国際特許分類[G06Q50/00]の内容

国際特許分類[G06Q50/00]に分類される特許

31 - 40 / 24,192


【課題】温室効果ガス削減のサポートサービスを提供して、ユーザに対して温室効果ガス削減に取り組む努力を促すことができる温室効果ガス排出削減支援システムとこれを用いる画像形成装置及び温室効果ガス排出削減支援方法並びに温室効果ガス排出削減支援システムに用いる表示装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置1の温室効果ガス排出削減支援システムあって、消耗品情報を検出する機能と、消耗品情報を格納する機能と、消耗品を判断する機能と、温室効果ガス排出量を算出する機能と、温室効果ガスの排出量が温室効果ガスオフセット量を超過するか否かを判断する機能と、温室効果ガス排出を削減するサポートサービスを提供する情報を通知する機能と、サポートサービスを提供する情報を表示する機能と、サポートサービスを選択してデータ管理サーバ701へ通知する機能を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】温室効果ガス排出枠の購入費用が使用されるオフセット事業の進捗状況が確認でき、消耗品を安心して購入することができるオフセット事業進捗状況確認システムとこれを用いる画像形成装置及びオフセット事業進捗状況確認方法並びにオフセット事業進捗状況の確認に用いる表示装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置1のオフセット事業進捗状況確認システムあって、消耗品情報を検出する機能と、消耗品情報を格納する機能と、消耗品を判断する機能と、消耗品情報をデータ管理サーバ701に通知する機能と、オフセット事業進捗状況の情報を希望するか否かを問い合わせる情報を画像形成装置1に通知する機能と、希望することをデータ管理サーバ701へ通知する機能と、オフセット事業進捗状況の情報を画像形成装置1に通知することをオフセットプロバイダーへ依頼する機能を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】電子商取引環境において優れた価格提示(price feed)を提供するためのツールを提供する。
【解決手段】電子商取引環境において市場データを提供するための方法であって、取引対象物について、注文数量が存在している複数の価格レベルを含み、さらに前記複数の価格レベルのそれぞれに係属している注文数量を含む市場情報を受け取るステップ、前記複数の価格レベルのうちから基準価格レベルを選択するステップ、および、前記基準価格レベルおよび前記複数の価格レベルのそれぞれに係属している注文数量を、前記基準価格レベルが受信端末において前記注文数量のそれぞれを前記複数の価格レベルのうちの該当する1つの価格レベルへと位置付けるために使用されるように含んでいる価格提示メッセージを生成するステップを含む方法。 (もっと読む)


【課題】事業者側に特別なシステムを必要とせずに、環境家計簿に、電気使用量、ガス使用量、水道使用量といった複数の種別の使用量データを自動で入力することで、一般家庭等におけるCO2排出量をより容易に正確に把握することを可能とすることを目的とする。
【解決手段】電気事業者やガス事業者が既にインターネット上で各消費者向けに提供している、各消費者の使用実績を開示する開示サービスを利用し、それらのサービスに自動的に順次アクセスして、各種使用量データを収集することで、複数の種別の使用量データを自動的に環境家計簿に入力し、一般家庭等におけるCO2排出量をより容易に正確に把握することを可能とする。 (もっと読む)


【課題】下工程の操業結果を予測するための予測モデルの学習用データを適切に選別しつつ、過学習を抑制する。
【解決手段】学習用実績データに最も近いSOMニューロンを勝者SOMニューロン602とし、勝者SOMニューロン602の値とその近傍にある近傍SOMニューロン603の値とを、学習用実績データの値に近づけるように修正してSOMの学習を行う。SOMの学習終了時のSOMニューロン602、603のそれぞれについて、値が最も近い学習用実績データを相互に関連付けて記憶する。そして、操業結果予測対象データと値が近い所定数のSOMニューロン602、603と、そのSOMニューロン602、603に関連付けられている学習用実績データとを学習用データ101、102とする。 (もっと読む)


【課題】省エネ担当者の負担を軽減し、電力などの使用エネルギーの監視を確実に行うことのできるエネルギーモニタリングシステムを提供する。
【解決手段】このエネルギーモニタリングシステムは、計器と、エネルギー計測装置と、送信無線機と、スマートフォン等の携帯端末とを備え、データセンターの管理用サーバーと通信することによってエネルギーを監視する。このシステムの携帯端末は、エネルギー計測装置と、無線機を介して、無線で接続される無線手段と、エネルギー計測装置からの計測データを読み込むデータ収集手段と、少なくとも、現在の計測データを数値とグラフで表示する計測データ表示手段と、最大需要電力を予測し、予測された最大需要電力が所定値を超えると判断した場合に警報を発する監視警報手段とを備えたことによって課題解決ができた。 (もっと読む)


【課題】 導入が容易で、省エネ効果の高い省エネ評価運用システムを提供する。
【解決手段】 省エネシステムの費用計算にあたり、センサーとこのセンサーからのデーターを処理するコンピューターにおいて、メモリーに格納されたプログラムに従ってCPU装置が該プログラムで指示された計算処理をする計算手段と、インターネットのサーチエンジンにて客観的なデーターを取得する検索手段と、主観的データーとしての前記法人の保守データー取得する保守データー取得手段と、前記客観的データーと主観的データーをリンクさせ、使用設備の市場価値をリアルタイムで評価および予測する評価手段を備えるようにし、検索手段には少なくともエネルギー・コストに関するデーターと気象予測データーが含まれ、保守データー取得手段には、少なくとも特別目的会社が運営する省エネ施設運転データーベースが含まれ、評価手段には、少なくとも前記省エネ施設の買換時期判断データーが含まれるようにした。 (もっと読む)


【課題】より実効性の高い就業力育成及び起業力育成の支援を行うと共に、体験的に環境問題に関する知識を習得し得る教育支援方法及び教育支援装置を提供する。
【解決手段】環境ビジネスに関わる会社での活動により就業力を育成する就業力育成コースにおいて、環境学の基礎知識及び就業に必要な一般常識を習得する基礎知識習得ステップ(ステージS1及びステージS2)と、環境問題の一課題について該課題を解決する一助となる商品並びにその周辺知識を習得する商品習得ステップ(ステージS2及びステージS3)と、提示される商品について販売展開のプランニングを行うプランニングステップ(ステージS4)と、提示された商品の販売活動を行うトレーニングステップ(ステージS5)と、を持つ。 (もっと読む)


【課題】 省エネに対する家電機器の使用状況を迅速に把握し、その家電機器の使用状況に応じて更なる省エネ化を促進するためにどのような行動をとるべきかの判断を容易にする。
【解決手段】 ユーザが所有する家電機器21に関する機器情報を収集する測定器22と、そのユーザの個人情報を蓄積した個人情報データベース12、測定器22で得られた機器情報を通信網30を介して受信することによりその機器情報を蓄積した機器情報データベース13、およびユーザの家電機器21に対する省エネ情報を蓄積した省エネ情報データベース14を格納し、診断処理プログラム15により、個人情報データベース12から抽出された個人情報に基づいて機器情報データベース13から抽出された機器情報を分析して家電機器21を診断し、その診断結果に基づいて省エネ情報データベース14から省エネ情報を抽出し、家電機器21の診断結果および省エネ情報を通信網30を介してユーザの端末器25へ配信するサーバ11とを具備する。 (もっと読む)


【課題】二酸化炭素固定量、二酸化炭素吸収量、カーボン・クレジットなどの環境影響値の目標値を定め、それを満たすことができる住宅を設計することができる住宅シミュレーションシステムを提供する。
【解決手段】目標とする住宅の環境影響値を設定する目標値設定部203と、住宅の設計仕様情報を有する設計仕様ファイル221と建材毎に所定単位あたりの環境影響値のデータを有する建材ファイル222とを記憶するデータベース220と、住宅の設計仕様を設定する住宅設計仕様設定部204と、建材を設定する建材設定部205と、設定された住宅の環境影響値と、設定された住宅の設計仕様と、設定された建材と、該データベースの情報とに基づき、住宅の環境影響値を算出する演算部206とを備える住宅シミュレーションシステム。 (もっと読む)


31 - 40 / 24,192