説明

国際特許分類[A61M21/00]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 人体の中へ,または表面に媒体を導入する装置;眠りまたは無感覚を生起または終らせるための装置 (22,038) | 意識の状態に変化を起こさせるその他の装置または方法;機械的,光学的または音響的手段によって眠りを生起または終わらせる装置,例.催眠のためのもの (626)

国際特許分類[A61M21/00]の下位に属する分類

国際特許分類[A61M21/00]に分類される特許

41 - 50 / 161


【課題】眠ってはいけない環境で、眠気を解消することができる眠気解消システムを提供する。
【解決手段】ユーザと接触する位置に取り付けられたセンサ端末10が生成した「眠気情報」に基づき、眠気度判定端末20が、「眠気度」を判定し、当該「眠気度」をユーザ状況管理端末30に送信する。ユーザ状況管理端末30が、前記「眠気度」に基づき、話相手を選択し、眠気度判定端末20を介して通知する。眠気度判定端末20を介して話相手を知覚したユーザは、実際に話相手と会話をすることにより、眠気が解消される。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】 運転者の車両走行への注意力を効果的に回復できる運転者注意力回復装置を提供する。
【解決手段】 車両1の運転者4の車両走行への注意力が低下した注意力低下状態が注意力低下状態検出手段103において検出されている状態で、走行情報検出部102により検出された走行情報に基づいて、車両1の予め定められた走行変化が特定された場合に、運転者4の車両走行への注意力を回復すべく、特定された車両1の走行変化が実際よりも大きく又は小さく生じたかのような錯覚を運転者4が覚えるよう運転席シート2を駆動する。 (もっと読む)


【課題】作業者の注意を喚起する室内用効能成分供給装置を提供する。
【解決手段】室内用効能成分供給装置10は、芳香成分を含んだ空気の渦輪V1を効能領域Aに向けて発射する空気砲11と、空気の渦輪V2を効能領域Aに向けて発射する空気砲12とを備える。渦輪V1,V2の発射タイミングを制御する制御ユニットは、渦輪V1の発射間隔に比べて渦輪V2の発射間隔を短くする警告モードを備えている。この警告モードを実行することにより、渦輪V2を効能領域Aで打ち消さずに作業者Wに当てることが可能となる。作業者Wの注意力が低下している状況のもとで警告モードを実行することにより、渦輪V2を用いて作業者Wに刺激を与えることができ、作業者Wの注意を喚起することが可能となる。 (もっと読む)



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 285

【課題】目的地に到着する前に、もしくは、乗員が設定した目覚まし時刻に、乗員を快適かつ確実に目覚めさせることが可能な車両用乗員覚醒装置を提供する。
【解決手段】車両の現在位置から設定された目的地までの案内経路を検索する案内経路検索手段と、車両の乗員の生体情報を検出する生体情報検出手段と、生体情報に基づき、乗員の睡眠状態を判定する睡眠状態判定手段と、乗員を覚醒状態とする覚醒タイミングを設定する覚醒タイミング設定手段と、車両に取り付けられ、睡眠状態にある乗員を覚醒状態とする覚醒機器と、案内経路上における車両の現在位置,乗員の睡眠状態,および覚醒タイミングに基づいて、覚醒機器を動作制御する覚醒機器制御手段と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】春秋期の温度に合わせて快適な就眠支援ができる春秋期プログラムモードを備えた電気毛布を提供する。
【解決手段】ヒータが埋め込まれた毛布と、室温を検知する室温検知手段と、使用モードを設定する入力手段と、前記室温検知手段の出力を入力し前記入力手段のモード設定に基づいて前記ヒータを制御する制御装置とを備えた電気毛布であって、制御装置は、入力手段で春秋プログラムモードが選択されたときに、就眠期IIにヒータへの通電を停止した制御を行い、この就眠期IIで室温が最低の設定基準値以下に低下したときにヒータへの通電を実行してヒータ温度を補正する。 (もっと読む)


41 - 50 / 161