説明

国際特許分類[C07H15/203]の内容

化学;冶金 (1,075,549) | 有機化学 (230,229) | 糖類;その誘導体;ヌクレオシド;ヌクレオチド;核酸 (3,852) | 糖類基の異種原子に直接結合する炭化水素または置換炭化水素基を含有する化合物 (805) | 炭素環 (255) | シクロヘキサン環以外の単環式炭素環;二環式炭素環系 (118)

国際特許分類[C07H15/203]に分類される特許

71 - 80 / 118


【課題】アシルコエンザイムAコレステロールアシルトランスフェラーゼ阻害作用を有する新規化合物の提供。
【解決手段】特定の置換基を有する4−ヒドロキシフェネチルアルコールまたは3,4−ジヒドロキシフェネチルアルコールの配糖体化合物。具体例としては、オスマンツシドB、イソシリンガライド3´−α−L−ラムノピラノシド、オスマンツシドDが挙げられる。これらは、雲南苦丁茶または四川苦丁茶の植物体を極性溶媒で抽出することにより得られる。 (もっと読む)


本発明は、二官能性および三官能性リンカー中間体を使用する、式(I)のカリケアマイシン誘導体および同様の類似体のコンバージェント合成方法を記載する。本発明はまた、前記の二官能性および三官能性リンカー中間体である、2重リンカー−カルボン酸および3重リンカー−活性化エステルの調整方法もさらに記載する。請求されている方法は、増加した収率を有するカリケアマイシン部分を含む、より少ないステップの方法を提供する。
(もっと読む)


【課題】瀉下作用が穏やかで、下痢症状が少ない緩下剤及びこれを含む食品を提供する。
【解決手段】ゲンクワニン5−O−β−プリメベロシド(genkwanin5-O-β-primeveroside)を有効成分として含むことを特徴とする緩下剤。イリフロフェノン2−O−α−ラムノシド(iriflophenone 2-O-α-rhamnoside )を有効成分として含むことを特徴とする緩下剤。ゲンクワニン5−O−β−プリメベロシド(genkwanin5-O-β-primeveroside)が含まれる沈香葉エキスを有効成分として含むことを特徴とする緩下剤。沈香葉の起源たる沈香葉を有効成分として含むことを特徴とする緩下剤。上記の緩下剤を含むことを特徴とする食品。食品は、サプリメントでもよい。 (もっと読む)


【課題】ガン予防及び治療のためのAkt阻害剤としてのアリールジヒドロナフタレン類及びその生産方法を提供する。
【解決手段】
本発明は、Akt活性化を阻害する九つのアリールジヒドロナフタレン類を開示する。本発明は、それら阻害化合物を含む組成物、及び、ガン患者に前記化合物を投与することによりAkt活性を阻害する方法も提供する。
(もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】 抗炎症作用、抗老化作用、育毛作用及び抗男性ホルモン作用を有する物質を有効成分とする抗炎症剤、抗老化剤、育毛剤及び抗男性ホルモン剤、並びに当該物質を配合した皮膚化粧料及び頭髪化粧料を提供する。
【解決手段】 本発明の抗炎症剤、抗老化剤、育毛剤又は抗男性ホルモン剤に、フロリジン及び/又はフロレチンを含有せしめる。また、皮膚化粧料又は頭髪化粧料にフロリジン及び/又はフロレチンを配合する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】日常の食生活において容易に入手および摂取でき、それにより食後の過血糖状態を抑制して、糖尿病の発症予防や症状の緩和に有効な、安全性が高く、安価な天然植物由来の有効成分を含む抗糖尿病用組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】キク科植物ベニバナ(Carthamus tinctorius L.)の花弁及び/又はその抽出物を有効成分として含有する糖尿病の予防及び治療剤、健康食品。又はベニバナ花弁に含まれる黄色色素サフラワーイエロー類、紅色色素カルタミン、サフロミンAを含有する糖尿病の予防及び治療剤、健康食品。 (もっと読む)


4-[(E)-2-(5,6,7,8-テトラヒドロ-5,5,8,8-テトラメチル-2-ナフタレニル)-1-プロペニル]安息香酸の類似体、その製造方法並びに癌の予防及び治療で使うため等のその使用。 (もっと読む)


【課題】グリコサミノグリカンの繰り返し構成糖の1つである、6−硫酸化N-アセチルグルコサミン、もしくは、6−硫酸化N-アセチルガラクトサミンを模倣した、6−硫酸化グルコース、または、6−硫酸化ガラクトースを選択し、これらの非還元末側にグルクロン酸を導入した2糖誘導体(pNP体) を提供する
【解決手段】
下記一般式(I)
【化17】


〔式(I)中、Xは、酸素原子、または、硫黄原子を示し、Yは、ニトロ基、または、アミノ基を示し、R1、および、Rは、生理的に許容される塩を示す。〕で表されるグルクロニル硫酸化2糖誘導体。 (もっと読む)


71 - 80 / 118