説明

信越ポリマー株式会社により出願された特許

1,091 - 1,100 / 1,394


【課題】インピーダンスの低い固体電解コンデンサを提供する。
【解決手段】本発明の固体電解コンデンサ10は、弁金属からなる陽極11と、陽極11の表面が酸化されて形成された誘電体層12と、誘電体層12上に形成され、π共役系導電性高分子を含む固体電解質層13aを具備する陰極13とを有し、誘電体層12の陰極13a側の表面に中和剤12aが付着している。 (もっと読む)


【課題】インピーダンスの低い固体電解コンデンサを提供する。
【解決手段】本発明の固体電解コンデンサ10は、弁金属からなる陽極11と、陽極11の表面が酸化されて形成された誘電体層12と、誘電体層12上に形成され、π共役系導電性高分子を含む固体電解質層13aを具備する陰極とを有し、誘電体層12の陰極13側の表面に高導電化剤12aが付着している。 (もっと読む)


【課題】輝度低下や輝度ムラを生じずに光の向きを変えることができ、例えばエッジライト型バックライトにおいてプリズムシートの代わりに使用できる光屈曲シートの提供。
【解決手段】一方の層表面11aから入射した入射光の向きを変えて、他方の層表面11bから射出する光屈曲層11を備えた光屈曲シート10であって、光屈曲層11は、層表面11a,11bに交差する向きに互いに略平行に配置され、その一方の膜面14aで入射光を反射させる複数の光反射膜14と、該光反射膜14同士の間に配置された光透過層15とを有して形成され、光反射膜の他方の膜面には、遮光膜が設けられている。 (もっと読む)


【課題】サイズや形状にかかわらず被保持物品を保持することができ、作業用の電力等を抑制し、コスト削減が可能なシンプルな構成の保持テーブル、被保持物品の処理装置、及び半導体ウェーハの処理装置を提供する。
【解決手段】バックグラインド装置1の処理台3に設けられる基台40と、基台40の表面に平面円形に凹み形成される窪み穴41と、窪み穴41を被覆して半導体ウェーハWを着脱自在に密着保持する変形可能な保持層43と、保持層43に被覆された窪み穴41内の空気を真空ポンプ45の駆動に基づき外部に排気する排気路44とを備える。半導体ウェーハWの大きさに対応できるよう保持層43の大きさを設定すれば、設定以下のサイズの半導体ウェーハW等をそのまま使用しても、空気がリークせず、小口径の半導体ウェーハWをも密着し続けることができる。 (もっと読む)


【課題】 水滴の浸入を防いで腐食、抵抗値の上昇、及び接続の不安定化を抑制できる防滴コネクタ及びその接続構造を提供する。
【解決手段】 防滴コネクタを、樹脂製のハウジング1と、ハウジング1に内蔵されてその表裏両面から両端部がそれぞれ露出する複数の導電ピン10と、複数の導電ピン10の少なくともハウジング1の表面から露出する露出部を被覆する弾性変形可能な防滴カバー20と、防滴カバー20に着脱自在に嵌合される抑え枠体30とから構成する。そして、防滴コネクタを、経肺投薬装置の回路基板40と交換可能なカートリッジ50の電極間に挟持させてこれらを電気的に導通接続する。防滴カバー20が導電ピン10の露出部を覆い、導電ピン10の胴体ピン11と可動ピン12の間に水滴が浸入するのを抑制防止するので、導電ピン10の腐食、抵抗値の上昇、及び接続の不安定化を招くおそれがない。 (もっと読む)


【課題】印刷済のフィルムを用いて効率的に被結束体を結束できる結束装置を提供する。
【解決手段】結束装置1は、印刷可能なフィルム8に印刷を行う印刷機構34,35を備えている。また、結束装置1のベース部材2とアーム部材3とは、離間及び接触するように相対的に移動可能で、離間した状態の相互空間には印刷機構34,35により印刷済のフィルム8が掛け渡される。ベース部材2の押圧プレート22とアーム部材3の押圧部材32とは、掛け渡されたフィルム8への被結束体7の押し当てにより、被結束体7のフィルム8に触れる側とは反対側で接触し、その接触の際に挟んだフィルム8を接合する。これにより、印刷したフィルム8を取り外すことなくそのまま用いて被結束体7を結束でき、一つの結束装置1で印刷作業と結束作業との双方を行うことができる。 (もっと読む)


【課題】使用中にクラックや破断を起こさない無端ベルトとその製造方法、及びこれを利用した電子写真方式の画像形成装置の提供。
【解決手段】導電性樹脂組成物からなり、耐折強さ試験(JIS P 8115)で曲げ角度90度における耐折強さ(回)が1000回以上で、下式(A)で示される耐折強さ角度係数aが−0.030〜−0.040である無端ベルト、および遠心成形法による無端ベルトの製造方法、並びにこの無端ベルトを備えた電子写真方式の画像形成装置。
式(A) a=(logx−logx)/(135−45)
但し、xは曲げ角度135度における耐折強さ(回)、xは曲げ角度45度における耐折強さ(回)を表す。 (もっと読む)


【課題】ゴム弾性部材の厚さを可変することにより調整された粘着力を有する保持治具、及び、複数種類の保持治具におけるゴム弾性部材それぞれの厚さを可変することにより、保持治具それぞれが小型電子部品を保持すると共に、保持治具から他の保持治具に小型電子部品を保持させ替えることのできる小型電子部品保持装置を提供すること。
【解決手段】粘着力と厚さとの関係が式Y=aX+bを満たす粘着特性を有するゴム弾性部材を有する保持治具、及び、この第1の保持治具と、そのゴム弾性部材の厚さよりも薄い第2のゴム弾性部材を有する第2の保持治具とを備え、前記第1の保持治具と前記第2の保持治具とは、それぞれのゴム弾性部材が相対向するように配置可能とされる小型電子部品保持装置。ただし、前記式において、aは−20〜−5、bは50〜85、Yは粘着力(単位:g/mm)、Xは0.3〜2.0の厚さ(単位:mm)を示す。 (もっと読む)


【課題】十分な光沢度を示す金属調加飾シートを高い生産性で製造する。
【解決手段】基材シート11と、該基材シート11の片面に形成され、リーフィング顔料13を含有する金属光沢層12とを有し、前記基材シート11の前記金属光沢層12側の面の常態剥離力が1〜10N/50mmである転写シート10を使用した転写法により製造する。基材シート11の前記金属光沢層12側の面には、離型処理がなされていることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】複数の小型電子部品を垂直に立設又は懸架した状態で粘着保持可能なゴム弾性部材を有する保持治具の製造方法の提供。
【解決手段】基板上に布置された、シリコーン生ゴム(a)と、粘着力向上剤(c)と、シリカ系充填材(e)とを含有する粘着性組成物を、100〜150℃、5〜20分の条件で一次加硫し、さらに、170〜220℃、2〜10時間の条件で二次加硫して、前記基板上にゴム弾性部材を形成することを特徴とする粘着性保持治具の製造方法。 (もっと読む)


1,091 - 1,100 / 1,394