説明

国際特許分類[A61K51/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (357,440) | 生体内での治療または検査に用いる放射性物質を含有する製剤 (1,167)

国際特許分類[A61K51/00]の下位に属する分類

担体に特徴のあるもの
特別の物理的形態に特徴のあるもの,例.乳濁液,マイクロカプセル,リポソーム

国際特許分類[A61K51/00]に分類される特許

991 - 1,000 / 1,167


本発明は、式(I)の化合物、5−HT受容体のごとき5−HT受容体が関連し、5−HT機能の変調が望まれる、哺乳動物における病気または疾患を治療するためにこれらの化合物を用いる方法を提供し、ここに、A、GおよびWないしWは明細書中に定義される。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、CD33と結合する抗体に関するものである。より詳細には、本発明は、抗CD33抗体、前記抗体のフラグメント及びホモログ、前記抗体のヒト化及び表面再構築化型、前記抗体の機能的等価物及び改良型、免疫複合体、及び前記抗体を含む組成物、ならびに、診断、研究及び治療への適用におけるそれらの使用に関するものである。本発明はまた、該抗体をコードするポリヌクレオチド、ポリヌクレオチドを含むベクター、該ポリヌクレオチドを用いて形質転換された宿主細胞、及び抗体の産生方法に関するものである。 (もっと読む)


種々の薬局方基準によって定められた限界値を考慮し、18Fの放射能濃度に応じて選択された量のエチルアルコールを使用して、放射線分解に起因する放射化学的純度の低下に対して18F同位体標識FDG放射性製剤が安定化される。公知のFDG製法のいずれも使用することができ、いくつかの段階において、好ましくは標準的な加水分解ステップの部分としてエチルアルコールが添加されればよい。この放射性製剤は陽電子放出断層撮影による画像診断用に広く使用される。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

本発明は、ハイブリッドCT/PETスキャンを用いて解剖学的及び機能的双方の情報を与える、デュアル・モダリティ仮想結腸内視術のための薬剤及び方法を提供する。好ましい実施態様の場合、本発明は、放射性標識付き腫瘍特異的物質、及び悪性腫瘍と良性ポリープとを区別する方法を提供する。更なる実施態様の場合、本発明は、リン脂質代謝相対レベルに基づいて、選択された組織部位の形態的及び機能的なサブ部位を区別するのに有用な組成物及び方法を提供する。好ましい放射性標識付き腫瘍特異的物質は、ハロゲン放射性同位体で標識付けされたリン脂質エーテル類似体である。或る特定の好ましい実施態様の場合、放射性標識付きリン脂質エーテル類似体を含む組成物は、悪性組織を機能的に同定するのに加えて、治療作用を有する。
(もっと読む)


【課題】本発明が解決しようとする課題は、慢性化した筋肉組織の老化及び疲労を蓄積している組織を活性化させるような素材並びに外用貼付剤を提供する。
【解決手段】堆積礫岩天然鉱石粉末と希土元素類を含む天然鉱石粉末の混合体組成物であり、また樹脂組成物として、堆積礫岩天然鉱石粉末と希土元素類を含む天然鉱石粉末と静電気に帯電しない樹脂を混合した樹脂組成物であり、これらの組成物を不織布、織布、フェルトに塗布或いは含侵した基材の片面に粘着剤層を積層した外皮貼着型の貼付剤を作成する。 (もっと読む)


本発明は、一般式(I)のフッ素18で標識したマレイミド化合物に関し、式(I)中、mは、0から10までの整数を表し、nは、1から10までの整数を表し、Yは、場合によって置換されている複素環基、単環式または二環式基の中から選択される基を表し、Xは、式(U)a-(CR1R2)b-(V)c)d-((CR3R4)e-(W)f)g-の基を表し、式中、a、b、c、d、e、f、gは、それぞれ独立して1から10までの整数を表し、O A 10、U、VおよびWは、それぞれ独立して、-NR1-、-O-、-S-、式(II)、エチニル、-CR1=CR2-、-(C=O)-、-(C=S)-、-C=NR1)-、-C(=O)O-、-(C=S)S-、-C(=NR1)NR2-、-CR1R2-、-CR1OR2-、-CR1NR2R3-を表す。本発明は、また、前記化合物を調製する方法、高分子を標識するためのそれらの使用、および前記化合物の高分子との複合体に関する。本発明は、さらに、前記複合体を使用する分析、検出、または診断用のキットにも関する。本発明は、最終的には、陽電子射出断層撮影法(PET)等の医学撮像法における当該複合体の使用に関する。
(もっと読む)


本発明は下記一般式 (I)を有する化合物を提供する:


(I)
[式中、X、R1、R2、R7およびZは明細書に定義するとおり]。
(もっと読む)


アミロイド症の処置における治療の有効性を決定するための本方法は、式(I)または式(II)または構造1〜45の化合物をそれを必要とする患者に投与すること、および患者をイメージングすることを含む。前記イメージングの後、少なくとも1種の抗アミロイド剤を前記患者に投与する。次いで、式(I)または式(II)または構造1〜45の化合物の有効量を患者に投与し、患者を再びイメージングする。最後に、抗アミロイド剤で処置する前の患者におけるアミロイド沈着のベースラインレベルを、抗アミロイド剤で処置後の患者におけるアミロイド沈着のレベルと比較する。 (もっと読む)


本発明は、TFAgを発現する細胞の転移および/または増殖の阻害のための、または、TF-Agを発現する腫瘍または転移性病巣の検出のための、個人へのモノクローナル抗体JAA-F11の投与に関する。TF-Agを発現している細胞の転移の阻害または増殖の阻害のために、前記方法は、治療量のmAb JAA-F11、ここで、JAA-F11 mAbは、TF-Agを発現している癌細胞の転移および/または増殖を阻害する、を個人に投与することを含む。腫瘍または転移性病巣の検出のために、mAb JAA-F11は検出可能な標識に結合されて、個人に投与される。標識の検出によりTF-Agを発現している癌細胞を含む転移性病巣または腫瘍が同定される。
(もっと読む)


991 - 1,000 / 1,167