説明

Fターム[3K007EA04]の内容

電場発光光源(EL) (25,498) | 絶縁体、半導体、誘電体の配置 (718) | 異種積層、光干渉膜 (145)

Fターム[3K007EA04]に分類される特許

21 - 40 / 145


【課題】絶縁層のコンタクトホールに起因した光量のムラを抑制する。
【解決手段】駆動トランジスタTdrを覆う第2絶縁層42の表面には第1電極61が形成
される。第1電極61は、第2絶縁層42のコンタクトホールCHを介して駆動トランジ
スタTdrのドレイン電極34に接触する。第1電極61とこれに対向する第2電極62と
の間には発光層66が形成される。発光層66はコンタクトホールCHの内側の空間に入
り込む。発光層66からの放射光の出射側には補助配線70が形成される。補助配線70
は、第2電極62よりも抵抗率が低い導電材料によって形成されて第2電極62に電気的
に接続される配線であり、第2絶縁層42のコンタクトホールCHと重なり合う部分を含
む。 (もっと読む)


【課題】より長い発光寿命を有する有機EL発光装置および電子機器、有機EL発光装置
の製造方法を提供すること。
【解決手段】有機EL発光装置10は、トップエミッション型の有機EL発光装置であっ
て、光透過性を有する陽極5c,5d,5fと有機発光層7を含む機能層Kと半透過反射
性を有する陰極9とが順次積層された発光素子Lが複数形成された素子基板1と、複数の
発光素子Lに対応する各色要素12r,12g,12bが形成された封止基板2とが接着
層11を介して接合されている。接着層11に面する素子基板1側と封止基板2側の両方
に、光透過性が高く気体透過性が低い酸化窒化シリコンからなるガスバリア層16,17
を設けた。 (もっと読む)


【課題】画素シュリンク及びダークスポットの発生を低減する。
【解決手段】エッジカバー47は、平坦化層41の表面に接しており、凹部62に有機EL層50が形成される前に、平坦化層41と共にベーク処理される。エッジカバー47は、平坦化層41と共にベーク処理された際に平坦化層41から発生するガスと同種のガスを発生する材料で形成されている。エッジカバー47が平坦化層41と接しているため、平坦化層41で発生した水分及びその他の生成物を含むガスが、エッジカバー47を介して平坦化層41及びエッジカバー47の外部に逃がされる。したがって、平坦化層41及びエッジカバー47を熱処理した後に凹部62に形成される有機EL層50において、画素シュリンクの低減でき、且つダークスポットの発生を低減できる。 (もっと読む)


【課題】広い視角特性と製造マージンを有する発光装置、およびこの発光装置を備えた電
子機器を提供すること。
【解決手段】発光装置としての有機EL発光装置10は、光反射性を有する反射層3と、
光透過性を有する陽極5c,5d,5fと、有機発光層7を含む機能層Kと、陽極5c,
5d,5fに対向して配置される光反射性を有する陰極9とが、素子基板1に順次積層さ
れた複数の発光素子Lを有し、反射層3と陰極9との間で光共振器が構成されている。反
射層3はそれぞれ異なる材料から構成された反射層3aと反射層3bとからなり、その表
面が機能層K側に面している。 (もっと読む)


【課題】有機EL素子内部の導波光を効率よく利用し、発光効率を向上させることができる有機EL発光装置を提供する。
【解決手段】本発明の一態様にかかる有機EL発光装置は、陽極配線102と陰極配線104との間に配置された有機発光層を有する画素117と、有機発光層の側面に配置され、有機発光層から出射される光を励起光として吸収し発光する第1の発光体118aと、第1の発光体118aの側面に配置され、第1の発光体から出射される光を励起光として吸収し発光する第2の発光体を備え、有機発光層は青色域の光を出射し、第1の発光体118aは青色域に吸収帯を有し、緑色域の光を出射し、第2の発光体118bは緑色域に吸収帯を有し、赤色域の光を出射する。 (もっと読む)


【課題】解像度が高く、画質が良好である表示装置を提供する。
【解決手段】RGBに対応する画素により表示を行う表示装置であって、Gに対応する第1の画素と、RまたはBに対応する第2の画素と、を有し、前記第2の画素は、Rに対応する表示とBに対応する表示を交互に行うことを特徴とした表示装置。 (もっと読む)


【課題】よりよい色純度を備えた画素構造を提供すること。
【解決手段】制御ユニット、有機エレクトロルミネッセント(OEL)ユニット、およびフィルタ構造を有する画素構造が提供される。制御ユニットは基板上に配置し、走査線とデータ線で駆動する。OELユニットは基板上に配置し、透明電極、発光層、および金属電極を有する。透明電極は制御ユニットと電気的に接続し、発光層および金属電極は透明電極上に順次配置する。フィルタ構造は基板とOELユニットの間に挟持し、複数の第一および第二誘電体層を有する。第一および第二誘電体層は交互に積層し、第一誘電体層の屈折率は第二誘電体層の屈折率とは異なる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、外光の影響を受けにくく、高コントラストおよび高輝度等の表示品位に優れ、三原色の光の散乱強度を制御可能なEL素子用基板を提供することを主目的とする。
【解決手段】本発明は、透明基板と、上記透明基板上に形成され、透明樹脂中に微粒子を分散させてなり、赤色光用散乱部、緑色光用散乱部、および青色光用散乱部から構成される光散乱層とを有し、上記赤色光用散乱部、緑色光用散乱部、および青色光用散乱部にそれぞれ含まれる上記微粒子の存在量が、互いに異なることを特徴とするEL素子用基板を提供することにより、上記目的を達成するものである。 (もっと読む)


【課題】トップエミッション構造を採用し補助配線を設けた有機EL装置において、表示品質の低下を防止することを目的とする。
【解決手段】基板上に補助配線と複数の画素電極とを形成し、該補助配線及び各画素電極上に有機機能層を形成し、該有機機能層上に光透過性の共通電極を形成することにより複数の有機EL素子を前記基板上に形成する有機EL表示装置の製造方法であって、前記補助配線上の共通電極に接続部材を打ち込むことにより前記共通電極と前記補助配線とを相互接続する。 (もっと読む)


【課題】外光による光電流の発生を抑制するとともに、薄膜トランジスタの特性(例えば、閾値)の変動を小さくする。
【解決手段】絶縁基板1にアモルファスシリコンをレーザーアニールにより多結晶化してなる能動層2(半導体層)が形成され、この能動層2の中に、互いに対向してドレイン領域2dとソース領域2sが形成されている。ドレイン領域2dとソース領域2sは、それぞれn層とn層とが隣接して形成されている構造を有している。ドレイン領域2dのn層とソース領域2sのn層の間にp型のチャネル領域2cが形成されている。ドレイン領域2dのn層とチャネル領域2cの境界領域のみを覆って形成され、絶縁基板1を通して境界領域に入射する外光を遮光するための遮光層3dが形成されている。 (もっと読む)


【課題】得られるディスプレイの高精細化と長期安定性とを両立する有機EL発光ディスプレイの製造方法の提供。
【解決手段】a)1種または複数種のカラーフィルター層を有する透明基板を準備する工程と、b)該透明基板を加熱乾燥する工程と、c)カラーフィルター層の上に色変換層を形成する工程と、d)該色変換層の上にバリア層を形成する工程と、e)該バリア層の上に有機EL素子を形成する工程とを含み、工程b)からd)までを乾燥雰囲気下で実施することを特徴とする有機EL発光ディスプレイの製造方法。 (もっと読む)


【課題】パネル毎に現れる色調のばらつきを補正可能な表示装置を提供する。
【解決手段】表示装置は、外部から入力されたRGB映像信号を色補正した上でパネル1に出力する色補正回路5を備えている。色補正回路5は、あらかじめパネル固有の飽和色および白色をXYZ色度で計測しその結果に基づいて、入力RGB映像信号のRGB色度をXYZ色度に変換する第1変換マトリクスを求めておき、更にあらかじめパネルの仕様により設定された飽和色のXYZ色度をRGB色度に変換する第2変換マトリクスを求めておき、これら第1変換マトリクス及び第2変換マトリクスを用いて入力RGB映像信号を出力RGB映像信号に変換し、以ってパネル毎に表われる飽和色および白色のばらつきをパネルの仕様にしたがって補正する。 (もっと読む)


【課題】視認方向の変化による発光色の色ずれを抑制することができる電界発光装置を提供する。
【解決手段】この電界発光装置21は、赤、緑、青の各色に個別に対応する第1ないし第3の光出力部51r,51g,51bを備え、その各光出力部51r,51g,51bの有機層33が発光する各色の発光スペクトルの半値幅Wr,Wg,Wbの大小関係について、Wr<Wg<Wbに設定されている。また、各色の光出力部51r,51g,51bに生じる共振器構造9の透過スペクトルのピーク波長が、各光出力部51r,51g,51bにおける発光スペクトルのピーク波長と略等しい値、あるいはその略等しい値以下に設定されている。 (もっと読む)


【課題】 無機バンク層が配置された領域における光漏れの少ない発光装置を提供すること。
【解決手段】 発光装置としての有機EL装置1は、基板10上に形成された画素電極11と、画素電極11の外縁部に一部が重なった状態で形成された無機バンク層12と、無機バンク層12上に配置された有機バンク層13とを有する。画素電極11、無機バンク層12、有機バンク層13によって形作られる凹部には、正孔輸送層14および有機発光層15が配置されている。ここで、無機バンク層12は、酸化チタンおよび酸化ケイ素が交互に積層された誘電体多層膜からなる反射膜である。有機EL装置1は、有機発光層15の発光により発光部32において発光する。また、遮光部33においては有機発光層15からの光が無機バンク層12により遮光(反射)され、光漏れが少ない。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ダークスポット等の欠陥のない良好な画像表示が可能な有機EL素子用バリア性基板および有機EL表示装置を提供することを主目的とする。
【解決手段】本発明は、基板と、上記基板上に形成され、蒸着膜である第1無機絶縁層と、上記第1無機絶縁層上に形成され、超微粒子で形成された膜である第2無機絶縁層とを有することを特徴とする有機EL素子用バリア性基板を提供することにより、上記目的を達成するものである。 (もっと読む)


【課題】簡易な構成により、色純度の高い光を出射することが可能な有機EL発光素子を提供する。
【解決手段】陽極2および陰極4と、これらの間に挟まれて形成され、かつ発光層31を一部に有する有機層3と、を備えている、有機EL発光素子A1であって、有機層3のうち、発光層31を除く領域の少なくとも一部分には、発光層31から発せられる光のピーク波長域とは相違する裾帯域の光を吸収可能な光吸収材8がドープされている。 (もっと読む)


【課題】 安定した電気特性の得られる発光装置およびその製造方法を提供する。
【解決手段】 画素電極25は、前記発光領域が複数配置された電極部25aと、配線12に接続される接続部25bとから構成され、第1単位素子Urの画素電極25は、電極部25aおよび接続部25bに対応する電極層51、52、53が積層されてなり、第2単位素子Ugの画素電極25は、電極部25aに対応する電極層52、53と、接続部25bに対応する電極層51、52、53とが積層されてなり、第1単位素子Urの電極部25aにおける電極層の積層数よりも第2単位素子Ugの電極部25aにおける電極層の積層数が少ない発光装置とする。 (もっと読む)


【課題】 有機発光層から発せられる光を回折又は散乱させる構成を有する有機EL素子において、より多くの光を取り出されるようになされた有機EL素子を提供する。
【解決手段】 透明基板上に透明電極、有機発光層、金属電極の順に積層し、金属電極は光を反射し、有機発光層から発せられる光が回折又は散乱される構造を有する有機エレクトロルミネッセンス素子において、金属電極の金属材料が、nを屈折率、kを消衰係数とすると、k≧1.8の場合はk≧5×n1/2+1.8、k<1、8の場合はk≦0.015×n-3+0.3の条件式を満たす。 (もっと読む)


【課題】 有機EL装置において、より開口率が大きくかつ容易に製造可能とする。
【解決手段】 上記基板20上の上記第1電極23が複数含まれる所定領域全域に形成されるとともに上記補助配線60上の少なくとも一部に開口部110aを有しかつ上記発光機能層を含む有機層110と、上記所定領域全域に形成されるとともに上記補助配線60に上記有機層110の上記開口部110aを介して接続される上記第2電極50とを備える。 (もっと読む)


【課題】特に水蒸気に対するガスバリア性及び光取り出し効率が大幅に向上した有機エレクトロルミネッセンス素子とその素子を用いた表示装置を提供する。
【解決手段】透明基材上に透明電極、有機エレクトロルミネッセンス層、陰極及び封止材をこの順に設けて成る有機エレクトロルミネッセンス素子において、透明基材と透明電極の間に、更に凹凸形状を有する層を設けたこと及びその凹凸形状を有する層の、温度40℃、相対湿度90%RHにおける、水蒸気透過係数が1×10-4g・m/m2/day以下であることを特徴とする有機エレクトロルミネッセンス素子。 (もっと読む)


21 - 40 / 145