説明

Fターム[4C002EE07]の内容

芳香剤容器 (3,407) | 発散部 (274) | 材料 (144) | 多孔質 (70)

Fターム[4C002EE07]に分類される特許

1 - 20 / 70


【課題】効果的に薬液を外部に揮散させることができる薬液揮散容器を提供する。
【解決手段】薬液揮散容器は、開口を有し、薬液が収容される外容器と、前記開口を覆うガス透過性シート113と、前記ガス透過性シートに沿って、前記外容器の内部側に配置され、前記薬液を面方向に拡散する拡散部材112とを備えている。 (もっと読む)


【課題】単位時間当たりの揮発性化合物の放出量を増加させる。
【解決手段】上方を開口した容器2と、容器2の開口部を閉塞する透湿非透水性シート3と、容器2の内部に複数個の小穴を有する中棚4とを備え、中棚4上に潮解性化合物5を収納し、中棚4上又は容器下部の少なくともいずれか一方に揮発性化合物が含浸されたポリ乳酸又はポリ乳酸共重合体(ポリ乳酸樹脂6)を収納する。 (もっと読む)


【課題】従来の芳香器では不可能であった、音波とアロマ成分配合の変化方法を提案する。
【解決手段】スピーカー4を用いて発生させた音波により、水蒸気を満たした円筒管状容器3内に定常波を発生させると、円筒管状容器3中央の定常波の腹の部分では圧力が大きく、両端では圧力が小さくなるために、貫通穴5から噴霧される水蒸気の噴霧高さは定常波の形状に依存し、山形を描く。各貫通穴5に、それぞれ異なるアロマ成分をアロマ成分貯蔵部6に配置することで、各貫通穴5の噴霧圧力が異なるために各アロマ成分の拡散量が変わるため、アロマ成分の配合割合が音波によって変化することが実現される。 (もっと読む)


【課題】ユーザーが揮散構造体の交換時に手を汚すことなく、取り扱いが容易な液体揮散具を提供すること。
【解決手段】液体を貯留するための容器本体4と、容器本体4に装着される蓋付きキャップ3と、蓋付きキャップ3の蓋31を開けた状態で、容器本体4に貯留された液体を吸い上げ、揮散させる揮散構造体2とを備え、揮散構造体2を、揮散体20と、揮散体20を収容して容器本体4に貯留された液体に浸漬させる揮散体収容体21とで構成し、揮散構造体2の揮散体収容体21を、蓋付きキャップ3の開口縁32に係止して装着する。 (もっと読む)


【課題】香料透過性フィルムで液体香料組成物を封止してなり、当該香料透過性フィルムを介して当該液体香料組成物中の香料を揮散する芳香具であって、使用によって香料が揮散しても、外観形状を安定に保持でき、しかも残存する香料の量を目視にて容易に確認できる芳香具を提供する。
【解決手段】香料透過性フィルムを介して液体香料組成物中の香料を揮散させる芳香具において、当該液体香料組成物として、(A)香料、及び(B)25℃における蒸気圧が0.8〜20kPaであり、前記香料透過性フィルムに対する透過速度が25℃において1mg/day・cm2以下である液体成分を組み合わせて配合したものを採用する。 (もっと読む)


【課題】軟質包材を用いて、薬効の高い持続性を実現すると共に、転倒時等に薬剤の漏出を防止乃至低減することができる、正立型取り替え式の薬剤収納容器を提供する。
【解決手段】薬剤を上部の揮散体30から揮散させる正立型の薬剤揮散装置のための薬剤収納容器であって、軟質包材で形成され、薬剤揮散装置の容器支持部20に支持される容器本体11と、該容器本体に収容された吸液用の芯材12と、芯材の上端部をシールすると共に使用時に該シールの解除が可能な封止構造14とを備え、該封止構造は、芯材上端部が露出して揮散体への接触が可能となるように、芯材上端部がシール解除されることを特徴とする薬剤収納容器。 (もっと読む)


【課題】薬剤成分などの透過成分の透過を所定時間経過後に開始させることが可能なバリア材、およびそれを用いた包装容器を提供すること。
【解決手段】所定時間経過後に透過成分が透過し始める遅放性バリア材であって、重量平均分子量が70000以上のポリグリコール酸系樹脂を含有することを特徴とする遅放性バリア材、およびこの遅放性バリア材を少なくとも一部に備えることを特徴とする遅放性包装容器。 (もっと読む)


【課題】含浸棒と含浸部材とを遮る蓋体を設け、蓋体の除去作業の途中で含浸部材の抜け落ちを防止する支持片を有し、かつ簡易に製造できる芳香性物質放出容器を提案する。
【解決手段】容器体2の胴部4から起立する口頸部に、胴部内から口頸部上方へ突出する含浸棒20を挿設させるとともに、含浸棒の上部を覆う蓋体22を口頸部に嵌合させ、上記胴部4側へ嵌合させた揮発窓30付きのオーバーキャップ24の頂壁の周辺部から複数の取付板40を垂下するとともに、これら取付板間の空所内に嵌挿した含浸部材46を、上記蓋体22の上に載置させ、さらに取付板の下部に、容器体からオーバーキャップ24を外したときに含浸部材46の抜け落ちを防止する支持片42を付設した揮発性物質放出容器である。この支持片42は、含浸部材46の側面48を圧接することで含浸部材を支持するように設けている。 (もっと読む)


【課題】二酸化塩素ガスを安定的かつ持続的に発生し、二酸化塩素ガスの有する消臭効果を長期間持続させ、かつ保存性に優れた二酸化塩素ガス発生消臭剤を提供すること。
【解決手段】本発明の二酸化塩素ガス発生消臭剤は、固体の亜塩素酸塩および固体のリンゴ酸を含有する。好ましくは、亜塩素酸塩1mmolに対して前記リンゴ酸を0.01〜5mmolの割合で含有する。好ましくは、さらに硫酸マグネシウムを含有する。本発明のバッグ剤は、二酸化塩素ガス発生消臭剤を含み、亜塩素酸塩とリンゴ酸とがバッグ剤内のそれぞれ異なる室に収容されている。 (もっと読む)


【課題】 揮散効率を低下させることなく、液体芳香剤の含浸効率を向上させることのできる多孔質性芳香液担持体を提供する。
【解決手段】 有底筒状の外装体を有する芳香具に液体芳香剤とともに封入される筒状体の多孔質性芳香液担持体7は、上面7aが凸レンズ状に形成される。底面側は、周囲に面取り部7dが形成されるとともに、十字状の溝7eが形成される。多孔質性芳香液担持体7の表面細孔の目の大きさは、側面7cに対して、上面7a、底面7b、面取り部7d及び溝7eの方が大きく形成されている。 (もっと読む)


【課題】多孔質セラミックスの表面に装飾性を持たせる。
【解決手段】小径の球状の造孔材(核材)を中心部に偏析させて造粒したセラミックス造粒粉を加圧成形して焼結した多孔質セラミックスの表面を、前記セラミックス造粒粉の焼結された厚さより薄く研磨した多孔質セラミックスとする。 (もっと読む)


【課題】容器の内部に収容した処方液を揮散させる薬剤揮散器において、任意形状の絵柄を局所的に表出させることが可能な揮散部を有する薬剤揮散器を提供する。
【解決手段】絵柄表示領域100の植毛領域140の先端部には、処方液の色素が蓄積される。その結果、絵柄表示領域100の植毛領域の先端部における色素の色が徐々に濃くなる。これにより、明瞭に花柄模様を揮散部に浮かび上がらせることができる。 (もっと読む)


【課題】容器の内部に収容した処方液を揮散させる薬剤揮散器において、任意形状の絵柄を局所的に表出させることが可能な揮散部を有する薬剤揮散器を提供する。
【解決手段】保持枠を引き上げて揮散部6bが外気に露出する状態にした使用開示時から、処方液は絵柄表示領域100によって撥水される。その結果、揮散部6bに吸上げられた処方液の色素の色と絵柄表示領域100の色とのコントラストが明確となり、花柄模様を揮散部6bに明確に浮かび上がらせることができる。 (もっと読む)


【課題】容器の内部に収容した処方液を揮散させる薬剤揮散器において、任意形状の絵柄を局所的に表出させることが可能な揮散部を有する薬剤揮散器を提供する。
【解決手段】保持枠を引き上げて揮散部6bが外気に露出する状態にした使用開示時から、処方液は絵柄表示領域100によって吸収水される。その結果、揮散部6bに吸上げられた処方液の色素の色と絵柄表示領域100の色とのコントラストが明確となり、花柄模様を揮散部6bに明確に浮かび上がらせることができる。 (もっと読む)


【課題】使用前の容器本体の密閉状態から使用可能状態への操作が従来品と比較して極めて簡単に行え、また、開封後に容器本体内外を連通する外気導入路を確実,容易に形成することができ、開封後の使い勝手も極めてよい揮散用容器を提案する。
【解決手段】上端を開口したケース本体A内に収納し、内部に吸液芯Dを垂下固定した容器本体Bと、容器本体Bに嵌着し、頂部に押圧破断可能な易切断部41a を備えたキャップEと、ケース本体Aに対して所定角度の水平回動位置で深さの相違する嵌合が可能に構成したケース蓋体Fと、該蓋体の固定部54に刺通固定された揮散板Gとを備え、ケース蓋体Fを浅い嵌合位置から所定角度水平回動状態で深い嵌合位置に嵌合させた際に吸液芯Dと揮散板Gとを連通させ、易切断部41a の切断貫通部位を通り容器本体B内外を連通する外気導入路を開通する如く構成した。 (もっと読む)


【課題】芳香剤又は消臭剤の置き場所を選ばずに容易に変更できるとともに、繰り返し貼着しても貼着面に接着剤が残って汚したり、剥がす際に紙などの弱い貼着面が破れて破損したりすることがない芳香剤又は消臭剤を収納する通気性を有する収納袋を提供する。
【解決手段】二重のシートの三辺がシールされ、残り一辺に芳香剤又は消臭剤を挿入するための開口7が設けられた、芳香剤又は消臭剤を収納する通気性を有する袋であって、二重のシートのうち、一方のシートは通気性を有する通気性シート5であり、他方のシートは裏面に貼着面に対向する側の面に貼着面に繰り返し貼着可能な貼着剥離層3が設けられており、貼着剥離層3は、袋2の貼着面に対向する側の面に強粘着糊層が貼着され、この強粘着糊層に接着性を向上させる粗面を有する仕切シート9を介して球状粘着材を使用した再剥離糊層10が貼着され、この再剥離糊層10に剥離シート11が積層されている。 (もっと読む)


【課題】使用前の容器本体の密閉状態から使用可能状態への操作が従来品と比較して極めて簡単に行え、また、開封後に容器本体内外を連通する外気導入路を確実,容易に形成することができ、開封後の使い勝手も極めてよろしい揮散用容器を提案する。
【解決手段】内部に吸液芯Cを垂下固定した容器本体Aの上端開口を気密,液密に閉塞し、頂部に押圧破断可能な易切断部41a を備えたキャップDと、容器本体A上に螺動下降可能に装着するとともに、揮散板Fを上面に嵌着固定した基板50の下面に針状の連結部55を垂設し、連結部55から揮散板Fに連通する通液路を備えた支持体Eと、支持体Eの螺動下降を防止するスペーサーGとを備え、スペーサーG除去後に支持体Eを螺動下降させ、易切断部41a を切断貫通した連結部55を吸液芯Cの上端部に突き刺し、前記通液路を介して吸液芯Cと揮散板Fとを連通させた。 (もっと読む)


揮発性材料を連続的な方式で大気に送達するため方法が開示される。本方法は、揮発性材料混合物を含むリザーバを有する送達エンジンを提供する工程を含む。揮発性材料混合物は、25℃でそれぞれが、約13.3Pa(0.1torr)未満の蒸気圧を有する揮発性材料の総重量の約40%〜100%を構成する。送達システムはまた、リザーバを包囲する微多孔膜を含み、微多孔膜は、約0.01〜約0.03マイクロメートルの平均孔径を含む。
(もっと読む)


揮発性組成物ディスペンサは、少なくとも1つの揮発性組成物を内部に含む、揮発性組成物容器を含む。破裂要素は、揮発性組成物容器に近接して位置決めされる。揮発性組成物容器は、カム面を含むカムを含む。カム面は、破裂要素の少なくとも一部分を、揮発性組成物容器の方向に移動させて、揮発性組成物容器を破裂させ、揮発性組成物の少なくとも一部分を揮発性組成物容器から放出するように構成され、これによって揮発性組成物の一部分は蒸発し、揮発性組成物ディスペンサを出る。
(もっと読む)


【課題】液体収容容器に収容された液体を必要なときにのみ外部に導出させることができる新しい液体収容システム、液体収容容器、および液体導出制御方法を提供する
【解決手段】内部に収容した揮発性液体を毛細管現象によって外部に導出させる複数のナノサイズの貫通孔が設けられ、光照射時に親水性を示す光触媒膜15が前記貫通孔表面に形成された液体収容容器1と、前記光触媒膜に向けて光を照射する照射手段2と、前記揮発性液体を外部に導出させる量に応じて前記照射手段2を制御する制御手段3と、を含む、液体収容システム。 (もっと読む)


1 - 20 / 70