Fターム[4B024BA65]の内容

突然変異又は遺伝子工学 (218,933) | 目的とする生産物質 (23,930) | リポ蛋白 (28)

Fターム[4B024BA65]に分類される特許

1 - 20 / 28


【課題】 HDL上昇、さらには動脈硬化性疾患の予防治療に有用な物質として期待される、ヒトABCA1遺伝子の転写を調整する作用を有する物質をスクリーニングする方法。
【解決手段】 プロモーター活性を有するDNAと、ヒトABCA1遺伝子のイントロン3中の配列を含み、エンハンサー活性を有するDNAとを用いることを特徴とする、ヒトABCA1遺伝子の転写を調整する作用を有する物質のスクリーニング方法。 (もっと読む)


【課題】ヒト疾患モデルと利用し得るトランスジェニックミニブタを提供する。
【解決手段】ヒトアポリポプロテイン(a)を発現するトランスジェニックミニブタ。 (もっと読む)


【課題】アテローム性動脈硬化症の治療のための免疫治療に使用されるペプチド、および酸化低密度リポ蛋白質に対する免疫応答の測定、およびアテローム性動脈硬化症の存在または不存在の診断のためのペプチドベースのELISAの開発の提供。
【解決手段】本発明はアポリポタンパク質B断片、特に、虚血性心疾患に対する免疫源としてのまたは治療的な性質を有し、ELISA(酵素結合免疫吸着検定法(Enzyme Linked Immuno Sorbent Assay))の一またはそれ以上の前記ペプチドを使用して、虚血性心疾患の進展の危険の増加または減少に関する抗体の存在または不存在を分析するヒトを含む哺乳類の免疫感作または治療のための定義されたペプチドに関する。 (もっと読む)


本発明は、バイオリーチングのための添加物であって、それが、硫化鉱からの銅回収率を増大することを可能にする添加物を開示する。そこにおいて、この添加物は、実質的にリポタンパク質リカナンターゼとpHが0.8〜3の硫酸溶液とにより構成される。リポタンパク質リカナンターゼは、配列番号1に示される配列と少なくとも50%の相同性を有するアミノ酸配列を有し、または配列番号2に示される配列と少なくとも50%の相同性を有するヌクレオチド配列の翻訳産物である。また、改良されたバイオリーチングプロセスが保護され、それは、本発明に記載された通りの鉱石バイオリーチングプロセスの間に当該添加物を添加することと;および、慣習的なプロセスを継続し、5〜20%に増大された同回収率を得ることとを含む。 (もっと読む)


【課題】Apo-2リガンド変異体ポリペプチド、Apo-2リガンド変異体ポリペプチドを製造し、化学的に修飾するための方法、Apo-2リガンド変異体ポリペプチドの製剤を提供する。
【解決手段】Apo-2リガンド変異体ポリペプチドをコードするヌクレオチド配列を含んでなるベクターを含んでなる宿主細胞を提供し、培養培地を提供し、Apo-2リガンド変異体ポリペプチドを発現するのに十分な条件下で培養培地中で宿主細胞を培養し、宿主細胞又は培養培地からApo-2リガンド変異体ポリペプチドを回収し、Apo-2リガンド変異体ポリペプチドを精製する。 (もっと読む)


本発明は、ペプチド誘導体(ペプチドまたは擬似ペプチド)に、および興味の分子のためのベクターとしてのそれらの使用に関する。本発明は、対象の分子に結合した本発明のペプチド誘導体を含有するコンジュゲートにも関する。本発明のペプチドおよびプロドラッグコンジュゲートは、製薬上または診断上対象の分子、例えば治療用分子、イメージングもしくは診断剤または分子プローブなどを、細胞膜を横断してベクター化するために、およびとりわけ、血液脳関門(BBB)を横断するそれらの輸送を促進するために、使用することができる。
(もっと読む)


本発明は、キャリア部分; 抗アテローム応答を誘発することができる第一のエピトープ; および抗アテローム応答を誘発することができる第二のエピトープを含み、該第一および第二のエピトープが互いに異なることを特徴とする組換えタンパク質に関する。
(もっと読む)


【課題】哺乳類において高トリグリセリド血症を誘発することなく、コレステロールを低下し、アテローム性動脈硬化症の発症を遅延またはアテローム性動脈硬化症を治療する方法を提供する。
【解決手段】アポEポリペプチドまたは核酸を哺乳動物に投与または哺乳動物において発現させる段階を含む方法により、高トリグリセリド血症を誘発することなく血清の総コレステロールレベルを低下することができる。 (もっと読む)


【課題】アポリポタンパク質Bの発現を調節するための、アンチセンス化合物、組成物および方法を提供すること。
【解決手段】本発明の組成物は、アポリポタンパク質Bをコードする核酸に対して標的化されたアンチセンス化合物(特にアンチセンスオリゴヌクレオチド)を含む。アポリポタンパク質B発現の調節のためにこれらの化合物を使用する方法が、提供される。アポリポタンパク質B発現に関連する疾患の処置のためにこれらの化合物を使用する方法が、提供される。 (もっと読む)


本発明は、新規な合成アポリポ蛋白質E(ApoE)模倣ペプチドを提供し、アポリポ蛋白質Eの受容体結合ドメインは、よく特徴付けられた脂質会合モデルクラスA両親媒性らせん状ペプチドである18A、またはその修飾されたバージョンに共有結合により連結される。そのようなペプチドは低密度リポ蛋白質(LDL)および超低密度リポ蛋白質(VLDL)の線維芽細胞またはHepG2細胞への結合、またはそれらの細胞による分解を増強させる。また、ヒト血漿LDL/VLDLコレステロールレベルを降下させ、それにより、アテローム性動脈硬化症を阻害することにおける当該合成ペプチドの可能な適用も提供する。また、本発明は、HDL機能を改善し、および/または抗炎症特性を発揮することができる合成ペプチドにも関する。
(もっと読む)


本発明は、遺伝子型決定を使用して、ニューロン代謝減少に関与する認知機能減少、例えばアルツハイマー病を治療するのに有効な量で、ケトン体濃度を上昇させうる化合物を用いた治療のために、患者を選択する方法に関する。
(もっと読む)


本発明は、昆虫細胞における組換えパルボウイルス(例えばアデノ随伴ウイルス)ベクターの生成用の核酸構築体、このような構築体を含む昆虫細胞、及びこれらの細胞を使用して組換えパルボウイルスビリオンを生成する方法に関する。昆虫細胞はパルボウイルスrepタンパク質をコードする第1のヌクレオチド配列を含むことが好ましく、パルボウイルスRep78タンパク質の翻訳の開始コドンは、昆虫細胞における発現後に部分的なエキソンスキッピングを行う次善の開始コドンである。昆虫細胞は、少なくとも1つのパルボウイルス(AAV)逆方向末端反復(ITR)ヌクレオチド配列を含む第2のヌクレオチド配列、及びパルボウイルスカプシドタンパク質をコードする配列を含む第3のヌクレオチド配列をさらに含む。
(もっと読む)


本発明は、ナイセリアワクチン組成物、それらの製造、及びかかる組成物の医薬における使用の分野に関する。より具体的には、本発明は、ナイセリア(特に髄膜炎菌)の外膜小胞(すなわちブレブ)ワクチンの製造により好適な、新規な操作された髄膜炎菌の作製方法に関する。また、ヒト被験者における使用により安全でありかつより有効である新規なLOSサブユニット又は髄膜炎菌外膜小胞(すなわちブレブ)ワクチンの使用に基づく有利な方法及びワクチン製品を記載する。
(もっと読む)


【課題】標的物質に対してアフィニティーのある機能性分子を効率的に製造する新規な方法およびその方法で製造される機能性分子を提供する。
【解決手段】本機能性分子の製造方法には、所定の条件で切断可能な部位である切断可能リンカーを有する特定物質をレジンに結合させて特定物質結合レジンを作製し、機能性分子候補を含む溶液でこの特定物質結合レジンを処理し、ついで、所定の条件で切断可能リンカーを切断し、特定物質と特異的に相互作用した機能性分子を選別することが含まれる。 (もっと読む)


本発明は、apoEの毒性型をコードする核酸を含む単離された細胞を提供する。本発明はさらに、ミトコンドリアの完全性および/または機能のapoE誘発障害を低減させる化合物を同定するためのスクリーニング法を提供する。本発明はさらに、本発明のスクリーニング法を実行するために用いられるキットを提供する。本発明は、ミトコンドリアの完全性および/または機能のapoE誘発障害を低減させる物質と、apoE関連障害の処置におけるそのような物質の使用とを提供する。
(もっと読む)


本発明は、肝細胞もしくは組織における又は循環(血液、血漿、血清)中のアポリポタンパク質A4の発現を測定することよりなる肝疾患の診断方法に関する。化合物を哺乳動物と接触させることによる、該疾患を治療するための分子のスクリーニング方法、および哺乳動物の肝由来細胞における又は循環中のアポリポタンパク質A4の発現の測定方法も開示する。 (もっと読む)


プロテオームアプローチを用いて、MAT1A遺伝子についてのノックアウトマウス(MAT1A−/−)の肝臓における肝細胞癌(HCC)のマーカーが同定された(S−アデノシルメチオニンの合成不全)。解析した腫瘍の少なくとも50%において発現が変化している27のタンパク質が検出された。中でも、13のタンパク質は、異なる病因のHCCの患者の生検材料において確認され、それらのタンパク質のうちの7つのタンパク質は、HCCの発現前段階である肝硬変の患者の生検材料において確認された。こういったことにより、その疾患の前段階を各々区別し、さらには異なる病因(ウイルス性およびアルコール性)を区別することが可能になる。利用可能なマーカーのパネルを有することは、HCCの発現に関連する変化をより正確に定義づけることにつながり得、そしてこの疾患の予後および診断を容易にし得る。 (もっと読む)


本開示は、乳酸菌において組換えアポリポタンパク質(例えば、エンドトキシンを含まない組換えアポリポタンパク質)を生成するための組成物および方法に関する。具体的には、本発明は、乳酸菌において発現可能な発現ベクターを提供し、このベクターは、アポリポタンパク質をコードするヌクレオチドコード配列、および該ヌクレオチドコード配列に作動可能に連結されて該ヌクレオチドコード配列の発現を制御する1つ以上の調節ヌクレオチド配列を含む。 (もっと読む)


血液凝固アッセイにおいて抗凝固作用を惹起するための方法であり、有効量のアポリポタンパク質CIIIまたはその断片、誘導体、相同物、類似物、化学的等価物、機能的等価物または模造物と、血液試料を接触させることを含む方法。 (もっと読む)


【課題】 正常人と肝がん患者において存在の有無、存在量が異なるタンパク質およびその部分ペプチドを用いて肝がんを検出する方法、ならびに該タンパク質および部分ペプチドからなる肝がん検出のためのバイオマーカーの提供。
【解決手段】 配列番号1で表されるアミノ酸配列からなるフィブリノーゲンα鎖、配列番号3で表されるアミノ酸配列からなるフィブリノペプチドA like、配列番号5で表されるアミノ酸配列からなる補体C4A、配列番号7で表されるアミノ酸配列からなるインターαトリプシンインヒビター、配列番号9で表されるアミノ酸配列からなるゲルソリン、配列番号11で表されるアミノ酸配列からなるアポリポプロテインA1、配列番号13で表されるアミノ酸配列からなるα2マクログロブリン、配列番号15で表されるアミノ酸配列からなるα1アンチトリプシン、配列番号2で表されるアミノ酸配列からなるフィブリノーゲンα鎖の部分ペプチド、配列番号4で表されるアミノ酸配列からなるフィブリノペプチドA likeの部分ペプチド、配列番号6で表されるアミノ酸配列からなる補体C4Aの部分ペプチド、配列番号8で表されるアミノ酸配列からなるインターαトリプシンインヒビターの部分ペプチド、配列番号10で表されるアミノ酸配列からなるゲルソリンの部分ペプチド、配列番号12で表されるアミノ酸配列からなるアポリポプロテインA1の部分ペプチド、配列番号14で表されるアミノ酸配列からなるα2マクログロブリンの部分ペプチド、配列番号16で表されるアミノ酸配列からなるα1アンチトリプシンの部分ペプチド、配列番号17で表されるアミノ酸配列からなるインターαトリプシンインヒビター重鎖H4前駆体の部分ペプチドからなる群から選択される少なくとも1つのタンパク質またはペプチドからなる肝がん検出のための肝がんバイオマーカー。 (もっと読む)


1 - 20 / 28