説明

Fターム[4J037CB16]の内容

顔料、カーボンブラック、木材ステイン (29,542) | 低分子有機化合物処理剤 (3,273) | N含有 (667) | アミン又は4級アンモニウム (268)

Fターム[4J037CB16]に分類される特許

1 - 20 / 268


【課題】 不純物濃度が低い金属酸化物微粒子分散液、及び高い透明性と導電性を発現する透明導電膜を提供する。
【解決手段】 平均粒子径が1〜60nmであり、配位原子として窒素、酸素、硫黄、及びリンのうちいずれかを有する炭素鎖長C6〜C24の有機配位子が配位した金属酸化物微粒子が有機溶媒に分散している金属酸化物微粒子分散液であり、かつ、精製後の該分散液に含まれる不純物濃度が10,000ppm以下であることを特徴とする金属酸化物微粒子分散液、並びに該金属酸化物微粒子分散液を用いた透明導電膜。 (もっと読む)


【課題】表面処理炭酸カルシウム、その製造方法及びゴム組成物を提供する。
【解決手段】表面処理炭酸カルシウムは、(1)ケイ酸類、(2)有機酸類、(3)第四級アンモニウム化合物、及び(4)シランカップリング剤で炭酸カルシウムを表面処理してなる。 (もっと読む)


【課題】カラーフィルタ製造工程における高温加熱工程時及びヒートサイクル時に、着色層(塗膜)表面の結晶の析出を抑制することができ、高コントラスト化の要求を達成する顔料分散液、カラーフィルタ製造工程における高温加熱工程時に結晶の析出が抑制され、高コントラストな着色層を作製可能な、カラーフィルタ用赤色樹脂組成物、当該カラーフィルタ用赤色樹脂組成物を用いて作製された高コントラストなカラーフィルタ、当該カラーフィルタを備えた高コントラストな液晶表示装置及び有機発光表示装置を提供する。
【解決手段】ジケトピロロピロール系顔料と、特定の構造の顔料誘導体と、顔料分散剤と、溶媒とを含有する、顔料分散液。 (もっと読む)


【課題】カーボンブラックが溶媒中に高度に分散された組成物(カーボンブラック組成物)を提供すること。
【解決手段】カーボンブラックと、脂肪族三級モノアミンおよび脂環式三級アミンからなる群から選ばれる有機三級アミンと、メチルエチルケトン、シクロヘキサノン、イソホロンおよびエタノールからなる群から選ばれる少なくとも一種の有機溶媒と、を含むことを特徴とするカーボンブラック組成物。 (もっと読む)


【課題】 高い防黴性能を有する顔料分散体を提供すること。
【解決手段】 カーボンブラック、疎水性構造及び水素結合を形成できる構造を有する防黴剤、並びに有機化合物を含有する顔料分散体であって、前記有機化合物が、ヒドロキシル基及びアミノ基から選ばれる官能基を2つ以上有し、かつ、炭素数が7以下の有機化合物であり、前記防黴剤の含有量(質量%)が、顔料分散体の全質量を基準として、0.10質量%以上であり、顔料分散体の全質量を基準とした、前記防黴剤の含有量(質量%)が、前記カーボンブラックの含有量(質量%)に対して、質量比率で0.06倍未満であり、顔料分散体の全質量を基準とした、前記有機化合物の含有量(質量%)が、前記防黴剤の含有量(質量%)に対して、質量比率で1.0倍以上であることを特徴とする顔料分散体。 (もっと読む)


【課題】コントラストと現像性に優れた硬化膜を形成することができるカラーフィルター用顔料分散体の製造方法、及びその方法により得られる顔料分散体を含有するカラーフィルター用着色組成物を提供する。
【解決手段】〔1〕有機顔料、エステル系有機溶媒、主鎖にビニルピロリドン由来の構成単位を含有し、側鎖に(メタ)アクリル酸エステル由来の構成単位を含有するグラフトポリマー(A)を含有する混合物を、有機顔料の体積中位粒径が20〜50nmとなるまで分散して予備分散体を得る工程(1)、及び得られた予備分散体と酸価10〜30mgKOH/g及びアミン価5〜50mgKOH/gであるポリアミン系分散剤(B)を混合して、分散体を得る工程(2)有するカラーフィルター用顔料分散体の製造方法、並びに〔2〕前記方法により得られる顔料分散体を含有するカラーフィルター用着色組成物である。 (もっと読む)


【課題】式(I)で表される化合物からなる微粒化された粒子を容易に製造する方法が求められていた。
【解決手段】式(I)で表される化合物からなり、メディアン径が100μmを超える粒子を、シリカ、タルク及びクレイからなる群から選ばれる1以上の存在下で粉砕機を用いて粉砕して、式(I)で表される化合物からなり、メディアン径が100μm以下である粒子を得る、粒子の製造方法。(式(I)中、R及びRは、それぞれ独立に、水素原子又は炭素数1〜6のアルキル基を表すか、或いは、RとRとが互いに結合して、それらが結合している窒素原子とともに環を形成する。mは、2〜9の整数を表す。Mn+は、H又はn価の金属イオンを表す。nは、1又は2の整数を表す。)
(もっと読む)


【課題】安定性に優れ、200℃以下の低温焼成によって優れた導電性が発現する銀ナノ粒子、その製造方法、及び前記銀ナノ粒子を含む銀塗料組成物を提供する。
【解決手段】銀含有ナノ粒子の製造方法であって、銀化合物と安定剤としての分枝脂肪族アミン化合物とを混合し混合物を得て、前記混合物に、還元剤を添加し、無溶媒の反応系において、前記銀化合物を前記還元剤と反応させて、銀含有ナノ粒子を形成する、ことを含む銀含有ナノ粒子の製造方法。 (もっと読む)


【課題】
顔料微粒子の分散安定性に優れた顔料分散組成物及びそれを製造できる分散安定剤を提供することである。
【解決手段】
親水性表面と疎水性表面とに分割されている無機微粒子から構成される両親媒性粒子(a)と、水(w)及び/又は有機溶剤(s)とを含んでなる分散安定剤(d)と、顔料微粒子(c)とを含んでなることを特徴とする顔料分散組成物を用いる。両親媒性粒子(a)と水(w)又は有機溶剤(s)とを含み、両親媒性粒子(a)が、親水性表面と疎水性表面とに分割されている無機微粒子であることを特徴とする分散安定剤を用いる。 (もっと読む)


【課題】金属粒子を含む無機成分及び光硬化性有機化合物からなる分散媒を含み、バランス良くインク吐出性及び分散性に優れたコロイド分散液を提供する。
【解決手段】平均粒径が0.7〜200nmの金属粒子を含む無機成分と、前記金属粒子の表面の少なくとも一部を覆う少なくともアミンを含む有機物と、(メタ)アクリロイル基を有する光硬化性有機化合物を含む分散媒およびカルボン酸を含むことを特徴とするコロイド分散液。 (もっと読む)


【課題】溶剤型塗料に添加したとき塗料の製品安定性が高く、得られる塗膜の耐擦傷性が優れ、更にクリアコートに対して透明性が低下しない溶剤型塗料用の添加剤を提供する。
【解決手段】下記の一般式(1)で表されるカチオン界面活性剤に被覆されたシリカからなるシリカ組成物。


(式中、Xはハロゲン原子又はメチル硫酸誘導体を表し、R〜Rはそれぞれ独立して炭素数1〜36の炭化水素基、またはエステル基、アミド基および水酸基から選択されるいずれか1種以上の置換基を有する炭素数1〜36の炭化水素基、または下記の一般式(2)で表されるポリエーテル基を表す。ただし、R〜Rの少なくとも1つは下記の一般式(2)で表されるポリエーテル基でなければならない。)


(式中、mは1〜100の数を表し、Rは炭素数2〜4のアルキレン基を表す。) (もっと読む)


【課題】メンテナンス性に優れ、インク経時後に形成した画像の耐擦性に優れるインク組成物、インクセット及び画像形成方法を提供する。
【解決手段】顔料の表面にカルボン酸基が直接または他の原子団を介して結合した自己分散型顔料、第3級アミン、水溶性有機溶剤、及び水を含有し、前記自己分散型顔料の表面のカルボン酸基の50〜90モル%が前記第3級アミンによって中和されているインク組成物であり、水溶性有機溶剤は、SP値が27.5以下の溶剤及び極性溶剤の少なくとも1種を含み、第3級アミンは、トリエチルアミン及びトリエタノールアミンの少なくとも一方であるインク組成物。 (もっと読む)


【課題】耐擦傷性に優れ、塗料の製品安定性が高い溶剤型塗料組成物を提供する。
【解決手段】一般式(1)で表されるカチオン界面活性剤に被覆されたシリカを、塗料の樹脂成分に対して0.1〜30質量%含有する溶剤型塗料組成物。


(式中、Xはハロゲン原子又はメチル硫酸誘導体を表し、R〜Rはそれぞれ独立して炭素数1〜36の炭化水素基、またはエステル基、アミド基および水酸基から選択されるいずれか1種以上の置換基を有する炭素数1〜36の炭化水素基、または一般式(2)で表されるポリエーテル基を表す。ただし、R〜Rの少なくとも1つは炭素数6〜36の炭化水素基、またはエステル基、アミド基および水酸基から選択されるいずれか1種以上の置換基を有する炭素数6〜36の炭化水素基、または重合度mが1〜100、Rが炭素数2〜4のポリアルキレンオキサイド基でなければならない。)
(もっと読む)


【課題】インキ塗膜の乾燥状態を制御し、転写性持続時間が長く、糸引きのないパターンを形成し得る着色組成物を提供することにある。また、上記インキを用いて印刷法により形成されるカラーフィルタを提供する。
【解決手段】平均粒子径が1〜60nmの無機微粒子(G)、顔料(F)、レベリング剤(H)及び有機溶剤(I)を含む着色組成物により解決できる。 (もっと読む)


【課題】インクジェット印刷等において、コーヒーリング効果の減少、基材への接着性向上、印刷ヘッドのデキャップ時間または待機時間の延長を実現したインク組成物を提供する。
【解決手段】銀を含む金属ナノ粒子と、任意成分の樹脂と、2種類以上のインク媒剤とを含み、前記インク媒剤の少なくとも1つが、25℃での蒸気圧が4mmHg未満である脂肪族炭化水素である。 (もっと読む)


【課題】分散安定性、経時安定性、着色力に優れた水性分散体を提供すること。
【解決手段】酸性カーボンブラック、カチオン系活性剤、下記一般式(I)で示される銅フタロシアニン誘導体、カルバミド類、及び、水性溶剤を含有する水性分散体。
一般式(1)

CuPc−(X−Y)m

(式中、CuPcは、フタロシアニン残基を表す。
Xは、−SO2−、−SO2NH−、−SO2CH2−、−CH2−、−CO−、−CONH−、−COO−、または、−COONH−を表す。
Yは、−(CH2n−N(R1)R2を表す。
1およびR2は、それぞれ独立に、置換または未置換の炭素数1〜4のアルキル基を表す。ここで、R1とR2が一体となって環を形成し、窒素原子を含む複素環となってもよい。
nは0〜3の整数を表わす。
mは1〜4の整数を表わす。) (もっと読む)


【課題】酸性やアルカリ性の強い湿し水を利用した印刷の最中にカオリン顔料がインキ中から流出することなく、印刷物の汚れを防止することができる油性印刷用カオリン分散物の製造方法、その方法で得られる油性印刷用カオリン顔料分散物、及びそれを用いて得られるオフセット印刷用インキ組成物を提供すること。
【解決手段】カオリン顔料の水性混合物に、脂肪族アミン、脂肪族アミン塩、アミノ基を有するシランカップリング剤の群から選択される少なくとも1種の表面処理剤をカオリン顔料100質量部に対して0.5〜10.0質量部を混合し、20℃〜100℃の温度で撹拌することにより前記カオリン顔料を表面処理する工程と、前記表面処理の後、得られた水性混合物に、油性印刷用ワニスを加えてフラッシングし、次いで水の除去を行う工程と、を含むことを特徴とする油性印刷用カオリン顔料分散物の製造方法。 (もっと読む)


【課題】水性塗料、水性インキ等に用いた場合に、貯蔵時の水素ガス発生量が少なくて保存安定性に優れると共に、塗膜の光輝性、隠蔽性及びフリップフロップ感に優れる金属顔料組成物を提供する。
【解決手段】本発明に係る金属顔料組成物は、金属酸化物及び金属酸化物のアルカリ金属塩並びに金属酸化物のアンモニウム塩からなる群より選ばれる1種または2種以上の金属酸化物系化合物と、1種または2種以上のリン化合物とを反応させて得られるリン含有金属化合物と、金属顔料と、を含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【解決課題】優れた画像濃度、分散性および保存安定性を発揮するとともに、再溶解性が高く、インク塗膜の耐マーカー性、耐擦過性に優れる顔料分散組成物を簡便に製造する方法を提供する。
【解決手段】顔料分散組成物を製造する方法であって、表面に酸性基を有する顔料(I)と、一級アミノ基および二級アミノ基から選ばれるアミノ基を分子中に2以上有する塩基性化合物(II)とを水性媒体中で接触させて、表面に未反応アミノ基を有する顔料を作製した後、さらに、末端イソシアネート基を2以上有するポリイソシアネートポリウレタン樹脂(III)と接触させ尿素結合させてなるポリウレタン樹脂付加顔料(A)の分散体を作製し、次いで、前記ポリウレタン樹脂付加顔料(A)の分散体に対し、40℃〜100℃で1日〜30日間加熱処理を施すことを特徴とする顔料分散組成物の製造方法である。 (もっと読む)


【課題】低い表面抵抗を有し、帯電防止性、反射防止性および電磁遮蔽性に優れるとともに、分散液のポットライフが長く、信頼性や耐久性に優れた透明導電性被膜の形成に好適に用いることができる金属微粒子分散液等を提供する。
【解決手段】金属微粒子と、分散媒とを含む金属微粒子分散液において、前記金属微粒子は、Ag、Pd、Cu、Ru、Rh、PtおよびAuからなる金属群より選ばれる少なくとも1種以上の金属を含み、その一次粒子径が1〜30nmの範囲であり、二次粒子径が5〜100nmの範囲であり、当該金属微粒子の0.1〜10質量%が酸化されていることと、金属微粒子濃度が0.5質量%のときの酸化還元電位が500〜800mVの範囲であり、電気伝導度が1〜15μS/cmの範囲である。 (もっと読む)


1 - 20 / 268