次元情報b,cをそれぞれ基準の3次元情報に位置合わせされるように座標変換し、変換後の3次元情報b´,c´および基準の3次元情報aをすべて含む3次元情報dを作成する。この3次元情報dは3次元モデルとして仮登録される。一方で、統合された3次元情報a,b´,c´間の差異量を算出し、この差異量に基づく評価指数を3次元モデルが表す輪郭パターンのイメージ図と共に表示する。ユーザは、この表示画面で、同一部位を表す輪郭線のばらつき度合や評価指数の値から3次元モデルの精度を確認し、3次元モデルdを本登録するか否かを判定する。 (もっと読む)


【課題】精度よく機能検査及び機能修正が可能なフェーズドアレイアンテナ検査システム、フェーズドアレイアンテナ検査装置及び検査方法を提供すること、及びこれらから得られた検査結果から精度よく機能修正されるフェーズドアレイアンテナを提供することにある。
【解決手段】送信側アンテナ素子20aと受信側アンテナ素子30a、送信側アンテナ素子20bと受信側アンテナ素子30b、それぞれを近接対向配置し、送信側アンテナ素子20bの位相を固定した状態で送信側アンテナ素子20aの位相を変化させ、受信電力を測定し、該測定結果から極小値を算出することによりフェーズドアレイアンテナ2の機能検査を行い、位相のずれがある場合には位相のずれを修正する。 (もっと読む)


【課題】スイッチ装置の部品点数を削減する。
【解決手段】基板33には、磁気センサ35が設置される。ホルダ22は、基板33に対して相対的に回転自在であり、サイドスタンドの回動に伴って回転する。このホルダ22には、突起部22Aおよび22Bが一体化して設けられており、突起部22Aおよび22Bは、サイドスタンドの上端部を挟み込むことによりサイドスタンドを挟持する。また、ホルダ22には、磁石が配置される磁石保持部が設置される。本発明は、例えば、二輪自動車のサイドスタンドに装着されるスイッチ装置に適用することができる。 (もっと読む)


【課題】カレントトランスを用いることなく、高価なICや規模の大きな回路構成を必要とすることなく、半導体素子の故障を検出できるようにする。
【解決手段】交流電源2とヒータ3との間の電力供給ラインに設けられてオンオフ制御されるスイッチング素子としてのサイリスタ4,5の故障を検出する回路12であって、サイリスタ4,5の両端電圧を、波形整形し、閾値と比較してデジタル信号に変換する変換部としての波形整形・比較部13と、変換されたデジタル信号を、電気的に絶縁して判定部としてのマイコン8に伝達する光結合部14と、伝達されたデジタル信号およびサイリスタ4,5に対するオンオフの制御指令に基づいて、故障の有無を判定する前記判定部としてのマイコン8とを備えている。 (もっと読む)


【課題】車両走行路を表す3次元情報を処理することによって、車両走行路の具体的な特徴を精度良く表した情報を生成する。
【解決手段】鉄道用軌道を含む所定広さのエリアを対象として生成されたオルソ画像をベクトル化エンジン2において処理することにより、軌道の位置および方向ならびに勾配の変化を表す3次元ベクトルを連ねた3次元ベクトル鎖11を生成する。軌道プロファイル生成エンジン3は、この3次元ベクトル鎖11の提供を受けて、各ベクトルにつき、そのベクトルが左右いずれのカーブに対応するかを特定し、さらにカーブ半径を求める処理や、カーブ半径から直線/曲線の属性を特定する処理などを実行する。さらに特定されたカーブの向きや属性に基づき、3次元ベクトル鎖11を複数の区間に分割し、各区間における軌道の特徴を表す情報を集合させた軌道プロファイル13を生成する。 (もっと読む)


991 - 1,000 / 3,542