説明

日立エンジニアリング株式会社により出願された特許

81 - 90 / 134


【課題】
本発明の目的はバッテリを産業廃棄物として処理することなく交換費用も必要とせずに揮発性メモリのバックアップ電源を確保することができるプラントコントロ−ラの電源装置を提供することにある。
【解決手段】
プラントコントロ−ラ1の揮発性メモリ2は交流電源6の交流電圧を直流電圧に変換して給電される。交流電源6の停電時にはプラントに備えられている所内直流電源8から揮発性メモリ2に給電する。所内直流電源8は非常用交流電源電圧を直流電圧に変換して浮動充電されるバッテリを備える。 (もっと読む)


【課題】
本発明の目的は監視対象範囲への侵入者監視を行うセキュリティシステムを低コストで構成できる侵入者監視方法および装置を提供することにある。
【解決手段】
1台の監視カメラ1の両側に監視カメラ1を中心として対称位置となるように一対の照明手段2R、2Lを配置する。視差演算部8は一方の照明手段2Rの光照射時に撮像した第1侵入者画像と他方の照明手段2Lの光照射時に撮像した第2侵入者画像との照明視差を求める。距離演算部9は照度視差に基づいて監視カメラ1から侵入者までの距離を算出する。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】
片方が位置移動する機器または装置間のケーブルを、計測に障害を与えるノイズを発生するスリップリング無しで、ケーブルがたるんだり,からまったりすることなく、かつケーブルに損傷を与えないように、送り,引き戻しを可能とする。
【解決手段】
本発明は、ケーブル送り引き戻し装置であって、ケーブル保持プレートを用いることにより機器または装置間のケーブルをケーブルに損傷を与えることなくケーブルを伸縮させる。
ケーブル送り引き戻し装置は、ケーブル送り引き戻しの動力にモータ,ケーブルが固定されたケーブル保持プレートを送り引き戻すため、ケーブル送り引き戻しローラと、ケーブル送り引き戻し歯車がある。ケーブル保持プレートの送り引き戻しの動力をモータとし、モータの回転速度は回転位置検出器で検知され、送り引き戻し速度はモータA・B制御装置で制御される機構とした。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

【課題】起伏物が存在しても視点から注視点を常に見ることができるように、より適切な視点位置を設定可能な三次元地図システムを提供する。
【解決手段】基準となる視点位置Bから注視点位置Aへの視線を遮る山や丘などの起伏物7が存在するかどうかを起伏物判定手段4aによって判定し、そのような起伏物7が存在する場合、視点位置変更手段4bによって視点位置Bよりもさらに上方に位置すると共に、注視点位置Aとを結ぶ視線が起伏物7によって遮られない視点位置B´を求め、この新たな視点位置B´に基づく表示を行う。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_applicant_list.php on line 189

81 - 90 / 134