説明

Fターム[4J002DE23]の内容

高分子組成物 (583,283) | 酸素含有無機化合物 (32,933) | 酸:その塩 (8,156) | 塩(→As、Sb、Cr、Al、Mn、Tiの酸素酸塩) (7,999) | 炭酸塩;重炭酸塩 (5,924) | 炭酸塩 (4,686) | アルカリ土類金属の (3,837)

Fターム[4J002DE23]に分類される特許

3,601 - 3,620 / 3,837


【課題】
作業性、接着性に優れると同時に、毒性が少なく、同種または異種からなる少なくとも2枚の建築用板を貼り合わせることで優れた制振性能を示す塗布型制振材料組成物、及びそれを用いた制振性能に優れた建築用複合板を提供する。
【解決手段】
(A)加水分解性の珪素含有官能基を有する重合体、(B)スチレン系(共)重合体、(C)成分(A)に対する硬化触媒、(D)可塑剤、及び(E)充填材を含有する塗布型制振材料組成物。 (もっと読む)


塩素化ポリマー及びハロゲン化ポリマー用の安定剤として少なくとも1種の式(I)の化合物(式中、R又はR=直鎖若しくは分枝C〜C22アルキル、非置換若しくはC〜Cアルキル/アルコキシ及び/又はヒドロキシで置換されているフェニル、非置換若しくはC〜Cアルキル/アルコキシ及び/又はヒドロキシによって置換されているフェニルC〜Cアルキル、直鎖若しくは分枝C〜C18アルケニル、C〜C−シクロアルキル、少なくとも1個の酸素原子によって中断されているC〜C10アルキル若しくはC〜C10ヒドロキシアルキル若しくはアセトキシ/ベンゾイルオキシC〜C10アルキルである)を含む組成物。
(もっと読む)


(a)大部分が重合された非水素化モノビニル芳香族炭化水素の少なくとも2個の樹脂状ブロックA、および選択的水素化エラストマーブロックBを有する1種または複数の選択的水素化ブロックコポリマー100重量部[ここで、水素化前の前記ブロックBは、大部分が重合された共役ジエン(複数も可)であり、前記ブロックコポリマーは、少なくとも250kg/モルの総見掛分子量を有し、少なくとも18kg/モルの真の分子量をもつ重合されたモノビニル芳香族炭化水素ブロックを含む。]、(b)大部分が重合された非水素化モノビニル芳香族炭化水素の少なくとも2個の樹脂状ブロックA’、および選択的水素化エラストマーブロックB’を有する1種または複数の選択的水素化ブロックコポリマー5から50、好ましくは15から40重量部[ここで、水素化前の前記ブロックB’は、他のコポリマー(例えば、ビニル芳香族)の小部分、すなわち≦25重量%と混合することができる、主成分が重合された共役ジエン(複数も可)から得られるものであり、前記ブロックコポリマーは、50,000から180,000の範囲にある総見掛分子量を有し、一方、樹脂状ブロックA’は、3から20kg/モル、好ましくは5から15kg/モルの範囲にある真の分子量を示す。]、
(c)130℃から180℃の範囲にあるビカー軟化温度、0.5から30dg/分の範囲にあるMFR、および少なくとも4.5の多分散性指数を有する、主成分としてプロピレンを含む線状結晶性ポリマー25から80重量部、
(d)ブロックBおよびB’と相溶性のある軟化剤100から250重量部、
(e)発泡剤と組み合わせて、(a)から(e)の主成分の重量を基準にして、吸熱基をもつ固体化学成核剤0.01から3重量%、
および場合によって、
(f)PPOおよび/またはブロックコポリマー成分(a)と相溶性のある任意の樹脂、抗酸化剤、UV−安定剤、難燃剤、表面変性剤および無機充填剤から選択された1種または複数の二次的成分、
を少なくとも含む、発泡された、可撓性、耐熱性、熱可塑性エラストマー物品を製造するために使用可能な発泡性組成物ならびに前記組成物から得られる発泡物品。 (もっと読む)


【課題】有害物質発生の原因となるハロゲン化合物を全く含有しないで難燃性を確保しつつ、樹脂本来の特性を高く維持することができる難燃性樹脂組成物を提供する。
【解決手段】難燃性樹脂組成物に関する。熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂のいずれか一方又は両方からなる樹脂100質量部に対し、下記式(1)で示されるシクロホスファゼン化合物を0.1〜200質量部配合する。
【化1】
(もっと読む)


【課題】石油外資源の含有比率を高めることで、地球に優しく、将来の石油の供給量の減少に備え、ウェット路面およびドライ路面において充分な走行性能を示すタイヤのトレッド用ゴム組成物を提供する。
【解決手段】天然ゴムおよび/またはエポキシ化天然ゴムを80重量%以上含むゴム成分100重量部に対して、8重量部以上のレジン、および白色充填剤80重量%以上からなる充填剤を含有するトレッド用ゴム組成物。 (もっと読む)


プレッシャーレスポリマーパイプ、そのための組成物、組成物の製造方法が記載される。パイプは、ポリマーが、プロピレンベースポリマーがプロピレンホモポリマーのマトリックスおよびプロピレンと少なくとも1種のオレフィンコモノマーとのエラストマーコポリマーの分散相を有する異相プロピレンコポリマーであり、異相プロピレンコポリマーの重量に基づき2〜7重量%のコモノマー含量を有し、ISO 1133 C4に従って決定されるメルトフローレートMFR (2/230) 0.1〜2.0g/10分を有し、200℃で測定されるレオロジー剪断減粘性指数SHI0/509〜30により定義される広い分子量分布を有し;1mm/分および23℃にて、ISO 527-2/1Bにしたがって決定される引張り弾性率少なくとも1800 MPaを有し;ISO 179/1eAに従って決定される衝撃強度が0℃にて少なくとも6kJ/m2および-20℃にて少なくとも2 kJ/m2の値を有する、プロピレンポリマー組成物を含むことを特徴とする。組成物は、先に定義されたポリマー組成物である。方法は、電子ドナーを含む立体特異的なチーグラー-ナッタ触媒の存在下で、(i) 少なくとも1つのループ反応器中で、少なくとも80℃の温度および4600〜10,000 kPaの圧力にてプロピレンホモポリマーマトリックスを、かつ(ii) 少なくとも1つの気相反応器中で、工程(i)より低い温度で、プロピレンおよび少なくとも1種のオレフィンコモノマーのエラストマーコポリマーを重合して、先に定義された異相プロピレンコポリマーのベースポリマーを得ることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 低誘電率であり、他の特性にも優れる、低誘電率絶縁性樹脂組成物絶縁性樹脂ワニス、プリプレグ、絶縁性樹脂フィルム、積層板及び多層配線板を提供することにある。
【解決手段】 絶縁性樹脂組成物及び低誘電率化剤を含む低誘電率絶縁性樹脂組成物であって、該低誘電率化剤が、多孔性物質と、該多孔性物質内に埋め込まれた低誘電率化成分とで構成され、かつ該低誘電率化剤中の低誘電率化成分の誘電率が、該絶縁性樹脂組成物の誘電率よりも小さい低誘電率絶縁性樹脂組成物、絶縁性樹脂ワニス、プリプレグ、絶縁性樹脂フィルム、積層板及び多層配線板を提供する。 (もっと読む)


【課題】ガラス転移温度が低く、耐寒性、耐寒衝撃性、耐摩耗性に優れた1,2−ポリブタジエンを用い、あるいは、ビニル・シスブタジエンゴムとを併用するとともに、これらの重合体成分にフッ素系樹脂を配合することにより、厚み精度に優れ、適度な硬度を有し、平滑性に優れ、さらに熱溶融時の増粘効果が向上して熱をかけても流れすぎることがなく加工性に優れるとともに、無発泡の場合には気泡が入らない熱可塑性重合体組成物、およびこれを用いた靴底などの成形体を提供する。
【解決手段】(A)ガラス転移温度が−50℃〜−10℃である1,2−ポリブタジエン10〜100重量%、(B)ビニル・シスブタジエンゴム90〜0重量%、および(C)上記(A)〜(B)成分以外の熱可塑性重合体0〜50重量%からなる重合体成分の合計量100重量部に対し、(D)フッ素系樹脂を0.01〜20重量部含有する熱可塑性重合体組成物。 (もっと読む)


PVC系のテープを燃焼させると、ダイオキシン発生の報告があること等を背景に、PVC系粘着テープに替わり、PVC系粘着テープと同等の物理的特性と電気的特性を持つ非ハロゲンテープが望まれている。PVCをポリプロピレン系合成樹脂に単に置き換えただけでは、手切れ性が悪いという問題があるので、合成樹脂組成物を、ポリプロピレン系樹脂100重量部、ポリエチレン系樹脂1〜70重量部、平均粒子径0.5〜10μmの無機質充填剤1〜200重量部及び相溶化剤0.1〜50重量部を有する組成に工夫し、更に、MD方向に1.05〜3倍まで延伸する一方、フィルム厚を0.03〜0.5mmに維持した。
(もっと読む)


【課題】一定の水準が、燃焼の際にケーブルの高い柔軟性を必要とするが、従来のシリコーンゴム組成物ではこれによりセラミックが粉々になり、機能の維持は保証されていなかった。
【解決手段】前記課題を解決するための本発明の対象は、金属酸化物、及び酸化ケイ素、及びケイ素−金属−混合酸化物から選択される無機充填材(F)と、粉砕された鉱物繊維(M)とを含有する、シリコーンゴム組成物(S)である。 (もっと読む)


【課題】強度、剛性、低摩擦、低磨耗性かつ耐熱エージング特性に優れる摺動部品用のポリアミド樹脂組成物を提供する。
【解決手段】(A)ポリアミド樹脂100重量部に対して、(B)モース硬度が1〜6でありかつ平均粒径0.001〜10μmである無機充填剤1〜40重量部からなるポリアミド樹脂組成物であって、ポリアミド樹脂組成物中のポリアミド樹脂の相対粘度(RV)が60〜300であるポリアミド樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】ポリアミド樹脂、繊維状強化材、および無機充填材からなり、流動性および剛性に優れるポリアミド樹脂組成物を提供する。
【解決手段】ポリアミド樹脂組成物100重量%に対してポリアミド樹脂(a)35〜60重量%、
繊維状強化材(b)35〜60重量%、
(b)以外の無機充填材(c)1〜20重量%
を含有するポリアミド樹脂組成物であって、
ポリアミド樹脂(a)のサンプル濃度0.01g/mlの98%濃硫酸溶液中、25℃で測定した相対粘度が2.3以下であることを特徴とするポリアミド樹脂組成物。 (もっと読む)


本発明はゴム配合物中の充填剤およびペルオキシド架橋エラストマーのカップリング剤として作用する組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】 顔料プレートアウトが発生せず、表面が平滑なポリエチレン製パイプの製造が可能なパイプ用樹脂組成物を提供すること。
【解決手段】 ポリエチレンに顔料および滑剤として炭素数が9〜40の、脂肪酸、脂肪酸エステル、脂肪酸アミドおよび脂肪族アルコールからなる群から選択される少なくとも1種の化合物を配合してなることを特徴とするパイプ用樹脂組成物。 (もっと読む)


【課題】 成形体の外観、剛性と耐衝撃性のバランス、耐衝撃性と耐熱性のバランスに優れたプロピレン系樹脂組成物の製造方法、それから得られるプロピレン系樹脂組成物およびその射出成形体を提供する。
【解決手段】 プロピレン重合体(A)を25〜69.5重量%とし、繊維状無機充填材(B)を30〜70重量%とし、変性オレフィン重合体(C)を0.5〜5重量%として、プロピレン重合体(A)と繊維状無機充填材(B)と変性オレフィン重合体(C)とを溶融混練して樹脂組成物(MB)を得る第1工程と、第1工程で得られた樹脂組成物(MB)に、さらにプロピレン重合体(A)と非繊維状無機充填材(D)とオレフィン系エラストマーおよび/またはビニル芳香族化合物含有エラストマー(E)を加えて溶融混練して樹脂組成物を得る第2工程からなるプロピレン系樹脂組成物の製造方法、それから得られるプロピレン系樹脂組成物およびその射出成形体。 (もっと読む)


【解決手段】コアが、(a)シス1,4結合と、1,2ビニル結合が適正化されたポリブタジエンであって、その25℃における5質量%トルエン溶液の粘度η(mPa・s)を適正化するとともに、そのムーニー粘度(ML1+4(100℃))とMw/Mnとの間に特定の関係式を満たしたポリブタジエンと、(b)その他のジエン系ゴムとを配合する基材ゴムに対して、(c)不飽和カルボン酸及び/又はその金属塩、(d)チオフェノール,チオナフトール,ハロゲン化チオフェノール及びそれらの金属塩からなる群から選ばれる有機硫黄化合物、(e)無機充填剤、(f)有機過酸化物を配合したゴム組成物にて形成されると共に、外層カバーが内層カバーよりショアD硬度が低いことを特徴とするゴルフボールを提供する。
【効果】本発明は、軟らかく良好な打感と優れたスピン性能が付与され、飛距離の増大化を図ることができる。 (もっと読む)


【課題】塗工操業性、表面強度、印刷光沢、インク乾燥性等の印刷適性に優れた印刷適性を有する塗工紙を得ることができる共重合体ラテックスを提供する。
【解決手段】下記構造単位を有する共重合体からなるコア部70〜95質量部と、コア部の周囲に配設される下記構造単位を有する共重合体からなるシェル部30〜5質量部とを備え平均粒子径70〜150nmのコア−シェル型共重合体を含有する共重合体ラテックス。コア部:脂肪族共役ジエン単量体由来の構造単位45〜70%、シアン化ビニル単量体由来の構造単位30〜55%、エチレン性不飽和カルボン酸単量体由来の構造単位0〜2%、他の単量体由来の構造単位0〜25%。シェル部:芳香族ビニル単量体由来の構造単位50〜95%、エチレン性不飽和カルボン酸単量体由来の構造単位5〜20%、他の単量体由来の構造単位0〜45%。 (もっと読む)


高充填複合材料は、熱可塑性樹脂と自己造粒性押出物が押出機バレルを出るのに十分なフィラーとを多軸スクリュー押出機によって押し出すことによって形成される。押出機は出口マニホールド、ストランドダイまたはブレーカープレートなしで運転される。押出物は不規則な形状の顆粒を形成する。顆粒は、圧縮、射出または圧縮−射出成形によって燃料電池セパレータープレートおよびエンドプレートのような高充填成形物品を形成するのに使用することができる成形用組成物を提供する。
(もっと読む)


【課題】 優れた透明性と高度の寸法安定性を兼備する樹脂組成物を提供する。
【解決手段】 樹脂、前記樹脂の屈折率よりも高い屈折率を有するフィラー、及び、前記樹脂の屈折率よりも低い屈折率を有するフィラーを含有する分散相と、樹脂、前記樹脂の屈折率よりも高い屈折率を有するフィラー、及び、前記樹脂の屈折率よりも低い屈折率を有するフィラーを含有し、該分散相よりもフィラー濃度の低い連続相とからなり、全光線透過率が光路長1mm当たり60%以上である樹脂組成物。 (もっと読む)


次の成分
A)少なくとも1種の熱可塑性ポリエステル10〜98.99質量%、
B)
B1)OH価1〜600mg KOH/gポリカーボネート(DIN53240,第2部)の少なくとも1種の高分枝化又は超分枝化されたポリカーボネート、又は
B2)タイプAxy(式中、xは少なくとも1.1、yは少なくとも2.1)の少なくとも1種の高分枝化又は超分枝化されたポリエステル
又はそれらの混合物0.01〜50質量%、
C)次の成分、
1)アルキル基中で1〜8個のC原子を有しかつ10℃より低いガラス転移温度を有するアルキルアクリラート系のゴム弾性のポリマーからなるグラフト基体20〜80質量%、
2)次の成分からなるグラフト枝部20〜80質量%
21)スチレン又は一般式(I)[式中、Rは1〜8個のC原子を有するアルキル基又は水素原子を表し、R1は1〜8個のC原子を有するアルキル基を表し、nは1、2又は3の値を表す]の置換スチレン60〜95質量%
22)少なくとも1種の不飽和ニトリル5〜40質量%
から構成された少なくとも1種のグラフト重合体1〜60質量%
D) 次の成分
1) スチレン又は一般式(I)の置換スチレン又はこれらの混合物60〜95質量%
2) 少なくとも1種の不飽和ニトリル5〜40質量%
からなる共重合体0〜60質量%
E) 他の添加剤0〜60質量%、
この場合、成分A)〜E)の質量%の合計は、100%となる
を有する熱可塑性成形材料。
(もっと読む)


3,601 - 3,620 / 3,837