Fターム[3E142JA01]の内容

金銭登録機・受付機 (20,005) | ネットワーク範囲 (1,790) | 店舗内ネットワーク (910)

Fターム[3E142JA01]に分類される特許

1 - 20 / 910



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281

【課題】本発明は相対的に容易にPOSシステムからデータを得るために電子ラベル・システムの方法を提供することを目的とする。
【解決手段】販売時点情報管理(POS)システム(1)から電子ラベル・システム(2)の実行によって、データを取得する方法である。前記電子ラベル・システム(2)は、ホスト(21)及びホスト(21)とネットワーク上で通信するように操作可能な仮想プリンター・ユニット(24)を含む。販売時点情報管理(POS)システム(1)は、データベース(13)から販売情報を得るように操作可能であり且つ仮想プリンター・ユニット(24)へ販売情報を送信するように操作可能である。その方法では、仮想プリンター・ユニット(24)は、販売情報を、ホスト(21)によって認識可能な印刷データへ変換し、且つ、ネットワークを通して、ホスト(21)へ印刷データを送信するように構成されている。 (もっと読む)


【課題】ジャーナルログ検索のスピードアップを図ることができるとともに、入力ミスの削減を図る。
【解決手段】商品に付されたコードシンボルを光学的に読み取るコード読取手段と、前記コード読取手段により読み取ったコードシンボルから得られる商品コードに基づく商取引に係る商品販売データを電子的に記録したジャーナルデータを構成する項目の中から、一商取引を特定可能な項目の所望データを入力するデータ入力手段と、前記データ入力手段により入力された所望データにより特定されるジャーナルデータを、ジャーナルデータを保持するジャーナルファイルから検索するデータ検索手段と、前記データ検索手段により検索されたジャーナルデータを出力するデータ出力手段と、を備え、前記データ入力手段は、前記コード読取手段により読み取ったコードシンボルから得られるコードを、所望のデータとして一商取引を特定可能な項目に対して入力する。 (もっと読む)


【課題】販促企画終了後に追加登録を行ったとしても、元取引と同様の条件にて販促企画を考慮した商品の追加登録が可能とする。
【解決手段】過去の商取引に係る商品登録取引情報を含むジャーナルデータを保持するジャーナルファイルから所望のジャーナルデータを検索するデータ検索手段と、前記所望のジャーナルデータに対する商品登録取引情報の変更の指示を受け付ける変更指示受付手段と、検索された前記所望のジャーナルデータの前記商品登録取引情報に対し商品が追加登録されたことにより、検索された前記所望のジャーナルデータの前記商品登録取引情報の取引時点における販売促進のための企画に応じた値引きまたは割引きの計算を実行するための販促条件を満たす場合には、値引きまたは割引き処理を実施する販促処理手段と、を備え、前記販促情報は、販促企画終了後も前記商品登録取引情報の変更可能期間中は保存しておく。 (もっと読む)


【課題】改変を加えることなくレシートの発行に係る制御コマンドを記憶すると共に、記憶した制御コマンドに基づいて、複数のレシートの画像を、レシートごとに見た目上の区別ができるようにした上で、1枚のシートに連続して記録できるようにする。
【解決手段】ホストコンピューター11のレシート情報記録部52は、累積制御コマンドデータ70に基づいて、制御コマンドを順次読み出して実行することにより、1枚のシートにレシートに係る画像を記録していき、読み出した制御コマンドがカットコマンドである場合は、感熱ロール紙の切断に代えて、所定の画像を記録し、これにより、1枚のシートに過去に発行したレシートに係る画像を連続して記録する。 (もっと読む)


【課題】顧客一人で容易に会計操作をすることができるセルフ会計装置を提供する。
【解決手段】会計用POSレジスタ30は、会計用伝票に印刷され、顧客が購入する商品を特定するためのコード情報を読取るスキャナ部304と、代金決済を実行する複数の決済端末310〜312と、スキャナ部304近傍に設置される読取報知手段304−1と、決済端末310〜312それぞれの近傍に設けられる複数の決済報知手段310−1〜312−1と、スキャナ部304により読取られたコード情報に基づき会計情報を表示し、複数の代金精算方法から表示させた会計情報の代金精算方法を選択させ、代金精算方法が選択されると、選択された代金精算方法に対応する決済端末310、311又は312の決済報知手段310−1、311−1又は312−1を点灯するCPU301とを備える。 (もっと読む)


【課題】入金機能を有しない決済端末を使用しても、金銭情報を利用した決済後の払戻しに関する不正を抑制し得る決済端末および決済システムを提供する。
【解決手段】購入された商品の返品があると、決済を取り消して払戻すための払戻情報とこの決済に使用したICカードCを特定するカード番号(特定情報)とが、払戻用コードQとして暗号化してコード化される。そして、このようにコード化された払戻用コードQが、印刷部25により、払戻し伝票Rに光学的に読み取り可能に表示される。 (もっと読む)


【課題】顧客の利便性を向上する計量装置を提供する。
【解決手段】カメラ12は、風袋の大きさを検知する。特定部31は、検知された風袋の大きさに基づいて、顧客が選択した風袋を特定する。商品重量算出部32は、特定された風袋の重量を被計量物の重量値から減算して、商品の重量を算出する。ラベル発行部14は、商品の重量に基づく商品の価格を表記したラベルを発行する。人感センサ13は、計量装置100付近における顧客の存在の有無を検知する。顧客側報知部16は、人感センサ13が顧客の存在を検知した時、ラベルをラベル発行部14に発行させるための発行操作及びそのラベルを顧客が風袋に貼り付ける貼り付け動作を含む購入手順の案内を、表示及び音声にて顧客に対して報知する。 (もっと読む)


【課題】複数の商品をまとめて買う場合に行なうセット販売の割引は、多くの店で同じようなサービスであり、他店との差別化ができない。
【解決手段】客が購入した商品情報を一取引毎に記憶する一取引情報記憶部と、複数の商品を組み合わせてセット販売するセット情報を記憶するセット情報記憶部と、そのセット情報について値下げ金額を記憶するセット値下げ金額記憶部と、一取引情報記憶部に記憶した商品情報がセット情報記憶部に記憶した商品の組み合わせを充足するか否かでセット販売が成立するか否かを判断するセット判断手段と、セット販売が成立したと判断した場合に、アトラクションを提示しその回答の入力を促すアトラクション手段と、その回答が正解か否かを判断する回答判断手段と、正解と判断したならば、一取引における商品の販売額からセット値下げ金額記憶部に記憶したセット情報に対応する値下げ金額を引いて販売する値下げ手段とを備える。 (もっと読む)


【課題】
飲食店などで、顧客自らが端末を操作することで注文を行い、自らが料理を取りに行く、いわゆるセルフオーダー式の注文システムを提供することを目的とする。
【解決手段】
顧客を識別する情報/顧客が着座した場所を識別する場所識別情報と、その顧客が注文した料理に関する情報とを対応づけて記憶する注文情報記憶部と、飲食店で提供する料理に関する情報を記憶する料理情報記憶部と、料理情報記憶部に記憶する料理に関する情報を顧客が利用する携帯端末、顧客が着座した場所に設置されたテーブル端末に表示させることで、顧客が注文をする料理に関する情報を携帯端末/テーブル端末から受け付けて、顧客識別情報/場所識別情報に対応づけて注文情報記憶部に記憶させる注文処理部と、顧客が注文した料理が完成した情報を受け取ると、携帯端末/テーブル端末に注文した料理が完成した通知を送る配膳処理部と、を有する注文システムである。 (もっと読む)


【課題】顧客にとって最適の表示内容を表示すると共に、顧客にとって最適の店舗情報を出力し、顧客の利便性を高め、商品の購入意欲を喚起して、商品の購入を促進する。
【解決手段】電子棚札1は、通信ネットワークN1,中継器2及び通信ネットワークN2を介して店舗サーバ3に接続され、商品価格等の商品情報を表示部に表示するものであって、電子棚札1は、顧客が所持するICカード4(識別媒体)から顧客属性を読み取ると、読み取った顧客属性に応じて、表示部に表示される商品情報の表示内容を切り換えると共に、電子棚札1は、読み取られた顧客属性を店舗サーバ3に送信し、店舗サーバ3から送信される顧客属性に対応する店舗イベント情報を受信し、受信された店舗イベント情報を音声出力し、且つ店舗イベント情報を表示出力する。 (もっと読む)


【課題】複数の操作者が交代で貨幣処理機を取り扱う場合において操作者が交代するときや、操作者が自分の担当期間中における在高異常の発生の有無を確認したいときに、現操作者の担当期間内において在高異常の可能性が生じていた場合にはこのことを確認することができる貨幣処理機、貨幣処理システムおよび貨幣処理方法を提供する。
【解決手段】在高異常検出部140、240は、貨幣処理機に収納されている貨幣について在高異常の可能性が生じたときにこのことを検出する。記憶部134、234、334は、在高異常の可能性が生じたことが検出されたときにこのことを記憶する。制御部130、230、330は、所定の指令が与えられたときに、記憶部134、234、334に記憶された情報に基づいて、現操作者の担当期間内において在高異常の可能性が生じているかを確認し、その確認結果に基づく情報を出力する。 (もっと読む)


【課題】全ての貨幣精算装置の貨幣収納部を金庫内に配置する場合と比較してコストを低減することができるとともに、閑散期には主に親ユニットの貨幣精算装置で精算処理を行うことにより安全な貨幣処理を行うことができるレジシステムを提供する。
【解決手段】レジスターおよび貨幣精算装置を有するレジユニットが複数設けられたレジシステムにおいて、複数のレジユニットは、親ユニット20および子ユニット30を備えている。親ユニット20の貨幣精算装置28は、特定の権限を有する者のみが内部にアクセスすることができる金庫内に配置された貨幣収納部120を有している。また、親ユニット20は子ユニット30に対して補充処理および回収処理を行うようになっている。 (もっと読む)


【課題】現金の紛失を防止することができる。
【解決手段】現金カセット収納処理システム10では、現金カセットXを現金カセット収納装置30の収納部33に収納すると共に、現金カセットXに対応付けた識別情報を入力する。現金カセット収納装置30は入力された識別情報に基づいてPOS端末20から現金カセットXが回収した現金の金銭情報を取得するようにした。これにより、係員は金銭を直接扱うことなく現金カセットXに回収させることができ、現金カセットXに金銭を移し替える煩雑な作業が不要となる。さらに、現金カセット収納装置30は、現金カセットXを安全に受け付けることができると共に、現金カセットXが回収した現金の金銭情報を確実に取得することができるようになる。 (もっと読む)


【課題】ピッキング伝票に基づくピッキング作業において、対象商品がNON−PLU商品について、ネットスーパーで注文した商品と同じ金額の商品が店舗に存在しないような場合であっても、欠品(品切れ)とせずに対処することができるようにする。
【解決手段】在庫商品に対応付けられている商品コードと、注文商品の商品コードとは一致しないが、共通する物品コードを有するNON−PLUコードであるとの比較結果があった場合に、在庫商品に対応付けられている商品コードに含まれる価格情報と注文商品の商品コードに含まれる価格情報との差が、予め定められた範囲内にある場合、在庫商品を注文商品とみなすようにする。 (もっと読む)


【課題】オペレータが意図したタイミングで画像認識を行うことが可能な商品読取装置及びプログラムを提供する。
【解決手段】時間的に連続する複数枚の画像を撮像する撮像手段と、前記画像に含まれる商品を画像認識し、当該商品の候補となる候補商品を導出する画像認識手段と、表示手段と、前記候補商品の各々を前記表示手段に表示させる表示制御手段と、前記表示手段に表示された候補商品の選択操作を受け付ける操作受付手段と、前記複数枚の画像からユーザーの動作を検出する動作検出手段と、前記動作検出手段で検出された動作が、所定の動作パターンに相当するか否かを判定する動作判定手段と、前記動作判定手段の判定結果に基づいて、前記画像認識手段及び前記表示制御手段の動作を制御する制御手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】簡単に確実に値下げラベルを印字させることができるようにしたハンディターミナルを提供する。
【解決手段】商品の価格を含む商品情報を取得する取得手段と、値引きに関する情報を設定する設定手段と、前記取得手段で取得した商品の価格を前記設定手段で設定された値引きに関する情報によって値引き後の価格を演算する演算手段と、前記設定手段で設定された商品の価格と前記演算手段で演算された値引き後価格を表示器の同じ画面内に表示する表示手段とを備えたハンディターミナルとした。 (もっと読む)


【課題】商品を短時間で容易に売上登録することができる。
【解決手段】実施形態の読取装置は、撮像手段と、特定手段と、読取手段と、認識手段と、を備える。前記撮像手段は、商品を撮像して画像を取得する。前記特定手段は、前記撮像手段により取得された画像のうち、コードシンボルから商品情報を読み取るための第1領域および商品画像から商品情報を読み取るための第2領域のいずれの領域から商品情報を読取可能かを特定する。前記第1読取手段は、前記第1領域から商品情報を読取可能であることを特定した場合、前記撮像手段により取得された画像内のコードシンボルから商品情報を読み取る。前記第2読取手段は、前記第2領域から商品情報が読取可能であることを特定した場合、前記撮像手段により取得された画像から商品情報を読み取る。 (もっと読む)


1 - 20 / 910