国際特許分類[G08G1/04]の内容

物理学 (1,541,580) | 信号 (47,547) | 交通制御システム (25,881) | 道路上の車両に対する交通制御システム (25,491) | 計数または制御されるべき交通量の検出 (1,848) | 光学式または超音波式検出装置を用いるもの (558)

国際特許分類[G08G1/04]に分類される特許

51 - 60 / 558


【課題】移動体に衝突されずに移動体を精度良く検知する移動体検知システムを提供する。
【解決手段】移動体検知システム1は、ステレオ動画像を撮像するステレオカメラ3と、ステレオ動画像が入力されるシステム本体4とを備える。システム本体4は、ステレオ動画像を処理する処理部6を有する。ステレオカメラ3及びシステム本体4は、移動体の移動に支障しないように移動経路外に設置される。ステレオカメラ3は、移動経路上に空間範囲として設定された検知範囲を撮像範囲に含むステレオ動画像を撮像する。処理部6は、ステレオ動画像における各フレームの画像並びにステレオカメラ3の光軸間隔及び焦点距離に基づいて、その移動体の空間位置を算出し、算出した移動体の空間位置が検知範囲内に入ったとき、その移動体を検知したと判定する。これにより、ステレオカメラ3及びシステム本体4は、移動体に衝突されずに移動体を精度良く検知する。 (もっと読む)


【課題】低SNR環境下でも、異物を正確に検知することができる異物検知装置を得ることを目的とする。
【解決手段】三次元画像の縦方向成分が同一の画素単位に、異物の検知処理を開始する前に三次元画像撮像装置1から出力された各画素の反射強度値Ii,jの中で、最大の反射強度値Iimaxと最小の反射強度値Iiminを取得して、最大の反射強度値Iimaxを上限閾値THUPに設定するとともに、最小の反射強度値Iiminを下限閾値THLOWに設定する閾値設定部11を設ける。 (もっと読む)


【課題】車両ナンバープレートを認識した車両の速度を精密に計測するする方法を提供する。
【課題を解決するための手段】道路1を撮影するカメラによって同一の車両を含む、第一の画像データを第一の時点において取得するステップと、その後、第二の画像データを第二の時点において取得するステップと、前記第一と第二のそれぞれの画像データ中に含まれる第一と第二の画像上ナンバープレート横幅を算定するステップと、前記第一の時点と前記第二の時点の時間差を算定するステップと、前記第一と第二のそれぞれの画像上ナンバープレート横幅と前記時間差に基づいて前記車両の走行速度Vを計算するステップから車両の走行速度Vを計測する。 (もっと読む)


【課題】画像認識を実施する時点における日照の状況も効果的に反映して、画像認識を行うために、画像認識する際の日射の影響を示す情報を含む地物情報を整備する。
【解決手段】地物のそれぞれについて、地物と日陰との関係を示す情報である地物日陰情報を演算し、日陰と日向とのコントラストを示すコントラスト情報を取得し、地物日陰情報とコントラスト情報とを含む日照要因情報と、撮影画像に含まれる地物の画像認識を行なう画像認識部による画像認識結果とを関連付けて学習データベースに記憶し、学習データベースに記憶された情報に基づいて、地物のそれぞれについての、日照による画像認識への影響の度合いを示す日照特性情報を生成し、地物のそれぞれについての地物情報を構成する情報として格納する。 (もっと読む)


【課題】料金所付近の交通状態から判断して発進制御装置の開閉タイミングを制御することができ、車両の急停車や接触事故等を防止できる発進制御装置の制御装置を提供することである。
【解決手段】実施形態の発進制御装置の制御装置は、有料道路の料金所における複数の出口車線に設置され、当該出口車線を通行する車両に対し通行可否を制御する発進制御装置の開閉タイミングを制御する発進制御装置の制御装置であって、前記出口車線の出口付近で当該出口車線に接続する道路の交通状態を監視する監視手段と、この監視手段による監視結果から判断して通行可能な出口車線を判定する判定手段と、この判定手段の判定結果に基づき前記発進制御装置の開閉タイミングを制御する制御手段とを具備している。 (もっと読む)


【課題】車両側に特別な操作や設備を要求することなく、目的地に接近中の車両に対して最適の案内情報を提示する。
【解決手段】複数の車番読取装置14と、複数の電子看板装置16と、案内サーバ12とからなる車両案内システム10。案内サーバ12は、車番及び予約者表示等を含む予約情報を格納しておく予約情報DB34と、各電子看板装置16に表示すべき案内文を格納しておく指定看板DB39と、予約者表示充填欄及び案内文充填欄を備えたテンプレートを格納しておくテンプレート格納部42を備え、車番読取装置14から車番情報が送信された際に、当該車番を含む予約情報を抽出し、当該予約情報に係る加盟店のテンプレートを取り出し、予約者表示充填欄に対応の予約者表示を充填すると共に、案内文充填欄に対応の案内文を充填することにより、案内広告情報を生成し、これを対応の電子看板装置16に送信する。 (もっと読む)


【課題】 より簡易に、光ビーコンに生じる異常の有無を検出することができる光ビーコン用異常検出装置を提供する。
【解決手段】 本発明の中央装置3の異常検出部40は、光ビーコン4のビーコンヘッド7が所定期間内に通信を行った車載機2の通信台数、及び、前記所定期間内に光ビーコン4のビーコンヘッド7の通信領域Aを通過した車両Cの通過台数を取得し、前記所定期間内におけるアップリンク率を求める演算部42と、前記アップリンク率に基づいて、光ビーコン4のビーコンヘッド7の異常の有無を判定する判定部43と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】通信負荷や通信料が増大することなく、周辺車両や路側機が撮像した画像を収集できるようにしたドライブレコーダを提供する。
【解決手段】CPU14が、Gセンサ2や速度センサ3からの検出結果に基づいて事故を検出すると、無線器5を用いてトリガ情報を周辺車両へ送信する。周辺車両に搭載されたドライブレコーダ1内のCPU14は、トリガ情報を受信すると、IDを事故車両へ送信すると共にカメラで撮像した画像を他車両事故データとして記録する。事故車両に搭載されたドライブレコーダ1内のCPUは、周辺車両からIDを受信すると、そのIDとカメラ4で撮像した画像を自車両事故データとして記録する。CPU14は、自車両事故データと他車両事故データとを識別可能に記録する。 (もっと読む)


【課題】天空反射に起因する赤外線画像信号の画質の急激な変動を抑制することが可能な赤外線撮像装置および画像調整方法を提供する。
【解決手段】移動体を検出する装置に用いられる赤外線撮像装置は、移動体を撮像してその移動体の画像を示す赤外線画像信号を出力する撮像部と、赤外線画像信号に示される画素の各々の画素値のうち、移動体で生じた天空反射に起因する所定の画素値を所定の画素値以外の画素値に変更する処理部と、を含む。 (もっと読む)


【課題】ディスプレイの視認性や装置の操作性が良く、かつ小型で監視箇所の変更が可能な車線監視装置を提供することである。
【解決手段】実施形態に係る車線監視装置は、有料道路の料金所において料金収受車線の監視および路側機器の監視や制御を行う車線監視装置であって、前記料金収受車線の画像を取得する撮像手段と、前記路側機器の状態を監視する状態監視手段と、前記撮像手段により取得された車線画像および前記状態監視手段による監視結果を1つの画面に表示する表示手段とを具備している。 (もっと読む)


51 - 60 / 558