説明

国際特許分類[A61P25/04]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 医学または獣医学;衛生学 (978,171) | 化合物または医薬製剤の特殊な治療活性 (401,658) | 神経系疾患の治療薬 (62,608) | 中枢性鎮痛剤,例.オピオイド (4,410)

国際特許分類[A61P25/04]に分類される特許

1,081 - 1,090 / 4,410


本発明は、薬理学的活性を有する新規オキサジアゾール誘導体、それらの製造方法、それらを含む医薬組成物、種々の疾患の治療におけるそれらの使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、式(I)(式中、(II)、m、X、Y、R、R、R及びRは、本明細書及び特許請求の範囲に定義されたとおりである)で示される新規なヘテロアリールカルボキシアミド誘導体、及び生理学的に許容しうるその塩に関する。これらの化合物は、CCR−2受容体、CCR−5受容体及び/又はCCR−3受容体のアンタゴニストであり、そして医薬として使用することができる。
(もっと読む)


本発明は非晶質状態の薬物の安定化のための薬物製剤化に関する。特に、本発明はスポンジ様担体マトリックス、特に高分子電解質複合体または多孔質粒子、を含む医薬組成物に関する。本発明は、また、このような医薬組成物の製造方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、所有者の構成及び遺伝子成分のシステムと病気の診断、システム化、予想に影響を及ぼすメタボリックに貢献する要素、特定のビタミン、ミネラル、ハーブ補助、類似治療をする成分に関連した有効性そして/また有毒性、そして特別な健康結果の効果を最大化するための栄養の補助的な系統化の成分をカスタマイズする目的の為のその他成分を与えた。この発明に特化すると、物質使用障害(SUD)に関連付けられている特定の既知の多型遺伝子の利用が高いリスクとSUDの傾向に導くある遺伝子変異をターゲットに分析される。遺伝子型のパターンはその後、特にすべての痛み条件にわたって中毒の痛みの薬物治療を処方した医師の異常な乱用を減少にさせる為に特定の栄養上のカスタマイズされた解決法を与える。優先すべき遺伝子プロファイルは測定され、形式上の治療法として機能するように後続の栄養補助食品の改善を指示する。]特に(シェーク、液体飲料、錠剤、錠剤、トローチ剤、軟膏など)を混ぜて服用する事で痛みの薬物療養をゆっくりと減らしていく事を含む治療、、筋肉内、静脈内、直腸内、そして十分な量の対欲望、そして対ストレス栄養補助食品の十分な量を運ぶ事を必要とするあらゆる形体。さらに、今回の発明は新規な鎮痛軟膏結合シナプタミン及び、そうした鎮痛剤、及びガバペンチン、ケタミン、バクロフェン、ケトプロフェン、アミトリプチリン、リドカイン、サイクロベンザピン、ジクロフェナク、メンソール、樟脳とカプサイシンを含む、ただこれら成分だけに限定されないその他麻酔化合物の例が含まれています。遺伝子プロファイルは、痛みの感度過敏性を決定するために使用されます。
(もっと読む)


本発明は、少なくとも1種のカチオン性活性剤またはその塩の経皮送達、特にイオン泳動性経皮送達のための組成物であって、前記組成物が、前記少なくとも1種のカチオン性活性剤またはその塩、少なくとも1種のポリアミンまたは/およびポリアミン塩、水または水性溶媒混合物、ならびに任意に1種または2種以上の添加剤を含む、前記組成物に関する。本発明はさらに、経皮パッチの、またはイオン泳動性経皮パッチの構成成分としての前記組成物の使用、およびカチオン性活性剤を経皮的に、またはイオン泳動的に投与するための方法における前記組成物の使用、および活性剤含有イオン泳動性組成物のインビトロでの皮膚浸透特性を決定するための方法に関する。 (もっと読む)


ヒトIL−6に結合する抗体及びその抗原結合部分が提供される。このような抗体及び抗原結合部分をコードする核酸、このような抗体及び抗原結合部分を作製する方法、このような抗体又は抗原結合部分を含む組成物、並びにこのような抗体又は抗原結合部分の使用も提供される。
(もっと読む)


(4−{[(5−{[(3−クロロフェニル)メチル]オキシ}−2−メチルフェニル)カルボニル]アミノ}−3−メチルフェニル)酢酸の新規多形体1および2、そのような多形体を含んでなる医薬組成物、ならびにそのような多形体の医学における使用。 (もっと読む)


本発明は、式Iのオキシカルバモイル化合物に関する。本発明はまた、カルシウムチャンネル、特にN型カルシウムチャンネルの遮断に応答する障害を治療、予防、または改善するための式Iの化合物の使用を対象とする。本発明の化合物は特に、疼痛を治療するために有用である。
【化1】

(もっと読む)


本発明は、脂肪酸アミドヒドロラーゼ(FAAH)の阻害剤として有用であるある種のイミダゾール誘導体に関する。本発明は、活性成分としてこれらの化合物を含む医薬製剤並びに骨粗鬆症、関節リウマチ、糖尿病性神経障害、ヘルペス後神経痛、神経筋肉痛及び繊維筋痛及び急性疼痛、偏頭痛、睡眠障害、アルツハイマー病及びパーキンソン病の治療における前記化合物及びその製剤の使用にも関する。 (もっと読む)


Fmsプロテインキナーゼおよび/またはKitプロテインキナーゼに活性な化合物、ならびに、このような化合物を用い、Fmsプロテインキナーゼおよび/またはKitプロテインキナーゼの異常な活性に関連する疾患および状態を治療する方法が記載されている。 (もっと読む)


1,081 - 1,090 / 4,410