説明

国際特許分類[A23K1/175]の内容

国際特許分類[A23K1/175]に分類される特許

101 - 110 / 214


【課題】生理活性物質のルーメンバイパス性を向上し、水に対する溶出性を減少させ、また、栄養価の高い素材で被覆することができ、更に、第四胃での消化および吸収性が高く、より安価な飼料組成物を得ることができる、飼料組成物の製造方法を提供することができる。
【解決手段】脂肪酸、及び該脂肪酸100重量部に対し、タンパク質飼料、アミノ酸類及びビタミン類から選ばれる少なくとも一種1〜600重量部と、金属酸化物及び/又は金属水酸化物5〜50重量部とを、少なくとも原料供給帯域、混錬・反応帯域及び冷却帯域を有するエクストルーダーを用いて混合及び反応させる飼料組成物の製造方法、該製造方法により得られる飼料組成物、及び該飼料組成物を含有する畜産用飼料である。 (もっと読む)


本発明は補足のホウ素及びビタミンC含有化合物の動物及びヒトへの投与によって骨軟骨症、跛行、及び脚弱を予防する及び治療するための組成物及び方法を提供する。補足のホウ素及びビタミンC含有化合物は動物飼料組成物中で又は動物飼料のための補助食品として提供される。同じく本発明によって提供されるのはホウ素及びビタミンC含有化合物で補足され、且つ低減されたリン含有量を有する動物飼料組成物である。本発明は、補足のホウ素及びビタミンCを動物に投与することによって、動物によって排泄されるリンの量を低減する方法、動物によるリンの吸収の効率を高める方法、環境のリン汚染を低減する方法も提供する。本発明は、妊娠中、育児中又は授乳中の動物に給餌することによって、補足のホウ素及びビタミンC含有化合物を投与することによって動物における離乳前の死亡率を低下させる方法も提供する。
(もっと読む)


【課題】単純配合飼料で高価な魚粉を使用しない安価な飼料原料を用いることで、肉質の向上を図ることができ、しかも、肉中の脂肪酸組成において不飽和脂肪酸を多く含有させることのできる養豚用飼料及び同養豚用飼料を用いた養豚方法を提供する。
【解決手段】本発明に係る養豚用飼料では、1.0〜2.0重量%の焼酎粕乾燥物と、0.1〜0.2重量%のワカメ乾燥物と、0.1〜0.3重量%のミネラル剤と、97.5〜98.8重量%の基礎飼料とを含有することとした。また、本発明に係る養豚用飼料を用いた養豚方法では、105〜115日齢から、180〜200日齢に至るまで、前記養豚用飼料を施餌しながら飼育することとした。 (もっと読む)


【課題】α−リポ酸等の薬剤成分の熱安定性及び光安定性が向上し、特に長期にわたって光照射下に保持された場合にも、光分解が有効に抑制され、長期光安定性に優れた経口または経皮薬剤を提供する。
【解決手段】α−リポ酸等の薬剤成分が取り込まれたシクロデキストリン包接体と、鉄分含有粒子とを含有する粉末からなる。 (もっと読む)


【目的】炭素材を含む食品について、生体でのポリ塩化ビフェニルの蓄積抑制効果を高めることにある。
【構成】食品は、吸着能を発揮可能な細孔構造を有しかつカルシウムが結合した炭素材を含んでいる。ここで用いられる炭素材は、通常、平均細孔径が0.70〜0.90nmでありかつ比表面積が950〜1,600m/gである。この食品は、食品中に含まれていたり、生体内に蓄積されたりしているポリ塩化ビフェニルを含むダイオキシン類を炭素材により吸着することができる。また、食品に含まれるこのような炭素材は、摂取された後、生体から排泄物とともに排泄され得る。 (もっと読む)


動物の乳熱を予防するための、1−α−ヒドロキシビタミンD、25−ヒドロキシビタミンD、1−α−,25−ジヒドロキシビタミンDの群から選択される1種以上のビタミンD化合物の、1種以上のマグネシウム塩と組み合わせての使用。 (もっと読む)


【課題】家畜類の排泄物を改善し環境衛生を向上させると共に、家畜類の食欲を増進させる。
【解決手段】飼料補助材は、多孔性資材である焼成ゼオライトと、果物搾汁粕発酵物と、米糠熱水抽出液と、木炭粉末と、乳酸菌水と、果汁と、を含み、これ等が混合して形成される。そして、この飼料補助材は、家畜類の飼料に適当な割合で配合され、家畜類に給餌され使用される。 (もっと読む)


【課題】トウモロコシを実の付いたままでチップ化し、乾燥、破砕してペレット化することにより、牧草としてのサイレージ品及び種子のみの飼料に加えて、第3のペレット状トウモロコシ飼料を提供する。
【解決手段】実の付いたトウモロコシを葉及び茎ごと収穫し、全体をチップ状に切断した後、混合攪拌しながら全体が水分10〜20%となるよう乾燥し、その乾燥品をさらによく混合しながら揉摺機能の付いた圧縮成型機で直径5〜25mm、長さ5〜35mmの筒状ペレットに圧縮成型加工し、ペレット状トウモロコシ飼料を得ることを特徴とするペレット状トウモロコシ飼料及びその製造方法。 (もっと読む)


【課題】家畜の飼育場、魚介類の養殖場へのウイルスの侵入、及び該ウイルスによる感染拡大を簡易かつ効果的に抑制することが可能で、家畜、魚介類、人体への影響が少なく、環境保全をも実現可能な病原の感染防止方法の提供。
【解決手段】本発明の病原の感染防止方法は、吸着性を有する光触媒を少なくとも含む光触媒材料を用いることを特徴とする。該光触媒が、光触媒アパタイトである態様が好ましい。また、前記光触媒材料を、家畜の飼料に添加する態様、飲み水に分散させる態様、魚介類の餌に添加する態様、飼育用水に分散させる態様、施設内外に付与する態様などが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、動物が継続的に摂取可能であり、副作用の心配がなく、安全性の高い動物の免疫調節剤、及び、この免疫調節剤を使用する動物の免疫調節方法を提供することを課題とする。
【解決手段】 オーレオバシディウム属の菌の菌体を含有する動物の免疫調節剤、とりわけ、当該微生物の菌体と珪藻土とを含有してなる動物の免疫調節剤を提供することにより解決する。 (もっと読む)


101 - 110 / 214