説明

Fターム[4J026DA02]の内容

グラフト、ブロック重合体 (46,059) | 幹重合体の重合方法 (2,372) | 重合形態 (999) | 溶液重合 (376)

Fターム[4J026DA02]に分類される特許

161 - 180 / 376


【課題】耐熱性、柔軟性を有しつつ、優れたガスバリア性を有する複合膜、該複合膜の製造方法、及び該複合膜を内層として用いたホースを提供すること。
【解決手段】粘土粒子の層が積層し、配向してなる粘土薄膜内にナイロンが分布し、該ナイロンのアミド結合が、部分的に下記一般式(1):


(式中、R1は置換されていてもよい炭素数1〜8のアルキル基、R2は置換されていてもよい炭素数1〜4のアルカンジイル基、nは0〜10の整数である。)
で表される構造を有することを特徴とする複合膜である。 (もっと読む)


【課題】非吸収性基材への優れた密着性を有する非水系樹脂分散体とそれを含有する低非吸収性基材に対して優れた密着性を有する低粘度のインキ組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】分散安定用樹脂と溶剤との存在下、エチレン性不飽和単量体(C)をラジカル重合してなる非水系樹脂分散体であって、
分散安定用樹脂が、エチレン性不飽和単量体(D)をラジカル重合してなる、重量平均分子量が3000〜20000の樹脂であり、
エチレン性不飽和単量体(C)の合計100重量%中、2個以上のエチレン性不飽和基を有する単量体が0.5〜15重量%、エチレン性不飽和基以外の反応性官能基を有する単量体が1.0〜30重量%、及びその他の単量体が55〜98.5重量%であり、かつ、
エチレン性不飽和単量体(C)の合計100重量%中、環状構造を有する単量体が5〜20重量%であることを特徴とする非水系樹脂分散体。 (もっと読む)


【課題】吸水性および保水性に優れ、加工性が良好であり、かつ機械強度の強い吸水性材料を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明の吸収性材料は、(1)主鎖骨格である、炭素原子数2〜20のオレフィンから選ばれる少なくとも1種以上のオレフィンに由来する繰り返し単位を主たる構成単位とするオレフィン連鎖からなり、135℃デカリン中で測定した極限粘度[η]が、0.70dl/g以上である重合体セグメントAと、(2)側鎖骨格である、水溶性(メタ)アクリル酸系モノマーに由来する繰り返し単位を主たる構成単位とするモノマー連鎖からなる重合体セグメントBとからなるグラフト型オレフィン系重合体を成型し、該吸水性材料の(i)示差走査熱量計(DSC)測定により求めた融点が、100〜280℃であり、(ii)保水率が7%以上であり、(iii)含水率が10%以上であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】耐久性(耐加水分解性)があり、溶媒の揮発性が低く、広い温度域で使用可能なオルガノゲルでありながら、高い強度と膨潤度を維持するゲル、およびその製造方法を提供する。
【解決手段】モノマー(a1)を有機溶媒(a2)に溶解し、重合し架橋することにより形成された第一の網目構造(A)と、モノマー(b1)を有機溶媒(b2)に溶解し、前記第一の網目構造(A)中に前記モノマー(b1)を導入し、該モノマー(b1)を重合し架橋することにより前記第一の網目構造(A)中に形成された第二の網目構造(B)とからなる相互侵入網目構造を有するゲルにおいて、前記モノマー(b1)が特定の不飽和モノマー(b1−1)を含み、かつ前記モノマー(b1)のIOBがε/30〜ε/13であることを特徴とするオルガノゲル。 (もっと読む)


【課題】末端にヨウ素基および/または臭素基を有する含フッ素オレフィン重合体であって、例えば約60〜120℃でのポンプ輸送が可能でかつ通常の射出成形機で加工可能な、貯蔵安定性および耐熱老化性にすぐれたフルオロエラストマーを提供する。
【解決手段】末端にヨウ素基および/または臭素基を有する含フッ素オレフィン重合体に、炭素数2〜4のオレフィンを含フッ素オレフィン重合量に対し1〜5モル%の割合で付加重合させたフルオロエラストマー。 (もっと読む)


【課題】モールド剥離性に優れ良好なパターンが形成でき、且つエッチング後に得られたパターンのラインエッジラフネスが小さいナノインプリント用組成物、これを用いたパターン形成方法および該パターン形成方法によって得られるパターンを提供する。
【解決手段】重合性単量体と、光重合開始剤と、トリフロロメチル基を有する繰り返し単位を含む(メタ)アクリレート系ポリマーとを含有し、前記(メタ)アクリレート系ポリマーを前記重合性単量体に対し0.01〜20質量%含むことを特徴とするナノインプリント用組成物。 (もっと読む)


【課題】相溶性・流動性に優れるグリシジル基をグラフト変性したプロピレン重合体、およびそれを含有し、各種の被着体との接着性・相溶性に優れるポリオレフィン系重合体組成物、並びにそれらを用いた積層体を提供すること。
【解決手段】不飽和グリシジル化合物(g)がグラフトされてなる変性プロピレン重合体(P)であって、当該変性プロピレン重合体(P)が以下の条件(a)、(b)、(c)を満たすことを特徴とする変性プロピレン重合体(P)。(a)135℃、テトラリン溶媒中で測定した極限粘度[η]が0.20〜1.0dl/g(b)当該変性プロピレン重合体(P)100重量%に対し、不飽和グリシジル化合物のグラフト量(G1)が、1重量%以上15重量%未満(c)当該変性プロピレン重合体(P)100重量%に対し、非グラフト化不飽和グリシジル化合物重合体(G2)の含有量が5重量%未満 (もっと読む)


【課題】微細な顔料の分散剤として有用な新規な樹脂とその製造方法、更に、該樹脂を含有し、微細な顔料の分散性及び分散安定性に優れた顔料分散液を提供すること。また、上記樹脂を含有し、微細な顔料の分散性及び分散安定性に優れると共に、塗布性及び現像性に優れ、コントラスト及び色ムラ等の色特性が良好な着色硬化膜を形成しうる着色硬化性組成物を提供すること。
【解決手段】(a)下記一般式(I)で表される化合物と、(b−1)ラクトン及びヒドロキシル基含有カルボン酸から選ばれる少なくとも1種の化合物、又は、(b−2)ポリエステルと、を反応させて得られた下記一般式(II)で表わされる樹脂(一般式(I)及び(II)中、VはpKaが4未満の基を含有する有機基を、Wは求核性基を、W’はWの残基を、nは1以上の整数を表す)、この樹脂を含有する顔料分散液、及び着色硬化性組成物。
(もっと読む)


【課題】長期間保存しても微粒子の沈降のない保存安定性に優れた水溶性重合体分散液、紙力増強剤、製紙用濾水性向上剤および製紙用歩留向上剤を提供する。
【解決手段】塩濃度が10重量%以上飽和濃度以下の塩水溶液中に、水溶性重合体を、カチオン性ラジカル重合性単量体30〜99.99モル%およびスルホン酸基含有ラジカル重合性単量体0.01〜1モル%を含有する重合成分を共重合させて得られる高分子分散剤を用いて分散させた水溶性重合体の分散液であって、水溶性重合体の含有量が10〜40重量%で、25℃における分散液の粘度が3000〜30000mPa・sである水溶性重合体分散液を用いる。 (もっと読む)


【課題】 アルカリ現像性が良好であり、高解像度と高感度を両立するフォトスペーサ用感光性樹脂組成物を提供する。
【解決手段】
(メタ)アクリロイル基を有していてもよい親水性樹脂(A)、紫外線吸収剤(B)及び光ラジカル重合開始剤(C)を含有する感光性樹脂組成物であって、前記紫外線吸収剤(B)を感光性樹脂組成物の固形分の重量に基づいて0.5〜10重量%含有し、前記親水性樹脂(A)中の(メタ)アクリロイル基濃度が1.5mmol/g未満である場合は、さらに多官能(メタ)アクリレートモノマー(D)を必須成分として含有してなり、感光性樹脂組成物の固形分の重量に基づく(メタ)アクリロイル基濃度が1.5〜6.0mmol/gであるアルカリ現像可能なフォトスペーサ用感光性樹脂組成物(Q)である。 (もっと読む)


【課題】長期にわたり自己研磨性を示し、優れた防汚性を発揮するハイソリッド型の防汚塗料用アクリル系シラップおよび防汚塗料を提供する。
【解決手段】アクリルポリマー(P)と、ラジカル重合性モノマー(M)と、有機過酸化物(O)と、該有機過酸化物(O)の分解促進剤(A)とを含有する防汚塗料用アクリル系シラップであって、前記アクリルポリマー(P)および前記ラジカル重合性モノマー(M)の少なくとも一方が、2価の金属エステル構造を有する。 (もっと読む)


【課題】塗工用水系エマルジョンとして、造膜性、密着性、スクラッチ強度、耐溶剤性等を兼ね備え、界面活性剤を使用しない、粒子径とその分布が制御された水性アクリル系共重合体分散液を提供すること。
【解決手段】分子内にカルボキシル基を有するエチレン系不飽和単量体及び/又は分子内に水酸基を有するエチレン系不飽和単量体を、水分散可能な高分子化合物の存在下で重合することによって得られる水性アクリル系共重合体分散液により、前記課題を解決した。 (もっと読む)


【課題】硬化性及び分散性に優れる複合微粒子およびその簡便な製造方法の提供。
【解決手段】この複合微粒子は、無機コア粒子と、この無機コア粒子の表面に結合した有機ポリマーとを備える。有機ポリマーは、側鎖に重合性官能基を有している。重合性官能基は、複合微粒子の表面に露出している。複合微粒子の単位質量に対する重合性官能基の量は、0.005mmol/g以上0.1mmol/g未満である。好ましくは、複合微粒子では、上記有機ポリマーはアクリル系ポリマーであり、上記重合性官能基はエチレン性不飽和基である。複合微粒子は、(1)活性水素を有する官能基及びポリシロキサン基を側鎖に有する含珪素ポリマーと、重合性官能基及び活性水素と反応する官能基を有する化合物とを反応させる工程と、(2)その反応生成物と、加水分解により金属酸化物を生成しうる金属化合物とを反応させる工程とを含む製造方法で製造される。 (もっと読む)


【課題】軟質性、力学物性と耐熱性、耐油性に優れる熱可塑性樹脂組成物を提供することである。
【解決手段】特定の条件を満たすクロス共重合体及びシンジオタクティクポリスチレン系樹脂を含む樹脂組成物であって、クロス共重合体70〜95質量%、シンジオタクティクポリスチレン系樹脂が5〜30質量%の範囲であることを特徴とする熱可塑性樹脂組成物である。 (もっと読む)


【課題】制御された方法でエラストマーにグラフトされたビニル芳香族(コ)ポリマーの調製方法
【解決手段】無極性溶媒に可溶の、ブロモアルカンとニトロキシラジカルで官能基化されたエラストマーを(少なくとも1つの)ビニル芳香族モノマー/重合溶媒の混合物からなる液相に溶解する工程; 溶液中に官能基化されたエラストマーを含有する混合物に少なくとも1つのラジカル開始剤を供給し、このようにして得られた混合物を120℃以上の温度で重合する工程; 液化させた後に得られるビニル芳香族(コ)ポリマーを回収する工程; および液化から生じる溶媒/(少なくとも1つの)モノマー混合物を工程(a)に再循環する工程を含む。 (もっと読む)


【課題】簡易な工程で低コストに製造することができ、工業的に有利に製造し得るブロックポリマー、及び、該ブロックポリマーを含み、例えば毛髪セット剤組成物として、カールリテンション、柔軟性、ベタツキのなさ、フレーキングのなさ及びシリコーン油分散安定性に優れた化粧料組成物を提供する。
【解決手段】ポリシロキサンブロック、及びビニル系官能基を有するモノマーから構成される2以上のブロックを有するシリコーンブロックポリマーであって、該ビニル系官能基を有するモノマーから構成される2以上のブロックが、ラジカル重合性ビニル系官能基と非ラジカル重合性官能基とを有する連結モノマーを介して結合されている、シリコーンブロックポリマー。 (もっと読む)


【課題】本発明は、高温高湿下において、高い耐久性を有する重合体を提供する。
また、高い光学的屈折率を有する重合体を提供する。
【解決手段】特定構造を有するリン原子含有単量体(a)を重合せしめてなる重合体(A)又は共重合体(A−1)を用いることで、高温高湿下においても、難燃性等の特性を喪失しない樹脂組成物を得ることができる。また、本発明の重合体(A)又は共重合体(A−1)は、高い光学的屈折率を有しており、レンズ等の優れた光学材料として使用できる。 (もっと読む)


【課題】モノビニル芳香族ポリマーと、再生可能資源から作られるポリマーの分散相とから成る組成物の製造方法。
【解決手段】下記(a)〜(d)の工程から成る、:(a)モノビニル芳香族モノマー(a2)中に分散した、ヒドロキシカルボン酸、このヒドロキシカルボン酸の先駆体、開環重合(ROP)によって重合可能な環式成分およびエポキシドと二酸化炭素の混合物の中から選択されるモノマーまたは二量体(a1)とを含む重合可能な混合物を形成し、(b)モノビニル芳香族モノマー(a2)中に分散した反復単位(a1)から成るポリマーA1を製造するのに有効な条件で、重合の重合可能な溶液を適当な触媒と接触させ、(c)段階(b)で得た溶液をラジカル経路で重合してポリマーA1の分散相を有するモノビニル芳香族ポリマーA2を作り、(d)段階(c)の生成物を脱気し、A1/(A2+A1)の重量比が50%までのモノビニル芳香族ポリマー(A2)と少なくとも(A1)とから成る組成物を回収する。 (もっと読む)


【課題】ウォーターマーク欠陥、及び、溶け残り欠陥が発生し難い液浸露光用の上層膜を形成するための材料である共重合体を得る共重合体の製造方法を提供する。
【解決手段】重合可能な温度に昇温した溶媒に、所定の単量体(A)を含有する第一の単量体溶液とラジカル重合開始剤とを、それぞれ滴下しながら重合反応を行い、重合体溶液を得る工程と、得られた重合体溶液に、酸性の官能基を有する単量体(B)を含有する第二の単量体溶液を滴下して、液浸露光用の上層膜を形成するための材料として使用される共重合体を含有する共重合体溶液を得る工程と、を有する共重合体の製造方法。 (もっと読む)


【課題】透明性に優れ、適度な粘着力を有し、耐湿熱信頼性に優れ、且つ画像表示装置用のパネルの構成材料を侵すことがない光学用樹脂組成物及びこれを用いた光学用樹脂材料を提供する。
【解決手段】(A)アクリル酸系誘導体、(B)アクリル酸系誘導体ポリマー及び(C)架橋剤を含有した光学用樹脂組成物、該光学用樹脂組成物に、さらに、(D)重合開始剤を含有した光学用樹脂組成物及び前記光学用樹脂組成物を硬化反応させた光学用樹脂材料であり、前記(C)架橋剤が、アクリロイル基を分子内に2個以上有する化合物であり、該化合物の濃度が、前記アクリロイル基の質量モル濃度で0.001〜0.2mol/kgの範囲にある光学用樹脂組成物であり、前記(D)重合開始剤としては光重合開始剤を用いることが好ましい。 (もっと読む)


161 - 180 / 376