説明

国際特許分類[B65G15/30]の内容

国際特許分類[B65G15/30]の下位に属する分類

国際特許分類[B65G15/30]に分類される特許

71 - 80 / 170


【課題】ウレタン製ベルトの金属接触禍を防止する手段として、ウレタン樹脂に特殊配合する必要のない対策を提供する。
【解決手段】金属不活性剤及び/又は酸化防止剤を溶媒に溶解した洗浄剤を用いて、金属と接して使用されるウレタン製ベルトを洗浄する。洗浄を、工場出荷前及び/又はメンテナンス時に伴い行なう。ウレタン製ベルトが、ウレタン樹脂配合剤として金属不活性剤及び酸化防止剤を含まない。ウレタン製ベルトが接する金属が、銅あるいは真鍮である。 (もっと読む)


【課題】ゴム磁石付きコンベヤベルトにおけるゴム磁石とゴムベルトとの界面での剥離やゴム磁石のゴム物性の低下を抑制する。
【解決手段】本発明によるコンベヤベルトの製造方法は、ベルトモニタリング用の被検出体としてのゴム磁石3が埋め込まれたコンベヤベルトの製造方法において、磁性粉を混入したゴムを未加硫状態で着磁してゴム磁石7を形成し、この未加硫のゴム磁石7をゴムベルト40に埋め込んで未加硫のゴム磁石7とゴムベルト40とを一緒に加硫したことを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1種の油を含有する潤滑剤濃縮物を乾燥潤滑プロセスに使用する、コンベヤベルトを潤滑にする方法に関する。その後、先に潤滑剤濃縮物が塗布されているコンベヤベルトの表面に、pH値が5以上の液体組成物を塗布する。 (もっと読む)


【課題】電子部品を熱から保護できるとともに、電子部品内蔵装置の破損及びゴムベルトの破断を生じにくくできて耐久性に優れたコンベヤベルトを提供する。
【解決手段】電子部品4と電子部品4を覆うセラミック筐体5とを備えた電子部品内蔵装置3が埋め込まれたコンベヤベルト1において、電子部品内蔵装置3におけるセラミック筐体5が一方向に長い形状に形成され、電子部品内蔵装置3は、セラミック筐体5の長手方向Aがコンベヤベルト1の幅方向Bに沿って延長する向きとなるようにコンベヤベルト1のゴムベルト20に埋め込まれたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】容易な方法で継手部分の強度を確保できる継手加工方法を提供する。
【解決手段】ベルト20の一方の端部21をフィンガー状にすると共に、他方の端部22を一方の端部21に相補的なフィンガー状にする。これら両端部21、22の端面同士を突き合わせる。第1の薄布シート51の一面に、熱可塑性樹脂から形成される接着シート53がラミネートされた接着シート付薄布シート50を用意する。接着シート付薄布シート50を、ベルトの両端部21、22に跨るように、突き合わせ部分Bに重ねる。突き合わせ部分Bを、加熱しかつベルト厚さ方向に加圧することにより、ベルトの両端部21、22を熱融着する。上記加熱加圧により、第1の薄布シート51を、接着シート53を介して突き合わせ部分Bに熱圧着する。 (もっと読む)


【課題】大きな傷に対して有効かつ良好な補修を可能にして実用性及び汎用性を高めるとともに、無駄となる補修材料の発生を回避して低コスト性及び省資源性を高める。
【解決手段】少なくとも表面にゴム層を有するゴムベルトに付いた凹状の傷を補修するに際し、少なくとも、傷の内縁部をサンディングにより平坦化する平坦化工程S1,S2と、平坦化工程S1,S2の終了した傷の内面に、接着後に所定の弾性を維持する接着剤を塗布する接着剤塗布工程S5と、接着剤塗布工程S5の終了した傷の内面に、硬化後の硬度が55〜75度となる二液混合タイプのウレタンゴム原料を、吹付装置により吹き付けしてウレタンゴム層…を設けるウレタンゴム吹付工程S6,S7,S8を備える。 (もっと読む)


【課題】フィンガー継手部の剛性が高く、優れた走行安定性を有する平ベルトを提供することである。
【解決手段】鋸刃状に形成された端部11,11(両端)同士を噛み合わせ熱融着によって一体に接合したフィンガー継手部12を有する無端状の平ベルト15であって、フィンガー継手部12の曲げ弾性率が35MPa以上であるように構成した。この平ベルト15は、接着剤をコーティングもしくはディッピング処理した織布層の両面に、熱可塑性エラストマーを含む中間樹脂層を押出ラミネーションによりラミネートした後、この両面に表面ゴム層を積層接着した5層構造から成り、前記中間樹脂層の曲げ弾性率が130MPa以上であるのが好ましい。 (もっと読む)


【課題】接合部分の平面性を容易に確保でき、かつ割れが生じにくい継手加工方法を提供する。
【解決手段】ベルトは、芯体層26と、芯体層26の上面26U、下面26Dそれぞれに積層される第1及び第2の表面層27、28とを備える。ベルト20は両端部20A、20Bを継ぎ合わして形成された無端状のベルトである。第1及び第2の表面層27、28の端面同士を突き合わせる位置は、芯体層26の端面26A、26Bを突き合わせる位置とベルト長手方向L’において異なる。第1及び第2の表面層27、28の端面はテーパー面に形成される。芯体層の両端面26A、26Bはフィンガー状に形成される。芯体層の両端面26A、26Bは、幅方向における挟圧によって接合される。 (もっと読む)


【課題】貫通孔を有する突起をベルト背面に備えたウレタンベルトとしての突起付ウレタンベルトを製造するに際し、この貫通孔の真円度を高いレベルで実現する技術を提供する。
【解決手段】貫通孔2を有する突起3をベルト背面4に備えたウレタンベルトとしての突起付ウレタンベルト1は、ベルト背面4にチューブ15(円筒状のエラストマー)を固着する。以上の方法によれば、貫通孔2の真円度が既に高いレベルで達成されているチューブ15を活用することで、例えばドリルや錐などの工具で貫通孔2を形成する場合と比較して、貫通孔2の真円度を高いレベルで実現できる。 (もっと読む)


【課題】コンベヤベルトの性状の蛇行による影響を補正して、コンベヤベルトの性状を精度良くモニタリングすることのできるベルトモニタリングシステムを提供する。
【解決手段】コンベヤベルト2のベルト周方向に沿って、ベルト全幅に亘ってゴム磁石から成る摩耗検知用磁石11を埋設し、上記摩耗検知用磁石11から所定距離離れた位置に位置判定用磁石12,12zを埋設するとともに、上記コンベヤベルト2の表面から離れた位置に、上記各磁石11,12,12zからの磁界を検出する複数の磁界検出手段13(13A〜13G)を、当該コンベヤベルト2のベルト幅方向に所定の間隔で配置し、上記磁界検出手段13で検出された上記位置判定用磁石12,12zからの出力信号に基づいて上記コンベヤベルト2の蛇行状態を検知して、当該コンベヤベルト2のベルト幅方向のベルト厚分布を、上記検知された蛇行状態に基づいて補正するようにした。 (もっと読む)


71 - 80 / 170