説明

Fターム[4C083EE07]の内容

化粧料 (399,993) | 効果 (36,752) | 使用性に関するもの (11,110) | 物性的な使用特性 (5,228)

Fターム[4C083EE07]に分類される特許

81 - 100 / 5,228


【課題】従来の整髪機能を発揮させるミスト化粧料では成し得なかったべたつき感なく整髪することができ、再整髪性にも優れた効果を発揮する整髪用ミスト化粧料の提供。
【解決手段】ポンプ式ディスペンサー又はトリガー式ディスペンサーにより、内容物がミスト状で吐出されてなる整髪用ミスト化粧料であって、該内容物が、(A)無水ケイ酸、(B)エタノール、(C)水、並びに(D)多価アルコールおよび/又は(E)界面活性剤を含有し、下層粉体層と上層液状層からなる2層式組成物であることを特徴とする整髪用ミスト化粧料とする。 (もっと読む)


【課題】洗浄時の良好な泡立ち、泡質を有し、すすぎ時の感触に優れた洗浄剤組成物を提供すること。
【解決手段】(A)下記一般式(1)で表されるヒドロキシアルキル型両性界面活性剤と、(B)アミノ酸系アニオン界面活性剤を含有する洗浄剤組成物。


(式中、R、Rの少なくとも一方/又は両方は、一般式(2)RC(OH)HCH−(式中、Rは炭素数6〜24のアルキル基を示す)で表され、残りは水素原子または炭素数1〜6のアルキル基を示し、Mは水素原子またはアルカリ金属原子およびアミン類から選ばれる少なくとも1種を示す。) (もっと読む)


【課題】使用時の混合での溶解性または分散性に優れ、シート材等の力を借りずとも皮膚上に静止できる程度の粘性を確保できる含水粘性組成物作成用剤を提供する。
【解決手段】2以上の剤を有し、前記2以上の剤を混合すると二酸化炭素が発生して前記二酸化炭素を保有する含水粘性組成物が得られる含水粘性組成物作成用剤について、前記2以上の剤は、(1)第1剤:炭酸塩を含む液状又は粘性の組成物、第2剤:緩衝液を含む液状又は粘性の組成物、または、(2)第1剤:酸に組み合わせて緩衝液になる塩基性物質と炭酸塩を含む液状又は粘性の組成物、第2剤:酸を含む液状又は粘性の組成物、を含有するとともに、少なくとも1つの剤が増粘剤を含有するものとした。 (もっと読む)


【課題】曳糸性を有する泡沫状の吐出物を、高分子物質を用いることなく形成することができ、従って、容易に製造することのできる泡沫形成用エアゾール組成物を提供することにある。
【解決手段】泡沫形成用エアゾール組成物は、水、メントールおよび界面活性剤を含有する原液と、噴射剤とよりなり、前記原液においては、前記メントールの含有割合が0.10〜1.00質量%であり、かつ前記界面活性剤の含有割合が15.05〜21.50質量%であり、曳糸性を有する泡沫状の吐出物を形成することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 本発明の油性睫用化粧料は、使用時のなめらかさに優れ、カールアップおよびカールキープ効果が高く、摩擦に強く、さらににじみのなさにも優れるものである。
【解決手段】 (a)デキストリンと脂肪酸とのエステル化物であって、デキストリンのグルコースの平均重合度が3〜150であり、脂肪酸が炭素数4〜26の分岐飽和脂肪酸の1種又は2種以上を全脂肪酸に対して50mol%より多く100mol%以下、及び、炭素数2〜22の直鎖飽和脂肪酸、炭素数6〜30の直鎖又は分岐の不飽和脂肪酸及び炭素数6〜30の環状の飽和又は不飽和脂肪酸よりなる群から選ばれる1種又は2種以上を全脂肪酸に対して0以上50mol%未満を含有し、グルコース単位当たりの脂肪酸の置換度が1.0〜3.0であるデキストリン脂肪酸エステル、(b)25℃における粘度が10万mPa・s以上のジメチコノールを配合することを特徴とする睫用化粧料。 (もっと読む)


【課題】細胞毒性がなく、チロシナーゼ阻害活性を有するペプチド、該ペプチドを含む組成物又は米糠タンパク質の酵素加水分解物を提供すること。
【解決手段】以下の(a)、(b)、(c)又は(d)のペプチド。(a)特定のアミノ酸配列を含むペプチド、(b)(a)のアミノ酸配列において、C末端のチロシン残基、C末端から5番目のアルギニン残基及びC末端から6番目のグルタミン酸残基以外のアミノ酸残基において、1〜数個のアミノ酸が置換、欠失、挿入若しくは付加されたアミノ酸配列を含み、かつ、チロシナーゼ阻害活性を有するペプチド、(c)他の特定のアミノ酸配列を含むペプチド、又は(d)(c)のアミノ酸配列において、C末端のチロシン残基以外のアミノ酸残基において、1〜数個のアミノ酸が置換、欠失、挿入若しくは付加されたアミノ酸配列を含み、かつ、チロシナーゼ阻害活性を有するペプチド (もっと読む)


【課題】環境に優しく、簡便で低コストな方法にて、粒子径および形態の制御が可能な金属酸化物・酸化亜鉛固溶体粒子と、この金属酸化物・酸化亜鉛固溶体粒子が集積された球状粉体に疎水性の化合物を表面被覆してなる被覆球状粉体を提供し、この被覆球状粉体を配合することによって、使用感の優れた化粧料を提供する。
【解決手段】水溶性亜鉛化合物とグリコールとアミン化合物および一種または二種以上の電荷が+4以下の金属塩を混合し、50℃〜100℃でソフト溶液反応を行うことにより製造され、一次粒子が2〜200nmの金属酸化物・酸化亜鉛固溶体粒子が集積し、10〜5000nmの球状を形成している球状粉体、又は、該球状粉体を300℃〜1500℃で焼成した球状粉体を用いて、その球状粉体の表面に、ポリシロキサン、アルキルアルコキシシラン化合物、アルキルチタネート化合物及びフッ素化合物から選ばれる1種又は2種以上の化合物で被覆処理して被覆球状粉体を得る。また、この被覆球状粉体を化粧料に配合する。 (もっと読む)


【課題】新規で有用なリンパ管腔形成促進剤、リンパ管内皮細胞増殖促進剤、又は、むくみやしわの改善に有効なものを提供すること。
【解決手段】ヤグルマギク抽出物を有効成分とする、リンパ管腔形成促進剤、リンパ管内皮細胞増殖促進剤、又は、むくみ改善剤、しわ改善剤又は外用剤組成物。ヤグルマギク抽出物は、好ましくはヤグルマギク(Centaurea cyanus L.)の花、頭花、花弁を用い、抽出溶媒として、水、メタノール、エタノール、プロピルアルコール等を用いて製造する。 (もっと読む)


【課題】皮膚外用剤の添加剤として優れた効果を発揮できる物質を提供する。
【解決手段】下記一般式(I)で示されるカチオン化グリセリルグルコシドの混合物:
(I)


(式中、GGはグリセリルグルコシド残基を表し、R、R、Rは各々ヒドロカルビル基を表し、Xは対アニオンを表し、nは1〜3の整数を表す。);皮膚外用剤用添加剤である上記カチオン化グリセリルグルコシドの混合物;上記一般式(I)で示されるカチオン化グリセリルグルコシドを含む皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】従来の二浴式パーマネントウェーブやストレートセットや縮毛矯正および、一浴式パーマネントウェーブやストレートセットや縮毛矯正の欠点を改良しようとするものであり、毛髪の損傷を抑制すると同時に、施術者と被施術者に対する施術時におけるメルカプタン臭による不快感と施術後毛髪の不快臭を抑える。さらに従来の工程を簡素化し、施術時間を短縮して施術者の苦痛を緩和することができる、改良された形状変形・感触改善効果を有する毛髪化粧料の提供。
【解決手段】 天然または合成起源の有機もしくは無機の1種または2種以上のタンニン;ならびに亜硫酸塩およびメルカプタン系還元剤よりなる群から選択される、毛髪中のケラチン分子間相互間ジスルフィド結合を開裂する1種または2種以上の還元剤を含む、pH6〜10を有する毛髪化粧料。 (もっと読む)


【課題】本発明は、所望の濃度のリフト及び明るさを提供し、同時に、提供する色の改善及び損傷の低減、皮膚及び頭皮の刺激の低減及び臭いを減らす、毛髪染色剤(現在利用可能な製品の適用時間より短い時間に対して有効であり且つ消費者が美しさを保つための定期的な行為の一部として使用される)を消費者に提供することを課題とする。
【解決手段】上記課題を解決するため、本発明は、(i)特定の成分を含む組成物を供給すること(ここで該組成物は8.4〜9.5のpHを有する。)、(ii)該組成物を毛髪上に適用することと該組成物を毛髪上に20分未満の時間維持すること及び引き続いて、(iii)該組成物を毛髪からすすぎ洗いすること、の各工程を含む、20分未満で毛髪を酸化的に高速に染色又は漂白する方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】ポリオキシアルキレンアルキルグルコシドに起因する悪臭を抑止し、ベタツキが
なく、保湿効果が高い皮膚外用剤を提供することを課題とする。

【解決手段】本発明は、ポリオキシアルキレンアルキルグルコシドを含有する皮膚外用剤において、ポリオキシアルキレンアルキルグルコシドに対して水溶性多価アルコールを5〜30重量倍、ムコ多糖類を0.075〜2重量倍を含有することで、ポリオキシアルキレンアルキルグルコシドの分解に起因する不快な臭いを抑制し、かつ、ベタツキが少なく、保湿性が高い皮膚外用剤を提供することができる。 (もっと読む)


【課題】毛髪内部の補修と毛髪表面の保護を両立させ、激しくダメージを受けた毛髪に対しても、ツヤ、まとまり及び指通りを向上させることができ、かつそれらの効果の持続性にも優れるプレシャンプートリートメント組成物の提供。
【解決手段】次の成分(A)〜(D)を含有し、粘度が1000〜15万mPa・sであり、pHが2〜5であるプレシャンプートリートメント組成物、及び当該プレシャンプートリートメント組成物を毛髪に適用した後、水ですすぎ、次いでシャンプー組成物により洗髪する毛髪処理方法。
(A):ジアリル4級アンモニウム塩を全単量体中の70質量%以上含有する単量体成分を重合して得られる重合体又は共重合体
(B):ポリ塩化メタクリロイルオキシエチルトリメチルアンモニウム(INCI名:ポリクオタニウム-37)
(C):リンゴ酸、グリコール酸、乳酸及びクエン酸から選ばれる有機酸又はその塩
(D):ベンジルアルコール (もっと読む)


【課題】ダメージ毛の空洞補修効果に優れ、健常毛のような良好なツヤのある仕上がりを得ることができる酸化型染毛剤又は脱色剤組成物の提供。
【解決手段】アルカリ剤を含有する第1剤と過酸化水素を含有する第2剤を混合して使用する染毛剤組成物又は脱色剤組成物であって、混合物中に成分(a)を0.5〜10質量%、成分(b)を2.0〜20.0質量%含有し、成分(a)と成分(b)との質量比(a)/(b)が0.1〜3.0であり、混合物のpHが8.0〜11.5である酸化型染毛剤又は脱色剤組成物。
(a):一般式(1)又は(2)で表される化合物の少なくとも1種


〔R1は炭素数1〜4のアルキル基、R2は水素原子又は炭素数1〜4のアルキル基〕
(b):25℃で液体の芳香族アルコール (もっと読む)


【課題】燻焼時の立消えを生ずることなく、簡単に且つ確実に燃焼速度の制御が行え、着火性、燃焼持続性に優れた燃焼遅延性の燻煙用線香体を提供する。
【解決手段】燃焼遅延性の燻煙用線香は、線香体中に、沸点又は熱分解域の全域若しくは一部領域が760mmHg、空気雰囲気で330〜580℃の範囲内にある、ノルマルパラフィン系炭化水素、粘度が55SUS(37.78℃)以上の流動パラフィン、ポリエチレンパウダー、ステアリン酸ブチル、キャノラー油、リンシード油及びポピー油から選ばれた少なくとも1つの物質が1〜20質量%の割合で含有されていることにより、その燻焼の際に、その物質の気化潜熱、熱分解潜熱又は熱分解に伴う気化潜熱により燃焼速度を遅くすることができる。 (もっと読む)


【課題】毛髪の根元の染め残りがなく、頭皮への垂れ落ちによる地肌染まりが軽減され、染毛効果の高い染毛料組成物を提供する
【解決手段】本発明の染毛料組成物は、(A)酸性染料および/または天然色素、(B)浸透剤、(C)増粘剤、(D)融点が50℃以上の油剤ならびに(E)酸を含む染毛料組成物であって、染毛料組成物全体に対して前記(D)成分が0.01〜30重量%含まれていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】起泡性及びすすぎ性に優れ、皮脂洗浄性の高い皮膚洗浄剤組成物の提供。
【解決手段】(A)一般式(1)R1−O−(CH2CH2O)n−CH2−COOM(1)(式中、R1は炭素数4〜22のアルキル基を示し、nは0〜20の数を示し、Mは水素原子、アルカリ金属、アルカリ土類金属、アンモニウム又は有機アンモニウムを示す)で表されるアルキルエーテルカルボン酸又はその塩と、(B)一般式(2)R2−O−(CH2CH2O)m−SO3Y(2)(式中、R2は炭素数8〜22のアルキル基又はアルケニル基を示し、mは0〜20の数を示し、且つmの平均が2未満であり、Yは水素原子、又は、アルカリ金属、アルカリ土類金属、アンモニウム、アルキルアンモニウム、アルカノールアンモニウム及びグルクアンモニウムから選ばれるカチオンを示す)で表されるアルキル硫酸塩又はポリオキシエチレンアルキル硫酸塩を含有する皮膚洗浄剤組成物。 (もっと読む)


【課題】コハク酸ポリプロピレングリコールオリゴエステルの分散性が高い水中油型毛髪処理剤の提供。
【解決手段】コハク酸ポリプロピレングリコールオリゴエステルと共に、ポリエチレングリコール・ポリプロピレングリコール・ブロックエーテル及びベヘニルトリメチルアンモニウム塩を配合する。 (もっと読む)


【課題】トラネキサム酸類配合によって生ずるべたつきやきしみを抑制するのみならず、ぬめりのないコク感と塗布後の肌のやわらかさを有する液状皮膚外用剤組成物の提供。
【解決手段】(A)0.5〜5質量%のトラネキサム酸及びその誘導体から選択される少なくとも1種と、(B)0.005〜1.5質量%のカルボキシメチルセルロースとを含有し、30℃における粘度が500mPa・s以下であり、L値が50以上100以下の透明又は半透明であることを特徴とする液状皮膚外用剤組成物。当該組成物は、カルボキシメチルセルロース以外の増粘剤を含まないのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】起泡性及びすすぎ性に優れ、皮脂洗浄性の高い皮膚洗浄剤組成物を提供する。
【解決手段】(A)一般式(1)
1−O−(CH2CH2O)n−CH2−COOM (1)
(式中、R1は炭素数4〜22のアルキル基を示し、nは0〜20の数を示し、Mは水素原子、アルカリ金属、アルカリ土類金属、アンモニウム又は有機アンモニウムを示す)
で表されるアルキルエーテルカルボン酸又はその塩であって、R1の平均炭素数が10.8〜12.8であり、n=0の成分を9.6質量%を超え27質量%以下、n=1の成分とn=2の成分を合計で21質量%以上40質量%未満含むアルキルエーテルカルボン酸又はその塩、
(B)一般式(2)
2−O−(CH2CH2O)m−SO3Y (2)
(式中、R2は炭素数8〜22のアルキル基又はアルケニル基を示し、mは0〜20の数を示し、且つmの平均が2以上4未満であり、Yは水素原子、又は、アルカリ金属、アルカリ土類金属、アンモニウム、アルキルアンモニウム、アルカノールアンモニウム及びグルクアンモニウムから選ばれるカチオンを示す)
で表されるアルキル硫酸塩又はポリオキシエチレンアルキル硫酸塩
を含有する皮膚洗浄剤組成物。 (もっと読む)


81 - 100 / 5,228