説明

Fターム[4C083AC06]の内容

化粧料 (399,993) | 元素で特徴づけられる有機系成分 (137,445) | 酸素含有化合物 (87,682) | アルコール (29,676)

Fターム[4C083AC06]の下位に属するFターム

Fターム[4C083AC06]に分類される特許

41 - 60 / 345


本発明は、新規なポリグリセロールベースのUVフィルタ、及びそのような新規なポリグリセロールベースのUVフィルタを含む局所用組成物に関する。さらに本発明は、ブチルメトキシジベンゾイルメタン又はビス−エチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンの化粧料オイル中の溶解度を増大させるための、そのような新規なポリグリセロールベースのUVフィルタの使用に関する。 (もっと読む)


要約
本発明は、以下の工程:
(1)ヒトケラチン質または衣類へ付香組成物(A)を直接適用する工程であって、付香組成物(A)が、化粧的に許容可能な媒体中に少なくとも1種の付香物質を含み、前記組成物が、ヘッドノートおよび/またはハートノートおよび/またはベースノートを有するフレグランスを生じる、工程、
(2)少なくとも1種の組成物(B)を摂食するまたは口内に配置する工程であって、組成物(B)が、身体内部からヒトケラチン質の外に匂いを発することが可能な少なくとも1種の食用付香物質を含み、前記食用付香物質は、組成物(B)が、組成物(A)によって生じるフレグランスのノートの少なくとも1種と共通する少なくとも1種のノートを有するフレグランスを生じるように選択される、工程
を含み、工程の順序は肝要でなく、組成物(A)および組成物(B)の適用は場合によって同時または別時である、付香方法に関する。
組成物(B)は、
a)経口適用に適した支持体中に、少なくとも1種の食用付香物質(1)を含む、少なくとも1種の組成物(B1)であって、食用付香物質(1)が、摂食後または口内に配置した後に、身体内部からヒトケラチン質の外に、4時間30分未満でその拡散が最大に達する香りを生じることができる、組成物(B1)、および
b)経口適用に適した支持体中に、少なくとも1種の食用付香物質(2)を含む、少なくとも1種の組成物(B2)であって、食用付香物質(2)が、摂食後または口内に配置した後に、身体内部からヒトケラチン質の外に、4時間30分以上でその拡散が最大に達する香りを生じることができる、組成物(B2)
を含み得る。 (もっと読む)


【課題】染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として用いられる毛髪化粧料組成物及びその使用方法において、混合発泡の操作性及び泡の毛髪への保持性を向上させることができる毛髪化粧料組成物及びその使用方法を提供する。
【解決手段】複数剤からなる染毛剤又は毛髪脱色・脱染剤として構成されてなり、使用時に泡状の剤型とされるとともに、その泡状の剤型で毛髪に適用される毛髪化粧料組成物において、前記泡状の剤型は、粉末状の剤と液状の剤とを混合し、振とうにより発泡させる発泡操作によって形成されることを特徴とする。 (もっと読む)


ティッシュペーパー(フェイシャルティッシュ)などのワイプ製品は、該製品の内側に配される温度変化組成物と、該製品の外側に配され、ユーザの皮膚と接触したときに冷却感を与えることができる親水性のローション組成物とを含んでいる。前記温度変化組成物は、例えば、温度が或る温度まで上昇したときに相変化を行う1若しくは複数の相変化物質を含むことができる。前記相変化物質は、一実施形態では、比較的高い融解熱を有し得る。相変化を起こしたとき、前記相変化物質は熱を吸収し、それにより、ユーザの皮膚に冷却感を与える。前記親水性ローション組成物は、担体と熱可逆性ゲル化剤を含み得る。前記親水性ローション組成物は、前記温度変化組成物を前記ティッシュ中に保持し、それにより、皮膚の刺激を防止する。 (もっと読む)


約15重量%〜約50重量%の、トール油グリセリド、ペンタエリスリチルロジネート、グリセリルロジネート、並びにこれらの水素添加形及び混合物からなる群から選択される成膜剤を含む化粧品組成物で睫毛及び/又は目蓋をコーティングする方法。更に、約0.1重量%〜約14重量%の着色剤が存在する。本発明の1つの実施形態では、マスカラ組成物は、約3.0重量%未満、好ましくは約1.0重量%未満、更により好ましくは0.1重量%未満のろう及びろう様成分を含む。別の実施形態では、マスカラは、ろうを実質的に含まない。この化粧品組成物は、持続性であり、かつ優れた長持ち特性を有する。 (もっと読む)


本発明は、アロエベラを含んでなるエアロゾルフォームを提供する。特に、このフォームは、(a)アロエベラと、(b)界面活性剤と、(c)噴霧剤とを含んでなる。このフォームは、α−ヒドロキシ酸、β−ヒドロキシ酸、湿潤剤、増粘剤、皮膚科学的に許容できる賦形剤、およびこれらの混合物からなる群のうちの1以上をさらに含み得る。 (もっと読む)


【課題】水性系で低粘度でありながら、整髪力および再整髪力に優れ、しかも、べたつきがなく、滑らかで、仕上がりの軽さに優れる整髪用化粧料を提供する。
【解決手段】(a)常温(25℃)で固体のポリアルキレングリコール重合体と、(b)常温(25℃)で液体の、(b−1)2〜4価のアルコール、(b−2)1〜4価のアルコールまたは1〜3価のカルボン酸のアルキレンオキシド付加重合体、および(b−3)ポリアルキレングリコール重合体の中から選ばれる1種または2種以上と、(c)皮膜形成性高分子と、(d)糖アルコールとを含有し、100mPa・s以下(25℃、B型粘度計)の粘度を有する整髪用化粧料であって、該化粧料を用いて0.1mmの厚みの皮膜を形成させ、25℃・湿度50%にて1日乾燥した後の、傾斜式ボールタック試験(傾斜角10度、25℃、湿度50%)におけるボールナンバーが1〜30である粘着性を有する整髪用化粧料。 (もっと読む)


【課題】弱酸性からアルカリ性の液性範囲、水、アルコール、水溶液、アルコール水溶液、有機溶媒及び有機溶媒と水との混合溶媒等の幅広い溶媒に対して、幅広いpH領域、特に中性領域においてもゲルを形成できる脂質ヒスチジンゲル化剤、高い環境・生体適合性及び生分解性を有するヒドロゲルを形成するためのゲル化剤、及び、各種混合溶媒ゲルを形成するための脂質ヒスチジンゲル化剤、及び前期ゲル化剤の自己集合化により形成されるファイバー並びにゲル化剤又はファイバーと溶媒とで構成されるゲルの提供。
【解決手段】式(1):
【化1】


(式中、R1は炭素原子数9乃至19の飽和又は1個の不飽和結合を持つ脂肪族基を表し
、ヒスチジン部はL又Rいずれかの光学活性ヒスチジンで表される脂質ヒスチジン又はその薬学的に使用可能な塩からなることを特徴とするゲル化剤。 (もっと読む)


本開示は一般に、天然および人工爪コーティング用組成物に関し、特に、重合可能組成物およびこれから重合された接着促進ベースコートに関するがこれに限られない。本開示はさらに、人工爪エンハンスメントよりも容易に除去され、マニキュアコーティングよりも耐久性があり長持ちする、重合ベースコートを作製する方法に関する。本開示の一態様は、除去の方法を提供する。一態様によれば、本開示の組成物から重合された熱硬化性物質は、有機溶媒、特にアセトンに対する感受性が与えられる。本開示の一態様によれば、ポリマー/天然爪境界面に有機溶媒を分配するための手段が提供される。 (もっと読む)


本明細書では、組成物の全重量に基づいて、約0.01重量%から約5重量%のヘキサペプチド−11(Phe−Val−Ala−Pro−Phe−Pro)、並びに水、油、アルコール、シリコーン、及びこれらの組合せから選択される該ペプチドのための皮膚科学的に許容される担体を含む、細胞老化を遅延させるための組成物が開示される。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、高活性量の硫酸アルキル、硫酸アルキルエーテル、スルホン酸アルキル、スルホコハク酸のモノ−およびジエステル(スルホコハク酸エステル)、グリシン酸アルキル、サルコシン酸アルキルおよび/またはタウリン酸アルキル並びに脂肪酸グリコールエステルおよび/またはカルボキサミドを真珠光沢形成体として含む、ポンピング可能な水性真珠光沢濃縮物およびその製造方法に関する。本発明に係る真珠光沢濃縮物は、界面活性剤複合物、例えば液体洗剤および洗浄剤または液体ボディシャンプーおよびボディケア製品並びにヘアケア製品の視覚的外観を改善するための添加物に適する。
【解決手段】 本発明に係る真珠光沢濃縮物は、35〜85質量%の硫酸アルキルエーテル、硫酸アルキル、スルホン酸アルキル、スルホコハク酸のモノ−およびジエステル、グリシン酸アルキル、サルコシン酸アルキルおよび/またはタウリン酸アルキルまたはこれらの混合物から選択される分散剤と、15〜40質量%の脂肪酸グリコールエステル、脂肪酸アルカノールアミドおよびその混合物から選択される真珠光沢形成成分と、場合によっては合目的の添加物と、合わせて100質量%になる量で、但し濃度が30質量%を超えない水とを含む。 (もっと読む)


本発明は、ヒトの皮膚用のボリューム増加剤および/または膨化剤としての、式(I):CH−(CH14−C(=O)−NH−CH(COOH)−CH(CH)−CH−CH(I)のN−ヘキサデカノイルイソロイシンの化粧使用に関する。本発明はまた、乳房、顔、頬、臀部および眼瞼から選択される人体の部分の皮膚のボリューム増加および/または膨化効果を得るための化粧処置方法に関する。 (もっと読む)


【課題】ホホバオイルは「油」であるため、従来は、他の油性材料と混合、溶解、若しくは希釈して使用したおり、よって、ホホバオイルを皮膚の美容・治療等に使用しても、それを洗い落としするために油性溶剤、界面活性剤(洗剤、石鹸等)を使用せざるをえなかったので、同時に皮膚の油脂、有効なホホバオイルの成分、皮膚中に浸透したホホバオイルまで洗い落として、皮膚を傷め、保湿力を失わせて折角のホホバオイルの特性効果を減殺してしまう課題があり、一方、強アルカリ性天然水は極めて稀で優れた特性を有する温泉水・鉱泉水ということだけで新規な使用目的は全く考慮されたことが無かった。
【解決手段】pH8乃至10以上の強アルカリ性天然水を設定比率と該強アルカリ性天然水に対し設定比率のホホバオイルを攪拌・混合し、前記強アルカリ性天然水を乳化剤としその乳化作用で強アルカリ性天然水とホホバオイルを分離しない安定した状態に乳化して、強アルカリ性天然水・ホホバオイルのエマルションを製造するようにした強アルカリ性天然水・ホホバオイルのエマルションの製造法及びその製品によって課題を解決した。 (もっと読む)


この発明は、スキンケア組成物、特に尋常性ざ瘡の処置に有効な組成物、及び該組成物の適用を含む皮膚の処置方法に関する。この組成物は、乳酸又はその塩;グリチルリジン酸又はその塩若しくは誘導体;ビサボロール;セチルヒドロキシプロリンパルミトアミド;アラントイン;ナイアシンアミド;及びエピロビウム・アングスティフォリウム抽出物から成る群より選択される少なくとも2種の活性物質と組み合わせてサリチル酸又はその塩を含む。 (もっと読む)


【課題】保存料を用いない人体に安全なシャンプーとその製法を提供する。
【解決手段】1.逆浸透膜フィルターを用いて原水を純水化する第1工程。
2.第1工程で得られた純水に対し、オゾンエアレーションを行う第2工程。
3.シャンプー用の各種成分と第2工程後の液とを撹拌混合する第3工程。
4.前工程で得られたシャンプー液に光触媒を加えて撹拌混合する第4工程。
以上の各工程よりなることを特徴とする。 (もっと読む)


ハマアズキ、ココヤシ、またはモモタマナのうちの1つまたは複数の生物活性抽出物およびこれらの抽出物のうちの1つまたは複数を含む組成物を記載する。本発明はまた、特に、創傷治癒を促進するためのおよび皮膚障害を治療するための、抽出物および組成物の治療的および美容的使用を提供する。 (もっと読む)


【課題】
古い角質が徐々に厚く蓄積され、肥厚化し硬くなってひび割れた踵等の角質を、無理なく取り除くことが可能であり、短期間で柔らかく滑らかな踵等に改善可能な角質軟化剤の提供を目的とする。
【解決手段】
α−アミノ酸と強酸の二価鉄塩を含む水溶液および、この水溶液を配合した外用剤や化粧品であって、皮膚が古く厚くなりひび割れのある踵に塗布することで、角質を軟化し滑らかに改善することができる角質軟化剤を提供する。α―アミノ酸としてグリシン、アラニン、セリン、ロイシン、イソロイシン、システイン、バリン、ヒスチジン及び、プロリンから選択される1種以上であり、強酸の第二鉄塩が塩化第二鉄である。 (もっと読む)


【課題】新規組成物はユニークな粒度分布の結果として改善された塗布性及び内容をもつパーソナルケア処方中の成分を提供する。
【解決手段】線状アルケニル官能化ポリオルガノシロキサンとオルガノハイドロジェンシロキサンとのヒドロシリル化付加生成物を含んでなる組成物は非水性有機ヒドロキシル溶媒を利用して非水性エマルジョンを安定化し、キャリア溶媒中の上記付加生成物の分散液を流動有機剪断を含む粉砕プロセスに付す。 (もっと読む)


【課題】第4級アンモニウム塩型界面活性剤が配合された液体口腔用組成物を透明容器に充填してなり、一定量の光照射後においても薬効低減、変色、異味・異臭などのない含嗽液、洗口液等の透明容器入り液体口腔用組成物の提供。
【解決手段】第4級アンモニウム塩型界面活性剤と、多価アルコール及び糖アルコールの少なくともいずれかを40質量%〜80質量%と、酢酸エステル類及びラクトン類の少なくともいずれかを0.001質量%〜0.5質量%と、セスキテルペンアルコールを0.00001質量%〜0.01質量%と、を含有してなる液体口腔用組成物であって、前記液体口腔用組成物が、少なくともベンゾトリアゾール系紫外線吸収剤及び熱可塑性ポリエステル樹脂を含有する樹脂組成物からなる透明容器に充填されてなる液体口腔用組成物である。 (もっと読む)


【課題】 固着に基づく毛髪(へアスタイル)の固定が可能であり、なおかつアレンジ力(再整髪力も含む)にも優れた毛髪化粧料を提供する。
【解決手段】 特定構造を有するモノマーを組み合わせて重合することにより得られる、皮膜形成時に程よい固さと高い粘着力を有する新規な粘着性セット樹脂をセット樹脂として配合した毛髪化粧料。本発明の毛髪化粧料は、糖、糖アルコール及びEO/PO誘導体から選択される少なくとも1種を更に含有するが好ましい。
【効果】 固定力とアレンジ力を兼ね備えた毛髪化粧料が得られる。 (もっと読む)


41 - 60 / 345