説明

Fターム[3F022EE09]の内容

倉庫・貯蔵装置 (25,393) | 容器・パレット類 (1,487) | コンテナ (325)

Fターム[3F022EE09]の下位に属するFターム

Fターム[3F022EE09]に分類される特許

1 - 20 / 296


【課題】投入装置による集品容器に対する投入が失敗した物品の紛失を防止する。
【解決手段】物品13の出し入れが可能な上方開放部を有する集品容器12を搬送路に沿って搬送する搬送装置14と、搬送装置14の上方に設置され、搬送装置14上を搬送される集品容器12に対して、上方から物品13の落下投入を行う投入装置15と、搬送装置14と投入装置15との間に存在する搬送空間16の外側へ物品13が脱落することを防止するカバー20を設けた。 (もっと読む)


【課題】作業箇所で人為作業をする作業者が作業予定を把握できる物品処理設備を提供すること。
【解決手段】搬送元から搬送先としての作業箇所に搬送する複数の搬送対象の物品の夫々を識別する識別情報、及び、搬送対象の物品ごとに割り付けられた搬送先情報を含む搬送データを管理する管理制御手段が、物品搬送装置にて搬送対象の物品が作業箇所に搬送されるに伴って、物品搬送装置の作動を制御する搬送制御手段から通信される搬送完了情報に基づいて、搬送対象となる物品のうち、作業箇所に未だ搬送されていない未搬送物品の個数である未搬送個数を、当該未搬送物品についての搬送データの数により管理するように構成され、管理制御手段が管理する未搬送個数を表示手段の未搬送個数表示部分Jに表示させる表示制御手段が設けられている物品処理設備。 (もっと読む)


【課題】異常状態の時間を適正に把握することができる物品搬送設備を提供すること。
【解決手段】搬送先と搬送元を指定する搬送データに基づいて物品搬送装置の作動を制御する制御手段と、物品搬送装置の異常を検出する異常検出手段とが設けられ、制御手段が運転状態において異常検出手段にて異常が検出されると異常状態とするように構成され、制御手段が運転状態で異常検出手段にて異常が検出されたときに、異常が検出されてから運転状態となるまでの経過時間を故障時間T1として記録し、制御手段が正常停止状態に切り換えられた後に物品搬送装置の異常が検出されたときは、異常が検出されてから運転状態となっても、異常が検出されてから運転状態になるまでの時間は故障時間T1として記録しない異常時間管理手段が備えられている物品搬送設備。 (もっと読む)


【課題】本発明は、一般的には、RFIDアンテナが、コンテナ上に取付けられたRFIDタグから情報を入手することを可能にする装置に関する。
【解決手段】本装置は、アンテナが発生したRF場を、RFIDタグの近くの位置に再現する。一実施の形態では、本装置は、ピックアップデバイスと、ピックアップデバイスに電気的に結合された再現デバイスとを具備する。別の実施の形態では、本装置は、アンテナとRFIDタグとの間を走るRF場のための磁路を作る少なくとも1つの磁気ロッドを具備する。別の実施の形態では、本装置は、ピックアップアンテナと再現アンテナとを具備し、再現アンテナは、該再現アンテナからRFIDタグの近くにRF信号を伝送するようになっている。 (もっと読む)


【課題】ピッキング作業性の向上を図ることができるピッキングシステムを提供する。
【解決手段】ピッキングシステムは、間口を有する複数のゾーンで構成した収納棚手段と、間口から商品をピッキングする複数の作業者が並んで位置する作業者用スペースとを備える。複数のゾーンに対して1人の作業者を担当として設定することが可能である。1人の作業者が担当する複数のゾーンに関する各ゾーン別のピッキング作業数割合を設定することが可能である。 (もっと読む)


【課題】効率よくピッキング作業ができるピッキングシステムを提供する。
【解決手段】ピッキングシステム1は、複数の間口2を有するゾーンZで構成した長手状の収納棚手段3を備える。ピッキングシステム1は、ケースKを搬送する互いに平行な第1搬送手段6および第2搬送手段7と、これら両搬送手段6,7をそれぞれ個別に制御する制御手段とを備える。一のグループから次の他のグループへの切り替わりに伴って商品の入れ替えが必要となる間口を有するゾーンZの対応位置で、第1搬送手段6および第2搬送手段7のいずれか一方上の他のグループのケースKといずれか他方上の他のグループのケースKとが揃う。 (もっと読む)


【課題】物品倉庫等の物品収集場において目的の物品を集荷する手間を削減する。
【解決手段】撮像部(101)により撮像された撮像画像中において物品収集場に収集されている物品を特定するためのQRコード(登録商標)等の物品特定情報を検出する。物品特定情報が検出された場合には、物品特定情報の撮像画像中における位置から物品収集場内における物品の位置を決定し、検出された物品特定情報と、決定された物品の位置を示す位置情報とを関連付けた物品情報を保持しておく。物品情報を参照して、集荷対象物品の物品特定情報に対応する集荷対象物品の位置情報を取得する。そして、取得した位置情報に基づいて、レーザ出力部(108)から集荷対象物品の位置に対してレーザを照射することにより集荷作業者に集荷対象物品を認識せしめるように提示する。 (もっと読む)


【課題】この発明は、コンテナ内に収容されている全ての図書に付された無線タグに対して正確で安定的な通信を行なうことを可能とし、自動入出庫システムにおける図書の管理に使用して好適する図書保管管理装置を提供することを目的としている。
【解決手段】この発明に係る図書保管管理装置は、それぞれが無線タグ(35)の付された複数の図書(13)を収容する複数のコンテナ(12)と、複数のコンテナ(12)を収容する書庫(11)と、書庫(11)とコンテナ(12)に図書(13)を入出庫するためのステーション(23,25,26)との間でコンテナ(12)を搬送する搬送手段(59)と、搬送手段(59)の搬送経路上に設けられ、アンテナ(76a)をコンテナ(12)の底面と直接対向させて、コンテナ(12)内の図書(13)に付された無線タグ(35)と通信を行なう通信手段(45)とを備える。 (もっと読む)


【課題】搬送ラインでの各集品容器の位置を搬送手段に投入されてから常に追跡するトラッキングを不要にでき、集品容器が他の投入ゾーンの影響を受けずに投入ゾーン間を移動し易いピッキング設備を提供することを目的とする。
【解決手段】集品容器10毎にピッキングゾーンPより取出した物品を投入する集品容器である表示をする投入表示器26を設け、各投入表示器26にユーザーのオーダーに応じたオーダー・ナンバーを記憶するRFIDを設け、各投入ゾーンZに上記オーダー・ナンバーを読み取るRFIDリーダ42Aを設け、各投入ゾーンZでRFIDリーダ42Aが検出したオーダー・ナンバーを記憶して各投入ゾーンZに搬入される集品容器10の位置を特定し、搬送手段を集品容器10毎に蓄積・移動可能で集品容器10がぶつからずに集積可能なコンベヤとし、投入ゾーンZ毎に下流側に詰めて複数の集品容器10を蓄積・移動可能とする。 (もっと読む)


【課題】コンテナに収容されている各図書に付加されている識別情報をリーダでより確実に読み取らせることができる図書保管管理システムを提供すること。
【解決手段】ステーション13は、ステーション13に搬送されたコンテナ6を搭載する載置面と、載置面上のコンテナ6に収容されている各図書4の識別情報を読み取るリーダ8bと、載置面にコンテナ6が搭載されたときの載置面上のコンテナ6に応じて、コンテナ6に、より近接するようにリーダ8bを移動させるリーダ移動手段61と、を備える。 (もっと読む)


【課題】図書の取り出しがより容易になるとともに、コンテナへの図書の収納がより容易となる図書保管管理システムを提供すること。
【解決手段】書庫とステーションとの間でコンテナを搬送する搬送部と、ステーションにおいて、搬送部で搬送されたコンテナ6を搭載する台部40とを有し、台部40は、コンテナ6を搭載する載置面と、コンテナ6が搭載される載置面を水平方向に回転させる回転手段19と、載置面上のコンテナ6の載置位置を移動させる位置移動手段51と、を備え、位置移動手段51は、ステーションの出納口に対してコンテナ6がより近接するように、載置面上のコンテナ6の載置位置を移動させる。 (もっと読む)


【課題】シュートからの仕分済物品を受け入れる受入部への空コンテナの搬入作業および受入部からの実コンテナの搬出作業の効率を向上させることができる仕分搬送設備を提供する。
【解決手段】仕分搬送設備は、投入された複数の物品Wを仕分ける仕分部115を有する仕分搬送ライン110と、仕分部115により仕分けられた物品Wである仕分済物品W1を空コンテナC0まで搬送するシュート140と、シュート140により搬出された仕分済物品W1を受け入れる空コンテナC0が配置される受入部172を有するとともに空コンテナC0を受入部172まで搬送するコンテナ供給ライン170とを備える。コンテナ供給ライン170が、シュート140により搬出された仕分済物品W1を収容した実コンテナC1を、受入部172から、実コンテナ搬送ラインTに搬出する。 (もっと読む)


【課題】収納室内に複数の物品を分けて収納する場合は、収納室内の各場所に何を収納したか分からなくなることも多く、納室内から所望の物品を取り出す際には、収納室内を探し回らないといけない場合もあった。
【解決手段】本発明の収納システムにおいて、選択受付部2により利用者から特定の荷物収容状況の画像が選択された場合、選択情報101が命令出力部3に送信され、命令出力部3は自走式移動ロボット4に対して移動命令102を送信し、選択画像に関連付けられた可動コンテナ5を収納室11から居室12に移動させる。そして、物品を収納後、撮影部6が収容状況の画像を撮影し、画像情報103を荷物画像保持部7に送信する。画像情報は可動コンテナIDと関連付けて荷物画像保持部7にて保持され、選択受付部2からの要求に応じて選択候補の画像情報104として選択受付部2に送信される。 (もっと読む)


【課題】ピッキングする物品の量の変動に応じてピッキングゾーンを変更するとき、数量表示器と集品箱との対応を明確として作業者の混乱を解消できるピッキング設備を提供する。
【解決手段】ゾーンを結合したとき、結合したゾーンを1つのゾーンと見なして、ゾーンを特定する色(赤色と緑色)が交互となるように、物品を取り出す間口に設けた間口表示器に表示する色、および集品容器とともに移動する投入表示器に表示する色を共に再設定する。これにより、物品を取り出す間口と物品投入対象となる集品容器との対応が明確となり、色を認識してピッキング作業を実行する作業者の混乱を避けることができる。 (もっと読む)


【課題】作業者がピッキング作業を担当するゾーンにおいて、容易に、且つ全体の作業に影響を与えることなく、検品作業を実行できるピッキング設備を提供することを目的とする。
【解決手段】ソーンの作業者により投入表示器26のファンクションスイッチ32Aが操作されると、操作したゾーンにおいて、投入表示器26が設けられた集品容器内に、集品されているはずの(予定の)物品の情報、すなわち「点数」と「アイテム数」が、ディジタル表示器32に表示される構成とする。この構成により、各ゾーンの作業者は、集品容器ヘの物品を投入した後の検品を行うことができる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、読み取り装置によるバーコード等の符号の読み取り失敗を検出でき、読み取り失敗の場合においてもピッキング作業を実行できるピッキング設備を提供することを目的とする。
【解決手段】上流ゾーンRFIDリーダ42Aによるオーダー・ナンバーの読み出しが良好なとき、オーダー・ナンバーによって上流ゾーンZを移動している集品容器10の順は特定されており、自ゾーンZにおいて、オーダー・ナンバーの読み出しが失敗すると、上流ゾーンZにおいて特定された集品容器10が出現しないことから、読み出し失敗と判定できる。この読み出し失敗の判定の際に、上流ゾーンRFIDリーダ42Aによる読み出したオーダー・ナンバーに基づいて、集品容器10を特定し、物品11のピッキング作業を実行する。 (もっと読む)


【課題】物品の取り出し後、物品が投入される前に投入終了のスイッチが操作されても、作業者が投入作業対象の集品箱を見失うことを防止でき、また作業者が既に投入作業の完了した集品箱について再確認を行うことができるピッキング設備を提供することを目的とする。
【解決手段】自ゾーンZの作業者Hによりテープスイッチ23が操作されると、直前の対象であった集品容器10に取り付けられた投入表示器26によって、投入対象表示(赤色または緑色にランプ点灯)とは異なる投入確認表示(白色にランプ点灯)を行うことにより、作業者Hが対象の集品容器10を見失わないようにし、物品10の投入間違いが発生する恐れを回避し、さらに、作業者Hが既に投入作業の完了した集品容器10について再確認可能とする。 (もっと読む)


【課題】収納効率を確保しつつ、構成の簡素化を図ることができながら、偏荷重のある物品でも適切に移載することが可能な物品収納設備を提供すること。
【解決手段】スタッカークレーンの移載手段が、載置支持部MSを備え、収納部と載置支持部との間で物品Cを棚前後方向に沿って移動させる移動操作装置Tとして、物品の正面側被係止部24に係脱自在な正面係止体FKを棚前後方向に移動自在に備えて、正面側被係止部24に正面係止体FKを係止させた状態で、収納位置と中継位置との間で物品Cを移動させる正面係止式移動操作装置FTと、物品Cの棚左右方向の両側面部に形成された縦方向に沿うリブ22に対して各別に係脱自在な左右一対の側面係止体SKを棚前後方向に移動自在に備えて、リブ22に側面係止体SKを係止させた状態で、中継位置と載置位置との間で物品を移動させる側面係止式移動操作装置STとを備えて構成されている。 (もっと読む)


【課題】従来の倉庫保管システムは、混合商品パレットの効率的な生成に適していない。
【解決手段】各々が取り出し通路130A、保管場所へのアクセスを提供する少なくとも1つの搬送デッキを有する保管レベルの垂直アレイと、各々がマルチレベル垂直コンベヤシステムから非収容ケースユニットを受け取る保管レベルの垂直アレイへかつそこから非収容ケースユニットを搬送するマルチレベル垂直コンベヤシステムと、保管レベルの各々に配置されて、保管場所の各々とマルチレベル垂直コンベヤシステムとの間で非収容ケースユニットを搬送する少なくとも1つの自立搬送装置と、搬送デッキ及び取り出し通路130Aを通って保管場所のうちの所定の1つに達する主アクセス経路を生成し、かつ主経路が通過不可能な場合に保管場所のうちの当該所定の1つに達する副経路を生成するコントローラと、を含む保管及び取り出しシステム。 (もっと読む)


【課題】昇降装置を薄型化する。
【解決手段】昇降装置1は、1本のマスト20と、昇降台30と、ケーブル保持部材40と、昇降チェーン50とを、備えている。昇降台30は、マスト20の第1側方向の片側に配置され、マスト20に沿って昇降する。ケーブル保持部材40は、屈曲した状態でマスト20の第1側方向と直交する第2側方向の一方側に配置され、昇降台30に接続される。昇降チェーン50は、マスト20の第2側方向の他方側に配置され、巻回する面が第2側方向に配置されており、昇降台30に接続される。この昇降装置1では、昇降チェーン50を巻回することによって、昇降台30がマスト20に沿って昇降する。すると、ケーブル保持部材40も、屈曲した状態で、昇降台30とともに昇降する。 (もっと読む)


1 - 20 / 296