説明

Fターム[4C083CC34]の内容

化粧料 (399,993) | 製品の種類 (43,651) | 毛髪用、頭皮用 (10,028) | パーマ剤(ウェーブ剤) (381)

Fターム[4C083CC34]に分類される特許

121 - 140 / 381


【課題】毛髪の損傷を防止し、施術後の毛髪に良好な感触を付与すると共に、損傷した毛髪に対しても均一で良好なウェーブ形成又は縮毛矯正ができ、特に縮毛矯正処理に付随する高温アイロン処理による毛髪損傷を低減させることができるパーマネントウェーブ用又は縮毛矯正用の中間処理剤組成物を提供する。
【解決手段】炭素数4〜6の不飽和ジカルボン酸と、炭素数12〜24の直鎖状又は分岐状の飽和又は不飽和アルコールとのエステル化合物の1種以上を含有するパーマネントウェーブ用又は縮毛矯正用中間処理剤組成物。特に好ましくはエステル化合物がジエステル化合物である。 (もっと読む)


【課題】アルカリ剤を含有する毛髪処理剤において、毛髪施術時の一過性の皮膚刺激感を抑制し、しかもアルカリ剤の刺激臭をも低減することのできる毛髪処理剤を提供すること。
【解決手段】パーマネントウェーブ剤、縮毛矯正剤、毛髪脱色剤、酸化染毛剤などのアルカリ剤を含有する毛髪処理剤であって、メントール及びカンファを含有することを特徴とする毛髪処理剤とする。 (もっと読む)


【課題】 毛髪の損傷を抑え、ウェーブ効果又はストレート効果を持続させると共に、パーマネントウェーブ又は縮毛矯正処理後の不快臭を抑制できるパーマネントウェーブ用又は縮毛矯正用の後処理剤を提供する。
【解決手段】炭素数4〜6の不飽和ジカルボン酸と、炭素数12〜24の直鎖状又は分岐状の飽和又は不飽和アルコールとのエステル化合物の1種以上を含有するパーマネントウェーブ用又は縮毛矯正用後処理剤組成物。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、ポリクオタニウム−10に代表される半合成系毛髪化粧料用添加剤とポリクオタニウム−6あるいは7に代表される合成系毛髪化粧料用添加剤のそれぞれの欠点を克服し、仕上がりにしなやかな感触を与える毛髪化粧料用添加剤、およびそれを含有する毛髪化粧料を提供することにある。
【解決手段】 上記課題を解決する方法として、OH基をもつ天然高分子および/または天然高分子誘導体を水に溶解した後、水媒体中でカチオン性および非イオン性の水溶性単量体をグラフト共重合させることにより毛髪化粧料用添加剤を製造し、それを毛髪化粧料組成に加えることにより達成できることを見出した。
(もっと読む)


【課題】毛髪の人工的な着色を劣化させることなく、美容特性を損なわないケラチン繊維のパーマネント変形方法の提供。
【解決手段】ケラチンのジスルフィド結合を還元するために還元組成物をケラチン繊維に塗布する工程であって、好ましくは塗布前にケラチン繊維を機械的張力下に配する工程と、ついで一価金属カチオン塩及び/又はアンモニウム塩、及び有機酸を含有し、該一又は複数種の一価塩が中間のすすぎ組成物中に存在する該一又は複数種の有機酸の一又は複数種の塩ではなく、該一又は複数種の塩が界面活性剤ではない中間のすすぎ組成物を、ケラチン繊維に塗布する工程と、ついで酸化組成物をケラチン物質に塗布して、前記結合を再形成させる酸化固定工程とを含み、還元組成物の塗布工程と中間のすすぎ組成物の塗布工程の間か、又は中間のすすぎ組成物の塗布工程と酸化組成物の塗布工程の間に、水でのすすぎ工程がない方法。 (もっと読む)


【課題】ケラチン繊維のパーマネント再成形のための、特に毛髪のパーマネント再成形のための方法の提供。
【解決手段】システイン又はその塩、及びチオ乳酸又はその塩、を含有してなる非着色水性還元組成物。該組成物のシステイン又はその塩のモル数とチオ乳酸又はその塩のモル数の比は3以上であり、またpH値は7を越え、好ましくは8〜9.5の範囲である。該組成物は、白色粒子の形成及び硫黄臭の発生に関して既知のシステイン含有還元組成物と比較して、より安定している。 (もっと読む)


【課題】安定性良く、臭気問題のないシステイン誘導体、ならびにこれらを含有する化粧料の提供。
【解決手段】下記一般式


[式中、Xは、OR1またはNHR2(式中、R1は水素原子またはC1−22アルキル基を示し、R2は水素原子またはC1−22アルキル基を示す。)を示し;Yは、OR3またはNHR4(式中、R3は水素原子または置換されていてもよいC1−22アルキル基を示し、R4は水素原子またはC1−22アルキル基を示す。)を示し;Zは、水素原子またはC1−22アルキル基を示す。]で表されるシステイン誘導体(ただし、チアゾリジン−2,4−ジカルボン酸および2−メチルチアゾリジン−2,4−ジカルボン酸を除く。)またはその塩。 (もっと読む)


【課題】毛髪や皮膚への親和性に優れ、その結果として、毛髪や皮膚に保湿性や滑らかさを付与する効果が高い化粧品基材および当該化粧品基材を配合した毛髪化粧料および皮膚化粧料を提供することを課題とする。
【解決手段】プロタミンをプロテアーゼによって加水分解することで得られる加水分解プロタミンまたはその誘導体で化粧品基材を構成する。また、当該化粧品基材を含有させることで毛髪化粧料および皮膚化粧料を構成する。プロテアーゼとしてはトリプシンが好ましく、加水分解プロタミンの誘導体としては、N−アシル化加水分解プロタミン、N−グリセリル加水分解プロタミン、N−シリル化加水分解プロタミン、N−第4級アンモニウム化加水分解プロタミン、加水分解プロタミングリセリルエステル、加水分解プロタミンアルキルエステル、N−アルキルグリセリル加水分解プロタミンおよびN−(2−ヒドロキシアルキル)加水分解プロタミンが挙げられる。 (もっと読む)


【課題】毛髪処理後のプレンリンス時やシャンプー後においても良好な毛髪感触が得られ、その感触が持続する毛髪処理剤組成物を提供する。
【解決手段】オクタノール/水−分配係数(logKow)が12未満の成分によって実質的に組成され、(A)成分:合計10質量%以上の、logKow が12未満でありかつ炭素数又は logKow が異なる高級アルコールの2種以上の所定量、(B)成分:logKow が1.4以上で6未満のノニオン性界面活性剤と logKow が1.4未満のノニオン性界面活性剤、(C)成分:logKow が12未満のコンディショニング成分、を含有する毛髪処理剤組成物。 (もっと読む)


【課題】毛髪への損傷を与えずに、損傷毛にウェーブを形成し、或いは合成タンパク質繊維にウェーブを形成し、形成したウェーブを長期に亘って固定すること、即ちパーマネントウェーブをかけることを目的とする。
【解決手段】α‐アミノ酸からなるタンパク質、α‐アミノ酸と炭化水素が結合した化合物、分子内にα‐アミノ酸同士のぺプチド結合とケイ素原子を有する半合成高分子化合物等の分子内にα‐アミノ酸を有する化合物と水からなる、分子内にα‐アミノ酸を有する化合物の水溶液で構成されるウェーブ形成剤。 (もっと読む)


【課題】パーマネント処理時の毛髪の損傷を抑制し、優れた風合いを付与するとともに、優れたウェーブ形成効果を発揮するパーマネントウェーブ剤用キットの提供。
【解決手段】還元剤を含有する第1剤と、酸化剤を含有する第2剤とからなるパーマネントウェーブ剤用キットであって、(A)モノアルキル4級アンモニウム塩型カチオン界面活性剤、(B)アミノ変性シリコーン、(C)エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウムおよび(D)ポリエーテル変性シリコーン型界面活性剤を含有してなるパーマネントウェーブ剤用キットとする。所望により、第1剤および/又は第2剤に、更に(E)ラノリンを含有させることができる。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1種の光学活性なコーティングを有する人工的な微小板形状の基材を含む効果顔料に関し、ここでその効果顔料は、特性値のD10、D50およびD90を有する体積平均累積篩下分布曲線を有していて、前記累積篩下分布曲線が0.7〜1.4のスパンΔDを有し、そのスパンΔDは式(I)に従って計算され、そして、その人工的な微小板形状の基材の平均厚みが500nm〜2000nmである。
ΔD=(D90−D10)/D50 (I)
(もっと読む)


【課題】 酸化型処理剤による脱色・染毛またはパーマ等各種毛髪処理にあたって、主処理の効果を改善すると共に毛髪ないし排水中に残留して悪影響を与える可能性のある過酸化水素を毛髪処理過程において除去し得る毛髪処理過程添加剤を提供する。
【解決手段】
下記A群に記載の有効成分中から選ばれたいずれか1種の成分と、
A群 (A−1) カタラーゼ 20,000ユニットの水溶液
(A−2) グルタチオンペルオキシダーゼ 20,000ユニットの水溶液
そして下記B群に記載の有効成分から選ばれた1種または複数種の組合せ成分と、
B群 (B−1) 2価鉄化合物
(B−2) 3価鉄化合物
(B−3) ニッケル化合物
を含有し、酸化型毛髪処理剤を用いた各種毛髪処理の進行過程において添加する毛髪処理過程添加剤である。 (もっと読む)


【課題】 経時的な粘度低下がなく、一定の品質を長期間保持できるとともに、還元剤を含む液と染毛料を含む液とを混合した際に、染毛料本来の色相が変化せず、鮮明で正確な色相を呈する、酸性ヘアカラーとパーマネントウェーブ及び/又は縮毛矯正とを同時に施すことのできる毛髪処理剤を提供する。
【解決手段】 メルカプト化合物、亜硫酸塩及び重亜硫酸塩からなる群より選択された少なくとも1種の還元剤2〜19重量%、アルカリ剤0.01〜15重量%、及び増粘剤としてのエーテル化度1.9〜2.8のカルボキシメチルセルロースナトリウム0.5〜15重量%を含み、粘度(25℃)が100〜40,000mPa・sである組成物Aと、水溶性タール色素0.1〜20重量%を含み、粘度(25℃)が30〜50,000mPa・sである組成物Bとの組み合わせからなることを特徴とする毛髪処理剤。 (もっと読む)


本発明は、セリンプロテアーゼ阻害剤として作用する治療化合物、その医薬組成物並びにヒト又は動物の体の治療におけるそれらの使用に関する。より詳細には、本発明は、投与を必要とする被投与者に治療有効量のセリンプロテアーゼ阻害剤を投与することを含む、皮膚病の治療、診断又は予後のための方法に関する。
(もっと読む)


【課題】本発明の目的は、毛髪を容易に成形し、所望のレリーフを与えることを可能とする毛髪繊維を処理する方法を提供すること。
【解決手段】本発明の主題は、以下の段階:
-化粧品として許容される媒体中に少なくとも1種のポリシロキサン/ポリ尿素ブロックコポリマーを含む化粧用組成物を毛髪繊維に適用する段階;次いで、または同時に、
-毛髪繊維の温度を50から280℃の温度に上昇させる段階
を含む毛髪繊維を処理する方法である。 (もっと読む)


【課題】皮膚刺激緩和作用を有し、安全性が高く、原料の入手が容易な天然系皮膚刺激緩和剤及び皮膚外用剤を提供すること。
【解決手段】ペパーミントの抽出物及びアセンヤクの抽出物から選択される少なくとも1種を有効成分として含有することを特徴とする皮膚刺激緩和剤及び皮膚外用剤である。皮膚外用剤としては、パーマ剤及び染毛剤が特に好ましい。 (もっと読む)


製品(3)を収集するためのリザーバ(2)及び分配装置(4)付き容器(1)であって、この容器は、流動性のある薬剤、特に液体(8)に溶解及び/又は分散されている粉末又は粒状の製品(3)を分配するための開口部(5)を備え、リザーバ(2)には分配装置が接続され、通路(10)を有する装置(7)は、製品(3)の過度に大きい粒子を引き止めるために使用されて、完全に溶解していない製品(3)及び/又は過度に大きい粒子及び/又はよく分散していない粒子が、分配装置(4)の開口部(5)に届くことができないようにし、したがって開口部(5)を閉鎖することができないようにする、装置。開口部を閉鎖から確実に保護するために、通路(10)の直径(11)又は最小幅(12)が、0.5mm〜5mmであり、若しくは開口部5の直径(13)又は最小幅以下であることが提案される(図7)。
(もっと読む)


【課題】パーマ処理に適用しても毛髪に損傷を与えず、しかも保存安定性に優れる毛髪形状制御剤第1剤を提供すること。
【解決手段】次の成分(A)、(B)、(C)及び(D)を含有し、アルカリ金属又はアルカリ土類金属の水酸化物、炭酸塩又は炭酸水素塩を実質的に含有しない毛髪形状制御剤第1剤。
(A)毛髪還元性物質
(B)一般式(1)で表されるα,ω−ジカルボン酸又はその塩


〔式中、R1は炭素数3〜8のアルキレン基を示す。〕
(C)ポリオール
(D)有機アルカリ剤又はアンモニア (もっと読む)


【課題】髪を還元する時間、毛髪への塗布量、頭髪の損傷状態に拠らず均一な毛髪形状制御効果を得ることの可能な毛髪形状制御剤第1剤を提供すること。
【解決手段】次の成分(A)及び(B):
(A)チオール基を有する毛髪還元性物質
(B)一般式(1)で表されるα,ω−ジカルボン酸又はその塩


〔式中、R1は炭素数3〜8のアルキレン基を示す。〕
を含有し、かつチオール基が解離状態にある成分(A)の含有量(a質量%)に対する成分(B)の含有量(b質量%)の比b/aが5〜25の範囲である毛髪形状制御剤第1剤組成物。 (もっと読む)


121 - 140 / 381