説明

Fターム[4C083AC39]の内容

化粧料 (399,993) | 元素で特徴づけられる有機系成分 (137,445) | 酸素含有化合物 (87,682) | エステル (27,006) | 多価アルコールの1価カルボン酸エステル (2,269)

Fターム[4C083AC39]に分類される特許

2,201 - 2,220 / 2,269


【課題】粘膜を含む皮膚、特に口唇及び外皮、特に爪、睫、眉、及び毛髪に施与されることを意図された組成物
【解決手段】要約書無機質の核と、該無機質の核を少なくとも部分的に被覆する少なくとも1の有機着色物質とを含む少なくとも1のコンポジット顔料を、生理学的に許容される媒体中に含む組成物において、無機質の核の平均サイズが5 nm〜100 nmの範囲であり、バルク組成物の色と施与後の色の間の色差ΔEが20以下、好ましくは15以下、又は10以下である組成物。 (もっと読む)


本発明は、粒子と化粧品皮膚製剤の油相の間の界面相互作用をコントロールするために、星型-グラフトコポリマーコーティング上にループ状及び/または線状ポリマー構造を含むシロキサン星型-グラフトコポリマーコーティングを粒子表面上に有する表面処理した酸化亜鉛及びチタニア粒子、特に酸化亜鉛及びチタニアナノ粒子の形成に関する。 (もっと読む)


酸化ジベンゾ−アルファ−ピロン色素タンパク質(DCP)の組成物、並びにシラジット、すなわちアンモナイト、サンゴ及び他の無脊椎動物の化石からの前記DCPの単離。より詳細には、酸化ジベンゾ−アルファ−ピロンまたはその配合体、ホスホクレアチン、タンパク質、グリセロールの脂肪酸アシルエステル、並びに他の小さなリガンド、例えばカロテノイド、ステロール及び芳香族酸をコアな構造フラグメントとして含むDCP組成物と、それらの生物学的機能とについての説明に対して。医薬、栄養、スキンケア及びパーソナルケアの処方もまた説明される。これらの発見は、DCPをシラジットの主要な生理活性物質として確立する。 (もっと読む)


本発明は、0.3 重量%未満の C17 脂肪酸を含み、少なくとも 30 ℃の融点を有する、ペンタエリスリトール、ジペンタエリスリトール及び/又はトリペンタエリスリトールの C6〜C22 脂肪酸エステル、化粧品へのその使用、並びにその製造方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、(a)アクリル酸および/またはアクリルアミドおよびその誘導体のホモポリマーまたはコポリマーの群から選択される少なくとも1種のポリマーゲル形成剤0.05〜5重量%と、(b)低くとも30℃の融点を有する少なくとも1種のワックス成分0.1〜10重量%と、(c)25℃で液状である少なくとも1種の油成分1〜30重量%と、(d)水60〜95重量%とを含み、但し、アニオン性またはカチオン性の乳化剤/界面活性剤を含有しない、O/Wゲル組成物に関する。また本発明は、前記組成物の使用およびその製造方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、(a)アクリル酸および/またはアクリルアミドのホモポリマーまたはコポリマー、およびその誘導体の群から選択される少なくとも1種のポリマーゲル形成剤0.05〜5wt%と、(b)低くとも30℃の融点を有する、ペンタエリスリトールエステル、ジペンタエリスリトールエステルおよび/またはトリペンタエリスリトールエステルの群から選択される少なくとも1種のワックス成分0.1〜10wt%と、(c)25℃で液状である少なくとも1種の油成分1〜30wt%と、(d)水60〜95wt%とを含むO/Wゲル組成物に関する。また本発明は、前記組成物の使用およびその製造方法に関する。 (もっと読む)


【課題】色素沈着を防ぐためのベンゾフェノンUVフィルタの使用を提供すること。
【解決手段】記載されているのは、ヒトの皮膚の色素沈着を防ぐための、式(1)
【化1】


(式中、R1及びR2は、互いに独立して水素原子;炭素原子数1ないし20のアルキル基;炭素原子数2ないし20のアルケニル基;炭素原子数3ないし10のシクロアルキル基;炭素原子数3ないし10のシクロアルケニル基を表わし;又はR1及びR2は、それらが結合する窒素原子と一緒になって5−又は6−員環を形成し得;
3及びR4は、互いに独立して、炭素原子数1ないし20のアルキル基;炭素原子数2ないし10のアルケニル基;炭素原子数3ないし10のシクロアルキル基;炭素原子数3ないし10のシクロアルケニル基;炭素原子数1ないし12のアルコキシ基;炭素原子数1ないし20のアルコキシカルボニル基;炭素原子数1ないし12のアルキルアミノ基;炭素原子数1ないし12のジアルキルアミノ基;アリール基、所望により置換されたヘテロアリール基;ニトリル基、カルボキシレート、スルホネート又はアンモニウム基から成る群から選ばれる水中で溶解性を与える置換基を表わし;
Xは、水素原子;COOR5;CONR67を表わし;
5、R6及びR7は、互いに独立して水素原子;炭素原子数1ないし20のアルキル基;
炭素原子数2ないし10アルケニル基;炭素原子数3ないし10のシクロアルキル基;炭素原子数3ないし10のシクロアルケニル基;又は(Y−O)O−Z−アリール基を表わ
し;
Yは、−(CH22−;−(CH23−;−(CH24−;−CH(CH3)−CH2−を表わし;
Zは、−CH2−CH3;−CH2−CH2−CH3;−CH2−CH2−CH2−CH3;−C
H(CH3)−CH3を表わし;
mは、0ないし3の数を表わし;
nは、0ないし4の数を表わし;及び
oは、1ないし20の数を表わす。)で表わされる有機UVフィルタの使用、及び化粧品及び医薬品配合物におけるそれらの使用である。 (もっと読む)


本発明は、一般的には、障壁と共に制御された崩壊特性を有するフィルム、特に、制御された水崩壊性のフィルムに関する。 (もっと読む)


界面張力が30mNm-1未満である少なくとも1種の極性材料と界面張力が30mNm-1より大きい少なくとも1種の非極性材料との混合物を含む媒体中に分散させた、体積メジアン粒径が24〜42nmの範囲の金属酸化物粒子を含む分散体。この分散体は日焼け止め製品に混合することができ、その日焼け止め製品は効果的なUV防護性、透明性、改良された皮膚感触を示す。 (もっと読む)


本発明は、界面活性剤又は界面活性剤の混合物を含有する界面活性剤構成成分を含有する低刺激性ボディウォッシュ組成物であって、前記低刺激性ボディウォッシュ組成物は少なくとも約70%の構造化ドメイン体積比を有し、及び該界面活性剤構成成分は少なくとも約600mLの総起泡体積を与える、低刺激性ボディウォッシュ組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は、界面活性剤又は界面活性剤の混合物を含有する界面活性剤構成成分を含有する低刺激性多相(multi-phased)パーソナルケア組成物であって、前記低刺激性多相(multi-phased)パーソナルケア組成物が少なくとも約45%の構造化ドメイン体積比を有する、低刺激性多相(multi−phased)パーソナルケア組成物に関する。 (もっと読む)


a)蜜ロウを、組成物全体の0.01%から10重量%と;
b)糖ラクトンを、組成物全体の0.01%から10重量%と;を含有する、水性ヘアトリートメント組成物。 (もっと読む)


本発明は低刺激性ボディウォッシュ組成物であって、約1.5〜13.0のHLBを有する非イオン性界面活性剤、陰イオン性界面活性剤を含有する界面活性剤構成成分、電解質を含有し、及び前記界面活性剤構成成分は構造化ドメインを有する、低刺激性ボディウォッシュ組成物に関する。 (もっと読む)


本発明は、一般的に身体および皮膚の外観の改善、例えばローション、クリーム、液体および/または経皮パッチのような送達ビヒクル用いて一酸化窒素供与体の局所送達を介して、例えば皮膚および身体のたるんだ外観、しわの寄った外観またはセリュライトに罹患した領域を向上させることに関連する。いくつかの実施形態において、身体の選択された領域の外観を改善するのに十分な濃度の一酸化窒素供与体、例えばL−アルギニン(重要な生物学的前駆体)またはその誘導体を含む送達ビヒクルが適用され得る。ある場合において、一酸化窒素供与体の組織への移動を促進する1つ以上の薬剤がまた含まれ得、その薬剤は皮膚への移動に対する抵抗を克服し得る。適した薬剤の非限定的な例は、例えば、塩化コリン、塩化マグネシウムおよび/または塩化ナトリウムという、不利な生物物理環境を引き起こすことができる薬剤を含む。
(もっと読む)


皮膚に局所塗布するために適したスキンケア組成物を開示する。当該組成物はサリチル酸またはその塩、および加水分解乳タンパク質を含む。当該組成物はニキビの処置に有効である。 (もっと読む)


N−長鎖アシル酸性アミノ酸及び/又はその塩、両親媒性物質、無機塩、及び水を必須成分として含有し、粘度が200mPa・s以上であって、程よい増粘性能と優れた使用感を併せ持つ増粘組成物を提供する。また、この増粘組成物を配合することによって、N−長鎖アシル酸性アミノ酸及び/又はその塩を含有しながら、程よい増粘性能と優れた使用感を併せ持つ洗浄料、化粧料を提供する。 (もっと読む)


本願の対象は、酸化性及び/又は非酸化性染料、並びに、
(a)少なくとも1種の、14〜60個の炭素原子を有する脂肪族アルコール、
(b)少なくとも1種のアルカノールアミド、
(c)少なくとも1種の脂肪酸エステル、及び
(d)少なくとも1種のアニオン性界面活性剤
を含有し、この際、脂肪族アルコール(a)のアルカノールアミド(b)に対する重量比率が1:4〜4:1である染色キャリヤー物質である。
更に別の対象は、ケラチン繊維用の染色キャリヤー物質及び染色剤において真珠光沢効果を生じさせるための、前記成分(a)〜(d)から成る配合物の使用である。 (もっと読む)


細胞間脂質作用(保湿作用)を有し、しかも、べたつき感のない、広い範囲の剤型に適用可能な物質及びそれを配合する化粧料を提供することを課題とし、結晶α−マルトテトラオシルα−グルコシドを配合することにより、使用性が良く、化粧仕上がりも良好で、皮膚へ柔軟性、ハリを与え、保湿性も著しく向上し、べたつき感のない、優れた化粧料を提供することにより、上記課題を解決する。 (もっと読む)


本発明は、長期にわたって摂取することができ、安全性に優れた抗アレルギー作用を有するマカ抽出物の効果的な抽出方法、さらには、得られた抽出物を応用した、抗アレルギー作用を有する飲食品、香粧品または医薬品に関する。本発明の抽出方法は、マカの粉砕物に、エタノール含有水溶液を加え、抽出液の温度が20〜75℃であり、エタノール含有水溶液におけるエタノールの濃度が20〜100容量%であることを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、抗しわ化粧用組成物の製造のためのスピラントールの使用に関する。 (もっと読む)


2,201 - 2,220 / 2,269