説明

Fターム[5B087CC05]の内容

表示による位置入力 (55,342) | 表示画面上で操作するもの (17,478) | CRT (518)

Fターム[5B087CC05]の下位に属するFターム

Fターム[5B087CC05]に分類される特許

1 - 20 / 480



【課題】本発明の目的は、基材や下地などとの密着性が良好であり、膜硬度、エッチャント耐性が高い樹脂組成物と、それを用いたタッチパネル用絶縁膜を提供することを目的とする。
【解決手段】 側鎖に水酸基を有する樹脂(A1)、下記一般式(1)で示されるイソシアネート基含有シラン化合物(B)、および溶剤(C)を含むことを特徴とする樹脂組成物によって解決される。
一般式(1)
(OCN−R1n−Si−(R24-n
[但し、R1は炭素数1〜5のアルキレン基、R2は炭素数1〜5のアルコキシ基または水酸基をそれぞれ示し、nは1〜3の整数である。] (もっと読む)


【課題】ユーザによる偶発的タッチの判定を可能にし、フライトディスプレイの全区域をタッチスクリーン表面に使用できるようにすること。
【解決手段】少なくとも1つのタッチスクリーンディスプレイを含むフライトデッキを備えた操縦室を有する航空機を運転する方法は、少なくとも1つのタッチスクリーンディスプレイ上への物体のタッチを検知して入力タッチを定義する段階と、少なくとも1つのタッチスクリーンディスプレイ上への入力タッチが無効であるかどうかを判定する段階と、を含む。 (もっと読む)


【課題】FPCと電極との接着力に優れ、特にFPCと金属の電極との接着力に優れた異方性導電材料を提供する。
【解決手段】バインダー樹脂、導電性粒子、及び溶剤を含有する異方性導電材料であって、前記バインダー樹脂は、カルボキシル基を含有するウレタン骨格を有する異方性導電材料。好ましくは、前記バインダー樹脂は、カルボキシル基を有するウレタン(メタ)アクリレートが共重合されてなる。更に好ましくは、前記バインダー樹脂の重量平均分子量は、10,000〜300,000である。 (もっと読む)


【課題】平均回数の変更が頻繁に発生せず、さらに描画速度が急激に変化する場合でも、平均回数が一度に大きく変化しないようにする。
【解決手段】タッチ面の全面についてスキャンを実施して、タッチ面上の位置に応じたレベル信号を取得し、そのレベル信号に基づいてタッチ位置を検出する制御部7を備え、この制御部は、レベル信号に基づいてタッチ位置を算出するタッチ位置算出部42と、タッチ面上で指示物を動かす描画速度に応じて平均回数を設定する平均回数設定部43と、ここで設定された平均回数に基づいてタッチ位置を平均化する平均位置算出部44と、を備え、平均回数設定部は、タッチ位置の変化状況から各回の速度特性値を求めるとともに、現在までの複数回の速度特性値から速度評価値を求めて、その速度評価値を所定のしきい値と比較して、その比較結果に基づいて新たな平均回数を設定する。 (もっと読む)


【課題】 凸または凹状態のタッチスクリーンを有するタッチパネルにおいて、タッチ位置によるタッチ座標の偏差を抑え、タッチ座標算出をタッチ位置によらず高精度に行うタッチパネルを得る。
【解決手段】 横方向に配設された検出用行配線2および縦方向に配設された検出用列配線3を備え、縦方向の断面が凸状態または凹状態であり、タッチスクリーン1と、検出用配線を順次選択するスイッチ回路20と、スイッチ回路により選択された検出用配線の静電容量を検出する静電容量検出回路21と、検出結果に基づいて、座標を算出するタッチ座標計算回路22を備え、検出用行配線2の幅を、タッチスクリーン1が凸状態のときは、タッチスクリーン1の縦方向の上端部から下端部へ順次狭く、タッチスクリーン1が凹状態のときには、タッチスクリーン1の縦方向の上端部から下端部へ順次広くなるように形成する。 (もっと読む)


【課題】光源部からの指示部材の距離にかかわらず、受光素子からの出力を適正なレベルに設定することのできる位置検出システム、および入力機能付き表示システムを提供すること。
【解決手段】位置検出システム1において、指示部材Obの外周面には再帰反射部Sbが設けられている。光源部12は、基準面41aに平行な仮想面P12に沿って検出光L2を出射する。受光素子13は、仮想面P12よりZ軸方向の一方側Z1において、受光面130に対する法線方向L130が基準面41aに交差するように配置されている。指示部材Obと光源部12との距離が長い場合には、短い場合に比して、再帰反射部Sbで反射した光が受光素子13の受光面130に効率よく入射する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、静電容量方式タッチパネルに関する。
【解決手段】本発明によるタッチパネルは、第1の透明基板の一面に形成され、2Xの幅を有するパターニングされた線で囲まれた複数個の開口部を含むメッシュ構造の検出電極と、前記第1の透明基板の一面に対向するように位置する第2の透明基板の一面に形成され、前記検出電極に対応する領域は、2Xの幅を有するパターニングされた線で囲まれた複数個の開口部を含み、その他の領域は、Xの幅を有するパターニングされた線で囲まれた複数個の開口部を含むメッシュ構造の駆動電極を含む。また、本発明は、検出電極に対向する駆動電極領域の開口部の幅をその他の駆動電極領域の開口部の幅より2倍大きくし、検出電極と駆動電極の開口部が互いに交差して配置することにより、タッチパネルの組み立て状態において全体的に均一なメッシュ構造を形成することができる。 (もっと読む)


【課題】押圧検出が可能なタッチセンサ機能付き液晶パネルを提供する。
【解決手段】対向する一対の基板31,32間に、一方の基板の変位によって信号を出力する複数の変位検出部30が設けられている。変位ポイント検出部3は、複数の変位検出部からの出力信号に基づいて、複数の変位検出部のそれぞれの位置での一方の基板の変位の有無を二値的に検出し、座標検出部4は、複数の変位検出部のうち、変位ポイント検出部によって一方の基板の変位有りと検出された変位検出部の座標を検出して押圧の位置情報を導出し、変位ポイント数カウント部5は、複数の変位検出部のうち変位ポイント検出部によって変位有りと検出された変位検出部の数を数え、押圧導出部6は、変位ポイント数カウント部が数えた変位検出部の数に基づいて押圧の強さ情報を導出する。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、配線パターンの印刷前に印刷されるダミーパターンを設計して挿入することにより、最初の印刷部分の線幅増加を防止するとともに、印刷品質を向上させることができるタッチウィンドウの構造を提供することにある。
【解決手段】本発明は、配線パターンの印刷性を向上させる技術及びこれにより製造されるタッチウィンドウの構造に関するもので、特に本発明に係るタッチウィンドウは、透明ウィンドウ上に形成されるパターン化された感知電極を含む感知電極パターン層と感知電極と連結される配線部を含み、配線部と離隔するダミー回路パターンを更に含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】モニタ画面の周囲にいかなる物理的なマークや付加装置を装着することなく、任意のモニタに適用可能なポインティング装置を提供する。
【解決手段】ポインティング装置は、マーク(mk)をモニタ画面(mo)に出力するマーク出力部と、該マーク(mk)を撮影するカメラ(ca)と、該カメラ(ca)によって撮影された映像を映像処理してマークを認識し、ポインティング座標を算出する映像処理部と、を含んで構成されるものであって、既存のポインティング装置とは異なり、任意の種類のモニタに使用可能であり、別途の物理的なマークや追跡装置をモニタに装着せずに、マークをモニタ画面に出力し、ポインティング作業が可能である。 (もっと読む)


【課題】手書入力とソフトキー入力のいずれの場合でも、押下座標を取得する時間間隔が長い期間を設けることができ、かつ、手書入力の場合とソフトキー入力の場合とでユーザーが入力モードを切り換える必要をなくす。
【解決手段】タッチパネル制御部700は割込命令部702及び入力モード切換部703を含む。割込命令部702は、入力認識部501が手書入力を認識できる第1の時間間隔でCPUに割込命令をする手書入力モードと、第1の時間間隔より長い時間間隔であって入力認識部がソフトキー入力を認識できる第2の時間間隔でCPUに割込命令をするソフトキー入力モードとを有する。入力モード切換部703は、タッチパネル部403の押下開始が検知されたとき、割込命令部702のモードをソフトキー入力モードとし、押下開始の検知から押下座標が移動した軌跡の長さが、予め定められた値に到達したことを入力認識部が認識したとき、割込命令部702のモードを手書入力モードに切り換える。 (もっと読む)


【課題】アイコンなどに割り当てられた機能を表示画面に触れることなく選択、実行することができるようにする。
【解決手段】近接判定部181は、近接パネルから出力される近接検知信号に基づいて、タッチスクリーンに対するユーザの指などの近接の度合を判定する。視差調整部182は、ユーザの指などの近接の度合に基づいて3D画像生成部183により生成される3D画像の視差を設定する。また、3D表示させるべきオブジェクトが特定され中心位置に基準点を設定する。3D画像生成部183は、視差に対応して定まる距離であって、上述した基準点から同一距離だけ離間している左右の領域の各データを、左目用画像のデータ、および右目用画像のデータとして生成する。選択実行指令部184は、当該オブジェクトに対応する機能の実行を指令する。 (もっと読む)


【課題】2以上の特性値に依存する信号のうち、それらの特性値が特定の範囲にあるものについて、座標系における位置を指定する操作により、その信号の値を調整する。
【解決手段】調整量設定部160は、操作部12のタッチセンサが出力する操作情報を受け取って、表示部13の表示画面のウインドウへの接触があったか否かを判定する。そして、接触があったと判定した場合に、調整量設定部160は、接触された位置の変化を監視し、ウインドウに接触した指などが離脱するまでの軌跡を記憶する。そして、調整量設定部160は、この軌跡が、例えば、特定操作により特定された指定領域の外側への接触で開始され、その指定領域の境界を越えて移動し、その内側における離脱で終了している場合に、その指定領域に対する調整量を増加させる。 (もっと読む)


【課題】相互キャパシタ方式の容量センサの容量検出回路を提供する。
【解決手段】演算増幅器32の第1入力端子には、所定の基準電圧VREFが印加される。積分キャパシタCINTは、演算増幅器32の出力端子とその第2入力端子の間に設けられる。駆動バッファ34は、演算増幅器32の第2入力端子の電位を受ける。第1スイッチSW1は、駆動バッファ34の出力端子と受信電極12の間に設けられる。第2スイッチSW2は、受信電極12と演算増幅器32の第2入力端子の間に設けられる。オフセット用キャパシタCOFSの第1端子の電位は固定され、第3スイッチSW3は、オフセット用キャパシタCOFSの第2端子と演算増幅器32の第2入力端子の間に設けられる。第4スイッチSW4は、オフセット用キャパシタCOFSと並列に設けられる。 (もっと読む)


【課題】複数点におけるタッチ入力が同一のユーザによるものか、複数のユーザによるものかを、より簡単に判別することができる入力装置を提供する。
【解決手段】供給部は、第1導体群の各第1導体に、検出信号を順次供給する。検出部は、第2導体群の各第2導体から、検出信号に対応する電気信号を順検出する。算出部は、検出信号を供給した第1導体と、電気信号を検出した第2導体と、の導体組の各々について、電気信号が減少した導体組に対応する位置を算出する。推定部は、前記位置が複数存在する場合、一方の前記位置に対応する前記導体組の前記第1導体に前記検出信号が供給された際、他方の位置に対応する前記導体組の前記第2導体から検出される前記電気信号が増大した場合に、複数の前記位置は一のユーザによってタッチされたと推定する。 (もっと読む)


【課題】アクティブエリアを拡大可能で、リワーク時の歩留まりを向上させることが可能なタッチパネル、及びこのタッチパネルを備えた表示装置を提供する。
【解決手段】タッチパネルセンサ2にフレキシブル基板3が接合されたタッチパネル1であって、タッチパネルセンサ2は、所定の間隔で平行に配置された第1の透明電極19、及び金属材料からなる第1の取出配線4が一方側の面に配置された第1の透明基板16と、第1のセンサ電極と直交する方向に、所定の間隔で平行に配置された第2の透明電極20、及び金属材料と樹脂材料からなる複数の第2の取出配線6が配置された第2の透明基板17と、これらを接着する接着層18とを備え、第2の透明基板17の他方側の面と、第1の透明基板16の第1の透明電極19及び第1の取出配線4が配置された面とを対向させて、第2の透明基板17を第1の透明基板16上に接着層18を介して積層した。 (もっと読む)


【課題】フォーカス移動を制御しつつ、再度フォーカス移動キーの操作を受け入れるとフォーカスを移動させることで、入力漏れを防ぎつつ、入力効率を上げること。
【解決手段】ユーザの操作に従って、データ入力が可能な複数の入力領域を有する画面を表示する情報処理装置であって、データを入力するための入力領域にフォーカスを移動するべく、フォーカス移動指示を受け付け、フォーカス移動指示を受け付けた際にフォーカスのあった入力領域が入力チェック項目か否かを判定し、入力領域が入力チェック項目であると判定された場合、入力領域の入力値が所定の条件を満たしているか否かを判定し、入力値が所定の条件を満たしていないと判定される場合、次の入力領域へのフォーカスの移動を抑止するべく、条件を満たしていないことを識別可能に表示する。その後、再度フォーカス移動指示を受け付けた場合に、次の入力領域にフォーカスを移動する。 (もっと読む)


【課題】 OSのデスクトップ画面のような汎用的な環境において、タッチパネルを用いたタッチ操作によりディスプレイ画面の外側に設定された表示画像への表示領域の移動制御を可能にする。
【解決手段】 タッチパネルユニット100を備えたデータ処理装置において、このタッチパネルユニット100に対する入力操作のうち、タッチパネルの入力面に設定された操作領域にカーソルを移動させ、さらにこの操作領域内でカーソルを移動させる操作を検出する操作イベント検出部12と、検出された操作におけるカーソルの移動方向に応じて、カーソルの移動方向に応じて決定される方向であってディスプレイ画面の外側へ向かう方向へ、ディスプレイ画面の周縁に位置するカーソルを移動させる移動情報を生成するカーソル移動情報生成部13と、生成された移動情報に基づいて表示画像上でカーソルの位置を移動させるカーソル動作制御部14と、このカーソルの移動に応じてディスプレイ画面の表示内容をスクロールさせる仮想画面制御部15とを備える。 (もっと読む)


【課題】状況により画面操作が制約されることがなく、かつ画面操作を簡便に行うことができるようにする。
【解決手段】情報処理装置1により制御される画像表示装置2の画面4に対してユーザが指示物6を用いて行った操作に関する操作情報を取得して、その操作情報に応じた処理を情報処理装置に実行させる画面操作システムであり、画像表示装置の画面を撮像するカメラと、このカメラによる撮像画像を表示するディスプレイ8と、情報処理装置との間で情報を通信する通信部と、を備えた携帯情報装置5を有し、携帯情報装置のカメラで、画像表示装置の画面上の所要の位置に指示物が重なって映るように撮像し、これにより得られた撮像画像情報に基づいて操作情報を取得する。 (もっと読む)


1 - 20 / 480