説明

株式会社デンソーウェーブにより出願された特許

151 - 160 / 1,155


【課題】ローリングシャッタ方式を用いて撮像された二次元コードのずれを好適に補正し得る光学的情報読取装置を提供する。
【解決手段】検出されたコード領域の外形形状の外縁を構成する四辺のうち、先に取り込まれる一辺が、基準辺Loとされる。そして、上記基準辺Loに隣接する行のセル領域を基準に、このセル領域に反基準辺側から隣接するセル領域について、コード領域に占める領域を予測してこの予測された領域から当該セル領域が黒色セルおよび白色セルのいずれに相当するかを推定するとともに、他の行のセル領域について、基準辺側から隣接するセル領域を基準に、コード領域に占める領域を予測してこの予測された領域から当該セル領域が黒色セルおよび白色セルのいずれに相当するかを、基準辺Loに近い行のセル領域から順に推定することで、コード領域が補正される。 (もっと読む)


【課題】入出力制御部に接続されている回路の種類を自律的に判別して外部装置との信号の入出力を行うことができる入出力モジュールを提供する。
【解決手段】 C_I/O制御部6の入出力判別部は、電源投入時に、出力端子A及び入出力端子Bそれぞれのレベルがハイ,ローとなるように信号を出力すると、その時の入力端子Cのレベルを読み込んで第1レベルとして記憶し、次に出力端子A及び入出力端子Bそれぞれのレベルを反転させて信号を出力すると、その時の入力端子Cのレベルを読み込んで第2レベルとして記憶する。そして、第1,第2レベルが示す組み合わせに応じて、自身に接続されているのが、I/Oユニット8(A〜C)の何れであるか、或いは何も接続されていない状態かを判別する。 (もっと読む)


【課題】生産機器システムにおいて、複数の駆動ユニット対して、簡単な処理により短時間で識別コードを設定する。
【解決手段】ロボットシステム10は、コマンドデータ内に含まれるIDを設定させるID設定コマンドを送信するコントローラ20と、ID設定コマンドを受信した場合に、それに含まれるIDを自己のIDとして設定する複数の回転軸ユニット40とを備える。ロボットシステム10は、上流側からID設定コマンドを受信した場合に、それに含まれるIDをインクリメントしてID設定コマンドを下流側へ送信する複数のインクリメント機50と、複数のインクリメント機50をコントローラ20に直列に接続するとともに、インクリメント機50同士を接続する内部通信回線61に回転軸ユニット40がそれぞれ接続された通信回線とを備える。 (もっと読む)


【課題】ロボットの関節軸を動作限界位置でキャリブレーションできない場合においても、限られた空間の中で精度良くキャリブレーションすることが可能な技術を提供する。
【解決手段】ロボット制御装置200は、ロボット本体の関節軸上の任意のキャリブレーション位置に関節軸が移動された場合において、アブソリュートエンコーダから位置情報を取得し、取得した位置情報に含まれる一回転内位置が、多回転位置をカウントする基準となる原点を含まない所定の許容範囲に含まれるか否かを判定する。そして、一回転内位置が、許容範囲に含まれない場合には、一回転内位置が許容範囲に含まれるまで、キャリブレーション位置の移動を要求し、一回転内位置が許容範囲に含まれる場合には、取得した位置情報と関節軸の制御位置とに基づいて、関節軸の位置を補正するための補正値を決定する。 (もっと読む)


【課題】蓋体の装着間違いを防止できてIDの不一致を防止でき、しかも、全体のコンパクトさを維持でき、さらに電池交換作業も容易とする。
【解決手段】連結部材23を、弾性変形可能な薄肉な短冊状の連結部材から構成し、この連結部材23の一端部23iがケース本体3のコーナー部3cの内面に連結され、蓋体4が開口6fを閉塞する状態において、連結部材23の一端部23iから他端部23t方向へ延びる途中部が、一方の側板部3iの内面に沿って立ち上がりつつ蓋体4の裏面近くにおいてケース本体3の一方の側板部3iとは反対の他方の側板部方向3tへ湾曲し、且つ連結部材23の他端部23tが、蓋体4の裏面のうち蓋体4の中心よりは他方の側板部3t方向に寄った部分で当該蓋体4に連結される構成とした。 (もっと読む)


【課題】二度読み防止機能を好適に解除し得る光学的情報読取装置を提供する。
【解決手段】情報コードが複数の分割領域のいずれかに位置することに基づいて、撮像領域Pに対する当該情報コードのコード位置がコード位置ポイントPを用いて検出される。また、メモリ35に、デコード結果が前回デコード結果として上書きして記憶されるとともに、このデコード結果に対応するコード位置が基準位置ポイントPoとして上書きして記憶される。そして、前回デコード結果に一致しないと判定された情報コードについては、この情報コードのデコード結果が転送され、前回デコード結果に一致すると判定された情報コードについては、撮像領域Sの外縁に向かう方向のコード位置の変化の検出の後にコード位置ポイントPが基準位置ポイントPoに等しくなる変化が検出されると、二度読み防止が解除されて、この情報コードのデコード結果が転送される。 (もっと読む)


【課題】携帯機器を静電気からより確実に保護することができる携帯機器用ストラップをより簡易に実現することを目的とする。
【解決手段】携帯機器用ストラップ1は、ストラップ本体2と、ストラップ本体2と携帯機器40とを連結する連結紐4と、ストラップ本体2と電気的に接続されているワイヤ10と、ワイヤ10を巻き取り及び送り出し可能なリール20と、ワイヤ10の一端側に取り付けられている錘12とから構成されている。そして、リール20からワイヤ10が送り出されて錘12が接触対象面Fに接触したときに、ストラップ本体2から接触対象面Fまでの間にワイヤ10及び錘12を介して導電路が構成されるようになっている。 (もっと読む)


【課題】比較的簡単な構成で安価に済ませながら、本体ケース側を破損することなく嵌め殺し状態とされたカバーケースを容易に取外すことを可能とする。
【解決手段】本体ケースの突出部内にLED基板を組付け、その上面にラベルを配置し、更に突出部の外面にカバーケース17を被せるように設けて、外部機器の動作情況を表示するための表示部を構成する。カバーケース17の側壁部の係合穴19が、突出部の外壁部の係合爪に係合されることにより、カバーケース17を嵌め殺し状態に取付ける。カバーケース17の側壁部のうち、係合穴19の下縁部からカバーケース17の下端部まで連続する部分が破損部17aとされ、破損部17aを割りやすくするために、断面V字状をなす2本の有底溝17bを形成する。更に、取外し用の工具を差込むための切欠部22を形成すると共に、破損部17a部分に斜めカット部17cを形成する。 (もっと読む)


【課題】トリガ操作を極力行わなくて済む構成を消費電力の増大を伴うことなく実現でき、情報コードの読み取り作業をも簡略化し得る光学的情報読取装置を提供する。
【解決手段】光学的情報読取装置1は、コード読取部1aのケース2内にケーブル6の一方側が接続されており、このケーブル6の他方側は外部装置1bに設けられたリールによって巻き取り可能とされている。外部装置1b側では、ケーブル6が引かれたときにリールから送り出されるようになっており、この送り出し動作が検出部60によって検出可能とされている。そして、ケーブル6の送り出し動作が検出部60により検出されたときに、コード読取部1aの読み取り状態を読取可能状態に切り替え、ケーブル6の巻き取り動作が検出されたときに、コード読取部1aを省電力状態に切り替えるようにしている。 (もっと読む)


【課題】ロボットの移動先の異物等をリアルタイムで監視することのできるロボット監視システム、及びロボット監視システムの異常判定方法を提供する。
【解決手段】ロボットコントローラ30は、予め正常状態でアーム21を動作させた際に、カメラユニット40により取得された撮像画像と、算出された撮像時のアーム21の姿勢とを対応付けてデータ記憶部31に保存しておく。シミュレータ50は、アーム21が動作する際の各姿勢について、その姿勢から所定周期経過するまでにアーム21が動作する動作範囲を算出する。ロボットコントローラ30は、アーム21の動作を制御する際に、算出されるアーム21の姿勢に対応する正常状態の撮像画像をデータ憶部31から読み込み、カメラユニット40により取得される撮像画像と正常状態の撮像画像とにおいて、動作範囲に対応する部分を比較して異常の有無を判定する。 (もっと読む)


151 - 160 / 1,155