説明

国際特許分類[A61K51/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (357,440) | 生体内での治療または検査に用いる放射性物質を含有する製剤 (1,167)

国際特許分類[A61K51/00]の下位に属する分類

担体に特徴のあるもの
特別の物理的形態に特徴のあるもの,例.乳濁液,マイクロカプセル,リポソーム

国際特許分類[A61K51/00]に分類される特許

1,031 - 1,040 / 1,167


【課題】所定のガス容積を、高圧の大ガス容積から極低温冷却によって小容積に移送する。
【解決手段】補充装置(130)は、第1流体容器(220)、第2流体容器(210)、並びに第1流体容器及び第2流体容器をガスの供給源(205)に連結する接続装置を包含する。第1流体容器は、ガスから凝縮された或る量の液体に対応する容積を有し、ガスは、相変態のときに第1流体容器と第2流体容器との合計容積以内で所望のガス圧を発現する。第1流体容器は、第1流体容器を極低温に冷却するために液体窒素浴(230)の中に浸漬ためのコイル状配管であるのが好ましく、それによってガスを凝縮して液体形態にする。本発明は、[18O]酸素ガスを、[18F]フッ素ガス製造のための[18O]O/F標的システムに提供するのに特に最適である。所望の圧力は、補充装置の各補充の間の製造ランの工業的に重要な回数に対して適切な量の[18O]酸素ガスを[18O]O/F標的システムに供給するために40〜50バールが理想的である。 (もっと読む)


本発明は、放射線分解の低減やオートクレーブ処理能力など、18F−フルオロ−デオキシ−グルコース(18F−FDG)−溶液の1またはそれ以上の物理的/化学的特徴を改良する方法に関する。その方法は、a)18F−フルオロ−デオキシ−グルコース(18F−FDG)−溶液の用意、および、b)弱酸をベースとする少なくとも1種の緩衝剤の18F−フルオロ−2−デオキシ−グルコース(18F−FDG)−溶液への添加、の各段階を含む。本発明はまた、18F−フルオロ−デオキシ−グルコース(FDG)−溶液をオートクレーブ処理することにより、滅菌18F−フルオロ−デオキシ−グルコース(18F−FDG)−溶液を調製する方法にも関する。 (もっと読む)


陽電子放出断層撮影(PET)用の新しい診断薬およびヒトまたは動物組織のイメージングのためのかかる薬剤の使用方法が記載されており、かかる薬剤の主要な有効成分が放射性標識ハロゲン化キサンテンまたはハロゲン化キサンテン誘導体である。好ましくは、放射性標識ハロゲン化キサンテンは放射性標識ローズベンガルまたはローズベンガルの機能的誘導体である。 (もっと読む)


本発明は式(I)
【化1】


[式中、GはG1またはG2
【化2】


であり;破線は場合により2重結合であることを示し;nは1または2であり;そしてAr1、Ar2、…およびZは本明細書で定義された通りである]の化合物、並びに式(I)の化合物またはそのプロドラッグおよび薬学的に有効な担体を含有する医薬組成物に関する。本発明はまた、ヒトを含む哺乳動物において偏頭痛、頭痛、群発頭痛、不安症、うつ病、気分変調症、大うつ病性障害、偏頭痛、心的外傷後ストレス障害、回避性人格障害、境界性人格障害および恐怖症からなる群より選択される障害を含むセロトニンが媒介する神経伝達を変えることにより治療することができる障害または状態を治療または予防する方法に関する。さらに、本発明は式Iの化合物の合成において有用な中間体に関する。
(もっと読む)


本発明は、IFNAR-1と結合し、さらにI型インターフェロンの生物学的活性を阻害することができる、単離されたヒトモノクローナル抗体を提供する。本発明の抗体を含む、免疫複合体、二重特異性分子及び医薬組成物もまた提供される。本発明はまた、本発明の抗体を用いてI型インターフェロン仲介疾患を阻止する方法を提供する。前記方法には、本発明の抗体を用いる、自己免疫疾患、移植拒絶又は対宿主性移植片病の治療方法が含まれる。
(もっと読む)


放射性医薬組成物を急速に瞬間冷凍及び脱水して自己放射線分解を最小化するように設計された装置による、安定な、出荷可能な、凍結乾燥された形態の、放射性の診断用放射性医薬の新規な製造方法が記載される。当該方法は、周囲の蒸気の急速な冷却及び除去、並びに爆発性の液体酸素の可能性を除く場合は次いで超低温除去を行うことを提案する。放射性の診断用の放射性医薬は、安定化に続く出荷に関しても、更なる冷蔵又は冷凍保存を必要としない。好ましい組成物は、適切な希釈剤の添加により、「現場で」再構成されて、放射性医薬錯体を望ましい濃度の溶液にすることができる。 (もっと読む)


本発明は、感染微生物に存在するチミジンキナーゼに結合する画像化に好適な化合物を対象に投与し、対象の画像を得て化合物の存在及び局在をつきとめ、化合物の局在化が即ち対象が感染していることを示すものである、対象における感染を診断する方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は腫瘍に対する遺伝子治療に関するものであり、特に、腫瘍溶解性アデノウイルス組換え体の構築に関するものであり、該組換え体は、腫瘍細胞において特異的に複製され、ヒト体内における腫瘍特異的な免疫反応を誘導するための免疫刺激因子を発現する。 (もっと読む)


本発明は、ヒトから単離した試料中のSPARC蛋白質の検出及び定量を含む、哺乳動物腫瘍の化学療法薬に対する応答を判定する方法を提供する。本発明はまた、SPARCを発現するヒト腫瘍に化学療法薬を送達する方法を提供し、該方法はSPARC蛋白質と結合する化合物に連結した化学療法薬を含有する医薬組成物の投与を含む。本発明はさらに、SPRAC蛋白質と結合可能な化合物に連結した化学療法薬、及び薬学的に許容される担体を含有する組成物を提供する。 (もっと読む)


金属および/または半導体原子を含有するコアを有し、そのコアが、RNAリガンドを含む複数のリガンドと共有結合しているナノ粒子を作製するための材料および方法を提供する。RNAリガンドはsiRNAまたはmiRNAを含み得る。また、治療および診断におけるこれらのナノ粒子の使用も提供する。 (もっと読む)


1,031 - 1,040 / 1,167