説明

Fターム[4C088AB26]の内容

植物物質含有医薬 (85,733) | 活性成分の起源、由来となる種子植物 (12,648) | 被子植物 (11,933) | 双子葉植物 (9,895) | キク科 (668)

Fターム[4C088AB26]の下位に属するFターム

Fターム[4C088AB26]に分類される特許

441 - 460 / 570


【課題】副作用のない食品の中で、高血圧、高血糖や高脂血症、血液流動性の低下、肥満、アレルギー症状等の生活習慣病を予防または改善する作用のある有用な物質が望まれていた。
【解決手段】本発明は、生活習慣病の予防または改善剤、あるいは飲食品として、キク科のカントウ属の植物であるフキタンポポの抽出物を提供するものである。この抽出物は効果が報告されているクロロゲン酸、カフェ酸を含み、それらの同等量より効果が高く、安定かつ、製剤化も容易である。 (もっと読む)


【課題】高脂血症及び動脈硬化症の予防や治療に有用な高脂血症改善剤及び動脈硬化改善剤、並びに肝機能の改善に有用な肝機能改善剤を提供する。
【解決手段】高脂血症改善剤、動脈硬化改善剤及び肝機能改善剤はいずれも冠元顆粒を有効成分とする。冠元顆粒は血中の総コレステロール濃度、遊離型コレステロール濃度、エステル型コレステロール濃度及び低比重リポ蛋白質コレステロール濃度を低下させる一方で、高比重リポ蛋白質コレステロール濃度を増加させ、動脈硬化指数を濃度依存的に低下させる。また、血中のコレステロールを体外に排出する作用、血中の脂質の過酸化を抑える作用、並びに肝機能パラメーター(アスパラギン酸アミノ基転移酵素及びアラニンアミノ基転移酵素活性)に対する改善作用も有する。冠元顆粒は丹参、香附子、木香、紅花、芍薬及びセンキュウの各構成生薬を所定の配合割合(重量比で4:1:1:2:2:2)で調合したものである。 (もっと読む)


【課題】 優れた健康効果を有し、嗜好性及び保存性が良く、とくに血液粘稠度低下作用や血中コレステロール濃度低下作用を示す植物エキス発酵液を提供する。
【解決手段】 リンゴ、ニンジン、大根、キャベツ、セロリ、キュウリ、バナナ、タマネギ、ゴボウ、ホウレン草、ナシ、ミカンの皮、トマト、ピーマン、ブラックマッペモヤシ、ナス、レンコン、カボチャ、シイタケ、ショウガ、レタス、ニンニク、三つ葉、ウド、アスパラ、熊笹、クローバー、昆布、フキノトウ、タンポポ、オオバコ、エンドウモヤシ、スギ葉、パセリ、カブ、パイナップル、ブドウ、イチゴ、イタドリの若芽、アサツキ、白菜、エノキタケ、サラダ菜、シュンギク、ヨモギ、セリ、ニラ、トドマツ葉、青シソ、及びワカメからなる群から選ばれる2種以上の原料から抽出した抽出エキスを、酵母と、乳酸菌との、少なくとも1種以上の菌種によって自然発酵させるか、又は前記菌種の添加により発酵させる。 (もっと読む)


本発明は、主要成分がある特定の重量比の党参および黄耆に従って調製される党参および黄耆の組成物に関する。本発明はまた、薬学的組成物を調製する方法、ならびに免疫調節薬および虚血性心疾患および急性肺障害の治療用薬物の調製におけるその使用を提供する。 (もっと読む)


【課題】 新規基底膜安定化剤の提供。
【解決手段】 本発明は、トウキンセンカ、ヘーゼルナッツ、ヤグルマギク、オオムギ、オドリコソウ、キョウニン、ゲンノショウコ、サボンソウ、ショウブ、スイカズラ、セイヨウノコギリソウ、トウニン、トマト、ニンニク、ムクロジ、レタス、酵母、の抽出物、及び/又は加水分解コンキオリンのうちのいずれか1つ以上を有効成分として含んで成る基底膜安定化剤、を提供する。 (もっと読む)


【課題】 本発明の目的は、個人の体質バランスを容易に判定し、その体質バランスを補完するための体質バランス改善用組成物に関し、さらに詳しくは、(a)先天体質補完成分、及び(b)後天体質補完分子種からなることを特徴とする、体質バランス改善用組成物、及びそれを用いた体質バランス改善カウンセリング方法を提供することにある。
【解決手段】(a)外体質補完成分又は内体質補完成分からなる先天体質補完成分、及び(b)熱湿体質補完成分、熱燥体質補完成分、冷湿体質補完成分及び冷燥体質補完成分からなる群から選ばれる1種の後天体質補完成分を含有することを特徴とする体質バランス改善用組成物。 (もっと読む)


約10〜約50mgのトポイラメートと組み合わされたパルテノライド、マグネシウム及びリボフラビンの内の一種以上を含有する組成物は、頭痛、特に片頭痛の治療に有効であり、従前のより高い投与量のトポイラメート組成物の利用者によって経験される副作用を減少又は除去する。 (もっと読む)


【課題】脂肪過多に起因する肥満、脂漏性の皮膚障害、生体内の過酸化障害を軽減する組成物を提供する。
【解決手段】ベニバナより抽出された黄ないし赤色素およびこれら色素を包接するシクロデキストリンからなり、さらに、抗酸化性、抗変異原生性を有する天然物抽出物、を含む少なくとも1種類以上の天然物素材の抽出物を有効成分とした脂肪過多防止、更にその成分が抗酸化活性を保持する脂肪過多抑制食品、脂肪過多抑制食品添加物及び化粧品、抗肥満剤、リパーゼ阻害剤、抗炎症剤、抗酸化剤を提供する。 (もっと読む)


【課題】 皮膚の刺激が殆ど無いばかりでなく香気が良好である発毛促進剤、及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 本発明の発毛促進剤は、白菊の花弁エキスとごぼうの種子エキスと桃の葉エキスとからなる混合エキスに、水及び/又はアルコール類からなる希釈剤を混合してpHを6以下に調整したものである。 (もっと読む)


【目的】キク科ヤーコンの抽出物を含有することを特徴とするセラミド合成促進剤、コラゲナーゼ阻害剤及びコラーゲン合成促進剤を提供する。
【構成】本発明はキク科ヤーコンの抽出物を含有することを特徴とするセラミド合成促進剤、コラゲナーゼ阻害剤及びコラーゲン合成促進剤に関するものであり、安定性及び安全性に優れた肌荒れ改善、シワ、タルミの改善を目的とした化粧品、医薬部外品、医薬品又は食品として利用することができる。 (もっと読む)


新規のハーブ植物抽出物、MF101は、閉経期症状の治療に効果的である。 (もっと読む)


【課題】安全性が実証されている食品素材を利用することにより、長期に亘って常用しても全く安全で副作用のない悪性腫瘍治療剤及びそれを含む飲食品を提供する。
【解決手段】椎茸、カカオ、ナツメグ、コーヒー及びステビアを混合して得られる混合物を有効成分とする悪性腫瘍治療剤。 (もっと読む)


【構成】西洋バラ(Rosa
centifolia(Rosaceae))花、子房、ハイブリッドローズ(Rosa Hybrida(Rosaceae))花、子房、ガク、葉、茎、エイジツ(Rosamultiflora Thunberg(Rosaceae))、ブドウ(Vitisvinifera Linne’ (Vitaceae))葉、カキ(Diospyroskaki Thunberg(Ebenaceae))葉、リンゴ(Malus pumila(Rosaceae))葉、マリーゴールド(Calendula officinalis L. (Compositae))花、モクレン(Magnolia lililora(Manoliaceae)))葉の抽出物を有効成分として含有するメイラード反応阻害剤、またはそれを含有する皮膚外用剤。
【効果】メイラード反応を阻害し、肌の硬化、しわ形成、はり・つやの喪失の原因となるコラーゲンの架橋形成及び肌のくすみの原因となる着色を抑制して優れた皮膚老化防止効果、美肌効果を示す皮膚外用剤を提供する。 (もっと読む)


【課題】植物から得られる新規なテストステロン−5α−レダクターゼ阻害剤、育毛剤およびアクネ治療剤の提供。
【解決手段】ヤーコン(ペルー原産のキク科植物、学名Polymnioa sonchifolia)の葉や茎の抽出物は、優れたテストステロン−5α−レダクターゼ阻害作用を有しており、該抽出物を含有する皮膚外用剤および内用剤は、男性型脱毛症治療剤、アクネ治療剤、前立腺肥大症等を予防または改善することができる。 (もっと読む)


【課題】安全性が実証されている食品素材を利用することにより、長期に亘って常用しても全く安全で副作用のない悪性腫瘍治療剤及びそれを含む飲食品を提供する。
【解決手段】椎茸、マイタケ、レモンバーム、ミント及びステビアを混合して得られる混合物を有効成分とする悪性腫瘍治療剤。 (もっと読む)


【課題】 ステビアの全草を微粉砕して長時間にわたり抽出したステビア抽出エキスが肝炎、糖尿病、循環器疾患、脳の活性化、眼疾患に有効であると民間で言われていた。その真偽に関して、インスリンの作用メカニズムから解明し、学術的裏付けを行った。
【解決手段】 ステビオサイドを始め、ステビア配糖体及びその類縁物質は複雑なインスリンシグナル伝達の上位に存在し、インスリンシグナルの伝達に欠くことのできないIRS(インスリン リセプター サブストレイト)を神経細胞等の標的細胞内で顕著に増量し、IRSのチロシンリン酸化も顕著に促進し、インスリンシグナルを有効に伝達し、各種成人病に有効であることが判明した。 (もっと読む)


【目的】 本発明は、人間が本来有する自然治癒力を高め、各種病気の予防・回復、骨粗しょう症・痴呆などの老化の防止、肝臓や腎臓などの内臓の機能向上及びアトピーや慢性鼻炎、喘息などのアレルギー症状の予防・体質改善に役立つ健康食品及び皮膚炎緩和剤を提供することを目的とするものである。
【構成】 ココヤシ水を乳酸菌で発酵・処理したものを有効成分として配合したことを特徴とする健康食品及び皮膚炎緩和剤。
(もっと読む)


【目的】 本発明は、経口的に摂取することにより、脳の活性化を促し、痴呆症、記憶力障害などの発生予防、症状改善などに役立つ栄養補助食品を提供することを目的とする。
【構成】 ココナッツ水の濃縮成分ないし乾燥固形成分を有効成分として配合したことを特徴とする栄養補助食品
(もっと読む)


血中脂質改善効果と抗肥満効果を有するダルマギクの地上部抽出物の製造方法及びこれから得られる抽出物を含有する組成物を提供する。本発明によるダルマギクの地上部抽出物は、血中脂質改善効果と抗肥満効果を有するゲルマクロン、α−スピナステロール配糖体などのテルペン系化合物の含量を大幅に増やし、ダルマギクに本来多量含有されている塩、不安定して空気の酸化を受け易いフェノ−ル性化合物、粘液性物質をほとんど除去することにより血中脂質改善効果と抗肥満効果を高めると共に、高脂血、肥満による動脈硬化症、心循環系疾患、脳血栓疾患、肝疾患、血栓症、高脂血症、糖尿病などを予防または治療することを補助する機能性食品として使用可能である。
(もっと読む)


本発明は、皮膚に伴う疾患および状態の予防および治療に使用するための、化合物の2つの特定のクラス−−フリーのB環のフラボノイドおよびフラバン−−の混合物で構成されるここで問題とする新規組成物を提供する。ここで問題とする本組成物は、正常な、加齢の、および損傷を受けた皮膚の細胞および組織におけるシクロオキシゲナーゼ(COX)およびリポキシゲナーゼ(LOX)の酵素活性を同時に阻害する。本発明はさらに、シクロオキシゲナーゼ(COX)およびリポキシゲナーゼ(LOX)により仲介される疾患および状態の予防および治療のための方法を提供する。皮膚のCOX−2および5−LOを介した疾患および状態を予防および治療するための方法は、それを必要とするホストに、合成されたおよび/または、好ましくは植物のスクテラリア 属およびアカシア属の単一の植物または複数の植物から単離された、フリーのB環のフラボノイドおよびフラバンの混合物、および医薬的におよび/または美容的に受容可能な担体を包含する組成物の療法的有効量を、局所的に投与することで構成される。最後に本発明は、日光による熱傷、熱による熱傷、ざ瘡、局所的創傷、真菌、細菌およびウイルスの感染を原因とする軽症の炎症の状態、白斑、全身性紅斑性狼瘡、乾癬、癌、黒色腫、ならびにその他の哺乳動物の皮膚癌、紫外線(UV)放射、化学物質、熱、風および乾燥の環境への暴露に起因する皮膚の損傷、小じわ (wrinkles)、皮膚のたるみ、目の周囲のしわ(lines)およびくま、皮膚病およびその他のアレルギーに関連する皮膚の状態を含むがこれに限定されない、COXおよびLOXを介した疾患および状態の予防および治療のための方法を提供する。当明細書に記載する組成物の使用はまた、弾力性の改善された滑らかな若々しい皮膚、低減され遅延された老化、高められた若々しい外観および皮膚のきめ、ならびに増加された柔軟性、はり、滑らかさおよびしなやかさという利点を提供する。 (もっと読む)


441 - 460 / 570