説明

トヨタ紡織株式会社により出願された特許

111 - 120 / 2,945


【課題】コア板を磁石保持孔のコア板外周側や内周側の端縁部が分離された状態で打ち抜き形成する場合でも、そのコア板を積層方向に隣接するコア板上に正確に位置決めして積層することができる回転電機用コアの製造方法及びコア板の打ち抜き装置を提供する。
【解決手段】ダイ22及びパンチ23により、帯板状のワークWから磁石保持孔15を有するコア板12,13を打ち抜き、そのコア板12,13を積層して回転電機用コアを製造する。コア板12,13の打ち抜き時にその打ち抜きに先行して、パンチ23に設けられた押さえ部26により、磁石保持孔15のコア板外周側の内側縁部を押さえる。コア板12,13の打ち抜きと同時に、パンチ23に設けられた突部27により、磁石保持孔15の外側部分を積層方向に隣接するコア板13,12の外側部分に対してダボ18で結合する。 (もっと読む)


【課題】車両用内装材に対して容易に取り付けることが可能な光源ユニットの取付構造を提供する。
【解決手段】車両用ドアトリム10に対する光源ユニット60の取付構造であって、LED61と、LED61からの光が入射される端面63Aと、端面63Aから入射された光を出射させる外周面63Dと、を有する導光体63と、
LED61が収容されるLED収容部材71と、端面63Aが設けられた導光体63の端部を保持する導光体保持部材81と、車両用ドアトリム10に設けられ、LED収容部材71及び導光体保持部材81が個別に取り付けられる一対の被取付リブ90と、を備え、LED収容部材71と導光体保持部材81とは互いに接続可能な構成とされ、LED収容部材71と導光体保持部材81とが接続されることで、LED61と端面63Aとが対向配置される構成であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】吸音性、耐チッピング性及び耐水性、の各特性を高度に並立できる車両用アンダーカバー及びその製造方法を提供する。
【解決手段】車両用アンダーカバーの製造方法において、ガラス繊維と第1樹脂(PP)とが含まれた不織布素材が2層以上積層されてなり、各不織布素材のガラス繊維の配向方向が互いに交差するように積層された基材層用不織布11、及び、第2繊維(PET)と、第2樹脂より融点が低い第3樹脂繊維(PP)と、が含まれた表面層用不織布12、を積層して積層体20を形成する積層体形成工程PR1と、第1樹脂及び第3樹脂の融点より高く、且つ、第2樹脂の融点より低い温度で熱盤プレスする工程PR2と、積層体21をシート状に冷間プレスする工程PR3と、積層体22を加熱する工程PR4と、積層体23を製品形状に冷間プレスする工程PR5と、を備える。 (もっと読む)


【課題】エアフロメータによるエア流量の検出精度を高めることができるエアフロメータの取付構造を提供する。
【解決手段】エンジンの吸気側に接続されるダクト15をエアクリーナの出口筒13に外嵌した状態で、ダクト15を出口筒13に締め付けるためのクランプ金具16にエアフロメータ19を支持し、そのエアフロメータ19の検出部22をダクト15及び出口筒13の透孔24,23を通して出口筒13内に突出させる。 (もっと読む)


【課題】意匠性を向上させることが可能な車両用照明装置を提供する。
【解決手段】車両用ドアトリム10に設けられる車両用照明装置40であって、LED61と、加飾パネル41と、LED61からの光が入射される端面63Aと、端面63Aから入射された光を出射させる外周面63Dと、を有する導光体63と、加飾パネル41に設けられ、外周面63Dからの光をハンドル収容部30に投光可能とする第1投光部54B1と、加飾パネル41において、第1投光部54B1よりもLED61から遠い側に設けられ、外周面63Dからの光を被照射面22に投光可能とする第2投光部54B2と、を備え、第2投光部54B2及び被照射面22は、それぞれ外周面63Dの長手方向に沿って延び、導光体63と被照射面22とは、LED61から遠くなるにつれて接近する形で設けられていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】車両用シートのヘッドレストをシートバックフレームに対して安定的に支持させる。
【解決手段】シートバックフレーム2は中空部材であって扁平な長方形の断面形状を有する。シートバックフレーム2の上部を構成する上枠部21は、下側が上側よりも着座者に対して離間する傾斜状態とされている。上枠部21の厚み方向の上下に位置する上面部21Uと下面部21Lのそれぞれには、貫通孔22U,22Lが打ち抜かれて形成されており、サポートブラケット3はこの貫通孔22U,22Lに挿し通された状態で貫通孔22U,22Lの内周縁に溶接されることにより上枠部21に固定されている。またサポートブラケット3は上枠部21の上面部21U及び下面部21Lに対して傾斜状態で固定されており、これによりサポートブラケット3は上枠部21の厚みtよりも長い支持長sに亘って、より安定的に上枠部21に支持される。 (もっと読む)


【課題】車両内装品の縫製用として可縫性および耐久性に優れる車両内装縫製用杢糸およびこれを用いた車両内装品を提供する。
【解決手段】フィラメントの杢糸10を構成する単糸12a,12b,12cの各々が予め各々の色に染色されており、これら複数本の単糸12a,12b,12cが撚り合わされた状態で加熱されたことによりその撚り形状に固定されている。この際、その加熱温度としては、90〜120℃の範囲内であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】成形後の冷却時に、合成樹脂部に応力が集中して割れや欠けが生じるおそれを防止することができる射出成形品を提供する。
【解決手段】金属製の外枠12に合成樹脂部13を射出成形する。外枠12と合成樹脂部13との間には、合成樹脂部13の温度低下にともなう収縮等に際して応力を分散するための凹凸形状の応力分散部17を設ける。応力分散部17は、外枠12に形成された孔17aと、その孔17a内に位置する合成樹脂部13の凸部17bとより構成する。 (もっと読む)


【課題】後席車両窓からの車両外の景観を見え易いようにしながら、車両の室内のスペースを拡げるようにシートの配置を横置きから縦置きに変更するにあたってスムーズに配置変更可能とする。
【解決手段】クッションフレームの車両幅方向外側部分を回動の支点とするように配設される回動軸71は、自動車10の室内フロアF側からとなるベース61にて支持されている。この回動軸71は、シート通常位置(T1)からスペースアップ位置に配置変更する際に、車両幅方向内側に向けてスライド移動可能になっている。この車両幅方向内側に向けた回動軸71のスライド移動により、自動車10の室内11を区画する自動車10の種々のボデー構造の干渉を受けることなく、右側後席シート20をシート通常位置(T1)からスペースアップ位置に配置変更することができる。 (もっと読む)


【課題】乗物が後方から衝撃を受けた際に使用者に加わり得る首への負荷を軽減し得るシートを提供する。
【解決手段】乗物用シート1は、シートクッション2と、シートクッション2の後部に起立するシートバック3と、シートクッション2の後部から延出しかつ乗物床面10へ接続される後脚5を有する。後脚5は、シートクッション2に設けられる第一部材5aと、乗物床面10側の部材に設けられる第二部材5bと、第一部材5aを第二部材5bに対して上後方へ移動可能に連結しかつ第一部材が上後方向へ移動する時に抵抗を付与する連結機構5cを有する。 (もっと読む)


111 - 120 / 2,945