国際特許分類[A61K8/18]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 医薬用,歯科用又は化粧用製剤 (357,440) | 化粧品あるいは類似化粧品製剤 (53,057) | 組成に特徴があるもの (45,906)

国際特許分類[A61K8/18]の下位に属する分類

国際特許分類[A61K8/18]に分類される特許

41 - 50 / 193


【課題】 高い光沢を有し、皮膚に刺激を与えることなく滑らかな使用感で、伸びの軽い光沢顔料を提供する。
【解決手段】 光沢顔料は、中空若しくは中実の球状ガラス表面に金属を被覆することにより得られる。またかかる光沢顔料を化粧料に配合する。被覆する金属としては、金,銀,アルミニウム,クロム,ニッケル,モリブデン,銅,スズ,マグネシウム及びそれらの混合物(合金)から選択される1種を単独で又は2種以上を混合して用いる。 (もっと読む)


【課題】 ネギの焼ける香ばしい臭いを手軽に簡単に得る。
【解決手段】 粉末化したネギに燃焼補助剤や支燃剤を添加し、線香状に成型、乾燥する。これにより、点火すると線香が連続燃焼し、ネギの焼ける香ばしい臭いが発生する。 (もっと読む)


【課題】 スラリー状の化粧料の容器外へのはみ出し防止、生産性の向上を図る。
【解決手段】 プレス機5の化粧料ヘッド5dを下降させシート材6を介して容器1内のスラリー状の化粧料Sa,Sbをプレスするにあたって、枠体5bの下降によりシート材6におけるスラリー状の化粧料Sa,Sbの周囲の部分を押えておくことで、このスラリー状の化粧料Sa,Sbの周囲を押えている枠体5b及びシート材6により、スラリー状の化粧料Sa,Sbの容器1外へのはみ出しを防止すると共に、このようにスラリー状の化粧料Sa,Sbの容器1外へのはみ出しを防止できることから、化粧料ヘッド5dを迅速に下降させて、生産性を向上し、加えて、化粧料ヘッド5dのプレスにより、化粧料中に含まれる溶剤をシート材6を通じて絞り出し、後工程で必要とされる溶剤吸引工程・乾燥工程を低減又は無くし、生産性を一層向上する。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は使用感触に優れた粉末化粧料を製造するための製造方法を提供することにある。
【解決手段】粉末成分と結合剤としての油性成分とを揮発性溶媒中で混合してスラリーとするスラリー調製工程と、前記スラリーを乾燥して乾燥粉末を得る乾燥工程とを備え、該乾燥粉末から粉末化粧料を得る粉末化粧料の製造方法であって、前記乾燥工程で用いる乾燥装置14は、前記スラリーを機械的なせん断力により微細液滴化し、該微細液滴に乾燥ガスを送風することで前記スラリーの乾燥を行う乾燥装置であることを特徴とする粉末化粧料の製造方法。 (もっと読む)


【課題】 分散性が優れ、化粧料やシリコーンオイルスラリーの調製にあたって、高配合しても粘度の上昇が少ない微粒子酸化チタンまたは微粒子酸化亜鉛の表面処理品を提供する。
【解決手段】 平均粒子径5〜100nmの微粒子酸化チタンまたは微粒子酸化亜鉛を基材とし、該基材に対してジメチコンとジメチコン/メチコンコポリマーとの質量比10:1〜10:5の混合物を添加して、基材の微粒子酸化チタンまたは微粒子酸化亜鉛の表面にジメチコンとジメチコン/メチコンコポリマーとの混合物を該基材に対して10〜30質量%で被覆することによって、ジメチコンとジメチコン/メチコンコポリマーとの混合物被覆微粒子酸化チタンまたは微粒子酸化亜鉛を構成し、それをシリコーンオイルに分散させてシリコーンオイルスラリーを構成し、また、それを配合して化粧料を構成する。 (もっと読む)


【課題】 刺激応答性を有し、大量の物質を吸着または内包できるミクロスフェアおよびその製造方法を提供すること。
【解決手段】 アルケニルエーテル重合体を含んでなる、ミクロスフェア、および、(1)溶媒中、アルケニルエーテル重合体を凝集させて、コアセルベートを形成させる工程と、(2)上記コアセルベートの状態で上記アルケニルエーテル重合体の分子間を架橋する工程を含んでなる、ミクロスフェアの製造方法。 (もっと読む)


【課題】 化粧料に配合した場合に不快臭を生じさせないように低臭化し、かつシリコーンオイルスラリーが調製しやすいアルキルシリル化処理粉体を提供する。
【解決手段】 平均一次粒子径が1nm〜100μmの金属酸化物粒子と、少なくとも1つの炭素数1〜20のアルキル基および少なくとも1つのアルコキシ基を有するアルキルアルコキシシランとを、低級アルコール中で混合し、アルキルアルコキシシランに対して5〜10倍質量の水を1〜100℃の温度下で加えて、アルキルアルコキシシランを加水分解させ、ついで低級アルコールと水を加熱留去して、上記金属酸化物粒子の表面に少なくとも1つの炭素数1〜20のアルキル基を有するアルキルシランを上記金属酸化物粒子に対して1〜30質量%被覆して低臭アルキルシリル化処理粉体を構成し、それをシリコーンオイルに分散させてシリコーンオイルスラリーを調製し、それらを配合して化粧料を構成する。 (もっと読む)


【課題】分散安定性を向上させることができるとともに、しっとりとした感触を与えることができ、しかも十分な撥水性を有する化粧料用顔料およびその顔料を含有する化粧料を提供する。
【解決手段】化粧料用の顔料粉体に、アルキルアルコキシシラン、アルコキシチタニウムアルキレートまたはポリシロキサンと、ポリエーテル基を有するアルコキシシランとを表面処理して目的とする化粧料用顔料を得る。そして、この化粧料用顔料を化粧料に配合して目的とする化粧料を得る。 (もっと読む)


【課題】 毛穴の存在を自然な仕上がりで目立たなく見せる技術を提供する。
【解決手段】 1)粒径3〜20μmの球状粉体を0.005〜10質量%と、2)繊維状二酸化チタンを0.005〜10質量%とを化粧料に含有させる。前記球状粉体は、珪素−酸素結合における、酸素を置換する置換基として炭素数1〜4のアルキル基乃至はフェニル基を有していても良い、無水珪酸であることが好ましく、少なくとも表面に多孔質層を有さない無水珪酸及び/又は架橋構造を有していても良いメチルポリシロキサン樹脂乃至はメチルフェニルポリシロキサン樹脂であることが好ましく、前記繊維状二酸化チタンは、中空構造を有していることが好ましい。
(もっと読む)


【課題】 毛穴を目立たなくさせるのに好適な化粧料を製造する手段を提供する。
【解決手段】 1)粉体そのものの拡散透過率と、油脂で湿潤させた状態における拡散透過率とを測定し、後者の値が前者の値を上回るか、拡散透過率に変化のない粉体を選択し、2)粉体そのもののグロス値と、油脂で湿潤させた状態におけるグロス値とを測定し、湿潤状態のグロス値の方が粉体そのもののグロス値よりも低い粉体を前記球状粉体を選択し、1)、2)の両方で選択された粉体の内、粒径3〜20μmの球状粉体を毛穴の充填のための粉体として選択し、粉体含有化粧料を製造する。
(もっと読む)


41 - 50 / 193