説明

国際特許分類[A61K33/26]の内容

国際特許分類[A61K33/26]に分類される特許

261 - 270 / 278


【課題】 本発明は、アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎といった各種皮膚炎の治療用として、また、水虫や虫さされ等に起因するかゆみの抑制及び治療用として、更にはシミやソバカス、ニキビ、湿疹等の抑制及び治療にも効果がある機能水を提供することを目的とする。また更に、害虫忌避作用、動植物の活性化作用、生鮮食品の酸化防止機能、鮮度保持機能等をも兼ね備えた機能水を提供することを目的とする。
【解決手段】 鉄を酸素、並びに窒素を含む気体雰囲気中で加熱溶融して得られる酸素・窒素含有鉄化合物が、水に混合されて得られる混合液を主成分とする機能水である。 (もっと読む)


本発明は、新規な組成物の調整方法、当該組成物のリン酸吸着剤としての使用、特に人間又は動物への投与のための使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、血漿蛋白質と結合親和性を有する有効成分の投与に際して、当該有効成分と共通の血漿蛋白質に結合親和性を有する単一又は複数のアミノ酸を含む製剤を、有効成分の投与と同時又はその前後に投与し、有効成分の血漿蛋白質への結合を制御することを特徴とする、血漿蛋白質に結合親和性を有する有効成分の血液中遊離濃度を制御する製剤、及びその投与方法を提供する。
(もっと読む)


本発明は、必須脂肪酸と鉄を含む新規栄養補助食品、並びにそれら栄養補助食品に関連する方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、活性な植物抽出物およびこれらの抽出物の中で二核酵素の作用を特異的に阻害する特定の化合物(ジアリールアルカンおよび/またはジアリールアルカノール)を識別するために酵素阻害アッセイを化学的デレプリケーション法と組み合わせる方策を実施する。本発明に含まれるのは、二核酵素、特にチロシナーゼの活性を阻害し、メラニンの過剰生成を防止する1つまたは複数のジアリールアルカンおよび/またはジアリールアルカノールで構成される物質の組成物である。本発明は二核酵素、特にチロシナーゼの活性を阻害するための方法、および二核酵素の作用に関連する疾病および状態を予防および治療するための方法もやはり提供する。本発明はさらに、メラニンの過剰生成およびそれに関連する皮膚の疾病と状態を予防および治療するための方法を含む。二核酵素の作用およびメラニンの過剰生成に関連する疾病および状態を予防および治療するための方法は、合成された、および/または1つまたは複数の植物から単離された1つまたは複数のジアリールアルカンおよび/またはジアリールアルカノールを含む組成物の有効な量を医薬として許容可能な担体と一緒に、必要とする宿主に投与することを含む。 (もっと読む)


妊娠に関連する疾患または障害を処置および/または予防するための方法および組成物を提供する。前記方法は、2-メトキシエストラジオールまたはその類似体の被験体への投与に関する。さらに、妊娠に関連する疾患または障害を診断または予防するための方法を提供する。前記方法は、2-メトキシエストラジオールまたはその前駆体もしくは代謝物の検出に関する。

(もっと読む)


本発明は、イオン性亜鉛または鉄三価塩といったイオン性多価金属成分、キトサンまたはポリ(ジメチルアミノエチルメタクリレート)といった陽イオン性ポリマー、および、塩化ベンザルコニウムまたはベンゼトニウムといった陽イオン界面活性剤のうち1つまたは複数を含む抗ウイルス性組成物を提供する。本発明はまた、このような抗ウイルス性組成物の作製および使用のための方法も提供する。

(もっと読む)


本発明は、乳タンパク質カゼインから取得、化学的に合成、または組み換えDNA技術により産生させることができるペプチドと、二価陽イオンとを含む、新規な抗菌性組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は、有効で且つ安全な量の一つまたはそれ以上の多価金属化合物を局所的に適用することによって、きわめて効果があり、簡便であり、新規であり、安価であり、安全であり、迅速である、それぞれ異なった病因であり異なった臨床的症状である、アクネおよびゆうぜいの両方を処置する方法を述べている。本発明はまたアクネの予防のために使用することもできる。多価金属化合物には、ビスマス化合物、亜鉛化合物、マグネシウム化合物、アルミニウム化合物、カルシウム化合物、銅化合物、チタン化合物、マンガン化合物、クロム化合物、バリウム化合物、セレン化合物、および鉄化合物が含まれるが、これらに限定されない。本発明はまた、しゅさの処置に適用することも可能である。本発明はまた瘢痕が残ることを防止し、一旦形成された瘢痕を治癒し、除去することを容易にするのに使用することができ、色素脱失に有益である。本発明はまた歯周炎および歯牙動揺の予防および処置、および口腔の粘膜および組織の健康的な成長を促進するために使用することができる。 (もっと読む)


本発明は医学の分野に関し、医学、獣医学、バイオ産業、医薬品産業及び食品産業において家庭用目的、浴場、公衆便所、美容院などのために消毒組成物として使用される。本発明は防腐手段としての処理目的で使用することができる。技術的結果は、製造が簡単で安価かつ高い消毒及び防腐特性を有する無毒の医薬組成物の創造にある。本医薬組成物は、弱硝酸、他の化合物との混合物中に50%以上の輝鉄鉱を含有するアンモニア合成触媒廃棄物残渣、クエン酸、エチルアルコール、芳香剤及び水を以下の成分比(質量%)で含む:弱硝酸0.3〜10.0、アンモニア合成触媒廃棄物残渣0.1〜5.0、クエン酸0.1〜2.0、エチルアルコール0.1〜5.0、芳香剤0.05〜0.1、残りは水。 (もっと読む)


261 - 270 / 278