説明

Fターム[4C100BC13]の内容

マッサージ装置 (14,641) | 駆動力伝達 (1,009) | 流体 (659) | 制御 (353)

Fターム[4C100BC13]の下位に属するFターム

 (137)

Fターム[4C100BC13]に分類される特許

1 - 20 / 216


【課題】温度刺激を局所的に付与するにもかかわらず、温度刺激による温熱効果を身体の広範囲に至らせるとともに、当該温熱効果を長く持続させることのできるマッサージ装置を提供する。
【解決手段】四肢に対して温度刺激が付与される際、左の上肢に対して温度刺激を付与するヒータと右の上肢に対して温度刺激を付与するヒータのうち少なくとも何れか一方のヒータから温度刺激が付与される。それと同時に、左の下肢に対して温度刺激を付与するヒータと右の下肢の上肢に対して温度刺激を付与するヒータのうち少なくとも一方のヒータから温度刺激が付与される。また、温度刺激を付与される際には、間欠的に温度刺激を付与される。 (もっと読む)


【課題】頭額部に対するマッサージ中に被施術者の頭額部からエアーヘッドベルトが移動することを防ぐことができ、頭部の毛髪に液剤を供給することのできる携帯性に優れた頭額部用空気圧マッサージ器を提供すること。
【解決手段】両端に固定手段を備えたエアーヘッドベルトと、前記エアーヘッドベルトに設けられた空気袋と、液剤を格納するための液剤容器と、前記液剤容器から前記エアーヘッドベルトに設けられた開口部を通じて液剤を噴霧するための噴霧手段と、前記空気袋および前記液剤容器に空気を供給する空気供給手段と、を有し、
前記エアーヘッドベルトの空気袋が、前記エアーヘッドベルトを環状に接続した際に、前記エアーヘッドベルトの内側となる部分に設けられ、
前記空気袋が、前記エアーヘッドベルトの環状周囲方向に対して垂直方向に前記空気袋の内部を結合する結合部を有することを特徴とする、頭額部用空気圧マッサージ器。 (もっと読む)


【課題】 取り外し可能な施療ユニットの背凭れ部への装着作業が容易であり、施療ユニットを装着した状態で被施療者への施療位置を調整可能であり、しかも、施療ユニットを取り外した状態ではコンパクト化することができる椅子型マッサージ機を提供する。
【解決手段】 椅子型マッサージ機1は、背凭れ部3の左右の側部に対して着脱自在に装着される左右別体の施療ユニット7Aと、これを装着状態に固定するロック機構110とを備え、ロック機構110は、ガイドピン(支持突起)111と、解除レバー(操作部)112と、ロックアーム(係止部)112とを有している。 (もっと読む)


【課題】使用者の脚と足とをマッサージすることができるとともに、マッサージしていない場合において保持される使用者の脚への違和感を抑制することができるマッサージ機を提供する。
【解決手段】オットマン12は、座部13前端側に配置される脚保持部材30と、使用者の足側に配置される足保持部材20とから少なくとも構成され、それら各部材20,30は、それぞれ表裏に回動する。特に、足保持部材20には、その表裏の一方には使用者の足をマッサージするための足マッサージ手段が配設されたマッサージ面22が、他方には脚置き面23がそれぞれ形成される。脚保持部材30には、その表裏の一方には使用者の脚をマッサージするための脚マッサージ手段が配設されたマッサージ面32が、他方には脚置き面33が、それぞれ形成されている。 (もっと読む)


【課題】使用者の大腿部に対して略後方への十分な押圧作用を与えて、大腿部を胸に引き付けるようなストレッチ感覚を得ることができる椅子型マッサージ機を提供する。
【解決手段】座部3及び背凭れ部4を有する椅子本体2と、座部3に設けられた大腿部用エアセルa7と、エアの給排気を行う給排気装置12と、給排気装置12の動作を制御する制御部15と、を有している。大腿部用エアセルa7は、給排気装置12からのエアの供給により、その押圧面a70が該座部3の座面3aに対して略後方に向かって膨張して使用者の大腿部を略後方に押圧する。 (もっと読む)


【課題】液流の圧力でマッサージをおこなう液圧マッサージ機のエネルギー消費を減少させ、効果的なマッサージを可能にする。
【解決手段】ノズルを3次元的に制御して生体の近傍の最適の位置まで接近させて液流を噴射する。ノズルから液体を噴出する方向は、載置部2のなす平面に垂直になるように、また、人が載置部に載ったときの人体又は載置部の表面に垂直に、又は垂直に近い角度になるようにする。これにより、エネルギーのロスを最小にし、正確な強さでマッサージをおこなうことができる。 (もっと読む)


【課題】使用者に対して多様な動作感を付与することができる揺動装置を提供する。
【解決手段】使用者が着座可能な座部12と、使用者の脚部を支持する脚部支持部18と、使用者の背中を支持する背もたれ部13とを備え、それらの一部を左右方向に揺動可能なマッサージ機10であって、使用者の背面側から使用者の身体において体軸方向に異なる押圧部位を押圧するエアバッグ20a,20b,20cを複数備え、エアバッグ20a,20b,20cは、座部12、脚部支持部18、及び背もたれ部13のうち、それらの一部が左右方向に揺動した状態で、使用者の身体を背面側から押圧する押圧位置を変更させる。 (もっと読む)


【課題】
前腕内側に複数位置するツボを押圧することができ、また、同じく前腕内側に位置し疲労が蓄積しやすく太い組織である腕橈骨筋、長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋などの浅層骨格筋を押圧することのできるマッサージ機を提供することを課題とする。
【解決手段】
本発明は、使用者が着座する座部と、座部に立設した背もたれ部と、座部の左右に配置された肘掛部と、掛部の上面に対向して立設された使用者の身体側に近い内側立上り壁と使用者の身体側から遠い外側立上り壁とを具備し、それぞれの立上り壁が対向する内壁面に膨縮可能な空気袋を有する椅子式マッサージ機であって、内側立上り壁の内壁面に近設された第一空気袋よりも、肘掛部の幅方向で第一空気袋に重合される第二空気袋が肘掛部の上面に対して上側となる位置に配設される椅子式マッサージ機などにより解決することができた。 (もっと読む)


【課題】カッピング療法施術の際、データベースに予め保存された対応部位の参考減圧値を読み出し、患者の条件や病状に基づいて加重計算を行い、患者の治療程度により近いカッピング減圧値を得ることで、カッピング吸引力を適切にコントロールできるカッピング医療方法を提供する。
【解決手段】本発明のカッピング医療方法は、人体各部位の健康時のカッピングの正常減圧値および発病時の病巣部カッピングの参考減圧値を測定してデータベースに保存し、患者のカッピングしたい部位に基づきデータベースから参考減圧値を取得し、また患者個人の基本条件、対処を要する症状およびカッピング位置等の調整因子を取得し、参考減圧値に対して加重計算を行い、カッピング減圧値を得た後、カップを患者のカッピングしたい部位の上に載置し、カップ内の圧力がカッピング減圧値に達するまでエアポンプでカップ内の空気を吸引し、カップを患者の身体上に残したままカッピング医療作業を行う。 (もっと読む)


【課題】エアバックを覆うカバー部材がマッサージ機本体から外れてしまうことを防止することができるマッサージ機を提供する。
【解決手段】カバー部材31には、複数の取付孔33aが放射状に広がるように延びる直線上に配置されている。すなわち、カバー部材31とマッサージ機本体11との固定箇所が、放射状に広がるように延びる直線上に存在している。 (もっと読む)


【課題】使用者が下半身をほぐす動作に適した姿勢をとることのできる揺動椅子を提供する。
【解決手段】揺動椅子1には、臀部を支持する座部20と、背中を支持する背もたれ30と、脚を支持するオットマン40と、座部20を揺動させる揺動機構50とが設けられている。オットマン40と座部20とが連結されている。そして、オットマン40は、座部20に対する姿勢を変更することができる。 (もっと読む)


【課題】
肘掛部に施療者の前腕部をマッサージする前腕部施療機構を設けた場合に、該前腕部施療機構の立上り壁が施療者の腕部に対して不必要に圧迫して不快感をもたらすという要因を解消し、前腕部施療機構における腕部の載脱をスムーズに行えるようにすると共に、施療者が起立及び着座時に前腕部施療機構が邪魔にならずに快適に使用できる肘掛部にした椅子式マッサージ機を提供する。
【解決手段】
椅子式マッサージ機1aにおいて、肘掛部14aには、肘掛部14aの内側後方から施療者の前腕部を挿入するための前腕挿入開口部61aを有しており、前腕挿入開口部61aから延設して肘掛部14aの内部に施療者の前腕部を挿入保持するための空洞部62aを設け、空洞部62aの内部壁面621a各所に施療者の前腕部にマッサージを施すための前腕部施療機構6aを設けて構成する。 (もっと読む)


【課題】身体を背もたれ部側へ押しながらしっかりと保持することができ、しかも、肩の前部の施療を行うことのできるマッサージ機を提供する。
【解決手段】使用者が着座する座部と、この座部の後部に倒伏自在に連結された背もたれ部と、この背もたれ部の左右両側に取付けられた側壁部とを具備し、前記左右の側壁部の先端側に、前記背もたれ部に背中を当接させて座部に腰掛けた使用者の肩を斜め前方から押圧するホールド用エアバッグを配設した。 (もっと読む)


【課題】
空気給排装置により膨張及び収縮する膨縮袋を活用して三次元的なストレッチまたはひねりを使用者の身体に行わせ、そのストレッチまたはひねりの効果が及ぶ身体施療部位における密度を高めたマッサージ機を提供する。
【解決手段】
座部11aと該座部11a後部で起倒可能に連結する背凭れ部12aとからなる椅子本体10a適所に、空気給排装置3aによる空気の給排気により押圧膨縮または押圧膨張保持する膨縮袋2aを内装したマッサージ機1aであって、該膨縮袋2aを座部11a及び背凭れ部12aに左右一対としてそれぞれ設けると共に、背凭れ部12aの起立状態において座部11aの左右一対からなる膨縮袋2aのうち片側のみを膨張させると同時に、背凭れ部12aの左右一対からなる膨縮袋2aのうち座部11aで膨張させた膨縮袋2aとは左右反対側の膨縮袋2aのみを膨張させるよう構成した。 (もっと読む)


【課題】ふくらはぎの筋肉部分をはじめとする脚全体を十分に揉みほぐすことができ、心地よい脚マッサージを実現することができるマッサージ機を提供する。
【解決手段】座部11と、この座部の前部に連結した脚載部14と、を具備するマッサージ機において、4組のエア施療部36,37を備え、前記エア施療部は、記各脚受部14aの開放面側に配置されて被施療者の脚を前方から押圧可能とした左右一対の第1のエア施療部37,36と、前記各脚受部の奥部壁側に配置されて被施療者の脚を後方から押圧可能とした左右一対の第2のエア施療部35R、35Lとからなり、前記脚載部は、被施療者の足裏を受ける足裏受部144をさらに備えている。 (もっと読む)


【課題】本体ユニットに対してサブユニットの揺動可能範囲の自由度を高め、且つ強度的に強いフットマッサージャーを提供する。
【解決手段】
ふくらはぎを挿入可能な左右一対の凹部22が前方に向けて形成され、凹部22に挿入されたふくらはぎにマッサージを施す本体マッサージ手段30を有する本体ユニット20と、膝又は大腿部を挿入可能な左右一対の凹部42が形成され、凹部42に挿入された膝又は大腿部にマッサージを施すサブマッサージ手段50を有し、本体ユニットの上方に配備されるサブユニット40と、床面に載置される下部ベース11と、下部ベース上に摺動可能に載置された上部ベース80とを具えたフットマッサージャーであって、サブユニット40は上部ベース80の上端部に回動可能に軸支され、本体ユニット20は上部ベース80上に前後に摺動可能に載置されている。 (もっと読む)


【課題】サブユニットの移動可能範囲の自由度を高め、広い範囲にマッサージを施すことのできるフットマッサージャーを提供する。
【解決手段】被施療者のふくらはぎ及び/又は足先を挿入可能な左右一対の本体凹部22と本体マッサージ手段30とを有する本体ユニット20と、膝又は大腿部を挿入可能な左右一対のサブ凹部42とサブマッサージ手段50と、を有し本体ユニットの上方に配備されるサブユニット40と、サブユニットを本体ユニットに対して連結し、上下方向に位置調整可能に支持する回動機構とを具えたフットマッサージャーであって、回動機構は、本体ユニットの上方前端部に設けられた支点と、該支点に回動可能に軸支された回動子と、サブユニットの後端部に設けられ回動子の回動端部に係止された連結部と、を有し、回動子を介してサブユニットを回動させることにより、サブユニットを本体ユニットに対して上下方向に位置調整可能とした。 (もっと読む)


【課題】大腿部マッサージャーを左右一対備えたマッサージ機において、小児がマッサージ機に近づいたとしても危険が及ばないようにする。
【解決手段】マッサージ機1は、被施療者の大腿部を左右両側から挟みつけてマッサージを行う大腿部マッサージャー12L、12Rを備える。大腿部マッサージャー12Lには大腿部センサ22Lが配置され、大腿部マッサージャー12Rには大腿部センサ22Rが配置される。制御部30は、大腿部センサ22L、22Rが両方とも大腿部検知信号を出力した場合のみ大腿部マッサージャー12L、12Rを動作可能にする。大腿部マッサージャー12L、12Rは大腿部用エアバッグ19により大腿部の挟みつけを行う。操作/表示部13には、施療中であっても大腿部マッサージャー12L、12Rによる大腿部の挟みつけを一時的に解除できる一時解除キー46が配置されている。 (もっと読む)


【課題】 複雑な配線処理を必要とせず、また操作性も優れた大腿をマッサージできるフットマッサージ機を提供することである。
【解決手段】 ふくらはぎや足先を挿入可能な凹部22の形成された本体ケーシング21と、凹部22に配備された本体マッサージ手段30を有する本体ユニット20と、本体ケーシングの上部に前後に揺動可能に支持されるサブケーシング41と、サブケーシングに形成され、本体ケーシングに対して後方に揺動することで、被施療者の大腿を挿入可能な凹部42と、該凹部に配備されたサブマッサージ手段50と、を有するサブユニット40とを具え、サブユニットには、マッサージ機を操作する操作部65と、操作部の操作入力に応じた信号を本体ユニットに向けて発信する送信部63を有し、本体ユニットには、送信部より発振された信号を受信する受信部67と、受信部からの受信出力を受けて前記本体マッサージ手段とサブマッサージ手段とを制御する制御手段60を有する。 (もっと読む)


【課題】簡単に且つ安価に体感の違うマッサージを提供できるマッサージ用空気袋を提供することを目的とする。
【解決手段】
マッサージ用空気袋は、第一空気袋と第二空気袋により構成されている。第一空気袋は外縁部と内縁部を有しており、外縁部と内縁部とに囲まれた膨張部を有している。第二空気袋は施療子を有している。第一空気袋と第二空気袋は重ね合わせて構成されており、第一空気袋の背後に第二空気袋がある。第二空気袋の施療子は、第一空気袋の開口部に対応する位置に設置されており、第一空気袋の開口部より施療できるよう構成されている。
(もっと読む)


1 - 20 / 216