説明

Fターム[4H011BB16]の内容

農薬・動植物の保存 (82,368) | 有効成分の特定 (15,617) | 有機金属化合物(例;有機すず、有機ケイ素) (381)

Fターム[4H011BB16]に分類される特許

341 - 360 / 381


【課題】抗菌剤の繊維への吸着力が強固で、洗濯後でも抗菌性が高く、さらに、抗菌剤の合成繊維からの溶出が極めて少なく、より安全な抗菌性繊維の提供を目的とする。
【解決手段】無機性値/有機性値が1.4を越えて、3.3以下であるピリジン系抗菌剤が微粒子の状態で分散された水性懸濁液を合成繊維に付着させるとともに、又は付着させた後、圧力をかけて微粒子状の上記ピリジン系抗菌剤を上記合成繊維同士の隙間に押し込み、その後熱浸透処理して、抗菌・防カビ・抗ウイルス性繊維を製造する。 (もっと読む)


【課題】熱交換器結露水にカビや細菌が発生することを長期に亘って抑制することができる空気調和機用熱交換器フィン上に形成する空気調和機用樹脂成形体およびカビや菌による悪臭発生がない空気調和機を提供することを目的とする。
【解決手段】防菌防黴剤と親水性樹脂とを原材料として用い、前記防菌防黴剤の20℃の水に対する溶解度が10mg/100ml以下で、かつ、粒子径が0.5μm以下であることを特徴とする防菌防黴樹脂成形体で、熱交換器3の表面およびドレン皿5の表面に細菌やカビが発生することを長期に亘って抑制することができる。また、防菌防黴剤と親水性樹脂とを原材料として用いることにより、空気調和機用熱交換器3に必要な親水性および防菌防黴性を確保することができる。 (もっと読む)


【課題】ピリチオン含有被覆組成物にして、微生物の攻撃に対する缶内防腐性と、その被覆組成物を基体上で使用することにより得られる乾燥塗膜の抗菌効力との組み合わせを示す上記被覆組成物を得る。
【解決手段】水性被覆組成物に缶内抗菌効力と乾燥塗膜抗菌効力とを付与する方法により、上記課題が解決される。 (もっと読む)


(a)式I
【化1】


[式中、Aは場合により1もしくは2個のメチルで置換されていてもよいCアルキレンであり、WはCRまたはSiR10であり、R、R、R、R、R、R、R、R、RおよびR10については明細書中で定義されるとおりである]のフェニルアミジン、そのN−オキシド、およびその農業的に適する塩から選択される少なくとも1種の化合物と、(b)アルキレンビス(ジチオカルバメート)殺菌・殺カビ剤、菌・カビ性ミトコンドリア呼吸電子伝達部位のbc複合体において作用する化合物、シモキサニル、ステロール生合成経路のデメチラーゼ酵素において作用する化合物、ステロール生合成経路に作用するモルホリンおよびピペリジン化合物、フェニルアミド殺菌・殺カビ剤、ピリミジノン殺菌・殺カビ剤、クロロサロニル、菌・カビ性ミトコンドリア呼吸電子伝達部位の複合体IIにおいて作用するカルボキサミド、キノキシフェン、メトラフェノン、シフルフェナミド、シプロジニル、銅化合物、フタルイミド殺菌・殺カビ剤、ホセチル−アルミニウム、ベンゾイミダゾール殺菌・殺カビ剤、シアゾファミド、フルアジナム、イプロバリカルブ、プロパモカルブ、バリダマイシン、ジクロロフェニルジカルボキシミド殺菌・殺カビ剤、ゾキサミド、およびジメトモルフ、そしてそれらの農業的に適する塩から選択される少なくとも1種の化合物とを含んでなる組み合わせに関連する、殺菌・殺カビ剤混合物、組成物、および植物病害の抑制方法が開示される。 (もっと読む)


式(I)(式中、記号は、明細書において示された意味を有する)のアジニルイミダゾアジンが開示され、加えてこの塩およびN−オキシド、その製造方法および新しい中間体生成物が開示される。動物害虫および望ましくない微生物に対抗するための、式(I)および中間生成物の化合物の使用も開示される。

(もっと読む)


熱可塑性ポリマー層、およびその中に分散する抗微生物剤を有する接着剤層を含んでなる抗微生物性物品が開示される。抗微生物性物品は、例えば外科手術用テープ、外科手術用ドレープ、および創傷包帯に、そして食品調製および取り扱いのための使い捨て表面として有用である。
(もっと読む)


本発明は、有効成分の形態で、
1)式(I)(式中、R1はアルキル、ハロゲンアルキル、アルケニルまたはシクロペンチルであり;R2は水素またはアルキルであり;R1およびR2は、それらが結合している窒素原子と一緒になって、メチル基によって置換されていてもよいピペリジニル環を形成していてもよく;L1はフッ素または塩素であり;L2、L3は、互いに独立して、水素、フッ素または塩素である)で表される5-メチル-7-アミノ-トリアゾロピリミジンと、2)群:A)アゾール;B)ストロビルリン;C)アシルアラニン;D)アミン誘導体;E)アニリノピリミジン;F)ジカルボキシイミド;G)ケイ皮酸アミドおよびその類似体;H)抗生物質;K)ジチオカーバメート;L)複素環式化合物;M)硫黄殺菌剤および銅殺菌剤;N)ニトロフェニル誘導体;O)フェニルピロール;P)スルフェン酸誘導体;Q)他の殺菌剤;およびR)成長抑制剤から選択される少なくとも1種の活性物質とを記載に従って含む殺菌剤混合物であって、前記混合物が相乗的有効量で化合物を含む混合物に関する。新規トリアゾロピリミジン、化合物(I)と群A)〜R)の活性物質の混合物を用いて有害菌類を防除する方法、前記混合物を調製するための化合物(I)と群A)〜R)の活性物質の使用、ならびに前記混合物を含有する薬剤も記載する。

(もっと読む)


式(I):R−CO−NR(式中、R=C−C19−アルキル、R=C−C−アルキルおよびR=HもしくはC−C−アルキル)を有するアルキルカルボン酸アミドの、植物における農芸化学的物質の浸透を促進させるための使用。 (もっと読む)


活性成分として、
1)式 I:
【化】


[式中、置換基は次の通り定義される:
R1は水素、ハロゲン、シアノ、アルキル、ハロアルキル、アルコキシ、アルキルチオ、アルコキシカルボニル、フェニル、ベンジル、ホルミルまたはCH=NOAであり;
Aは水素、アルキル、アルキルカルボニルであり;
R2は水素、ハロゲン、シアノ、アルキル、ハロアルキルまたはアルコキシカルボニルであり;
R3はハロゲン、シアノ、ニトロ、アルキル、ハロアルキル、アルコキシ、アルキルチオ、アルコキシカルボニル、ホルミルまたはCH=NOAであり;
nは0、1、2、3または4であり;
R4は水素、ハロゲン、シアノ、アルキルまたはハロアルキルである]
のスルファモイル 化合物と、
2) 次のA)〜O)からなる群より選択される少なくとも1種の活性化合物:
A)アゾール;B)ストロビルリン;C)アシルアラニン;D)アミン誘導体;E)アニリノピリミジン;F)ジカルボキシミド;G)シンナミドおよび類似体;H)ジチオカルバマート;I)ヘテロ環式化合物;K)硫黄および銅殺真菌剤;L)ニトロフェニル誘導体;M)フェニルピロール;N)スルフェン酸誘導体;O)明細書に記載のその他の殺真菌剤とを、
を相乗的に有効な量だけ含む殺真菌性混合物、化合物IとグループA)〜O)の活性化合物との混合物を用いて有害真菌を抑制する方法、ならびにかかる混合物およびまたこれらの混合物を含む組成物を調製するための化合物IおよびグループA)〜O)の活性化合物の使用。
(もっと読む)


本発明は、活性成分として、1)式Iのトリアゾロピリミジン誘導体、および2)銅殺菌剤IIを、相乗効果を有する量で含む、殺菌混合物に関する。本発明はまた、化合物Iおよび殺菌剤IIの混合物を用いて有害な菌類を防除する方法、かかる混合物を製造するための化合物Iおよび殺菌剤IIの使用、およびかかる混合物を含有する薬剤に関する。
(もっと読む)


本発明は、ナトリウムチャネル遮断殺虫剤と、コナゾール類およびエルゴステロール生合成阻害剤よりなる群から選択される少なくとも1種の殺菌・殺カビ剤とを含んでなる、実質的に無金属の木材防腐剤を用いた木材を防腐するための方法を提供する。本発明はまた、このような木材防腐剤配合物に関する。 (もっと読む)


本発明は、式(I)[式中、M、L、R、R、R、R及びAは、明細書中で与えられている意味を有する]の新規シリル化カルボキサミド類、該物質を製造するための数種類の方法、望ましくない微生物を防止するための該物質の使用、新規中間体、及び、該中間体の製造に関する。

(もっと読む)


本発明は、活性成分として、1)式(I)のトリアゾロピリミジン誘導体、5-クロロ-7-(4-メチルピペリジノ-1-イル)-6-(2,4,6-トリフルオロフェニル)-[1,2,4]トリアゾロ[1,5-a]ピリミジンおよび2)ピラクロストロビンおよびオリサストロビンを含む化合物から選択されるストロビルリン誘導体(II)、および3)アシルアラニン、アミン誘導体、アニリノピリミジン、抗生物質、アゾール、ジカルボキシイミド、ジチオカルバメート、銅殺菌剤、ニトロフェニル誘導体、フェニルピロール、スルフェン酸誘導体、ケイ皮酸誘導体およびそれらの類似化合物、ならびにアニラジン、ベノミル、ボスカリド、カルベンダジム、カルボキシン、オキシカルボキシン、シアゾファミド、ダゾメット、ジチアノン、ファモキサドン、フェンアミドン、フェナリモール、フベリダゾール、フルトラニル、フラメトピル、イソプロチオラン、メプロニル、ヌアリモール、ピコベンズアミド、プロベナゾール、プロキナジド、ピリフェノックス、ピロキロン、キノキシフェン、シルチオファム、チアベンダゾール、チフルザミド、チオファネートメチル、チアジニル、トリシクラゾール、トリホリン、硫黄、アシベンゾラル-S-メチル、ベンチアバリカルブ、カルプロパミド、クロロタロニル、シフルフェナミド、シモキサニル、ダゾメット、ジクロメジン、ジクロシメット、ジエトフェンカルブ、エジフェンホス、エタボキサム、フェンヘキサミド、酢酸フェンチン、フェノキサニル、フェリムゾン、フルアジナム、亜リン酸、ホセチル、ホセチル-アルミニウム、イプロバリカルブ、ヘキサクロロベンゾール、メトラフェノン、ペンシクロン、プロパモカルブ、フタリド、トロクロホス-メチル、キントゼンおよびゾキサミドを含む群より選択される殺菌物質(III)を、相乗効果を有する量で含む、3成分殺菌混合物に関する。本発明はまた、化合物(I)および(II)および(III)と殺菌物質(III)との混合物により植物病原性の寄生菌類を防除する方法、かかる混合物を製造するための化合物(I)および(II)と(III)の使用、および上記混合物を含有する薬物に関する。 (もっと読む)


式(I)の化合物
(式中Zは、酸素原子;または硫黄原子であり;Z2は酸素原子;または硫黄原子であり;R1はアリールまたはヘテロアリール基であり、非置換であるか、または置換され;R2 は水素;または有機置換基であり;R3は水素;または有機置換基であり;R4は水素;または有機置換基であり;またはR3とR4は、一緒に、それらが結合している窒素原子と一緒になって、環を形成し、この環は非置換であるか、または置換され;R5は水素;または非置換であるか、または置換されたアルキル基であり;或いは一緒になってR8またはR6の原子であって、その原子を介してR6がR5を担持する式Iに示す炭素原子に直接連結している原子に結合した一価の置換基と一緒になって一つの追加の結合を形成し;R6とR7は、一緒に、それらが結合する原子を式Iに示す2つの炭素原子と一緒になって、ニ環系を形成し、該環系は、炭環系またはヘテロ環系であり、該環系は、式Iでみられる様式において、4つの置換基-N(R2)-C(=Z1)-R1、-C(=Z2)-N(R3)-R4、R5及びR8によって置換され、且つ該環式は任意に更に置換され;且つR8は水素;または非置換または置換されたアルキル基であり;或いは一緒になってR5またはR7の原子であって、その原子を介してR7がR8を担持する式Iに示す炭素原子に直接連結している原子に結合した一価の置換基と一緒になって、一つの追加の結合を形成する)、及び適宜それらの互変異性体であって、それぞれの場合に遊離形態または塩形態にあり、農薬活性成分として使用でき、且つそれ自体公知の方法で調製され得る。
(もっと読む)


複合ヤーン、複合織物又は複合物品のような複合品目に抗菌特性を付与する方法は、有機抗菌剤を含有する水性浴内に複合品目を浸漬する工程、浴から浸漬した複合品目を分離する工程、及び分離した複合品目を乾燥する工程を包含することによって提供され、及びそれから抗細菌性複合品目が提供される。 (もっと読む)


少なくとも、一般式(I)で表されるピリジルエチルベンズアミド誘導体(a)及び
メチオニン生合成を阻害することが可能な化合物(b)を、0.01〜20の(a)/(b)の重量比で含んでいる組成物。付加的な殺菌活性化合物をさらに含んでいる組成物。この組成物を使用することによる、作物の植物病原性菌類を予防的又は治療的に駆除する方法。

(もっと読む)


本発明は、式I


(ここで、R、R、R、R、RおよびXは、本明細書において列挙されたように定義される)のイミダゾロピリミジン類に関する。本発明はまた、所望されていない微生物を防除するための、前記物質の製造方法およびこれらの使用に関する。前記式において、Rは、酸素、窒素および硫黄を含む群からの1から3個の同一または異なるヘテロ原子に加えて、3から13個の炭素原子、および1個以上のケイ素原子を含む有機基を表し、ならびに非置換であるか、または1から4個の同一のハロゲンで置換されている。
(もっと読む)


少なくとも、一般式(I)


で表されるピリジルエチルベンズアミド誘導体(a)及びエルゴステロール生合成を阻害することが可能な化合物(b)を、0.01〜20の(a)/(b)の重量比で含んでいる組成物。付加的な殺菌活性化合物をさらに含んでいる組成物。この組成物を使用することによる、作物の植物病原性菌類を予防的又は治療的に駆除する方法。
(もっと読む)


少なくとも、一般式(I)で表されるピリジルエチルベンズアミド誘導体(a)及び
種々の代謝経路に作用することにより胞子発芽又は菌糸成長を阻害することが可能な化合物(b)を、0.01〜20の(a)/(b)の重量比で含んでいる組成物。付加的な殺菌活性化合物をさらに含んでいる組成物。この組成物を使用することによる、作物の植物病原性菌類を予防的又は治療的に駆除する方法。 (もっと読む)


本発明は、式(I)の中でA、Hal、R、M及びZが本明細書において引用されるように定義される、式(I)の新規の2−ハロフリル/チエニル−3−カルボキサミド、前記物質を生成するためのいくつもの方法、及び望ましくない微生物を抑制するためのそれらの使用に関する。本発明は又、新規の中間体生成物及び後者の生成にも関する。

(もっと読む)


341 - 360 / 381