説明

国際特許分類[A61M16/06]の内容

国際特許分類[A61M16/06]に分類される特許

61 - 70 / 425


10nm〜200μmの間のサイズの粒子の発生器と、経鼻呼気相の際または経鼻呼気の前の呼吸停止相の際にエアゾールを経口投与するためのマウスピースまたはマウスマスクと、粒子を搬送するためのガス源または圧力源とからなるエアゾールを投与するためのデバイスは、マウスピースが、気密性を有し、最大で4cmの長さだけ患者の歯を越えて延在し、エアゾールの投与の際に鼻腔、鼻咽腔、または副鼻腔に対してエアゾールを投与する手段を構成し、それにより、口へ、鼻咽腔へ、次いで鼻窩および副鼻腔へとエアゾールを逐次適用することが可能となり、次いで患者の外鼻孔の一方または両方から前記エアゾールを逃がすことが可能となることと、デバイスが、エアゾール投与相の際に経口呼気を不能にし、エアゾールの粒子が、肺には送られないこととを特徴とする。
(もっと読む)


ユーザーインターフェースは、非シール鼻カニューレと、この鼻カニューレの周囲に配置されたマスクとを含み、マスクは、インターフェースを加圧できるように使用者の顔をシールするよう構成されたシールを含み、カニューレは、呼吸ガスを使用者の鼻孔に意図された使用者の最大吸気流量条件を上回る流量で搬送するように構成され、マスク及び使用者の咽頭が、デッドスペースを減少するために新鮮な呼吸ガスで連続的にフラッシングされるようになっている。
(もっと読む)


患者用インタフェース要素及び/又は関連のヘッドギア及び調節システムは密着性及び/又は患者の快適さ及び/又は使用の容易さを向上させる。インタフェースは注気形又は空気注入形シールを具備する。ヘッドギア組立体は弾性要素と非弾性要素とを用いてインタフェースに接続されてよい。弾性要素は患者に対するインタフェースのコース装着を可能にし、非弾性要素は患者に対するインタフェースの最終的な装着を可能にする。
(もっと読む)


睡眠管理に関する販売キオスクが提供される。販売キオスクは、メインハウジングと、メインハウジング内に備え付けられた演算装置と、少なくとも部分的にはメインハウジング内に備え付けられた販売機構を有している。販売機構は、複数の呼吸性患者用インターフェイス機器製品を保管しており、演算装置のコントロールの下で、呼吸性患者用インターフェイス機器製品を選択的に販売する。さらなる実施例においては、顔面スキャンモジュールが、少なくとも部分的にはメインハウジング内に備え付けられている。顔面スキャンモジュールは、患者の顔をスキャンするためのスキャン装置を含んでいる。演算装置は、患者の顔面スキャンの結果に基づいて、一つの呼吸性患者用インターフェイス機器製品を提案し、販売機構に販売させるようにプログラムされている。
(もっと読む)


【課題】本願発明の目的は、患者の能力を制限せず、患者の不快感を増加させない導管を提供することである。
【解決手段】陽圧下の供給気体(408)を送るための導管(12,152,400)は、第1の導管端部(28,404)および第2の導管端部(40,406)を有する導管壁(402)を備える。第1の導管端部(28,404)は、気体供給部(408)に取り付けられるようになされる。導管壁(402)は、(1)導管壁(402)が導管通路(410)を形成し、それに沿って供給気体が第1の導管端部(28,404)から第2の導管端部(40,406)の間で移動することができる開いた状態と、(2)導管壁(402)が導管通路(410)を実質的につぶす、つぶれた状態との間で変形可能である。 (もっと読む)


【課題】 呼気ガスが酸素で希釈されるのを少なくして、呼気ガス濃度の正確な測定が可能な酸素マスクを提供する。
【解決手段】 酸素供給部と患者の鼻又は鼻及び口の外周に装着される患者装着部とよりなる酸素マスクであって、前記患者装着部には外気と連通する開口部を備え、患者に酸素マスクを装着した際に、前記開口部は当該患者の鼻と口の少なくとも1方が対向する位置に形成されることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】装着者に圧迫感や締め付け感などの負担をかけず、鼻隆の高さや幅に個人差があっても、また、頬や鼻周りが痩せて顔の凹凸が大きくなったとしても、常に、顔面に確実に密着させことができ、酸素等の漏れの生じないようにした人口呼吸器用マスクの補助具及び人口呼吸器用マスクを提供する。
【解決手段】請求項1に記載の人口呼吸器用マスクの補助具は、鼻、鼻と口、顔全体を覆うマスク本体の顔接面に一面が粘着でき、他面が顔面に粘着できる表裏粘着面を環状に形成し、該表裏粘着面に剥離シートを添付したことを特徴とし、マスク使用に先立って表裏粘着板の一面をマスク本体の顔接面に粘着し、表裏粘着板の他面の剥離シートを剥がして粘着面を露出して顔面へ貼ることにより密着性をより向上させるとともに、表裏粘着面付き人口呼吸器用マスクとしても市販できるように構成した。 (もっと読む)


【課題】使用者によって異なる顔面の形状に対応し、使用者の鼻筋周りの気密性が高い呼吸補助マスクを提供すること。
【解決手段】マスクフレームと、マスクフレームの裏面に固定されていると共に、使用者の顔面に密接するマスクパッドとを有するマスク手段と、固定フレームと、額当てフレームとを備え、該固定フレームは、前記マスクフレームの前方に配置されている上、その下端部が前記マスクフレームの下端部に枢支され、全体が前記枢支を中心に前記マスクフレームの前面に対し接近したり離間したりするように回動することができるよう構成され、該額当てフレームは架橋部を介して前記固定フレームの上端部に固定された固定手段と、前記固定フレームと前記マスクフレームとの間に、前記固定フレームの前記マスクフレームに対する回動を調整的に止めることができるように構成された調整手段と、を備えた呼吸補助マスクを提供する。 (もっと読む)


【課題】呼吸に適したガスを患者に供給するための呼吸用マスクアセンブリ10はフレーム12およびクッション14を含む。
【解決手段】このクッションは、フレームに連結するように構成される顔に接触しない部分24と患者の顔と係合するように構成される顔接触部分26と前記顔に接触しない部分と前記顔接触部分とを相互連結させる中央部分28とを有する。このフレームは異なるプロフィル、形状またはサイズを有する可能性がある交換クッションを補償するために前額支持部材が多数の位置30,32をとることを可能にするように構成することができる。このクッションは、ストラップ張力、治療圧力及び/又は患者の移動の変動に対して補償するように構成される。ヘッドギアは、1以上のストラップを治療圧力及び/又は治療タイプに応じて自動的に変更することができる、選択的に調整可能な弾性または伸展性を備えるストラップアセンブリを備えることができる。 (もっと読む)


マスクシステムは、患者の顔とともに封止するように適合されたクッションを備える。一形態では、快適であり、広範な適合範囲を有し、目立たず、顔全体を覆うマスクシステムを実現する。クッションは、封止構造部(127-10)と支持構造部(127-20)とを備えることができる。支持構造部は、鼻梁領域(NBR)および/または唇領域CHN内に間隙または間隔を設けることができる。
(もっと読む)


61 - 70 / 425