説明

Fターム[4C083CC34]の内容

化粧料 (399,993) | 製品の種類 (43,651) | 毛髪用、頭皮用 (10,028) | パーマ剤(ウェーブ剤) (381)

Fターム[4C083CC34]に分類される特許

81 - 100 / 381


【課題】透明な状態の経時安定性に優れ、かつ毛髪に良好なやわらかさを付与し得る毛髪用化粧料の提供。
【解決手段】少なくとも、(a)成分:非イオン性界面活性剤、(b)成分:ラノリン脂肪酸残基を含む特定なカチオン性界面活性剤、(c)成分:(b)成分以外のカチオン性界面活性剤、(d)成分:植物油、ロウ、炭化水素、エステル油および脂肪酸よりなる群から選択される少なくとも1種の油性成分、(e)成分:2〜4価のアルコール、および(f)成分:水が配合されており、上記(a)成分、上記(b)成分および上記(c)成分の配合量の合計をX(質量%)とし、上記(d)成分の配合量をY(質量%)としたとき、X:Y=20:1〜5:1である毛髪用化粧料。 (もっと読む)


【課題】 処理後の毛髪に、良好な保水性およびやわらかさを付与し得る毛髪変形剤と、該毛髪変形剤を構成し得る毛髪変形用第1剤とを提供する。
【解決手段】 酸化剤が少なくとも配合された毛髪変形用第2剤と共に毛髪変形処理に使用するための毛髪変形用第1剤であって、(a)システインまたはその誘導体、(b)アミンオキシド、(c)アミンオキシド以外の両性界面活性剤、(d)非イオン性界面活性剤、(e)高級アルコール、および(f)水が配合されたことを特徴とする毛髪変形用第1剤、並びに、該毛髪変形用第1剤と、酸化剤が少なくとも配合された毛髪変形用第2剤とで構成されたことを特徴とする毛髪変形剤により、上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】サクラエキス含有組成物におけるサクラエキスの保存安定性を向上させて、その抗酸化力を維持させ、サクラエキス含有組成物の香りの良さも維持できる手段を提供する。
【解決手段】バラエキスを有効成分とするサクラエキス安定化剤。サクラエキスを含有する組成物に対して前記サクラエキス安定化剤を配合するサクラエキス安定化方法。サクラエキスを含有する皮膚外用剤組成物であって、前記サクラエキス安定化剤を更に配合した皮膚外用剤組成物。 (もっと読む)


本発明は、低刺激高機能性のパーマ用組成物に関する。さらに詳しくは、ストレートヘアにウェーブを与え、或いはウェーブヘアをストレートにするためのパーマ用組成物を製造するにおいて、毛髪と頭皮に刺激を与えることなく、短時間内に弾力性および持続性のあるカールおよびストレートを形成するために、前記パーマ用組成物は、前記ケラチンのシスチン二硫化結合を切断してシステインに還元するL−システインと、毛髪のケラチン繊維を膨潤させ、前記L−システインがケラチン繊維の内部に深く浸透し得るように助けるアルギニンと、前記L−システインの役割を助けるためのL−アセチルシステインと、前記毛髪の再生のためのヒスチジンの塩基性アミノ酸と、前記毛髪を健康に成長させる毛乳頭細胞の増殖のためのペプチド、および脱毛を防止するためのd−リモネンを主成分とするミカンの陳皮と、頭皮の収斂作用を助ける緑茶と、頭皮に対する抗菌作用および脱臭作用を行うクロレラと、頭皮の角質発生を予防し或いは角質を除去するウチワサボテンと、パーマ用組成物の粘度調節のためのポリクオタニウムまたはヒドロエチルセルロースの粘稠剤とを含む。 (もっと読む)


【課題】ウェーブパーマ処理された頭髪に対してウェーブの緩みを抑制し得る処理方法を提供すること。
【解決手段】ウェーブパーマ処理された頭髪を、下記の成分(a)0.1〜20質量%及び(b)0.01〜5質量%を含有する組成物で処理する、頭髪処理方法。
成分(a):下記一般式(1)で表される芳香族スルホン化合物


〔式中、Rは同一若しくは異なって水素原子若しくは一価の炭化水素基を表すか、又は隣接する2つのRが一緒になって形成される、飽和若しくは不飽和の二価の炭化水素基を表す。Xが酸素原子である場合Yは水素原子を表し、Xが窒素原子である場合YはXに結合するカルボニル基を表す。Z+は1価のカチオンを表す。〕
成分(b):グリシルグリシン、グリシルグリシルグリシン及びこれらの塩から選ばれる少なくとも1種 (もっと読む)


【課題】毛髪繊維に形を付与する(shaping)方法を提供する。
【解決手段】この方法は、以下の段階:
(i) 1種以上のカチオン性ポリマーを含む還元性組成物の毛髪繊維へ適用であって、前記カチオン性ポリマーの質量濃度に対する還元剤の質量濃度の比が0.1〜10であり、前記適用の次に濯ぎ操作が行われる段階、
(ii) 1種以上のアミノ化シリコーンを含むケア用組成物、好ましくはリーブインケア用組成物を適用する段階、
(iii) 加熱手段を用いて、前記毛髪繊維の温度を50〜280℃の温度に高める段階であって、この温度の上昇は、任意選択によって場合により行ってもよい毛髪繊維の濯ぎの前又は後で実施される段階、
を含む。 (もっと読む)


【課題】特定の変性ペプチドを配合した毛髪処理剤を提供する。
【解決手段】下記式(1)で表される単位を有する基を側鎖基として備える変性ペプチドを配合した毛髪処理剤。
−S−S−(CHCOO− (1)
(式(1)中、nは1又は2である。) (もっと読む)


【課題】紫外線曝露により発生するフリーラジカルへの優れた消去能(即ち、理・美容施術上での良好な抗酸化力向上効果)を有し、必要によって優れたストレート保持力、良好なコンディションをも併せ持つ性能を発揮することのできるストレート形成化粧料を提供する。
【解決手段】本発明のストレート形成化粧料は、少なくともセリシンまたは溶液中において加熱処理したセリシンを配合したものであり、必要によって更に(a)平均分子量25000〜35000の加水分解ケラチンと平均分子量400〜30000の蛋白質組成物、(b)シリル化加水分解蛋白質、(c)ケフィラン、(d)モミジ抽出液、(e)ヒアルロン酸またはその塩等を配合することができる。 (もっと読む)


【課題】髪等のケラチン繊維にウエーブを出すためのウエーブ形成用組成物、及びケラチン繊維にこのような組成物を適用することによる、ケラチン繊維にウエーブを出すための方法の提供。
【解決手段】a)亜硫酸水素塩化合物、b)サルフェート化合物又は尿素、及びc)フェノールを含有する、毛髪等のケラチン繊維にウエーブを出すためのウエーブ形成用組成物。さらにはa)亜硫酸水素塩化合物及びサルフェート化合物又は尿素を含有する第1の組成物を収容する第1ユニット、及びb)フェノールを含有する第2の組成物を収容する第2ユニット、を具備する、ケラチン繊維をトリートメントするためのマルチユニット化粧用キット。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、ポリクオタニウム−10に代表される半合成系毛髪化粧料用添加剤とポリクオタニウム−6あるいは7に代表される合成系毛髪化粧料用添加剤のそれぞれの欠点を克服し、仕上がりにしなやかな感触を与える毛髪化粧料用添加剤、およびそれを含有する毛髪化粧料を提供することにある。
【解決手段】 上記課題を解決する方法として、OH基をもつ天然高分子および/または天然高分子誘導体を水に溶解した後、水媒体中でカチオン性水溶性単量体とアニオン性水溶性単量体を必須成分とし、必要に応じ、それらと共重合可能な非イオン性水溶性単量体を含む複数種類の水溶性単量体をグラフト共重合させることにより毛髪化粧料用添加剤を製造し、それを毛髪化粧料組成に加えることにより達成できることを見出した。
(もっと読む)


【課題】毛髪の損傷を修復して、パーマネントウェーブ効果やヘアカラー効果を向上させるための、毛髪強化効果を維持することが出来る毛髪強化剤を提供する。
【解決手段】A液とB液の2液からなる毛髪強化剤であって、A液が緩衝液であり、B液がD,L-ピロリドンカルボン酸、アミノ酸、およびグルタチオンからなる群より選ばれる、少なくとも1種以上の化合物とヒドロキシプロピルセルロースを含有する水溶液であって、B液はA液の毛髪への塗布後に続いて毛髪に塗布され、毛髪上で該2液を反応させて水に不溶性のガム状物質を形成させ、毛髪を強化する特徴を有する毛髪強化剤。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、ポリクオタニウム−10に代表される半合成系毛髪化粧料用添加剤とポリクオタニウム−6あるいは7に代表される合成系毛髪化粧料用添加剤のそれぞれの欠点を克服し、仕上がりにしなやかな感触を与える毛髪化粧料用添加剤、およびそれを含有する毛髪化粧料を提供することにある。
【解決手段】 上記課題を解決する方法として、OH基をもつ天然高分子および/または天然高分子誘導体を水に溶解した後、水媒体中でカチオン性水溶性単量体とベタイン型水溶性単量体を必須成分とし、必要に応じ、それらと共重合可能な非イオン性水溶性単量体を含む複数種類の水溶性単量体をグラフト共重合させることにより毛髪化粧料用添加剤を製造し、それを毛髪化粧料組成に加えることにより達成できることを見出した。
(もっと読む)


【課題】 ダメージ度合いの異なる毛髪であっても、全体にわたって、均一性の高いなめらかさを付与し得る毛髪化粧料を提供する。
【解決手段】 少なくとも、アシルアルギニン、二塩基酸のジエステルおよびカチオン性界面活性剤が配合されていることを特徴とする毛髪化粧料により、上記課題を解決する。本発明の毛髪化粧料には、4価の糖アルコールまたはその2量体と脂肪酸とのエステルが更に配合されていることが好ましい。また、本発明の毛髪化粧料においては、アシルアルギニンと、二塩基酸のジエステルとの配合比率が、質量比で、1:2〜1:30であることが好ましい。 (もっと読む)


ヒト毛髪中の三次構造に影響を及ぼし(ジスルフィドの破壊)、毛髪タンパク質の二次構造での変化をもたらす波長で電磁波放射する物質を含む、毛髪成形用局所用組成物である。放射の強度は、タンパク質構造の変化を引き起こすか又は促進するために制御され、それに十分である。本発明は、そのような局所用組成物の使用方法を含む。試験により、毛髪再成形は永続的であり、化学的処置に特徴的な種の毛髪に対するダメージはないことが示されている。 (もっと読む)


【課題】ケラチン繊維を加熱するためのデバイス、対応する方法及び対応するキットを提供すること。
【解決手段】本発明は、
ケラチン繊維に張力を掛ける段階、次いで
ケラチンのジスルフィド結合を還元するために、該ケラチン繊維に、還元性組成物を適用する段階、次いで場合によりリンス操作を経た後に、
該ケラチン繊維を、700〜1,400nmなる範囲の波長域内にある波長の光を含む赤外輻射光に暴露することにより、該ケラチン繊維を加熱する段階、
前記ジスルフィド結合を再生する目的で、該ケラチン繊維に酸化性組成物を適用することにより酸化して固定する段階を含む、
ケラチン繊維を処理するための方法、
該方法を実施するためのケラチン繊維の加熱装置、及び
ケラチン繊維の加熱装置とケラチン繊維の処理組成物を含むキットに関する。 (もっと読む)


【課題】髪を張力下に置き、形状および軽やかさが改善されたカールをもたらすための方法を提供すること。
【解決手段】本発明は、
a)カールを形成するよう機械的緊張化手段にケラチン繊維を巻き付けることにより、ケラチン繊維を機械的張力下に置くステップと、
b)還元組成物をケラチン繊維に塗布するステップと、
c)場合によっては前記ケラチン繊維を濯ぐステップと、次いで
d)ケラチン繊維上に単数または複数の閉空間を形成するために、機械的緊張化手段上に少なくとも1つのカバー手段を配置するステップと、
e)45±2または3℃から250±2または3℃の間の温度で1分から2時間、ケラチン繊維を加熱するステップと、
f)場合によってはカバー手段を除去した後に酸化により固定化するステップと
を含み、
前記機械的緊張化手段および前記カバー手段の少なくとも1つが加熱手段を含むことを特徴とする、ケラチン繊維、特に髪を永久に再成形するための方法に関する。 (もっと読む)


【課題】ケラチン繊維の酸化的処理中に、ケラチン繊維の劣化を低減させ、同時に、処理された繊維の色合いおよびパワーに関する、明らかな変化を避けるための、化粧品組成物を提供する。
【解決手段】ケラチン繊維のパーマネント再成形を行う薬剤としての、i)式(I)の複素環式化合物、ii)還元剤、および/またはiii)50から250℃の間の温度に加熱された熱の存在下での、および/または、iv)アルカリpHの存在下での使用。
(もっと読む)


1本以上の毛幹を処置する方法が開示され、各毛幹は、キューティクル層、および上記キューティクル層中に囲まれた皮質を含む。上記方法は、孔径約5Å〜約5000Åを有する上記毛幹に浸透し得る1種以上のポリマーを選択する工程;および上記毛幹に、上記ポリマーを含む、有効量の組成物を塗布することによって、上記毛幹を処置する工程を包含する。別の実施形態において、上記処置の目的は、上記毛幹に栄養を与え、そして/または修復することである。別の実施形態において、上記処置の目的は、上記毛髪の引張強度を改善することである。
(もっと読む)


【課題】毛髪の化粧特性の改善を可能にし、長期間安定である、新規な酸化組成物を提供すること。
【解決手段】本発明は、化粧品として許容できる媒体中に、1種または複数のカチオン性ポリマー、1種または複数の脂肪族アミド、1種または複数の抗酸素剤、および1種または複数の酸化剤を含む、ケラチン繊維、特に毛髪などのヒトのケラチン繊維の処理用の組成物に関する。
本発明による組成物は、ケラチン繊維のカラーリング、脱色またはパーマネント変形のために使用できる。それは、使用可能な状態であり、ケラチン繊維を劣化させず、その化粧特性に影響を及ぼさずに、染色、脱色またはパーマネント変形において良好な特性を付与する組成物を提供する。
さらに、本発明による組成物は、特に高温、例えば45℃程度での貯蔵で、良好な安定性を長期間有する。 (もっと読む)


【課題】染色および/または脱色またはパーマネント変形組成物の特性を向上させることを可能にし、長期間安定である新規な酸化組成物を提供すること。
【解決手段】本発明は、化粧品として許容可能な媒体中に、1種または複数の脂肪族アルコール、1種または複数のオキシアルキレン化脂肪族アルコール、1種または複数の酸化剤、および組成物の総重量に対して少なくとも10wt%の、脂肪族アルコール以外の1種または複数の油を含むケラチン繊維、特に毛髪などのヒトのケラチン繊維の処理用の組成物であって、脂肪族アルコール/オキシアルキレン化脂肪族アルコールの重量比が5以下である組成物に関する。
本発明による組成物は、ケラチン繊維の染色および/または脱色またはパーマネント変形のために使用できる。それは、良好な安定性を有し、使用可能な状態であり、ケラチン繊維を劣化させず、その化粧特性に影響を及ぼさずに、染色、脱色またはパーマネント変形において良好な特性を付与する組成物を提供する。
さらに、本発明による組成物は、特に高温、例えば45℃程度での貯蔵で、良好な安定性を長期間有する。 (もっと読む)


81 - 100 / 381