説明

アリーナ ファーマシューティカルズ, インコーポレイテッドにより出願された特許

11 - 20 / 97



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】被験体の血糖値を低下させること、および被験体の血中GLP−1レベルを増加
させることに対する新規アプローチを提供すること。
【解決手段】本発明は、一定量のGPR119アゴニストと一定量のジペプチジルペプチ
ダーゼIV(DPP−IV)インヒビターとの組み合わせであって、その結果この組み合
わせが、一定量のGPR119アゴニストのみまたは一定量のDPP−IVインヒビター
のみによって得られる効果よりも被験体の血糖値の低下または血中GLP−1レベルの増
加に効果がある組み合わせ、ならびに糖尿病および糖尿病に関連する状態または血中GL
P−1レベルの増加によって改善される状態の治療または予防のためのこのような組み合
わせの使用に関する。本発明はまた、GLP−1分泌促進薬のスクリーニングのためのG
タンパク質共役型受容体の使用に関する。 (もっと読む)




本発明は、式(Ia)の(R)−2−(9−クロロ−7−(4−イソプロポキシ−3−(トリフルオロメチル)ベンジルオキシ)−2,3−ジヒドロ−1H−ピロロ[1,2−a]インドール−1−イル)酢酸、その塩および結晶形の調製において有用な塩、プロセスおよびプロセス中間体に関する。化合物(R)−2−(9−クロロ−7−(4−イソプロポキシ−3−(トリフルオロメチル)ベンジルオキシ)−2,3−ジヒドロ−1H−ピロロ[1,2−a]インドール−1−イル)酢酸は、S1P1受容体関連障害、例えば、リンパ球によって媒介される疾患および障害、移植片拒絶、自己免疫疾患および障害、炎症性疾患および障害、癌ならびに血管完全性における根底にある欠陥によって特徴付けられる状態または例えば病的であり得るような脈管形成に関連する状態の処置において有用であるS1P1受容体修飾物質として同定されている。
(もっと読む)


【課題】内在性リガンドもしくは薬物のような化合物に非依存的に受容体を活性化する。
【解決手段】アミノ酸配列が改変された構成的受容体活性化した受容体であり、例えば、hARE−3(F313K)を含んで成る、非内在性で、構成的に活性化される変種ヒトGタンパク質共役型受容体をコードするcDNA。 (もっと読む)


【課題】5HT2Cレセプターの調節因子である式(I)の特定の1−置換−2,3,4,5−テトラヒドロ−3−ベンズアゼピン誘導体を提供すること。
【解決手段】本発明の化合物は、肥満および関連障害のような5HT2Cレセプターに関連する疾患、状態または障害の予防または処置に有用である。5HT2Cレセプターは、5HT2C媒介性レセプターの疾患および障害(例えば、肥満、摂食障害、精神学的障害、アルツハイマー病、性機能障害、およびこれらに関連する障害)の予防ならびに/または処置に対する確認され十分に認められたレセプター標的である。本発明は、5HT2Cレセプターに結合し、5HT2Cレセプターの活性を調節する化合物、およびそれらの用途を説明する。 (もっと読む)


【課題】心血管障害の処置のためのヒトGタンパク質共役型レセプターおよびそのモジュレーターを提供すること。
【解決手段】本発明は、候補化合物がGタンパク質共役型レセプター(GPCR)のモジュレーターであるか否かを同定する方法に関する。いくつかの実施形態において、GPCRは、哺乳動物GPCR、好ましくはヒトGPCRである。いくつかの実施形態において、GPCRは、内因的に心筋細胞により発現される。いくつかの実施形態において、GPCRは、Gqとカップリングされる。本発明は、さらに、GPCRのモジュレーターを用いる方法に関する。好ましいモジュレーターは、逆アゴニストおよびアンタゴニストである。本発明における逆アゴニストおよびアンタゴニストは、肥大性心筋障害および鬱血性心不全、特に、心臓病の予防または治療のための治療剤として有用である。 (もっと読む)


本発明は、S1P1レセプター関連障害(例えば、リンパ球によって媒介される疾患および障害、移植片拒絶、自己免疫疾患および障害、炎症性疾患および障害(例えば、急性および慢性の炎症状態)、癌、ならびに血管完全性の根底にある欠陥によって特徴付けられる状態かまたは病的であり得るような(例えば、炎症、腫瘍発生およびアテローム性動脈硬化症において起こり得るような)脈管形成と関連する状態)の処置において有用である、S1P1レセプター調節因子である、式(Ia)の(R)−2−(7−(4−シクロペンチル−3−(トリフルオロメチル)ベンジルオキシ)−1,2,3,4−テトラヒドロシクロペンタ[b]インドール−3−イル)酢酸およびその塩の調製において有用なプロセスおよび中間体に関する。

(もっと読む)


【課題】受容体アゴニスト、逆アゴニストまたは部分アゴニストとしての候補化合物の直
接同定のために使用され得る受容体を提供すること。
【解決手段】本発明の特許明細書の中で開示される本発明は、膜貫通受容体に関し、さら
に具体的には内因性リガンドが未知であるヒトGタンパク質共役型受容体(「オーファン
GPCR受容体」)に関し、そして最も具体的には、構成的活性の証拠のためのヒトGP
CRの変異(非内因性)型に関する。 (もっと読む)


【課題】代謝のモジュレーターである、式(I)のある種の三置換アリールおよびヘテロアリール誘導体を提供すること。
【解決手段】従って、本発明の化合物は、代謝障害およびそれらの合併症(例えば、糖尿病および肥満)の予防または治療で有用である。本発明の1局面は、本発明の少なくとも1種の化合物と薬学的に受容可能な担体とを含有する薬学的組成物に関する。本発明の1局面は、個体の食物摂取を減らす方法に関し、該方法は、それを必要とする該個体に、本発明の化合物またはそれらの薬学的組成物の治療有効量を投与する工程を包含する。 (もっと読む)


【課題】細胞中で嗅覚GPCRを産生するための強固で、確実かつ効率的な方法に対する大きな必要がある。
【解決手段】本発明は、細胞中で嗅覚GPCRを産生するための方法を提供する。一般に、本方法は、嗅覚GPCRをコードする核酸へ作動可能に連結したプロモーターを含有する発現カセットを大グリア細胞、例えばシュヴァン細胞もしくは希突起膠細胞中へ導入する工程、および嗅覚GPCRを産生するために適切な条件下で前記細胞を維持する工程を包含する。さらに、嗅覚GPCRをコードする組換え核酸を含有する大グリア細胞、嗅覚GPCR活性の調節因子についてスクリーニングする方法、および大グリア細胞中で嗅覚GPCRを産生するためのキットも提供される。本発明は、香味料および芳香剤に関する研究において最も多く利用できるので、その結果として多種多様な研究および産業上の用途を有する。 (もっと読む)


11 - 20 / 97