説明

Fターム[4C083CC34]の内容

化粧料 (399,993) | 製品の種類 (43,651) | 毛髪用、頭皮用 (10,028) | パーマ剤(ウェーブ剤) (381)

Fターム[4C083CC34]に分類される特許

101 - 120 / 381


【課題】本発明は、くせ毛や縮れ毛に対してダメ−ジが少なく効果的にその毛髪を矯正し
、且つその効果がパ−マネント的に持続する、2剤式及び3剤式の縮毛矯正剤を用いた縮毛矯正方法に関する。
【解決手段】チオグリコ−ル酸アンモニウム等の還元剤を含有する第1剤と、還元剤の反応および浸透作用等を促進させるべくラウリルスルホ酢酸ナトリウム等のアニオン界面活性剤、ベンジルアルコ−ル等の化合物、およびpKaが2〜4であるリン酸(pKa=2
.12)等の酸を含有し、且つpHは3.0以下である第2剤とからなり、少なくとも次の(A)毛髪に第1剤を塗付し、毛髪が還元軟化した状態になるまで常温もしくは加温して放置する工程、(B)毛髪に付着した第1剤を水洗する工程、(C)毛髪に第2剤を塗付し、一定時間放置する工程、に従って毛髪の処理を行なう縮毛矯正方法である。
を要旨とするものである。 (もっと読む)


【課題】 毛髪の保護、損傷の防止、更には損傷した毛髪の修復が可能な毛髪用処理剤を提供する。
【解決手段】 毛髪用処理剤に、α−ケラチンをメルカプトカルボン酸塩により還元し、更に酸化して得られたカルボキシル基導入可溶性ケラチンを含有させる。 (もっと読む)


【課題】 パーマネント及びヘアカラー処理後に毛髪に残留する処理薬剤の除去、毛髪内部のダメージ補修、キューティクルの補修及びリフトアップ抑制、消臭、及び毛髪硬軟の調節を同時に行うことによって、パーマネントウェーブの持続性、ヘアカラー後のカラーの持続性及びヘアスタイルのセット性や保持性に優れたパーマネント及びヘアカラー用後処理剤を提供する。
【解決手段】 毛髪内部及び表面に付着したパーマネント処理薬剤及びヘアカラー処理薬剤を除去する効果がある成分と、毛髪内部の補修に効果がある成分と、毛髪キューティクルの補修及びリフトアップ抑制に効果がある成分と、毛髪内部に浸透したパーマネント処理薬剤及びヘアカラー処理薬剤並びに頭皮や頭髪由来の臭いを消臭する効果がある成分と、毛髪硬軟の調節に効果がある成分とを含有してなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】頭髪の縮毛矯正や、パーマネントウェーブの形成中に、還元剤の塗布後に頭髪の傷んだ箇所が溶解状に軟化した場合に、これら縮毛矯正などの過程においてこれを効果的に修復できるようにする。
【解決手段】チオグリコール酸やシステインなどを主成分とする還元剤の塗布後に臭素酸ナトリウムや過酸化水素水などを主成分とする酸化剤を塗布して頭髪の縮毛矯正や頭髪にパーマネントウェーブを形成させる頭髪改善において、前記還元剤を塗布した頭髪に溶解状の軟化が生じたときに、前記酸化剤を塗布するに先だって、システアミンを0.1重量%以上6重量%以下の範囲で含み、かつ、水素イオン濃度をPH3.0以上PH7.0以下の範囲とする修復剤を、少なくとも頭髪において前記軟化が生じた箇所に塗布する。 (もっと読む)


アミノ官能末端ブロックシリコーンポリエーテルコポリマーを含有するパーソナルケア組成物を開示する。アミノ官能末端ブロックシリコーンポリエーテルコポリマーは、もつれた髪のほぐしやすさ、コーミング、しなやかさ、滑らかさ、滑りやすさおよびスタイリング上の利点を含むコンディショニングをもたらすヘアケア製剤に特に有用である。 (もっと読む)


【課題】 この発明は、電解水生成装置から生成されるアルカリ電解水および酸性電解水からなる毛髪処理用電解水に関する。
【解決手段】毛髪処理用電解水は、電解水生成装置で生成したpH9〜11.5でORP−400mV以下に設定されたアルカリ性電解水と、pH3〜5.5に設定された酸性電解水とからなり、前記アルカリ性電解水をパーマネント、ヘアカラー、ヘアケアなどの毛髪施術に際しての毛髪の塩結合を切断する前処理剤とし、前記酸性電解水を前記毛髪を等電点に戻し塩結合の再結合を促す後処理剤としてなることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 処理後の毛髪に良好なつやと、まとまりのよさを付与できる毛髪変形剤、該毛髪変形剤を構成し得る毛髪変形用第2剤、および処理後の毛髪に良好なつやと、まとまりのよさを付与できる毛髪変形処理方法を提供する。
【解決手段】 本発明の毛髪変形用第2剤は、ペンタエリスリトールと脂肪酸とのテトラエステル、および酸化剤が少なくとも配合されたことを特徴とするものであり、本発明の毛髪変形剤は、還元剤が少なくとも配合された毛髪変形用第1剤と、本発明の毛髪変形用第2剤とで構成されることを特徴とするものである。なお、前記毛髪変形用第1剤は、常温で固体のロウまたは炭化水素、およびアミノ酸が更に配合されていることが好ましい。また、本発明の毛髪変形処理方法は、前記の毛髪変形用第1剤と毛髪変形用第2剤とを使用する処理方法である。 (もっと読む)


【課題】損傷した毛髪に対して、優れた改善効果を示す毛髪化粧料を提供する。また、該毛髪化粧料で毛髪を処理することにより、毛髪の損傷を改善する方法を提供する。
【解決手段】シトルリン、又は、シトルリンと浸透促進剤を含有する毛髪化粧料を用いることで上記課題を解決できる。すなわち、本発明のシトルリン、又は、シトルリンと浸透促進剤を含有する毛髪化粧料で毛髪を処理することにより、毛髪の損傷を改善することができる。 (もっと読む)


【課題】経時安定性、水溶液のpH安定性に優れ、水を媒体とする化粧料、皮膚外用剤にも配合でき、かつ、損傷毛髪に対して優れた毛髪改善効果を示し、保湿効果が高い尿素誘導体、および該尿素誘導体を含有する化粧料および皮膚外用剤を提供する。
【解決手段】下記一般式(1)で表される尿素誘導体を用いる。


(R1、R2、R3およびR4の少なくとも1つは下記一般式(2)で表される置換基を表し、残りは水素原子を表す。)−(CH2)n−O−R5;(2):(nは2または3の整数を表し、R5は炭素数1〜4のアルキル基または炭素数2〜4のヒドロキシアルキル基を表す。) (もっと読む)


【課題】アルカリ剤を含有する毛髪処理剤において、毛髪施術時の一過性の皮膚刺激感を抑制し、しかもアルカリ剤の刺激臭をも低減することのできる毛髪処理剤を提供すること。
【解決手段】パーマネントウェーブ剤、縮毛矯正剤、毛髪脱色剤、酸化染毛剤などのアルカリ剤を含有する毛髪処理剤であって、カルボンと、メントール又はカンファを含有することを特徴とする毛髪処理剤とする。 (もっと読む)


本発明はビニルコポリマを含む水性パーソナルケア、家庭用ケア、および/または衣類ケア組成物に関する。これらのビニルコポリマを含む水性パーソナルケア、家庭用ケア、および/または衣類ケア組成物のレオロジーを改良するための方法もまた開示する。 (もっと読む)


【課題】経時による着色ないし変色の問題のないアミンオキシド基含有樹脂溶液及びそれを用いた毛髪化粧料用樹脂組成物を提供する。
【解決手段】アミンオキシド基含有樹脂を含むアミンオキシド基含有樹脂溶液。このアミンオキシド基含有樹脂溶液を用いて調製された毛髪化粧料用樹脂組成物。該アミンオキシド基含有樹脂溶液から調製したアミンオキシド基含有樹脂含有量18重量%、水含有量10重量%、及びエタノール含有量72重量%の試料溶液について測定したLab表色系におけるa値(a)と、該試料溶液に紫外線照射した後のa値の最大値(amax)との差da値が5以下で、上記試料溶液について測定したb値(b)と、該試料溶液がamax値を示すときのb値(b)との差db値が9以下。 (もっと読む)


【課題】毛髪に対して、潤いのあるしっとり感と滑らか感と十分な光沢とを付与しつつ、毛髪の強度を高め得る毛髪化粧料組成物を提供する
【解決手段】平均分子量が90〜200である人毛由来のケラチンアミノ酸と界面活性剤とを、毛髪化粧料組成物に含有せしめた。そして、かかる毛髪化粧組成物中のケラチンアミノ酸の含有量を0.1〜20重量%とすると共に、毛髪化粧組成物のpHの値を3〜9の範囲内の値に調整した。 (もっと読む)


【課題】従来のパーマネントウェーブ用剤組成物の欠点を改良して、パーマネントウェーブ処理後の毛髪の弾力性および感触に優れた新規のパーマネント用剤組成物を提供する。
【解決手段】本発明のパーマネントウェーブ用剤組成物は、第四級アンモニウム基含有基を有し、かつ、カチオン化度0.15〜0.6のカチオン化ヒアルロン酸を含有する。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、優れた活性酸素消去効果、チロシナーゼ阻害効果、還元効果を持ち、抗酸化効果による抗老化作用やチロシナーゼ阻害効果による美白作用をもつ皮膚外用剤又は化粧料、また毛髪の損傷を防ぐ毛髪化粧料、さらにはジスルフィド結合の還元効果によるパーマ剤、カーリング剤、くせ毛矯正剤、染毛剤などになりうる外用組成物を提供することである。
【解決手段】本発明に係る外用組成物は、(化1)で示される2‐チオチアゾリジン‐4‐カルボン酸又はその誘導体或いは(化2)で示される2‐メチルチアゾリジン‐2,4‐ジカルボン酸又はその誘導体或いはそれらの塩から選ばれる1種又は2種以上を含有することを特徴とする。 (もっと読む)


特定のラクトン化合物を、ボディケア製品及び家庭用品を光分解及び酸化的分解から保護するために使用することについて記載する。これらの化合物は際だった抗酸化特性を有する。 (もっと読む)


少なくとも1種の酸化防止剤および過酸化水素により発生する反応性酸素種を中和することができる少なくとも1種のフリーラジカル捕捉剤を含む、過酸化水素含有組成物ならびに過酸化水素含有組成物を安定化する方法。 (もっと読む)


【課題】本発明は、毛髪の損傷が非常に少なく、しかも短時間で容易に立体的なウエ−ブをかけることが出来る、パ−マネントウエ−ブ方法を提供する。
【解決手段】システイン及びそれらの塩類又はアセチルシステインの1種又は2種以上と
、遊離アルカリ剤とを含有し、pHが8.0〜9.2であるパ−マネントウエ−ブ用第1剤を用い、次の(1)〜(5)の工程を含むことを特徴とする、パ−マネントウエ−ブ方法。(1)毛髪をロッド等に巻きつけて上記第1剤を塗布し、又は第1剤を塗付してロッド等に巻きつける工程、(2)上記毛髪を40〜60℃で加温し、毛髪の径をロッド等の径の約1.5倍に軟化せしめる工程、(3)上記毛髪に付着する上記第1剤を洗い流す工程、(4)上記毛髪を湿った状態下で加温せしめる工程、(5)上記毛髪に酸化剤を含有するパ−マネントウエ−ブ用第2剤を塗付し、毛髪にウエ−ブが定着するまで放置する工程 (もっと読む)


諸実施形態は、酸又は塩基の存在下にて、基材に共有結合可能な官能基を有する活性物質、光に曝露すると酸又は塩基を生成可能な光触媒、及び賦形剤を含む組成物を提供する。本組成物は更に、界面活性剤、乳化剤、酸化剤、及び他の成分を含んでよい。基材の処理方法もまた、開示されている。本方法は、官能基を有する少なくとも1つの活性物質を基材に塗布する工程、光触媒を基材に塗布する工程、並びに光触媒及び少なくとも1つの活性物質を光に曝露して、基材上の官能基と成分群との間に共有結合を形成する工程を含む。本明細書に記載される組成物及び方法は、例えば、パーソナルケア製品及び消費者ケア製品用途において有益である。
(もっと読む)


【課題】 毛髪の損傷を抑え、ウェーブ効果又はストレート効果を持続させると共に、パーマネントウェーブ又は縮毛矯正処理後の不快臭を抑制できるパーマネントウェーブ用又は縮毛矯正用の後処理剤を提供する。
【解決手段】炭素数4〜6の不飽和ジカルボン酸と、炭素数12〜24の直鎖状又は分岐状の飽和又は不飽和アルコールとのエステル化合物の1種以上を含有するパーマネントウェーブ用又は縮毛矯正用後処理剤組成物。 (もっと読む)


101 - 120 / 381