Fターム[5K067CC01]の内容

移動無線通信システム (440,489) | 伝送方式 (20,324) | 多重方式 (15,599)

Fターム[5K067CC01]の下位に属するFターム

Fターム[5K067CC01]に分類される特許

1 - 20 / 1,296



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281

【課題】MIMO(Multiple−Input Multiple−Output)受信方式と受信ダイバーシティ方式とを切り換えて動作する携帯電話機10を提供する。
【解決手段】携帯電話機10は、MIMO受信方式及び受信ダイバーシティ方式のいずれを用いるかを決定する制御部234、アンテナ103により受信した第3信号の出力先を切り換える切換器108、MIMO受信方式を用いると決定される場合、第3信号を受け取り、第3信号と、アンテナ101により受信した第1信号とを用いて、MIMO受信方式における信号分離を行うMIMO処理部237、受信ダイバーシティ方式を用いると決定される場合、第3信号を受け取り、第3信号と、アンテナ105により受信した第2信号とを用いて、受信ダイバーシティ方式により信号を処理して出力するダイバーシティ処理部240を含む。 (もっと読む)


【課題】不適切なハンドオーバ動作を検出し、無線端末装置の移動動作を制御することにより、通信の安定化を図ることが可能な無線通信システム、無線基地局装置、通信制御方法および通信制御プログラムを提供する。
【解決手段】無線基地局装置101Aは、無線端末装置202による無線基地局装置101Bから自己への移動動作が行なわれてから所定時間内に、上記無線端末装置202による自己から無線基地局装置101Bへの移動動作が行なわれた事象を検知する。無線基地局装置101Aは、上記事象を検知した場合には、所定情報を無線基地局装置101Bへ送信する。無線基地局装置101Bは、無線基地局装置101Aから受信した上記所定情報に基づいて、無線端末装置202による自己から無線基地局装置101Aへの移動動作のタイミングが遅くなるように制御する。 (もっと読む)


【課題】複数のデュープレクサD1/D2の中から、使用すべきデュープレクサD1/D2を適切に選択する。
【解決手段】本発明に係る移動通信方法は、バンドF1で運用されている移動通信システム1における移動通信方法であって、移動通信システム1内の無線基地局eNBが、移動局UEに対して、バンドF1に隣接するバンド2で運用されているシステムXに係る情報と共に、バンド1に隣接するバンド3で運用されているシステムYに係る情報を通知する工程Aと、移動局UEが、システムXに係る情報及びシステムYに係る情報に基づいて、複数のデュープレクサD1/D2のうち、使用すべきデュープレクサD1(又は、D2)を選択する工程Bとを有する。 (もっと読む)


【課題】ダイナミックスペクトラムアクセスを最適化する。
【解決手段】センサデータに基づいて現在の通信環境を取得し、過去の通信事例における通信時の通信環境およびチャネルの性能に関する情報を格納する事例データベースから、現在の通信環境と一致する過去事例を選択して、その事例に含まれるチャネル情報を現在の状況に対するチャネル情報とする。チャネル情報に基づいて利用するチャネルを選択し、選択されたチャネルで通信したときの性能を評価してチャネル報酬を生成し、チャネル報酬に基づいて選択チャネルに関するチャネル情報を更新する。チャネルの選択、チャネルの評価、チャネル情報の更新は繰り返し実行される。 (もっと読む)


【課題】ワイドエリア内に配置されるローカルエリアにおいて高効率なローカルエリア無線アクセスを提供すること。
【解決手段】無線通信システムは、ワイドエリアをカバーするワイドエリア基地局装置と、ワイドエリア内に配置されたローカルエリアをカバーするローカルエリア基地局装置と、ワイドエリア用の無線通信方式によってワイドエリア基地局装置と通信し、ローカルエリア用の無線通信方式によってローカルエリア基地局装置と通信する移動端末装置とを備える。ローカルエリア用の無線通信方式では、ワイドエリア用の無線通信方式で使用されるワイドエリア制御情報が利用される構成にした。 (もっと読む)


【課題】複数のコンポーネントキャリアにて異なる送信タイミングで上りリンク信号の送信が指示される場合であっても、ユーザ端末の安定した動作を確保すること。
【解決手段】コンポーネントキャリア毎に上りリンク信号の送信タイミングを指示する無線基地局装置と、この無線基地局装置から指示された送信タイミング情報等に基づいて設定される送信タイミングで上りリンク信号を送信するユーザ端末とを具備する無線通信システムにおいて、無線基地局装置は、複数のコンポーネントキャリアで異なる送信タイミング情報を指示し、ユーザ端末は、連続する複数のコンポーネントキャリアを用いた通信が行われる場合に上りリンク信号の同時送信を回避することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】基地局装置と移動局装置が、コンポーネントキャリアを複合的に使用して広帯域な周波数帯域で通信を行なう際に、無線リソースを効率的に使用して、HARQにおける制御情報を送受信できる移動局装置、通信方法および集積回路を提供する。
【解決手段】HARQに関する情報を基地局装置へ送信する移動局装置であって、前記移動局装置において判断された前記移動局装置に対する物理下りリンク制御チャネルの数、および、前記物理下りリンク制御チャネルによってスケジュールされた物理下りリンク共用チャネルが送信される下りリンクコンポーネントキャリアに基づいて、前記HARQに関する情報の送信に使用する物理上りリンク制御チャネルリソースを制御する手段を備える。 (もっと読む)


【課題】ユニキャスト情報およびブロードキャスト情報を、送信要求のためのリソース・セットで伝送する。
【解決手段】ユニキャスト情報およびブロードキャスト情報は、実質的に同時に送信されうる。信頼性の高い復号のために、ユニキャスト情報およびブロードキャスト情報に個別に電力制御が適用される。ヌル要求は、ユニキャスト部分における“00”ビット、およびブロードキャスト部分におけるゼロ電力レベルによって示されうる。 (もっと読む)


【課題】移動局UEが、デタッチ処理を行うことなく、同一の位置登録エリア内のFDD方式の無線基地局eNB配下のセルからTDD方式の無線基地局eNB配下のセルにセル再選択処理を行う。
【解決手段】本発明に係る移動通信方法は、移動局UEが、TDD方式の無線基地局eNB#2配下のセルへのセル再選択処理を行った後、移動管理ノードMMEに対して「Service Request」を送信する工程と、移動管理ノードMMEが、TDD方式の無線基地局eNB#2に対して「FDD unique part」及び「FGI bit common part」を送信する工程と、TDD方式の無線基地局eNB#2が、「UE Initial Context Setup Request」に応じて、移動局UEから「TDD unique part」を取得する工程を有する。 (もっと読む)


【課題】FDD方式の無線基地局eNB配下のセルにおいて待ち受け状態になる移動局UEが、同一の位置登録エリア内のTDD方式の無線基地局eNB配下のセルへのセル再選択処理を適切に行う。
【解決手段】本発明に係る移動通信方法は、FDD方式の無線基地局eNB#1配下のセルにおいて待ち受け状態にある移動局UEが、TDD方式の無線基地局eNB#2配下のセルへのセル再選択処理を行った場合、「Detach Request(Type/Cause:UE Capability Update)」を送信する工程と、移動管理ノードMMEが、移動局UEに対して、「Detach Accept(Type/Cause:Re-attach required)」を送信する工程とを有する。 (もっと読む)


【課題】 無線通信ネットワークにおけるマルチキャスト及びユニキャストサービスをサポートするのに好適な方法を提供する。
【解決手段】 無線通信ネットワークで用いられるベース送受信局に実装される方法は、ユニキャストデータとマルチメディアブロードキャストマルチキャストサービス(MBMS)データとを一フレームの中に含む時間ドメイン信号を生成する工程と、時間ドメイン信号をユーザ機器に送信する工程とを含み、ユニキャストデータには短い循環前置子が用いられ、MBMSデータには長い循環前置子が用いられる。 (もっと読む)


【課題】協調して受信する協調通信を用いた場合において、ユーザ間干渉による影響を低減しつつ各送信装置に対し柔軟な周波数割当を可能とする受信装置を提供すること。
【解決手段】他の受信装置と協調して、送信装置からの信号を受信する受信装置であって、 送信装置が送信した信号を受信する受信部と、送信装置が送信した信号の周波数帯域の一部と、他の送信装置が送信した信号の周波数帯域とが重複しているときは、送信装置が送信した信号の重複している周波数帯域の少なくとも一部のスペクトルを、他の受信装置から受信する協調通信部と、協調通信部が受信したスペクトルを用いて、受信部が受信した信号の受信処理を行う第1の受信処理部とを具備することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】より小さな消費電力で、端末が基地局と通信できるか否かを判断可能な通信装置を提供する。
【解決手段】基地局が発信しているフレームデータを抽出し、フレームデータのヘッダに格納されている、使用帯域に関するパラメータを得る。基地局が使用可能な全帯域から、既に使用されている帯域を引き、空きの帯域を計算する。自端末が使用したい帯域が空きの帯域に収容可能か否かを判断する。収容可能な場合には、基地局と通信可能であるので、端末は、基地局と通信を行うためのネットワークエントリシーケンスを走らせる。 (もっと読む)


【課題】無線通信システム内で電力を制御するための方法を提供する。
【解決手段】ダウンリンク電力制御コマンドは、無線通信システム内でアップリンク通信のために使用される資源にマッピングされる。eNode Bは、UEから通信を受信し、非最適電力レベルで送信されるアップリンクの上で、それらの伝送のためにUEにより使用される資源を判定する。電力制御コマンドの位置が説明される(該電力制御コマンドの位置は、UEによりそれらのアップリンク伝送のために使用される特定の資源にマッピングされる)。これは、上記eNode Bが資源を該電力制御コマンドに動的に割り当てることを容易にし、一方、それゆえ、UEが、それらの電力を調整するために該電力制御メッセージを復号化するのを可能にする。 (もっと読む)


【課題】少なくとも1つの基地局装置から成るシステムで、基地局装置が上りリンクの信号を効率的に制御する。
【解決手段】受信処理部401で受信された複数種類の参照信号のそれぞれに基づきパスロスの計算を行なうパスロス計算部4051と、パスロス計算部4051で計算された前記パスロスを用いて上りリンクの信号の所望の送信電力を設定する送信電力設定部4053と、送信電力設定部4053において設定された前記所望の送信電力を用いて、送信電力の余地に関する情報であるパワーヘッドルームを生成し、前記パワーヘッドルームの送信を制御するパワーヘッドルーム制御部4055と、を有し、パワーヘッドルーム制御部4055は、前記複数種類の参照信号のそれぞれに基づき計算されたパスロスを用いたパワーヘッドルームの送信処理を、前記パワーヘッドルームの送信処理のそれぞれに対して独立なパラメータを用いて独立に制御する。 (もっと読む)


【課題】帯域リソースをフロー毎に効率的に割り当て、システム全体の通信容量の増大を図ることのできる無線通信システムを提供する。
【解決手段】帯域リソースマネジメントサーバ20は、ストリーミングサーバから端末に配信されている配信中フローと、端末に新規に配信される新規フローとのそれぞれに対して、レートテーブルに基づき、各フローに割り当てるサブキャリアの伝送レートの合計が各フローに要求される各データレート以上となり、且つ、前記各フローに割り当てるサブキャリア数の合計が最小となるサブキャリアの組み合わせを選択し、選択した組み合わせのサブキャリアを各フローに割り当て、基地局14は、配信中フロー及び新規フローを、帯域リソースマネジメントサーバ20により割り当てられたサブキャリアで送信する。 (もっと読む)


【課題】キャリアアグリゲーションを利用して効率的に広帯域伝送を行うこと。
【解決手段】複数の異なるキャリアを用いる情報伝送方法であって、システムで用いる帯域に第1のキャリア及び第2のキャリアが含まれ、前記第1のキャリアにのみシステム制御情報を割り当て、前記第1のキャリア及び第2のキャリアのどちらか又は双方に共有チャネルを割り当てるステップと、前記システム制御情報を前記第1のキャリアで伝送し、前記共有チャネルを前記第1のキャリア及び第2のキャリアのどちら又は双方で伝送するステップと、を具備することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】heterogeneous環境下で、MTCで使用されるバーチャル・キャリヤを好適に運用する。
【解決手段】Pico eNodeBは、バーチャル・キャリヤをドナー帯域の中心72サブキャリヤの位置を避けて配置したり、バーチャル・キャリヤの運用を特定のサブフレームで停止したり、バーチャル・キャリヤの制御領域PDCCH_MTCを特定のサブフレームを避けて停止することによって、Macro eNodeBから送信されるサブフレームのデータ領域PDSCHに挿入された制御信号BCHや同期信号PSS、SSSからの干渉を回避する。 (もっと読む)


【課題】協調的送信方式において適切かつ効率的なHARQ処理を実現する。
【解決手段】供給eNB側の送信装置では、第1のパケット送信部が再送データパケットを送信する動作を実行する。一方、協調eNB側の送信装置では、第2のパケット送信部が、パケット転送部によって供給eNBから転送された情報に対応する新規データパケットを送信する動作を実行する。供給eNB及び協調eNBによるUEに対する通信の制御情報は、UEから供給eNBに向かうPUCCH、及び供給eNBからUEに向かうPDCCHのみを用いて通信する。供給eNBと協調eNBは、X2インタフェースを用いて、新規データパケット及び通信制御情報等の通信を行う。 (もっと読む)


1 - 20 / 1,296